今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 26話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話 『闇の戦士、ヘビツカイメタル』

キュウep26 0

こういう風景見てると、全宇宙の開放を目指してる集団の割にはのんびりしすぎだよなぁと思ってしまう
26話目。プレバン限定ヒーロー、ヘビツカイメタルの登場です。
シルバーをメタルと呼称するのは、仮面ライダークウガにおけるグロンギの「メ族」を彷彿とさせますね。

それにしても、ナーガが自身の感情に思い悩むの、何話ぶりだっけ?
既に周知の事実ではありますが、キュウレンジャーはメンバーが多すぎるので個別エピソードのローテーションが回るのが遅すぎます。
ナーガ自体の行動に特に問題はありませんが、ここまで待たされると「今それやることなの?」と疑問を抱かざるを得ませんでした。
何れにせよ、今はどうこう言える段階じゃないです。解決方法が真っ当なものであることを期待しましょう。

ただ、次回はトケイキュータマで過去へタイムワープするメンバーについて描くようです。
今までスポットの当たらなかったインダベーが関係する話のようですし、また脚本家も全く別の方が担当するみたいなので、
正直お茶濁しのような話になる可能性が否めないです。まだまだ夏枯れは続くというのか…
関連記事
スポンサーサイト

硬度10(意味深)

アキャンバーは頭どころか体の3点にまでネコ科のやべーやつが付いてますね。
俺は動物には詳しんだ!(ジュウオウ&フレンズ並感)

サムネの通り、中盤の重要な戦いの前哨とは思えないのどかな導入でしたね。
BBQ場には一般客も居たわけでジャークマターって独裁とはいえ、真っ当な治政は行き届いているのでは?と過去回と合わせて感じてしまいます。
それでも、ショウ指令がメンバーをねぎらう意味で提案した分勝手に遊び呆けていたまほプリのクリスマスよりマシだと感じてしまったのが情けない…
次回もタイムスリップはお預けみたいですし、尺稼ぎをしているようです。

>ここまで待たされると「今それやることなの?」と疑問を抱かざるを得ませんでした。
『ガーゴイル先輩事件』『村人なりきり事件』とわりと印象に残るナーガの所業。
ギャグキャラとして十分なポジションを確立していてシリアス展開に持っていくのは確かに今更です。
仰る通り彼がヘビツカイメタルになるまでの展開は自然ですが味方達と敵対する理由が
「一度背中を押してくれた事を反故にされた」という理由付けにするのは稚拙で唐突ですね。
ラッキー率いる「ナーガ救出チーム」とツルギ率いる「アルマゲの秘密を暴くチーム」に分かれる関係
ハミィとナーガの関係性を急にこしらえたと言った所でしょうか…
旧知の仲であるバランスも意外と本編での絡みもアッサリ気味で『元BN団』という設定を忘れてしまいそうですが…
[ 2017/08/20 15:05 ] [ 編集 ]

Re: 硬度10(意味深)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>BBQ場には一般客も居たわけでジャークマターって独裁とはいえ、真っ当な治政は行き届いているのでは?と過去回と合わせて感じてしまいます。
あれはおかしいですよね。
過去回では圧政の影響で食べるものにも困っていた描写があったというのに…

>仰る通り彼がヘビツカイメタルになるまでの展開は自然ですが味方達と敵対する理由が
「一度背中を押してくれた事を反故にされた」という理由付けにするのは稚拙で唐突ですね。

ナーガが感情を取り戻す過程の描写が薄いぶん、その程度の理由付けしかできなかったんでしょうが、
こうなることを最初から想定していたのであればもう少し事前の準備が欲しかったですね。
[ 2017/08/22 01:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1655-1290a193