今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 21話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第21話 『なんですと~!?明かされるシエルの正体!』

キラプリep21 0


『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』
監督:土田 豊
脚本:村山 功


よし! 断然見る気になってきた! 公開が楽しみだなぁ!

マジレスすると彼は映画においてはそこそこな仕事振りをしてきたからそういう方向の期待をするのはお門違いかもしれないっつーか
テレビ版と劇場版でスタッフ変えるのって最近の東映のトレンドか何か?

21話目です。
シエルの正体バレ、散らばっていた妖精たちの集合、キラリンの双子(兄?弟?)のピカリオの存在の確認、そしてジュリオとの決戦。
2クール目も大詰めと言うことで、山場を迎えるに相応しい準備が整ってきました。
妖精たちがガミーらの働きによって一同に集うことができたという点も良かったです。スタッフが設定を忘れていない証拠ですね。エグゼイドと違って。
(ガミーが以前までのように暴力を振るうのではなく、威嚇だけで猫を追い払っていたことも印象的でした)

あくまでも準備段階なのでお話に関しては特に言うことがありません。気になるのは今後の展開ですね。
次回はジュリオとの戦いが待っていますが、この流れでいくとジュリオの正体は確実にピカリオです。
ペコリンといいキラリンといい、スイーツ作りをしている妖精たちは皆プリキュアに憧れているようですが…
ピカリオ(多分)もプリキュアを目指していたのでしょうか?
まあ実際の日本でもケーキ職人について「パティシエ(男性名詞)」「パティシエール(女性名詞)」と呼び方が男女で分かれてはいますが、
ぶっちゃけ今現在では男女問わずパティシエで統一されているのと同じように、プリキュアに対してもジェンダーフリーであるべきなのかも。
なるほど昨今のスイーツ業界の事情を反映させた、ベストな設定だと言えますね!

バカなこと言ってないで話を進めると、
プリキュアを目指していたのかどうか知りませんが、恐らくピカリオはスイーツ修行を志半ばで諦めてしまったのでしょう。
説得のカギを握るのは、まず間違いなく双子のシエル。あとは彼に大きな遺恨を残したいちかであることは間違いないでしょう。
2クール目も大詰めですが、相変わらずキラパティメンバー4人の影が薄くなりそうです。
そもそもここ最近話の舵をとってるのはいちかとシエルだからなぁ。
一体どのような決着を付けていくのか期待と不安があります。
関連記事
スポンサーサイト

チャーハンです。劇場版の脚本を村山氏が担当するのは意外でした。個人的には魔法つかいの事があるので複雑ですがキラプリの映画自体は是非ともいい作品になってほしいのでキラプリ映画の脚本家としては応援します。劇場版に関しては仰る通り実績がありますし…。
魔法つかいについてはあまりにも子供向けにこだわり過ぎたせいであの作風になってしまったと思いますのでそれさえ無ければ大丈夫だと思います

今回はシエルの正体ばれとペコリンの仲間達が戻ってくる話でした。
正直予告を見た段階では長老が花火を上げただけでみんな戻ってくるのか、と思いましたが裏でガミー達が妖精たちを捜して山に戻るよう促していた、という話に繋げたのは見事でした。
ガミー達が妖精たちに謝罪してたのもちゃんと自分達の罪と向き合っていた事を示していて良かったです。
いちかとシエルの立場が逆転してましたがこれはパティシエとプリキュアで師弟関係が逆転する関係になるという事でしょうか
次回はジュリオと最後の戦いが始まりますがビブリーもどうなるか気になります。
[ 2017/07/02 19:06 ] [ 編集 ]

ん?今なんでも(略

ついに敵の親玉・ノワールが姿を現し、壊れていたロッドとジュリオをパワーアップさせました。
ラスボスにあるまじき(失礼)シンプルなデザインですが、闇のキラキラルの集合体の可能性が…?
そう言えば、幹部キャラも闇のキラキラルを持っている設定だったらしく、唐突にイルに分け与えた時はファッ!?ってなりました。こんな描写今までありましたっけ?どっちにしろ、僕の勘繰りすぎってのもあるかもしれませんが。
次回はジュリオとの最終決戦、まず間違いなく正体はピカリオでしょうが、そうなると確率は低いでしょうが、幹部全員が元は妖精って可能性もあります。でも多分ビブリーはノワールへの病的執着から、ノワールが生み出した、と言った感じでしょうか。
[ 2017/07/02 20:55 ] [ 編集 ]

ick「今何でもするって言ったよね?(一 転 攻 勢)」

>脚本:村山 功
ホントこの世界はコネが強いのでしょうね…
まぁ、オールスターズのような実質的な二次創作は実績はありますから仰る通り酷い物にはならないと思いたいです。

今回で いちか達プリキュアの戦いとパティスリーでの活動が実を結び当初の目的を成し遂げたと言えます。
12話以降どうなったのか不明だったガミー達でしたがプリキュアと和解後は贖罪の為に独自に行動していたのは仰る通り好印象。
主人公の無意識の善良性が連鎖し巡り巡るのは良いですね(プリキュア側に取り入っただけで許される某蜂と違い妖精の鑑です)
ビブリーの襲撃に「もう二度とバラバラにさせない!」と啖呵を切るホイップはベタながら頼もしいです。
妖精枠として「影が薄い」と言われがちなペコリンですが彼女の願いがプリキュアを行動させたのは間違いありません。

>プリキュアを目指していたのかどうか知りませんが、恐らくピカリオはスイーツ修行を志半ばで諦めてしまったのでしょう。
>説得のカギを握るのは、まず間違いなく双子のシエル。あとは彼に大きな遺恨を残したいちかであることは間違いないでしょう。
ピカリオが単に逆恨みでキラリンに嫉妬していたとしたら不公平で彼が安っぽい存在になってしまいますから。
姉弟の双方に食い違いがあったと考えるのが自然でしょうか?筆者様が恐らくマホの次に不評と下しているスイートも
妖精間の不和が中盤のイベントでしたが、アレもマホとは逆に前半プリキュア同士の痴話喧嘩にかまけてハミィとセイレーンの掘り下げが殆どなく
モヤモヤしたプリキュアへの改心でした、今作でその轍は踏まないで頂きたい所ではあります。

タイトルにある様に一 転 攻 勢となったシエル改めキラリンといちかの関係性ですが。
キラリンはいちかが多くのキラキラルを生み出せる理由が「プリキュアだから」と認識している所にズレがあります。
「憧れとは理解から最も遠い感情」とはkbtitの代表作の格言ですが、この事が未だ行方知れずの弟(すっとぼけ)の間に溝を生んだのか?
嘗ていちかに「スイーツで『自分』を表現しろ」とお題目を出しましたが
そんなキラリンがパティシエの本分を失いかけているとしたらなんとも皮肉です。
彼女がパルフェに覚醒するとして、もうひと押し重要な資質に目覚める必要がありあそうです。
[ 2017/07/02 22:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>魔法つかいについてはあまりにも子供向けにこだわり過ぎたせいであの作風になってしまったと思いますのでそれさえ無ければ大丈夫だと思います
どちらかと言えば、「子供向け」というより「使命を背負わせない」「敵側ノドラマを描かない」といった
制作陣のやりたいことばかりが先走ってしまって、プリキュアのコンセプトに上手く落とし込めなかったことが原因だと考えています。
最初から設定の作ってあるオールスターものでは多分大丈夫でしょう。

>いちかとシエルの立場が逆転してましたがこれはパティシエとプリキュアで師弟関係が逆転する関係になるという事でしょうか
とりあえず、一方的に優位性がある関係ではないことは伝わってきましたね。
ただし、いちかとシエルという2人だけの関係になってしまっているので、上手いこと他の4人も加わって欲しいところです。
[ 2017/07/09 11:32 ] [ 編集 ]

Re: ん?今なんでも(略

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>そう言えば、幹部キャラも闇のキラキラルを持っている設定だったらしく、唐突にイルに分け与えた時はファッ!?ってなりました。こんな描写今までありましたっけ?どっちにしろ、僕の勘繰りすぎってのもあるかもしれませんが。
あんまり記憶がないです。
そもそもキラキラルって、お菓子に宿る人の想いのエネルギーのようなものだったはずなので、
いかにもお菓子なんてどうでも良さそうなビブリーにキラキラルが宿っていたとは考えにくいです。
他人から奪ったものを自分の中に蓄えていたのかもしれませんが。
[ 2017/07/09 20:47 ] [ 編集 ]

Re: ick「今何でもするって言ったよね?(一 転 攻 勢)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>タイトルにある様に一 転 攻 勢となったシエル改めキラリンといちかの関係性ですが。
キラリンはいちかが多くのキラキラルを生み出せる理由が「プリキュアだから」と認識している所にズレがあります。

今週の話といい、キラリンは一般人と比べると何かしら欠如しているものがあると分かりやすく描写されていますね(人じゃないですが)
プリキュアへ成長するにあたっての明確な伏線だと思うので、きちんと回収してほしいと思います。
[ 2017/07/15 00:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1625-ce68b89d