今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 20話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第20話 『スティンガーVSスコルピオ』

キュウep20 0

恐らく「チキュウ」が「地球」とは異なる惑星であることを示すために謎の言語を使ってるのでしょうが、
俺の記憶が正しければ「サファリ」は日本語だった。
20話目です。アクション主体だったせいか、話はあっさり目でした。
なので話に対するコメントは良くも悪くもないです。

久々に小太郎がキュウレンジャーとしての活躍回となりましたが、その内容については上々です。
何せ「子役に生身アクションをさせた」だけでもかなりの功績です。子役ヒーロー自体少ないのに。
大人たちと同じようにまともにステゴロの肉弾戦をやらせるのではなく、スティンガーに治療薬を与えるという、
「厳しいけど一発当てれば勝ち」という状況に持ってこさせたのは非常に適切な扱いだったと思います。

ちょっとびっくりしたのがスティンガーとスコルピオの過去についてです。
今までの話からは、「優しかった兄が突然豹変した」とばかり思っていたのですが、
今回の話から察するに、スコルピオには明確な「変化の兆し」があったようですね。
弟を守る責任の意識が暴走してしまったのか… それとも「守るための力」を手に入れる過程で変なものに目覚めてしまったのか。単なるやさぐれか。
これ、今後の展開で掘り下げられるのでしょうか? もうそろそろスコルピオ倒されそうな雰囲気ですが。
尤もスコルピオはシンプルかつストイックな「純粋な悪役」として機能している面もあるので、余計な掘り下げをして変に同情させない方がいいかもしれません。
というか掘り下げのリソースはラッキーに割いてあげて…

次回はスコルピオとの最終決戦…らしいです。意外と早い展開ですね。
東映公式サイト見ると何となく展開が読めてしまったのですが…
それにしてもアンタレスを使ったあとのスティンガーは普通に元気なのですが、代償として命を失う(そしてそれを救う方法)はどうやって回収されるのでしょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

セルフステロイドで手に入れた偽りの肉体

仰る通り今回は早々ロボ戦が差し込まれたりとアクションに力が入っていましたね。
久しぶりにリュウテイオー単独の活躍が見られたような。
私は敢えて「地球」と呼称してますが、現実とは若干異なる比喩世界を描きたいのなら徹底して欲しいですね。
(エースコンバットシリーズも途中、オーシア大陸が舞台だったり現実世界が舞台だったり右往左往してたな…)

>久々に小太郎がキュウレンジャーとしての活躍回となりましたが、その内容については上々です。
アクション面もさることながら直前の地球人の非難にさららせ落胆する小太郎を諭し群衆を一喝するラッキーの姿も良かったです。
(ラッキー自身のキャラクター性に後押しされていないのが残念ですが)
これにより同じ地球人にありながらも小太郎は「何があろうと力ある物は力なきものの盾であるべき」という自覚を促せたかと。
初登場時は心配でしたが出番は少ないながらも伸びしろのある少年として良いポジションのキャラに昇華できました。

>ちょっとびっくりしたのがスティンガーとスコルピオの過去についてです。
自身の弱さが兄の強さを歪にしたとスティンガーは思っているようですが、ちょっと唐突ですね。
次回で決着も付いてしまうこの兄弟との確執には最後にまだ一捻りがあるのか気になる所です。
[ 2017/07/02 22:04 ] [ 編集 ]

宇宙人のキュウレンジャーに分かるよう宇宙文字でも使ってるのかな?
ただ解読が進められてるジャークマター文字とも違う感じがしますが。

・ホキュータマとトモキュータマを持ち出し、危うくアルゴ船をスコルピオに渡しかける
・ガルとラプターに毒で不意打ちをかます(バランスが代わりに操縦しなければならなくなったので、戦力的にもダウン)
これらは「迷惑かけてる」内に入らないのかスティンガー、いや毛利。
とことんスティンガー=悲劇のヒーローをアピールしてるなあ。ダウンしているラプターとガルをバックに「スティンガーを助けるぞ!」って息巻いてるのは流石に不自然でした。一人くらい「あいつ何してんだ!」って怒っても良いんじゃないかと。スパイ時代にジャークマターに取り入るべく敵として振舞ったのとは事情が違うんだから。
次回辺りでスティンガーが二人に詫びる事を願うばかりです。

スコルピオに扇動された民衆に石を投げられても「救ってやる」と啖呵切るラッキー。
それは良いんですけど、今までの回でダイカーンの圧制から解放された人々はどうなってるんでしょう。他の星と違って地球にはダイカーンが何人も居る(しかも支配地区同士がかなり近い)わけだから、下手したらすぐに補充が来たり、あるいは浮かれてる住民を鎮圧しに来たりという事態も考えられます。画面に映ってる以上のペースでモライマーズを破壊してて、それでショーグンが業を煮やしたとかならまだ分からないではないけども。
まあ流石にそれは重爆の隅を突っつくような指摘かもしれませんが、それでもこれまでの街の住民が自発的にキュウレンジャーを応援するとか、監視のインダべーに抵抗するカットが入ったりしたら燃えるなと。
というかそうでもしないと4~5話の焼き直しみたいな事になりかねないので。

次回でアルゴ船もといホウホウボイジャー覚醒で、新戦士ホウホウソルジャー登場。
多分地球に突き刺さったモライマーズ艦隊が初陣になるんでしょうけど、イカーゲンの時のようにスコルピオとの決着の横取りはあまりして欲しくない所。
それと東映の撮影日誌。「戦いでしか分かり合えない不器用な兄弟」って、本編のスコルピオの悪逆非道ぶりを見ると全然そんな感じじゃないんですが…最期の最後でまさかの光堕ちとか萎えるから勘弁して欲しいなあ。
(何かこの日誌もスティンガーへの肩入れ、というか贔屓を感じるんだよなあ)
[ 2017/07/04 00:04 ] [ 編集 ]

Re: セルフステロイドで手に入れた偽りの肉体

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>自身の弱さが兄の強さを歪にしたとスティンガーは思っているようですが、ちょっと唐突ですね。
次回で決着も付いてしまうこの兄弟との確執には最後にまだ一捻りがあるのか気になる所です。

すごい思わせぶりな描写だったので、きっとVシネマで回収されるんでしょう。きっと…
[ 2017/07/10 00:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>これらは「迷惑かけてる」内に入らないのかスティンガー、いや毛利。
Vシネ発売も兼ねてスティンガーを無理にシナリオ内で立たせようとしていますね。
たとえ事態が収集してもリベリオン本部でお説教くらいは食らうレベルの厄介事だと思います。

>それは良いんですけど、今までの回でダイカーンの圧制から解放された人々はどうなってるんでしょう。他の星と違って地球にはダイカーンが何人も居る(しかも支配地区同士がかなり近い)わけだから、下手したらすぐに補充が来たり、あるいは浮かれてる住民を鎮圧しに来たりという事態も考えられます。
元々「宇宙の星々をジャークマターから開放する」という目的の割にチキュウばかりダイカーンを倒して、
それ以外の星は思い出したタイミングでしか戦ってないので、目的に対する行動がガバガバだと思っています。
エグゼイドの正宗同様、矛盾や問題点に対する指摘する気力すらあんまりないです。

>それと東映の撮影日誌。「戦いでしか分かり合えない不器用な兄弟」って、本編のスコルピオの悪逆非道ぶりを見ると全然そんな感じじゃないんですが…最期の最後でまさかの光堕ちとか萎えるから勘弁して欲しいなあ。
(何かこの日誌もスティンガーへの肩入れ、というか贔屓を感じるんだよなあ)

私もそう思います。とにかくスティンガーに注目してほしいんでしょうね。
[ 2017/07/15 14:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1623-d6811a85