2017年7月第1週 購入ガンプラまとめ

DSC00141.jpg

最近は仕事のほうが忙しくなってきてブログに費やす時間が少なくなってしまいました。…何回目だこういうこと言うの。
成果物の納品日が近くなってるからね、仕方ないね。

それにしてもHGガンダムダンタリオンの品薄っぷりは一体どういうことなのか…
単に出荷数抑えたのかな? それともお店側が入荷数を絞りすぎたのか。
何れにせよ鉄血機体の中でも特に面白いギミックを兼ね備えているプラモなので、多くの人に回ってしほしいですね。
DSC00142.jpg

DSC00143_201707082006114b2.jpg
というわけで買ってきました、イフリート・シュナイドくん。
RE/100で発売されていた機体がまさかのHGデビューも飾るという異例の事態故に話題になりました。
RE/100とは逆に「イフリート改」を差し置いてこちらが一般販売されたのは、こちらの方がアニメに登場していたからかな?

全体的なプロポーションはRE/100のようなゴツさはなく、どちらかと言うとスリムな印象。
オレンジのホイルシールが微妙に貼りづらくて苦戦しました。

DSC00144_20170708200613adc.jpg
可動に関してはバーザムと同様の構造が取り入れられており、肩はスライド式で可動します。
ポリキャップに依存しなくなったおかげで地味に見栄えが良くなってますね。
肘も引き出し構造で90度以上可動。首にも上下可動構造が取り入れられてますが、首が埋まり気味なのでほぼ死んでます。


DSC00145_20170708200614865.jpg
そして腰は回せない。ジオンMSお約束の、ランドセルと腰がパイプで繋がってる構造なので仕方ありませんが…
つくづく思うんですが、格闘メイン機体で腰が回せないとか致命傷じゃないでしょうか。
何年も経て改修されてきた機体なんだから、その辺も見直してくれよとか思ったり思わなかったり。


DSC00148.jpg
射撃武器は、ジオンMSお馴染みのジャイアント・バズ。


DSC00146_201707082028483c8.jpg
アニメでは肩に担ぐのではなく横に持って発射していましたが、それだとサブグリップの仕様上ちょっと持ちにくかったりする。


DSC00147_2017070820285042b.jpg
やっぱ方に担いだ方が見栄えいい。


DSC00149_20170708203449af4.jpg
そしてイフリート・シュナイドのメイン武装であるヒート・ダート。
ただでさえ操縦性能に難のあるイフリートに、これまた扱いの難しそうな短剣武器を使用するとかマゾかな?


DSC00153_20170708204134590.jpg
放熱状態の刃はクリアパーツを使って再現。もう少し刃渡り大きくても良かったかも。


DSC00150_2017070820412991e.jpg
元々のライバル機だったガンダムピクシーが、ダガーをメイン武装とする接近戦特化機体なので、
ある意味セルフオマージュとも言えるのかもしれませんね。


DSC00151_20170708204131725.jpg
しかし腰が回せないと本当にとれるポーシングが限られてしまう…orz
開脚や接地性もそんなに良くないので意外と安定したポーシングがとれない。


DSC00152.jpg
短剣のポーシングについてはまだまだ勉強が必要ですね。…でもやっぱりイフリートの図体に対してこの刃渡りは小さすぎるような…


DSC00155.jpg
というわけでイフリート・シュナイドくんでした。

スタイルもよく色分けもそこそこ頑張っており、見栄えの方は十分に満足しています。
可動の方は良くも悪くもジオンMSらしい可動範囲。肩可動に関しては従来のようなポリキャップに依存しない構造になったため、
この調子で下半身に関しても見直されていってほしいです。腰可動はともかく、開脚面はどうにかならないかな。
総じてバーザムには及ばないにしても手堅く纏まった良作プラモだと思います。
この出来栄えならイフリート改にも期待ができそうですね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/08 21:11 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(4)

元は前の搭乗者の名前(後付け)

>それにしてもHGガンダムダンタリオンの品薄っぷりは一体どういうことなのか…
私はオルフェンズ熱が冷めFAGに浮気して暫く経ちますが、月鋼にこんなガンダムがあったとは…
一見ブルーフレームっぽいですけど追加武装の派手さに関してもアストレイシリーズを髣髴させますね。

待望のイフリートシリーズの一番手がシュナイドとは意外ですが確かに(一応)地上波で初登場なのはコイツですね。
ジオン系キットで特に腰部の動力パイプに抜本的な改善が無いのは相変わらずですが確かに良い出来の様です。
本編ではセミストライカーとの超インファイトが印象的ですが同じ長物が武器の陸戦型ガンダムS型とブンドドさせるのも面白そうです。

>ただでさえ操縦性能に難のあるイフリートに、これまた扱いの難しそうな短剣武器を使用するとかマゾかな?
これに似た装備を持つガンダムをご存知でしょうか?イフリートの初登場ゲーム作品「クロスディメンション0079」。
そこで死闘を繰り広げた宿敵と言えるガンダムピクシーはビームダガーが主兵装のMSです。
皮肉なことですがこのイフリートシュナイドのパイロット「フレッド・リーバー」は元連邦軍でピクシーのパイロットだった人物です。
彼が何故ジオン残党に与し、宿敵のMSに乗る事になったのかは「ミッシングリンク」をプレイすれば分かります。
まぁ、今ならGジェネジェネシスをやるのが手っ取り早いとは思いますが…後付けのオンパレードですけどね…
[ 2017/07/09 18:33 ] [ 編集 ]

無理に可動範囲を越えて動かそうとするとニムバスの声で「それ以上はイフリートの機体が保たん!」と何処かから聞こえてきたりしてw
まぁ、それは冗談として、特徴的なでかい肩が可動にあまり干渉しないようになっているのはいいですね。
これなら本命の改もイけそうです。
[ 2017/07/11 18:49 ] [ 編集 ]

Re: 元は前の搭乗者の名前(後付け)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>これに似た装備を持つガンダムをご存知でしょうか?イフリートの初登場ゲーム作品「クロスディメンション0079」。
ピクシーのことはその少し下の文章で触れています。
ピクシーのパイロットの趣向に合わせて本来の武装から変更されたことも存じています。
個人的にはイフリートは武将をイメージして作られた機体なので、
わざわざ忍者モチーフのピクシーに無理やり似せる必要はないと思うんですけどね。
[ 2017/07/17 02:06 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

>無理に可動範囲を越えて動かそうとするとニムバスの声で「それ以上はイフリートの機体が保たん!」と何処かから聞こえてきたりしてw
EXAMに選ばれてるからへっちゃらです。
[ 2017/07/17 14:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1626-66b17398