今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 27話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第27話 『アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!』

キラプリep27 0

同じ会場でプロとアマのライブを同時に行うって無能采配ってレベルじゃないと思うんですがそれは
とりあえず一通り見た感想が「Goプリでやれ」 そんな27話目。

案の定、スイーツの出番は控えめでした。なくても話が成立するレベルだと思います。
やっぱりあおい回になると作風がガラっと変わってしまうみたいです。少なくとも前回までの「キラプリ」を見てる感じではありませんでした。
つーか「プリキュアが民間人に危害を加える」なんてプロット、よく企画が通りましたね… そっちの方に驚きだよ。
あと、サブタイにあるような「アツいライブバトル」なんてしてないですよね? バトル以前の内容でしたし、ライブ自体は物凄く冷ややかに終わってしまいました。
サブタイ作った時点ではプロットが違ってたのかな?

憧れのスターである岬さんに対し、嫉妬を交えながら「同じ舞台に立つ」という目標から「憧れのスターを超える」というストーリーは確かに悪くありませんが、
私としてはその作品「らしさ」を無視して別の路線に走られることは評価に値しません。
その作品で描く意味がなくなってしまいますからね。
キラプリらしさっていうのは、あくまでも「スイーツで想いを届ける」ことにあるのであって、「ストイックに夢へ突き進む」ではないはずですし、そういった話を描く下地が整っているとも思えません。
「あおいに関してはこういうストーリーしか書けません」って言われるとそれまでなんですが、スイーツいらなくても成立する話作るって設定の時点でミスってるんじゃ…

あおいの心情については過去描写を交えながらも非常に濃密に描いていたにも関わらず、
プリキュアがステージに乗り込んで危害を加えたことに関しては「なんかトラブルがあった」程度に済まされたことも不服です。

また個人的に、岬さんがあおいの「岬さんとステージに立つ夢が叶った!」という発言を否定したかのような態度をとっているのが気になりました。
私にはあおいの発言が間違ったものだとは思いません。「○○さんと一緒に同じことをしたい!」なんて現実世界でも割りと聞く話ですよね?
恐らく岬さんは「夢叶えた後どうすんの?」「一緒にステージ立つだけじゃ前へ進めないよ?」という部分に関して突っ込みたかったんでしょうが、
仮にも相手はまだまだ幼い中学二年生。正直、ちょっと態度が大人気なかったと思います。
他人の夢にケチつけるなんて論外なんだよなぁ。

次回は以前ゃったひまりのガイド話に触れるようです。
なんというか、キャラクターごとに掘り下げる話のルートが決まってるようですね。
問題はそのルートが全員交わるように見えないところなんですが…
関連記事
スポンサーサイト

らしさってなんだろう(哲学)

あおい初登場回でもいきなり「らしさ」という言葉が出てきましたが、
タイトルの様にらしさというのが益々分からなくなりました(池沼)
エリシオも今回、プリキュアの心を奪う(闇を育てる)事で擬似的な傀儡にする能力を見せましたが、
これも設定等の全般に言える事ですが、エグザイドの様に死に設定にしておいて後から思い出した様に使う事だけは勘弁してほしいです。
そして前回に続いて出現した氷のカップ?の様な物は恐らく六つ集めて新技覚醒と言った流れでしょうか。
二クール目終了までに間に合うんでしょうか…?
[ 2017/08/13 16:27 ] [ 編集 ]

ガラス細工みたいでクジラグミ綺麗でしたね

ショッキングな描写もあり、アニメとしては見ごたえのある内容でしたが
おっしゃるように「これキラプリでやる内容なのかな?」と疑問思ってしまいました。
今回お菓子作る必要あります…?

意地悪な言い方になってしまいますが
やりたいことがあって、憧れの人がいて、次の目標も定まったんだから
『もうあおいちゃんはキラパティ抜けてバンドに専念しなよ』とすら思ってしまいました…。

無理やりお菓子作りとバンドも両立させるとなると、
歌いながらお菓子作る、みたいな曲芸士になるしか無いように思えてしまうのですが
今後この子はどうなってしまうんでしょうか。

ある意味一番行末が気になるキャラになってしまいました。
[ 2017/08/13 19:42 ] [ 編集 ]

やはりセミ兄貴は名優だった…?

されど、例の者とは別個体だとおもうと悲しいなぁ(諸行無常)

夏枯れ回という事でテッキリ緩めの話しかと思いましたが思いのほかショッキングな内容でしたね。
エンディングで香村氏の脚本と知り妙に納得してしまいましたw前回といい氏は主要キャラをいぢめる係なのでしょうかw?
仰る通りあおいの設定自体がスイーツと絡ませ難いからGOプリやジュウオウジャーと同じ感覚で
ストイックなバンド物としてシナリオを組んでしまった印象です。
それを差し引いてもGOプリなら最低2話はかけなければならない挫折からの復活劇を1話に纏めたせいで無理が生じてます。
「勝ち負けは関係ない」「自分らしさを貫けばよい」という言葉が失敗の言い訳や妥協になる事が嫌であおいは心が折れてしまったのですから。
ホイップの「あおちゃんらしくない」という言葉で復帰するのは説得力が弱いです。
個人的にはスプラッシュスターのキントレスキーの「勝利しなければ意味が無い」という敵の正論からの
最終回エピローグでの咲のソフトボール試合勝利の流れが綺麗な流れだと思っているのですが
何れにせよ今回だけでは消化不良なのは確かです、あの固いグミがちゃんと「正解」への伏線になるのか?

>また個人的に、岬さんがあおいの「岬さんとステージに立つ夢が叶った!」という発言を否定したかのような態度をとっているのが気になりました。
あおいのバンドのに対するスタンスに加え岬のキャラも掘り下げられておらず、関係性があやふやなんですよね。
あおい自身がバンドで高みに上りたいと言う夢をアピールしてない上に、それに岬が触発された具体的描写も乏しいのですよねぇ。
だから唐突に厳しく当たっている様に見えてしまう、頻繁に出会う話があればいいのですがそれでは本作のスイーツを作る話しが作れない…
キャラ個別の目標とプリキュアとして戦う動機付けの結びつきが弱い事は筆者様も危惧してますが、あおいについてはそれが特に顕著です。
リュウ様の仰る通り行く末が一番不安です、第二の十六夜リコになってしまわないかと…
[ 2017/08/13 22:41 ] [ 編集 ]

これもうわかんねぇな~。

どうも、初めて投稿させて頂きます。いつも貴方のブログを拝見させて頂いてます。今回の話は個人的にはアニメ作品としては面白い、プリキュアにしては神回なんじゃないか思ってみていましたが「プリアラ」らしくない、というのは考えていなかったですね。
 今回グミを上手く作れなかったことに対するいちかのフォローの言葉が良くなかったことで、あおいちゃんは(精神的に)とどめを刺されていた感じでしたね。肝心のスイーツ要素に追い詰められるとはちょっと可哀想だなぁ....
 他の方も仰っている通り、正直今のあおいちゃんはキラパティに通う必要があるのかというのは一理ありますね。だって水島さんはあおいちゃんがバンドをやることを一応正式に認めたわけですから、そちらに集中しろと言われるとそう思いますね。
 プリキュアが民間人を襲うというのは個人的には良いとおもいました。一応洗脳されていた訳ですから。あと、戦隊やライダーではよくある?ことなので(男児向け番組と女児向け番組を同一視点でみる人間の屑)
 誰も突っ込んでいないので、ここで言及しますが、今回の話で私が一番気に入らなかったのは、ジェラートが敵に対するトドメをパルフェに譲ったことです。もちろん促販なのはわかりますよ!しかし今回の話の主役はジェラートでしたから、あれは全体の流れ的におかしいだろと思いました。お前メインじゃなかったのかよぉ~⁉どうせなら、全員で決めて欲しかった....
異常です。長文失礼しました。
[ 2017/08/14 06:06 ] [ 編集 ]

チャーハンです。今回もあきゆか回同様、賛否両論の話になりました。
私個人としては今回の話は良かったです。
内容に関してはすでに他の皆さんが語られた後なので省略します。

岬さんの態度については私もムッと来ました。仰る通りあおいの夢が叶った、という考えが間違っているとは思えませんし、期待外れだとしてもここまであからさまに不機嫌になると不快です。
(まあ岬さんなりの考えがあったとは思いますが…)

あおいの闇堕ちイベントは随分思い切ったなと思いました。
流石に賛否が分かれてますね。
自分も見ててヒヤッとしました。
あおいが暴れた後のフォローはあった方が良かったですね。

闇堕ちイベントをやる事については個人的にはありだと思いますが答えがでるには時間がかかりそうですね。

次回は何やら実験する様ですが爆発とかしなければいいですね…
[ 2017/08/19 01:26 ] [ 編集 ]

Re: らしさってなんだろう(哲学)

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>そして前回に続いて出現した氷のカップ?の様な物は恐らく六つ集めて新技覚醒と言った流れでしょうか。
二クール目終了までに間に合うんでしょうか…?

尺というより、新技が必要になりそうな展開が思いつかないです。
例年のプリキュアよりも敵との戦いを目的としていないのは確かですし、より強大な戦力を手に入れる意味がわからないです。
これから敵勢力と本格的に戦う姿勢にでもなっていくのでしょうか?
[ 2017/08/20 01:29 ] [ 編集 ]

Re: ガラス細工みたいでクジラグミ綺麗でしたね

リュウ様、コメントありがとうございます。

>意地悪な言い方になってしまいますが
やりたいことがあって、憧れの人がいて、次の目標も定まったんだから
『もうあおいちゃんはキラパティ抜けてバンドに専念しなよ』とすら思ってしまいました…。

そう思うのも無理はないと思います。
現状あおいにはキラパティに居座らなければならない理由はありませんし(キラパティにいる間は基本空気)、
むしろバンドの方が大事なのではないか、という描写の方が目立ちます。
記事でも触れましたが、「スイーツ」というテーマにキャラクターが沿えないのであれば、私は良い顔はしないです。
[ 2017/08/20 01:43 ] [ 編集 ]

Re: やはりセミ兄貴は名優だった…?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>「勝ち負けは関係ない」「自分らしさを貫けばよい」という言葉が失敗の言い訳や妥協になる事が嫌であおいは心が折れてしまったのですから。
ホイップの「あおちゃんらしくない」という言葉で復帰するのは説得力が弱いです。

今回の話を描写するにあたって土台が作られていないですよね。
いちかは頭の回転が早く、気が回る良い子ですが、他人の人間性についてアドバイスできるほどの良識はまだないと思います。
主人公だからといってちょっと背負わせすぎです。他のメンバーは空気ですし。

>キャラ個別の目標とプリキュアとして戦う動機付けの結びつきが弱い事は筆者様も危惧してますが、あおいについてはそれが特に顕著です。
リュウ様の仰る通り行く末が一番不安です、第二の十六夜リコになってしまわないかと…

どうもキャラごとに掘り下げる方向性が決まってるみたいなので、今後同じ道を歩んでしまう可能性は高そうです。
ドラマチックな話に仕上げて少しでも見所を増やそうとしてはいるんでしょうが…
[ 2017/08/21 21:11 ] [ 編集 ]

Re: これもうわかんねぇな~。

頭痛い様、はじめまして。コメントありがとうございます。

>他の方も仰っている通り、正直今のあおいちゃんはキラパティに通う必要があるのかというのは一理ありますね。だって水島さんはあおいちゃんがバンドをやることを一応正式に認めたわけですから、そちらに集中しろと言われるとそう思いますね。
前回のあおい回できちんとあおいの「スイーツに対する思い」を描いていないことが影響してしまっていますね。
かといってバンド話も最近のシエルに関するエピソードで描ききれていないという。

>プリキュアが民間人を襲うというのは個人的には良いとおもいました。一応洗脳されていた訳ですから。あと、戦隊やライダーではよくある?ことなので(男児向け番組と女児向け番組を同一視点でみる人間の屑)
プリキュア同士が争うなど、正義のプリキュアを悪役に仕立て上げる行為は所謂「プリキュアタブー」に触れるもので、シリーズでは意図的に避けられている風潮があります。
近年は水着の解禁などタブーが見直されている傾向にありますが、それでもプリキュアが民間人に被害を及んでしまう行為は人道的に考えても首を傾げることなので、あまり喜ばしくないです。

>誰も突っ込んでいないので、ここで言及しますが、今回の話で私が一番気に入らなかったのは、ジェラートが敵に対するトドメをパルフェに譲ったことです。
必殺バンクに限らず、他のメンバーと比べてもシエルの台詞量はやや多い・目立つ方だと思います。
販促したい盛りなのはわかりますが…
[ 2017/08/21 21:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

チャーハン様、コメントありがとうございます。

>闇堕ちイベントをやる事については個人的にはありだと思いますが答えがでるには時間がかかりそうですね。
個人的に、プリキュア側の目的と言える「スイーツで思いを伝える」ことと
敵の行動である「闇堕ちさせる」ことがそこまで大きく噛み合ってないと思うのが少し心配です。
今回では闇堕ちから抜け出させようにもスイーツを全く使わずに終えてしまいまたからね。
また似たような展開がなければよいのですが。
[ 2017/08/22 00:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1653-39510267