レーザーがデカいのかエグゼイドが小さいのか知らないけど片足立てて乗った状態だとバイクをまっすぐにできない

DSC00202.jpg

エグゼイドの感想まとめ記事で書くの忘れてました。

どうしても「医療」「ゲーム」をまっすぐにできない上手にミックスさせた作品に触れたい、という方がいましたら、
「超執刀カドゥケウス」というゲームを遊ばれることをオススメします。



見てだいたい分かるように、ニンテンドーDS専用の医療をモチーフにしたゲームです。
患者をオペして病気を治したり怪我の治療を行ったりするのですが、
そこはゲーム、現実ではあり得ないウイルスが登場し、患者の生命を脅かしていきます。
理由もなく生命を脅かすウイルスの魔の手から患者を救い出すという、至って王道かつ真っ直ぐな作風のゲームです。
主人公は若手の外科医で、間違っても患者に対して死の恐怖に怯えさせて命の大切さを理解させる、なんてことはしません。
凄く真っ当な主張で「生きることの大切さ」を教えてくれます。

ただしアトラス製のゲームなので難易度は超絶高いです。序盤から殺しにかかってきます。
「DSのゲームでここまでタッチペンを動かしたことないんじゃないか」ってくらい素早いタッチペン裁きを動かしたこと要するので肉体的にも疲れます。
決して気分転換にやるようなゲームではないことには触れておきます。

ちなみに「天堂独太」というゲームはパチモンなので一緒になさらぬよう…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/31 08:00 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(4)

背面タッチグリップは十分快適ですよ(要キーコン)

超執刀カドゥケウスなつかしいですね、DSはLLまでは所持してましてプレイしたことありあります。
「テタルティ」がとてつもなく手強くクリア出来なかったですけど…
以降、wiiへの移植や続編も出てペルソナや世界樹に次ぐアトラスのビックタイトルになったのですが今では音沙汰無しですね。

最近のペルソナやメガテンはサッパリやらなくなってしまいましたがヴァニラウェア制作の2DアクションRPGは今でもやりますね。
此方も「オーディンスフィア レイヴスラシル 」から全く音沙汰なく製作中という「十三機兵防衛圏」も殆ど情報なしです。

それにしてもアトラス関連動画に度々出てくるマフィアKJTとかいう変態糞親父は何者なのか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29148545
SGTとはホモビを一緒に見る仲とか…
[ 2017/09/01 19:16 ] [ 編集 ]

脚が短い(無慈悲)

 自分はフィギュアーツのレーザーは持ってないので、LUR のレーザーにアーツのエグゼイドを跨がらせてみましたが、どうしてもバイクが斜めってしまいます。理由はわかんねぇな~。近年のフィギュアーツは劇中再現重視(ウルトラマンやアメコミ系が特に)で一昔前より脚が短くなってはいますが、それも関係しているんですかね?あとどうでもいいですが、人気玩具レビューyoutuberの動画のコメントに、エグゼイドのストーリーに対する正直な感想をかいたら、あっ.... (察し) (まああれだけ盛り上がってたんだから、)当たり前だよなぁ? まあ、ベルトは買ったし、装動も殆ど集めたし、玩具的には楽しかったです。
[ 2017/09/08 20:23 ] [ 編集 ]

Re: 背面タッチグリップは十分快適ですよ(要キーコン)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>それにしてもアトラス関連動画に度々出てくるマフィアKJTとかいう変態糞親父は何者なのか?
ただのフリー素材なのでは…?
[ 2017/09/10 01:30 ] [ 編集 ]

Re: 脚が短い(無慈悲)

頭痛い様、コメントありがとうございます。

>近年のフィギュアーツは劇中再現重視(ウルトラマンやアメコミ系が特に)で一昔前より脚が短くなってはいますが、それも関係しているんですかね?
昔のフィキュアーツが細身かつ上半身が小さすぎる歪なプロポーションだった反動かもしれません。
あと、バイクが斜めってしまうのは人間でいう筋肉がないせいで、手足が伸び縮みしないのも影響が強いと思います。

>人気玩具レビューyoutuberの動画のコメントに、エグゼイドのストーリーに対する正直な感想をかいたら、あっ.... (察し) (まああれだけ盛り上がってたんだから、)当たり前だよなぁ?
どなたか存じ上げませんが、きっと好意的な評価をしている方だったのでしょう。
否定的な意見が言いたいのであれば然るべき場所で言うべきだと思います。
[ 2017/09/14 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1663-f377b4e3