今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 21話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第21話 『さらばスコルピオ!アルゴ船、復活の時!』

キュウep21 0

ニチアサの放送時間帯を変えること自体は全然かまわないんですけど、
慣れ親しんでいた「スーパー戦隊」→「仮面ライダー」という放送順が変わってしまうことについては違和感があります。
そのうち慣れるんでしょうけど。
21話目。
スコルピオ戦、びっくりするとほどアッサリ終わりました。
ついでにスコルピオ自身もそんなに強くなかったです。数の暴力には敵わなかったということか。
今際の際にはお約束と言わんばかりに善人化してましたが、何だかなぁといった気分です。
個人的には善人化したことよりも、全体的に展開が急ぎ足すぎて「これ前回のうちでも終わってたんじゃないの?」と思えるレベルの内容だったことが残念でした。
再起不能になった仲間が復活し、その仲間の武器で兄に引導を渡す、という展開はベタながらも熱いもののはずですが…

スコルピオがくたばった後は新戦士・ホウオウソルジャー/鳳ツルギの堂々登場です。
ソルジャーの名に相応しく、片手剣と盾を使ったアクションでジャークマターを蹂躙し、モライマーズをも破壊するなど獅子奮迅の活躍ぶりでした。(鳳凰だけど)
色合いといい我の強そうな性格といい、めちゃくちゃラッキーと立場がかぶって見えるんですけど、今後お互いのキャラを食ったりしないのでしょうか。
現状、ラッキーのキャラに対する掘り下げは十分とは言えず、対するツルギは販促の都合もあって、今後はシナリオを積極的に引っ張っていくことが予想されます。
自己主張の強い者同士が、互いの力を認め合う展開は十分にアリですが、上記の通りそれを成し遂げるにはラッキーが力不足なのではないかと感じています。
うまいことバランスがとれりゃいいんですが。

それにしてもホウオウソルジャー、デザイン的にどっかで見たことがある…
…と思っていたら、顔がまんまマジレンジャーのマジレッドでしたね。あっちもフェニックスモチーフのヒーローでしたが。
武装はどちらかと言うとウルザードですね。ただ、「片手剣と盾」というコンセプトは今のホウオウソルジャーのデザインとはあまり相性が良くないと思います。
スーツのデザインが良くも悪くもいつも通りの戦隊ヒーローテイストだからです。ホウオウブレード&シールドが浮いちゃってます。
ウルザードのスーツは元々甲冑を模したようなゴツいデザインだったので違和感はありませんでしたが…
ゴーカイシルバーみたいに、あとで何か追加装備が施されることの前触れなのでしょうか? まあ色々と楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

東山源次(CVショウ司令)「契約したのか、俺以外の東山と…」

>ニチアサの放送時間帯を変えること自体は全然かまわないんですけど
これ、裏番組のDBとワンピと被るのはマズいのでは?どちらもバンダイ×東映の作品なのに。
ゴルフ等で休止する事態を避けるための措置なら分かりますが視聴率に響かなければ良いのですが…
そして毎日放送の夕方アニメ枠に続きメ~テレ(名古屋テレビ)アニメ枠もヘボットを最後に消滅とは…

今回はA・Bパートで話がガラッと変わり過ぎて付いていけませんでした。
あっさりスコルピオが倒され、彼の死の余韻に浸る間もなくホウホウソルジャーの圧倒的無双によりモライマーズ艦隊はあっけなく壊滅…
確かに兄弟対決の決着の着け方は王道ではあるのですがスネークチャンプの呆気ない復帰は
「所詮ロボットだからな」と冷めた目になってしまいます…ロックマンX2みたいな展開を期待してただけに…

>ただ、「片手剣と盾」というコンセプトは今のホウオウソルジャーのデザインとはあまり相性が良くないと思います。
あと地味ですよね…今の私には「『ポイズンタバルジン』が便利だった気が…」位の記憶しかありません…
[ 2017/07/09 18:36 ] [ 編集 ]

創作物において、自分にはどうしても許容しがたい展開が3つあります。
一つ、それまでろくに描かれてもいなかった愛や絆を唐突にアピールしてくること。
二つ、特定のキャラを立てるために他のキャラを端役や低脳に落とすこと。
三つ、それまで悪逆の限りを尽くしていた悪役が「実は内心で葛藤・後悔していた」と後付けすること。
今回はその全部を達成しています。逆に凄い。
スコルピオってこれまでの敵幹部で例えるなら、人の情を捨てて人斬りに励んだ十臓、宝のために無二の相棒さえ裏切ったバスコ、命や絆を踏み躙り嘲笑ったバングレイといった面々に近いタイプの悪役だと思っていました。ギリギリまで信じた弟を裏切って嘲笑い、部下まで特に意味も無く使い捨てのゾンビに仕立て上げるという非道を、洗脳や改造ではなく自分の意志でやっていた時点で、もう改心も和解もありえないものだろうと。少なくともそこから救済に持っていくには並大抵の積み重ねじゃ足りません。
しかし製作側はそうじゃなかったんですね。道を踏み外していることを自覚しながらも悪事をやめることが出来ず、弟ともすれ違ってしまった悲劇の男だと。そう思って動かしてたんですね。

加えてもう一つ最悪なのが、今回満を期して復活したチャンプが完全に蚊帳の外、というかスティンガーの引き立て役でしかなかったことです。。
兄を看取る事の出来たスティンガーは満足でしょうが、チャンプにとってはそうじゃない。ずっと探していた産みの親の仇に引導を渡すことも怒りをぶつけることも出来ず、最期の最後で聖人ヅラされて手の届かないところへ逝ってしまった。これ以上残酷な仇討ちの結末があるでしょうか?
これで自分は確信しました。チャンプの過去は、スタッフが寵愛するスティンガーの悲劇のヒーローぶりを演出するためのスパイスとして設定されたのだと。確かに思い返せば、自分の疑惑を晴らそうとしなかったスティンガーには非が無いみたいに描かれてたしなあ…。
それから自分が前回で望んだとおり、スティンガーは確かにガル達に頭を下げて詫びました。「針仕事が得意」という意外な萌え要素をアピールする為の、半分ギャグシーンとして流されてましたが。せめて皆が謝罪を面と向かって受け入れてからにすれば良かったのに。

今回ホウオウソルジャーにぶった斬られたマーダッコはどうせまた復活するんでしょうけど、ぶっちゃけ「中の人の演じ分け」という以上の魅力があるようには思えないです。戦闘面でも既に倒されるのが当たり前の単なる噛ませ以下にまで成り下がってきている。
スコルピオの側近になって以降は全くと言って良いほど見せ場に恵まれず、個人的にはイカーゲンと一緒に「武闘派の女幹部」として暴れていた頃が一番輝いていました。
スーツも痛みが見えてきてるし、そろそろ退場させたら?

何度と無く首を傾げながらも、ずっと良くなるだろう良くなるだろうと今作には期待し続け、実際輝いている部分も多々ありました。
しかし何だか本気で嫌いになりそうです。
[ 2017/07/12 02:24 ] [ 編集 ]

SCRPO「いち悪役風情がサブタイに乗って恐縮だな(心にもない)」

追加戦士初登場回は、よほどのことがない限りは安定して見ることができて、このエピソードもそれにあたる。
だが、スコルピオとの決着としては尻の穴から出たかのようなものが出来上がり!

この展開を知って驚愕、頭を抱えました。
そしてしゃしゃりでる子供暴力団の擁護・・・
どうだ、この展開を擁護していた者たちよ、お子さんは「スティンガーがお兄ちゃんと仲直りできてよかったね」と言いましたでしょうか?チャンプをはじめ蠍兄弟に振り回された者のフォローはどうでもいいんですね。
どうも望月Pと他のスタッフとの間に齟齬が生じていたらしいです。彼にとって久保田氏は思い入れのある人だけど、

あと小太郎はスティンガーよりラッキーとの方がいい関係(義兄弟)している気がする。
[ 2017/07/12 21:37 ] [ 編集 ]

Re: 東山源次(CVショウ司令)「契約したのか、俺以外の東山と…」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>あっさりスコルピオが倒され、彼の死の余韻に浸る間もなくホウホウソルジャーの圧倒的無双によりモライマーズ艦隊はあっけなく壊滅…
やっぱり展開の空気が違いすぎますよね。
仮にも悲しき兄弟対決のはずなのに、その勝負の余韻に浸る間もなく新戦士が登場してしまうとは…

>「所詮ロボットだからな」と冷めた目になってしまいます…ロックマンX2みたいな展開を期待してただけに…
多分ゼロのことを指してるんでしょうが、彼は元々イナフキンのお気に入りなので…
[ 2017/07/17 02:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>しかし製作側はそうじゃなかったんですね。道を踏み外していることを自覚しながらも悪事をやめることが出来ず、弟ともすれ違ってしまった悲劇の男だと。そう思って動かしてたんですね。
だったんでしょうね。
今回の話におけるスコルピオとの決着は完全にホウオウソルジャー復活の前座なので、
無言でやられるよりは少しでも印象に残るような展開にしたかったのでしょうか。蛇足感は否めませんが。

>加えてもう一つ最悪なのが、今回満を期して復活したチャンプが完全に蚊帳の外、というかスティンガーの引き立て役でしかなかったことです。。
スティンガーの相棒役でいることに満足し切っていた感じですね。
キャラを増やしたがる一方で各キャラの掘り下げについては不真面目な作品なので、チャンプのキャラ自体もそこまで意味のあるものではないのだと思います。
というか、この一件でチャンプにとって大事なキャラの掘り下げ要因を失ってしまったのですからもう空気化しか残されてないんじゃ…

>今回ホウオウソルジャーにぶった斬られたマーダッコはどうせまた復活するんでしょうけど、ぶっちゃけ「中の人の演じ分け」という以上の魅力があるようには思えないです。
そうですね。戦い方に工夫があるわけでもないですし、ただのやられ役になり下がっていると思います。
[ 2017/07/18 00:39 ] [ 編集 ]

Re: SCRPO「いち悪役風情がサブタイに乗って恐縮だな(心にもない)」

オルタフォース様、コメントありがとうございます。

>どうだ、この展開を擁護していた者たちよ、お子さんは「スティンガーがお兄ちゃんと仲直りできてよかったね」と言いましたでしょうか?チャンプをはじめ蠍兄弟に振り回された者のフォローはどうでもいいんですね。
「スコルピオの決着はどうでもいいからホウオウソルジャーに期待してね!」と言わんばかりでしたね。
キュウレンジャーにはメンバーの数を増やす以外にもやるべきことがあると思うのですが、スタッフはあまり重視していないようですね。
[ 2017/07/18 00:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1627-6b9af93d