今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 30話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第30話 『ヨッシャ!奇跡のキュータマ』

キュウep30 0

僕は、神山満月ちゃん!
30話目です。

パワーアップ回としてはまあ普通なんですけど、
今まで以上に物凄くラッキーの存在が持ち上げられてて凄く変な気持ちになりました。
ラッキーは奇跡を呼び起こす人間のようですが、過去回を振り返ってもそれを実感できるシーンがはっきり言ってあまり思いつかないのが実情です。
何よりキュウレンジャーに参戦して日の浅いツルギがラッキーを持ち上げすぎるのは適切ではないと思います。
ツルギが加入してからラッキーの幸運によって事態を打開できたシーンってどれくらいあったでしょうか?
オライオンが死んでしまうと、伝承を誰がいい伝えようがどのみち未来が変わってしまうんじゃないかとか、そういうことは考えないでおきます…

シシレッド・オリオンは外見といい戦い方といい、物凄く鎧武の極アームズと被ってしまっていて、
戦闘中ずっと既視感を抱きながら視聴していたので正直あまり楽しめませんでした。
そもそもキュウレンジャー全員が救世主、とされている作品の中で、1人がメンバー全員の武器を使って「もうあいつ1人でいいんじゃないかな」的な無双を繰り広げるのはマッチしていないような。

次回は遂にナーガを取り戻す流れになるらしいです。
ショウ司令とチャンプは過去に残っていましたが、キュータマジンも普通に登場するようです。
メンバー不在でもキュターマジンを動かすことができることは実証ずみではありますが…
関連記事
スポンサーサイト

なんで上半身裸になる必要なんかあるんですか(正論)

>僕は、神山満月ちゃん!
「満月(フルムーン)をさがして」懐かしいですね~、終盤は涙なくして語れません(完全なる無視)
(ピンクのダイ○ンは帰って どうぞ。)
その後は「東京ミュウミュウ」「ミルモでポン」と当時のテレ東朝は黄金期でした。
タクトとめろこの中の人がもう鬼籍に入られてしまったのが残念です…

わざわざタイムスリップした意味が感じられない話でしたね。
前回筆者様がおっしゃる通り「タイムパラドックス」の扱い方は作品毎に異なりますが。
オライオンが死んで皆が消えそうになって慌てるどころか「俺たち残るわ」という
パラダイスキングとぶりぶりざえもんの鶴の一声でどうにかなってしまうご都合主義には呆れました…

そしてやはりラッキーの異常な持ち上げられっぷりですね。
登場当初のツルギと彼とは相反する立場として機能させたかったのでしょうが。
今では完全にラッキーのシンパとして染まってしまっていて気持ちが悪い…
この主人公の変な持ち上げられ方はニンニンジャーを思い起こさせます…
[ 2017/09/18 14:16 ] [ 編集 ]

Re: なんで上半身裸になる必要なんかあるんですか(正論)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>「満月(フルムーン)をさがして」懐かしいですね~、終盤は涙なくして語れません(完全なる無視)
昔のネタに便乗しただけで元作品知らないとか言えない

>オライオンが死んで皆が消えそうになって慌てるどころか「俺たち残るわ」という
パラダイスキングとぶりぶりざえもんの鶴の一声でどうにかなってしまうご都合主義には呆れました…

普通に考えておかしいですよね。現代にはショウ司令とチャンプがいなくなってしまいますし、
過去には2人が存在するわけですから、過去の存在と未来の存在が一緒に出会ってしまう危険だってあります。
そういった整合性のすり合わせを放棄したタイムスリップものは見てられないです。
[ 2017/09/22 01:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1673-7b8763ff