今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 16話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第16話 『スティンガー、兄との再会』

キュウep16 0

復活する度に声が面白くなる敵幹部がいるらしい(他意はない)
16話目にして、第三勢力の登場です。
今回はストーリーもアクションも上質で楽しめました。
味方だと思っていた敵キャラに掌を返される展開は近年の特撮でもそこそこ見られますが、それを活かす演出が光ってました。

スコルピオは悪役として申し分ない卑劣さでした。
エグさ全開の経歴と、仮面を取り払った後のグロテスクな外見という悪役としては申し分ないビジュアルとは裏腹に、
アクション面はシンプルな棒術と足技を駆使して戦うという癖の無さが印象的でした。総じてダークヒーローみたいに見えてカッコよかったです。
キック演出に関しては明らかに仮面ライダーをリスペクトしていると思われるため、ダークヒーローらしい活躍は意図的なものかもしれません。

反面、スティンガーは(意図的な描写とはいえ)残念な活躍でした。
敵にべらべらと情報を教えた上に仲間を1人犠牲にするという、スパイとして大失態もいいところな無様っぷりでした。
スコルピオの目の前で弱音を吐くその姿も見ていて非常に情けなかったです。

ラストにチャンプの散り際を描けたのは、まさに彼がロボットであることを活かした演出だったと言えますね。
これが人間や怪人相手だったら爆発後は跡形もなく姿を消しているか、もしくはすす塗れになりつつも五体満足な状態でくたばっているかのどちらかですが、
チャンプの場合はまさしく「爆発四散」した状態でむごさが際立っていました。散り際の台詞にノイズが走っていたこともナイスな演出です。
あそこまで盛大に爆発しておいてなんであんなに残骸残ってるんだとか疑問はありますが…
(ガンダムWの10話でウイングガンダムが自爆した際も、「あれ? 普通に原形残ってるやん! どこが爆発したの?」とか突っ込んでました)

総じて、見所となる展開において、各キャラクターの置かれた立場をしっかり強調するような演出に惹かれました。
しかし主役であるラッキーの存在感がしっかり薄くなってしまったなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

成し遂げたぜ。投稿者:“最後のアントンナンバー”ことオウシブラック

元々スコルピオのデザインは敵として好きでしたがその容姿に相応しい悪辣っぷりでしたね。
まさか久保田さんもライダーチックな敵をスーパー戦隊で演じることになるとは仰る通りで因果なものです。
(別に貴虎兄さんがダメって訳ではありませんがw)
初登場はクールに悪ぶっていましたがスティンガーは兄に対する情を捨てきれなかったようで。
彼には弟分たる小太郎が居て、そして同志であり命の恩人たるチャンプが居ます。
仰る通り正直ラッキーより主人公らしい人物関係を築いていますね。
それゆえ、暫くチャンプの修理のため戦線離脱なのが残念です、ええキャラ程出番が少ない気が…

>ラストにチャンプの散り際を描けたのは、まさに彼がロボットであることを活かした演出だったと言えますね。
あのシーンは「ドラゴンボールZセル編」での人造人間16号の最期を思い浮かべました。
彼の訴えが悟飯の覚醒に一役買ってましたからね、世代交代に失敗したと言われてもキメる時はキメる少年でした。

>ガンダムWの10話でウイングガンダムが自爆した際も、「あれ? 普通に原形残ってるやん! どこが爆発したの?」とか突っ込んでました。
内部のブラックボックスはズタズタかもしれないから(震え声)
実際の戦車等の重装甲な兵器も徹甲弾で撃破されても原型を留めている物です。カブトムシの死骸のように。
現実では機密保持の為に自爆する場合も主要区画を最低限の爆薬で破壊する程度だと言います。
でもまぁ直ってしまったのですがねwヒイロは死ぬほど痛い思いをしたのに…
[ 2017/05/28 14:56 ] [ 編集 ]

・「優しかったころの兄貴の肖像」にヒビを入れる演出
・うずくまって慟哭する弟を「俺に裏切られて悔しいか?悲しいか?」と嘲笑う
・「俺には兄貴しか居ないから!」という叫びに何ら動じる様子が無い

「あ、これ絶対改心しないわ」と強烈に印象付けてますね。メンバーの身内なんだからガチ敵にはならない、という先入観を完全に裏切る展開。
ただ野心を内側に留めておくか、もしくはサンダールのように子飼いの部下を別に用意するんじゃなくて「ショーグン直属の殺し屋」たるマーダッコに叛意をバラしてしまう辺りがスコルピオの限界な気がします。所詮番組上は「幹部交代制における2人目(イカーゲンを入れたら3人目)の幹部」に過ぎないんだから。
しかし演技とはいえ「俺はアンタを信じてる!」と言うラッキーを一蹴したスティンガーがやられるとは何たる皮肉。

マーダッコの復活と性格の変化は予想通りでした。キャラの方向性がニチアサに出して大丈夫なの?という感じではありますが。
そして今後女性のカローもしくはダイカーンを出すときキャラ付けに苦労しないかという余計な心配。
少なくとも
・気性の激しい女軍人
・淑やかで従順な令嬢
・何かエロい
の3つを消化してしまってますし。

次回はまたダイカーン討伐だそうで。まあラシンバンキュータマの充電が終わるまで動けないし、スコルピオから目を離すのも危険すぎる以上は妥当か。
とはいえバランスとガルのスポット回なのに、またラッキーのパワーアップを重ねてくる感じなのが気になります。具体的には6話の思い出。つーか現状11人(戦線離脱の3人を引いても8人)も居るのにそんな一人に集中させてどうするんだと。
[ 2017/05/28 18:55 ] [ 編集 ]

Re: 成し遂げたぜ。投稿者:“最後のアントンナンバー”ことオウシブラック

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>それゆえ、暫くチャンプの修理のため戦線離脱なのが残念です、ええキャラ程出番が少ない気が…
逆に、その出番の少なさが「神秘性」を生み出していると言いますか。
長く居続けるとそれだけボロが出てしまう恐れもありますし。キュウレンジャーみたいな大所帯では「チームの中にいるのに出番が少なすぎて空気気味」という事態も避けられないでしょう。
ロボット作品におけるマイナーな量産機が人気になることと似てますね。

>実際の戦車等の重装甲な兵器も徹甲弾で撃破されても原型を留めている物です。カブトムシの死骸のように。
それはとうだと思うんですが、ウイングガンダムの場合、ヒイロが自爆ボタンを押した後に機体全体が消し飛ぶような演出が挿まれていたので、
その後に普通に原型留めているウイングの姿を見せつけられては「全然壊れてない」というイメージが強く残ってしまったものでした。
[ 2017/06/04 10:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>ただ野心を内側に留めておくか、もしくはサンダールのように子飼いの部下を別に用意するんじゃなくて「ショーグン直属の殺し屋」たるマーダッコに叛意をバラしてしまう辺りがスコルピオの限界な気がします。
はい、私もマーダッコに目的を明かしてしまったのは悪手だと思います。
ジャークマターに入って強大な力を手にしてしまったことで思いあがってるんでしょうね。
背景事情は複雑ですが、仰る通り所詮は「2番目の幹部」って扱いだと思います。
[ 2017/06/04 22:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1603-8b347151