今週の宇宙戦隊キュウンレジャー 19話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第19話 『森の惑星キールの精霊』

キュウep19 0

坂本監督の毒牙にかからなくて良かったですね
19話目です。今回は凡回かな。でもマーダッコは面白かったです。

ラッキーがリュウコツキュータマと引き換えにエリスを救った際に彼女にかけた言葉は、
良くも悪くもテンプレで特に感じるものがありませんでした。
全てを救おうとする意気込みは結構ですが、そうこう言ってる間にもモライマーズは地球へまっしぐらです。
スコルピオとの取引は、素直にキュータマを渡すのではなく、ラッキー側もキュータマを使うなりして抵抗することはできなかったのでしょうか。

スティンガーはキュウレンジャーの肩書きを捨ててスコルピオへ殴り込みにいきました。
30分後の番組のように、「裏切りなのか? それとも芝居なのか?」という点を今回の話の中で明らかにしたことは良かったと思います。1週間モヤモヤせずに済みますからね。
ただ、殴りこむのは全然構わないんですけどキュータマ2つまで一緒に持ってきた理由までは分かりません。
土産物がなければスコルピオに会えないとでも思ったんでしょうか? 妙なところで従順ですね…
いずれにせよキュウレンジャーやリベリオン本部にとっては迷惑極まりありません。チャンプに見せる顔もないぞ。
何より、客観的に見てスティンガー1人で戦って勝てる相手ではないしねぇ…
関連記事
スポンサーサイト

チョウコクグで作られた偽りのイケメン

仰る通り今回はあくまで繋ぎでごく普通の話しであり、エリス役の彩川ひなのさんのプッシュを目的にした感が漂ってますね。
そのエリスですが移り気の激しい性格である事以外はリュウコツキュータマの所持者で今後絡むであろう人物の名を教えてくれるという。
RPGによく居る一度きりしか行かない様な神殿の守り神的存在なので (特に感想は)ないです。

>スコルピオとの取引は、素直にキュータマを渡すのではなく、ラッキー側もキュータマを使うなりして抵抗することはできなかったのでしょうか。
スコルピオがホモは嘘つきと看破してか咄嗟にエリスを守ったのは評価できますが展開に工夫は欲しい所ですね。
咄嗟の出来事で対応できなかったとも言えますが、どうしても次回の兄弟対決に持っていくための筋っぽさが見えてしまいます。

>ただ、殴りこむのは全然構わないんですけどキュータマ2つまで一緒に持ってきた理由までは分かりません。
>土産物がなければスコルピオに会えないとでも思ったんでしょうか? 妙なところで従順ですね…
「兄に近づく為に本物のキュータマが必要」というシナリオのお膳立てはシッカリして頂きたかったですね。
先の事と言と合わせ「アルゴ船の行く末はあの兄弟にかかっている」という切迫した状況に持ち込みたかったのは理解できますが…

次回予告のナレーションが小太郎ですから、やはりスティンガーの精神的支柱は彼になりそうですね。
チャンプに関しては、アッサリ修復が完了しそうで拍子抜けではあります。
やはり今作は全般的にイベント間の『溜め』が弱いですね…
[ 2017/06/25 21:47 ] [ 編集 ]

エリスの歯並びの悪さが妙に気になりました(小並感)。

確かに今回は取り立てて言う事は無いですね。異星回でジャークマターの圧制が珍しくちゃんと描かれてたのと、あとオチがちと生々しかったくらいか。
しかしスティンガー…以前は「たった一人の家族を最後まで信じたい」という想いがあったんだという事だろうけど、今回は流石に利敵行為と疑われても反論出来ないと思うぞ。キュータマを見せた時に本物かどうか調べられるシーンがあったら納得行ったかも知れませんが。
まあブラスターを外し、ジャケットも脱ぎ、仲間まで毒に犯したのは「キュウレンジャーのサソリオレンジ」としてではなく「スコルピオの弟スティンガー」としてケジメをつけたかったという事なんでしょうかね。次回予告を見るに刺し違える覚悟ですらあるみたい。
ただ12話辺りから思ってたんですが、メインライターの毛利はスティンガーが一番お気に入りキャラなんでしょうか?
どうも小太郎やチャンプをスティンガーの引き立て役として描いてる節があるというか、スティンガーの悲劇のヒーローぶりを相当強調してる節があるというか。Vシネマに向けての宣伝も兼ねてるのかも知れませんが、大所帯の中で一人だけ扱いが突出してるのがちょい気になりました。
とはいえ次回か次々回がアルゴ船復活と同時にスコルピオの命日でしょうから、その時にひと段落して他キャラの掘り下げもやるのかも。というかあまりにもズルズル引きずりすぎてもダレるだけだし、何よりこういうメインキャラ複数居る作品で脚本家が一人に入れ込みすぎると大抵碌な事になりません。

ところで結局オメーガの目を整形したのには何の意味が?
[ 2017/06/26 00:25 ] [ 編集 ]

Re: チョウコクグで作られた偽りのイケメン

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>咄嗟の出来事で対応できなかったとも言えますが、どうしても次回の兄弟対決に持っていくための筋っぽさが見えてしまいます。
Vシネマの件といい、製作側はスティンガーを主役に添えたいんじゃないかとも思います。
それだけラッキーに主役としての魅力が足りていないことの裏返しとも言えますが…

>「兄に近づく為に本物のキュータマが必要」というシナリオのお膳立てはシッカリして頂きたかったですね。
ただでさえキュウレンジャー2人を負傷させていますからね。迷惑かけてしまったことに対してはきちんと理由が欲しかったです。
[ 2017/07/02 09:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>エリスの歯並びの悪さが妙に気になりました(小並感)。
確かに歯並びは気になりました。演技力の方はキュウレンジャーの方よりも高かったと思います。

>ただ12話辺りから思ってたんですが、メインライターの毛利はスティンガーが一番お気に入りキャラなんでしょうか?
毛利氏というよりは、番組そのものの姿勢が「スティンガーを立てていきたい」事なんだと思います。
彼が主役のVシネマも発表されていますし。ただし主役級であるラッキーを差し置いてやるべきことなのかと聞かれたら疑問符です。
ラッキー以外にも不遇なメンバーはそこそこいますからね。
[ 2017/07/02 14:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1617-52e2d107