今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 20話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第20話 『憧れまぜまぜ!いちかとシエル!』

キラプリep20 0

スカイリムやって「蜂蜜酒飲んでみてぇな~」とか思ってた頃を思い出す
ちなみにまだ飲めてません。超飲みたい。
20話目。今週も前回と同様、順当にシエルの掘り下げとキュアパルフェ登場までの下積みを行っていた印象です。
ただ、前回が「天才パティシエ・シエルの何たるか」をズバズバと掘り下げていったのに対し、
今回では「シエルといちかのパティシエとしての決定的な差」を中心に描いていた印象でした。

素材の品質など、パティシエとしての知識をフルに活かして、「誰が食べても美味しい」スイーツを作り上げるシエルに対し、
パティシエとしての知識に疎くとも、アイデア重視で「食べる人を楽しませる」スイーツを作り上げるいちか。
どっちが良い悪いという話ではありませんが、少なくとも「スイーツに込められた想い」というキラキラルの本質を意図せず掴んでいるいちかは一歩シエルをリードしていると言えますね。

言っちゃあ難なんですけど、シエルは(パティシエとしてのプライドもあるせいなのか、)スイーツを「作ってやったぜ!」「プロなんだからこれくらい余裕!」みたいな態度で調理しているのに対し、
いちかは「相手を楽しませるなら、まず自分から!」とても言うかのように、スイーツ作りそのものを楽しんでいるかのように見えます。
この決定的な差は、いちかが家族からの愛情を一身に受けて育ち、「スイーツには想いが篭められている」と理解していが故の差と言えるかな?
そういやシエルさんは… 家族とか… いらっしゃらないんですか?

後々いちかとの交流を続けることで、シエルもキラキラルの本質に気づき、憧れのパティシエ・プリキュアへと覚醒する…というパティーンかな?
まあ、本質に気づくだけじゃダメなんですけどね。キラキラル目当てでスイーツを作り上げるとしたらパティシエとしての目的が変わってしまいますから。
次回はシエルの正体に近づくお話を描いていくようですし、パルフェ覚醒もそう遠くはないでしょう。
シエルといちか以外のメンバーとの交流が少ないですが、それはプリキュアに覚醒してからのお話かな。
関連記事
スポンサーサイト

家族はドコ…?ココ…?

視聴者には初登場時点である程度正体は割れてるから妖精達が家族だと思うんですけど(凡推理)
次回はどうやら正体バレ&ビブリーとの決戦?(もしくは最後から2番目)になりそうです。
まず無いとは思いますが、いちかのキラキラルに嫉妬したシエルがどこぞの社長みたく「私は神だ!」とか行って仲間になって早々悪堕ちはしないでほしいです(コナミ)
[ 2017/06/26 12:02 ] [ 編集 ]

cel「ええ素材やこれは…(密猟)」

このアニメがスイーツを題材にしている関係、食育を促す描写もこれまで見られましたが。
今回は食材にスポットがあたり普段子供たちが口にしている物はどの様に食卓に運ばれるかを描いてもいますね。
只、養蜂という産業自体の描写が殆どないのが残念ではあります、あくまでメインはいちかとシエルとの絡みに注力していました。

>今回では「シエルといちかのパティシエとしての決定的な差」を中心に描いていた印象でした。
>素材の品質など、パティシエとしての知識をフルに活かして、「誰が食べても美味しい」スイーツを作り上げるシエルに対し、
>パティシエとしての知識に疎くとも、アイデア重視で「食べる人を楽しませる」スイーツを作り上げるいちか。
スイーツ作り、言い換えれば「料理」という行為自体は生ける人間として避けては通れない物であり。
プロとアマの違いこそあれそこに優劣は無いと私は考えます、かの料理の鉄人も家事を手伝うと「野菜の皮の剥き方が厚すぎる」等
奥さんから文句を言われた事があったとか。
プロの長所とアマの長所との兼ね合いが重要で、本作の要である「伝説のパティシエ プリキュア」の誕生にも関わってきます。

>そういやシエルさんは… 家族とか… いらっしゃらないんですか?
作劇上はまだ秘密の存在であるシエルや追加戦士の情報を視聴者側にはガンガン公開していますね。
いちかに「妖精みたい」と言わせるあたりこの辺は積極的に「分かりやすく」をモットーに各スタッフに通達されていそうです。
「子供向け」と言っておきながらキャラが怠惰で描写不足で分かりやすさや必然性とは皆無だった前作からの反省でしょうか?

>シエルといちか以外のメンバーとの交流が少ないですが、それはプリキュアに覚醒してからのお話かな。
いちかのスイーツに対する情熱が突出しているため、他メンバーとシエルを絡ませる接点が乏しいですね。
特にあおいに関しては主役回での振るわなさといい、ゆかり以上にスタッフは扱いに困っている様に見受けます。
[ 2017/06/26 18:52 ] [ 編集 ]

チクルン「パンケーキにはいい思い出が無いんだよなぁ…」

チャーハンです。前回のコメントの返信で言っていた「何でもプロフェッショナルを極めるのがいい、という訳ではない」という意味は今回の感想文を見てわかりました。「仕事」と「家庭」とでは同じスイーツでも全然違ってきます。
シエルのパンケーキは見物客の心をつかんで全員に満足してもらってましたがいちかのは普通のパンケーキでしたが応援してくれた少年と両親で和気あいあいに食べていました。
どちらが正しいかではなく、多くの人に食べてもらうには「プロ」の実力が必要ですし誰かに寄り添って元気になるスイーツを作るには家庭的な心構えも必要です。
今、いちかはシエルにプロの技を学ぼうと必死ですがシエルもまたいちかから学ぶことがありそうですね。
次回でシエルの正体があきらかになりますがジュリオもどう絡むのか気になります。
[ 2017/07/02 00:27 ] [ 編集 ]

Re: 家族はドコ…?ココ…?

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>まず無いとは思いますが、いちかのキラキラルに嫉妬したシエルがどこぞの社長みたく「私は神だ!」とか行って仲間になって早々悪堕ちはしないでほしいです(コナミ)
彼は最初から闇堕ちしているというか混沌に塗れている存在なので…
[ 2017/07/03 10:51 ] [ 編集 ]

Re: cel「ええ素材やこれは…(密猟)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>プロの長所とアマの長所との兼ね合いが重要で、本作の要である「伝説のパティシエ プリキュア」の誕生にも関わってきます。
ここでふと思ったのですが、あくまでもいちか達は既に「伝説のパティシエ」と言われているプリキュアへと覚醒しているんですよね。
プロの技術や心構えを知らないいちか達が何故プリキュアへと変身できたのか少し疑問に沸きました。
いちか達のプリキュアば半人前であれば理由としては通るのですが。

[ 2017/07/04 21:52 ] [ 編集 ]

Re: チクルン「パンケーキにはいい思い出が無いんだよなぁ…」

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>今、いちかはシエルにプロの技を学ぼうと必死ですがシエルもまたいちかから学ぶことがありそうですね。
ジュリオとの絡みもありますし、あまり暗い展開にならないといいですね。
[ 2017/07/09 09:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1620-72af06a5