今週の仮面ライダービルド 3話

仮面ライダービルド 第3話 『正義のボーダーライン』

ビルドep3 0

ベストマッチ見つけたければ単に総当りすればいい話なのでは…?
あれだろうか、
前作エグゼイドでの演出といい、上堀内監督って暗所での撮影が好きなんだろうか。
そんな3話目。

前回と同様に話はトントン拍子で進んではおりますが、テンポが良すぎて凄く呆気ない印象でした。
仏の顔も3度まで… ではないですが、ちょっとあっさり地味目で得られるものが少なかったかなーと。

近年の作品では珍しく、戦兎の「仮面の下の表情」に関する主張が言及されました。
されることはいいのですが、それを受け止めた龍我の反応はちょっと解せないです。
「見返りを求めて人助けをするのは悪」と彼は理解していましたが、龍我の場合は逃亡犯で時間もなく手段を選んでる場合ではないですから、
戦兎と比べて悲観的になることはないと思います。2人は置かれている状況があまりに違いますから。
まだ始まったばかりではありますが、最初のあらすじ説明といい龍我の「馬鹿さ」ばかりをアピールしてほしくないです。マイナスポイントですからね。
また引き合いに出しますが、『カブト』の加賀美は「馬鹿さ」ではなく「熱血漢」「純粋さ」を選んでる押し出していたので、素直に彼を応援することができました。
なおカブトの脚本の出来栄えはというと…

新フォームのホークガトリングは非常にカッコイイ活躍でしたが、
空中戦&ホーミング弾ということで物凄い金食い虫になりそうな予感がします。
その辺はガトリングと他のボトルを組み合わせて射撃フォームを使い分けるのかな。何にせよボトルも集まってきたし楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/17 14:24 ] 仮面ライダービルド | TB(0) | CM(10)

今の所は敵を倒せば必ずボトルが増えるのは良いですよね。その内オーズで言う屑ヤミーの様な倒してもあまり美味しさが無い敵も出てくると思いますが…
西都版ナイトローグ(それともナイトローグのフォームチェンジ?)みたいなキャラも出てきましたね。戦兎は密航した身なのにダウンさせるのは不味いですよ...一応協力者は居ますが...
次回が俄然楽しみになってきました。
[ 2017/09/18 09:00 ] [ 編集 ]

ボトルチェンジをうまく活用できていて好感が持てた。前作は能力よりもレベル重視だったので強いのが出ればそれだけでしたし、前前作に至っては「偉人にまつわる能力(笑)」ってな感じでしたから…。
最初の初手ラビタンで様子見→
掃除機で拘束、引き寄せてからのゴリラで殴る→ダイヤモンドで防御、カウンターなど、ボトルごとの特性をうまく使い分けれていたように思う。(実況がウザかったけど、あれはああいうボケなので、まだ許容範囲)
ホークガトリングはガトリングの攻撃性を最大限活かしつつ、狙いが定まらない弱点を消すために鷹の視力由来の能力で指向性、精密性を持たせられるからベストマッチなのかな?と思いましたが普通に鷹の身軽さに乱射で拍車をかけていただけでしたね。まぁガトリングの弾数にホーミングは相性がいいけども。ラビタンも「タンクはそれだけだと重すぎて扱いにくいからラビットで軽量化すんのか?」とか「ゴリラの攻撃力と、防御の薄さをダイヤの硬度でカバーかな?」とか、いろいろ予想してみましたがなかなか当たりませんね…。なんか
ベストマッチがベストマッチたるゆえんというか、「すごく相性がいいという描写」が少ないと思いました。ベストマッチ探しも、初めてボトルを使うときはそのボトルの特性と弱点を確認、試行錯誤しながらベストマッチを探していくかと思いきや、普通に音声でわかるんかい……。それとあのベストマッチの板?ですが、「はめる側がベストマッチと認識(確信?)している」×「ベストマッチである」×「所定の位置にはめる」ことで光るのではないでしょうか…まぁただの推測ですし、劇中でも語られることはなかったですし…。フルボトル自体も、せんとくんの発明品かと思いきや、所長も持っていたり、ボードについて知っていることが少なすぎたりと、人工物ではないような描写がちらほら…となるとせんとくんはあのブランクのフルボトルをどうやって入手してるんでしょうね。まぁせんとくんは天才なので、分析してブランクのみ自分でも作れるようにしたのかもしれませんが、今後の描写に期待ですね。
暗所での撮影は、前作からCGが派手でポップになりましたから、明るいCGが映えやすくするためではないかと…。
あと話のテンポですが、良くも悪くもさくさく進みすぎて、なかなかひとつのシーンに思い入れというか、愛着を持ちにくいなと。美咲さんのシーンも登場してすぐ死んじゃったので、グッとくるものも少なかったですし。
まぁそれでも広い目で見れば、
話自体は面白いですし伏線も多く散らされているので、面白く見させていただいております。
[ 2017/09/18 13:11 ] [ 編集 ]

今回アドリブが多かったみたいです

話の進みが早い気もしますが、「ビルド変身のみの役割だったビルドドライバーを戦兎が改造した」など戦兎の前のビルドがいたかのような発言もあり後が気になる話でした。仮面の中についての発言や、助けた人から助けてもらうという仮面ライダーらしい展開も見れたのも嬉しかったです。

龍我が恋人の成分のボトルで戦えるっていうのも面白かったです。もしや加賀美のように龍我が2号ライダーになる可能性も…?

次回もスタークが出るようですが、彼もナイトローグのような聞き取り辛い声になるのかが非常に気になります。
[ 2017/09/18 23:57 ] [ 編集 ]

戦兎が思いっきりロボット兵?の前で変身してたけど大丈夫なんでしょうか…
戦闘中の映像とかは本部的なとこに中継されててもおかしくないでしょうに
[ 2017/09/19 00:12 ] [ 編集 ]

2話の感想でもカブトの脚本は・・・とありましたが同じこと二度も書かなくていいですよ
そんなにカブトの脚本は悪かったという自分の意見に賛同してもらいたいんでしょうか?
[ 2017/09/20 08:49 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

西瓜様、コメントありがとうございます。

>今の所は敵を倒せば必ずボトルが増えるのは良いですよね。その内オーズで言う屑ヤミーの様な倒してもあまり美味しさが無い敵も出てくると思いますが…
例年敵怪人のキグルミは減っている一方なので、そのうちボトルに採取できない再生怪人みたいなのが出てくると思います。
個人的には如何にもな強敵なスマッシュが出てきてほしいです。ボトルにした時の喜びが違うでしょうから。
ナイトローグはスマッシュとは違うみたいですからね。
[ 2017/09/20 21:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ユグ。様、コメントありがとうございます。

>ベストマッチがベストマッチたるゆえんというか、「すごく相性がいいという描写」が少ないと思いました。
Wの時ほど論理的とじゃないと言いますか、いまいちピンと来ないですね。動物+機械という相反するものを組み合わせているせいでしょうか。
個人的にはガトリングのようにしっかりと狙いを構えるべき装備に対し、空中に浮遊していて如何にもバランスが悪そうなホークは正直相性が悪いのではないかと思いました。
反面、個人的には相性の悪いと思っていた組み合わせで意外な活躍が見られることにも期待できるので、楽しみですね。
[ 2017/09/21 00:43 ] [ 編集 ]

Re: 今回アドリブが多かったみたいです

たんぽぽ様、コメントありがとうこざいます。

>龍我が恋人の成分のボトルで戦えるっていうのも面白かったです。もしや加賀美のように龍我が2号ライダーになる可能性も…?
東映公式にドラゴンボトルを使ったと思しきライダーの姿が描かれているので、間違いないと思います。
[ 2017/09/22 01:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

pop様、コメントありがとうございます。

>戦兎が思いっきりロボット兵?の前で変身してたけど大丈夫なんでしょうか…
普通に考えてマズいと思いますが、戦兎はしばらく西都に移動すること、
素性とかはナイローグあたりが上手くごまかしてくれそうな気がするので、大丈夫なんじゃないかなと思います。
[ 2017/09/22 01:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

大嘘様、コメントありがとうございます。

>そんなにカブトの脚本は悪かったという自分の意見に賛同してもらいたいんでしょうか?
私は記事内でカブトの脚本を「悪い」と記述した覚えはないのですが、
何故そのような発想に至ったのでしょうか?
[ 2017/09/22 01:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1674-f0ea0635