今週の革命機ヴァルヴレイヴ

革命機ヴァルヴレイヴ 1話 『革命の転校生』

ヴァルヴレイヴ

三輪清宗公開用@baronmiwa
というわけで発表がございましたので告知させていただきます。4月よりMBS・TBS系列で始まります、ロボットアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』にてSF考証を担当させていただくこととなりました。

三輪清宗公開用@baronmiwa
間違いなく歴史に残るだろうロボットアニメの一大傑作です。特に監督の素晴らしい演出、そして緻密さと大胆さを兼ね備えた脚本には、SF考証という仕事ながらいつも驚嘆を禁じ得ません。まさに絶品です。


そこまで豪語するなら見させてもらいましょうか、サンライズの切り札とやらを!(`・ω・´)
ちょいと遅れましたが、サンライズオリジナルアニメ、『革命機ヴァルヴレイヴ』のレビュー記事を上げたいと思います!
深夜離れが激しかった私ですが、ついてこれるかな…?(´・ω・`)


時は真暦71年。
技術革新を続ける人類は移住区域を宇宙まで広げる為、宇宙都市「ダイソンスフィア」を建設。今やダイソンスフィアの人口は、人類の総人口の7割にまで匹敵したようです。
外見や情報を見る限り、都市と言うよりはむしろ衛星クラスですね。
世界は軍事同盟から発展した「ドルシア軍事盟約連邦」と貿易協定を拡大させた環大西洋合衆国「ARUS(アルス」に二分され、そんな中この二大勢力に中立体勢の小国「ジオール」。物語はこのジオールから始まります。

vvvep1 1
vvvep1 2

ジオールにある咲森学園に通う時縞ハルト(ときしま -)は争い嫌いな優しい青年。反面、勝ち負けに執着がないので勝負になってもあまりやる気がおきず、負けてしまう。幼馴染である指南ショーコ(さしなみ -)とのグラウンドの支配権をかけた早食い対決にも負けてしまい、窘められてしまう。
そんなショーコとのやり取りにハルトは困りつつも、内心彼女に惹かれている様子。
周囲からもその好意はバレてはいますが、ハルトはショーコに踏み込むことができずにいました。

vvvep1 3

そんな彼らの前に現れた謎の転校生達。その中の一人である謎の青年エルエルフはハルトの主張する勝負の否定の反論。
「お前が戦いたくなくても向こうが殴ってきたらどうする? へらへら笑って勝ちを譲るのか?
譲れないなら、戦うしかない…」

そう言い残して去る謎の転校生たち。

そんなことがあった後、ハルト達はクラスメイトと共に神社の境内を掃除していると、何やらいいムードに。
ハルトが意を決して告白しようとしたその瞬間、大地を揺るがす地響きが!

vvvep1 4

謎の転校生達の正体はドルシア軍が送り込んだエージェント達! エージェント達はジオールに極秘裏に隠されていた謎のロボットを奪うべく、謎の転校生という建前のもとジオールに潜入していたのだ。
(この辺は詳しく描写されていないのであくまで筆者なりの独自解釈)

同時期に、ジオールに都市にドルシア軍が侵攻。平和ボケしているジオールがドルシア軍に敵うはずもなく、奇襲の効果もあって瞬時に追い詰められてしまう。
謎の転校生達はジオールの持つ謎のロボット「ヴァルヴレイヴⅠ」の元まで辿りつくも、研究者達の抵抗によりヴァルブレイヴⅠを地下から地上に移動させられてしまう。

vvvep1 5

ドルシア軍侵攻の騒動にハルト達が逃げている最中、逃げ遅れた人を見つけたショーコがハルト達とはぐれ、あろうことかドルシア軍の攻撃を受けてしまう。攻撃の跡地でハルトがショーコを必死に探そうとするも、ショーコの姿は無い。周囲のクラスメイトから「彼女は死んだの!」と言われ、泣く泣くショーコを諦めることに… それにしても切り替えはえーな。

vvvep1 6

そんな中ハルト達の目の前に、地下より現れるヴァルヴレイヴⅠ。ショーコを失ったハルトは怒りの矛先をドルシア軍に向け、見たことも聞いたことも無いロボットに乗って戦おうとしているのだ。
ハルトが手探りでOSを起動、ヴァルヴレイヴⅠを自立させるも、それをドルシア軍に気づかれ、ヴァルヴレイヴⅠを奪おうと執拗にヴァルヴレイヴⅠを起動させます。
ハルトはコックピット内で動かそうとするも思い通りにいかない。思わしげなモニターが映ってるのですが…

vvvep1 7

ボコボコにされるヴァルヴレイヴⅠ。ハルトは敗北を予期しますが、ショーコの言った「本気で勝とうとしなかったでしょ?」とエルエルフの「譲れないなら、戦うしかない」という言葉に気づかされ、モニターの「ニンゲンヤメマスカ?」という質問にYes。

vvvep1 8

するとどういうことでしょう、機体の白いボディが黒く塗りつぶされ、遂にヴァルヴレイヴⅠが起動を開始。
飛び回り攻撃を続ける敵戦闘機バッフェに対して自前の装備で次々と撃破。
ヴァルヴレイヴⅠの活躍を見ていたジオールの市民からは大絶賛。戦闘終了後にハルトがコックピットから姿を現した為、目撃者達がSNSを通じ、ヴァルヴレイヴⅠのバイロットがハルトであることがすっかりバレてしまいました。

vvvep1 9

大衆から絶賛される中、ハルトはショーコを失ってしまったことにただただ涙。
そんな中現れる謎の転校生、エルエルフ。
哀しみに明け暮れ、「君は誰なんだ?」と問うハルトにエルエルフは「ドルシア軍特務大尉エルエルフ」と言い放った次の瞬間、ナイフでハルトの左胸を突き刺し、拳銃を2発発砲。
まあ多分。、ヴァルヴレイヴを奪う為にハルトの命を奪ったんでしょうな。
ハルトを殺し、ヴァルヴレイヴを見上げ勝利を確信するエルエルフ。しかし背後には死んだ筈のハルトが立ち上がり、突然エルエルフの首筋に噛みつき…?


サンライズ要素満載で幕開けたヴァルヴレイヴ第1話。
1話らしい怒涛の展開で、かなり詰め込んできましたね。
言いたいことはとりあえず色々ありますが、何といってもヒロイン格のキャラクターがいきなり乙ってしまったのは驚きです。
明確な死亡描写がされてない分、何処かでまた登場するとは思いますが、いきなり活躍の場を失われてしまうのは魅力とかにも影響してくるのでは…? と少し心配です。
とにもかくにもショーコの仇を打つためにヴァルヴレイヴに乗ることになってしまったハルト。おまけに人間をやめたせいでゾンビ人間に…?
期待できそうな要素もあります。とりあえずヴァルヴレイヴⅠのデザインはカッコいい!

制作側がわざわざハードル上げてくれたんですから、キッチリ最後まで見ませんとね(`・ω・´)
それでは革命機ヴァルヴレイヴ、よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/13 16:13 ] 革命機ヴァルヴレイヴ | TB(0) | CM(2)

ちはやふる2と放送時間もキャストも被るんですが…

どうも、私が巨大ロボットの開発者だったら盗難防止のために2号機は永久欠番しようと思っているソバスチンです(。・ω・)
 今期はロボットアニメが3作も同時進行しますがこのヴァルブレイヴは他の2作に遅れる形になりましたね。
私の第一印象では…
ガルガンティア≧ヴァルヴレイヴ>>>(越えられない壁)>>>マジェスティック・プリンスの序列ですねw
正直マジェプリはネタアニメ枠ですが…とはいえ動画サイトで主人公が祭り上げられる件は本作と似ていますが。
翠星のガルガンティアはSF要素の強そうな作品で私好みですが“あの”虚淵玄氏が脚本なので最後まで気が抜けませんがw
 さて「革命機ヴァルヴレイブ」第1話はサンライズだけにガンダムのセルフパロディな要素が多いですね。
そうなると只の種か一角獣になってしまいますから色々と変化球が込められていますが。
主人公がいきなり刺されるという。私もガンパレで刺されましたよ…原さんに、アレは味方に殺されるパターンが多いので油断なりませんw
 冒頭で述べましたように公式サイトにヴァルヴレイヴは多数登場するみたいですが2号機のみ公開されてないんですよね。
物語的に意味があるのかそれとも私みたいなメタい意味でそうしているのか不明ですが盗まれてしまえば何の意味も無いですねヾ(- -;)
[ 2013/04/13 23:37 ] [ 編集 ]

Re: ちはやふる2と放送時間もキャストも被るんですが…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ガルガンティアの脚本担当はまさかの虚淵玄氏ですか! まどマギで一躍有名になった方ですが、私的にはそれ以前の作品にも少しだけお世話になっていました…^^;
さてヴァルヴレイヴですが、私は一角獣は未視聴ですが種はすぐに思い浮かびましたw アレンジの部分は深夜テイストと言いますか、吸血鬼は予想外でした。(つい最近まで深夜離れしてた身ですが)
私もレビューを書く際に公式サイトは何度見ましたが、確かに2号機だけリストから抜け落ちているんですよね。ひょっこり本編に出てきたりするんでしょうか? 死んだ筈のヒロインと一緒に…とかw
とりあえずプラモ購入も検討しながら見守っていくつもりです。
[ 2013/04/14 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/162-07dc6021