今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 31話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第31話 『ナーガ奪還大作戦!』

キュウep31 0

へびつかい座の人って対象を「止める」能力があるのであって「操る」能力はあったんだっけ…?
それヘビでも何でもないような
31話目です。概ね予想通りの展開でした。
ナーガはアキャンバーから得た怒りの感情を自分の物とし、エキドナはとても都合よくナーガを許してくれました。

ただよく分からないのが、「元の感情」であるナーガのことです。
アキャンバーによる洗脳のメカニズムは、洗脳対象の身体の中にミクロのインダベーを説明送り込むとのことで、
実際その体内には「元の人格」と思われるナーガがいたのですが…
洗脳を完全なものにするならば、何故先に元の人格のナーガを始末しなかったのでしょうか?
実際、闇堕ちナーガの方は始末しようとしてましたよね?
「身体の中に入れば洗脳を解除できる」というメカニズムも少々わかりにくいものでしたが、何だか都合よく誤魔化されたように感じます。

あと元の人格に戻れたのはまあいいんですが、
結局ナーガが元々問題として感じていた「キュウレンジャーとして活動しても一向に感情が手に入らない」ということは何も解決していません。
その場しのぎの解決をしただけで、根本的な原因をスルーすることは凄くモヤっとします。まほプリでそういう展開にはウンザリしてきたんだよなぁ…

次回はオリオン号が動かなくなるという深刻な状況ではありますが、脚本の方は以前総集編を担当した井上テテさんのようです。
次回予告のカットでもあまり真面目そうな雰囲気は漂ってなかったですし、箸休め回と受け止めるのがベタかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

ウッソだろオマエww(知らない内に人質とか)笑えるなマジwww

ガルは既定路線として、小太郎は大まかなイベントが終わったことと同じ青系で一括りにされた印象です…
今回の話、「ドラゴンボール」の魔人ブウ編でベジットがブウに取り込まれたゴテンクス達を救出する展開に似てますね。
アレも唐突でしっくり行かなかった話でしたが、コチラは筆者様の指摘もあり余計後付け感が拭えません。
何より、アキャンバーが「心を開放する」等という大仰な事を言っておきながら蓋を開ければ
ミクロ化した部下に直接脳改造をさせるという回りくどい手を使っていて拍子抜けです…
正に1話で早々ポンコツっぷりを見せたヴォー生徒会長と言ったところです…先輩のエリチは序盤まだ威厳はあったのに…

>その場しのぎの解決をしただけで、根本的な原因をスルーすることは凄くモヤっとします。まほプリでそういう展開にはウンザリしてきたんだよなぁ…
「魔法に頼らずキャンプをやって楽しかった(小並感)」「生徒会長選挙(ただし途中棄権)をやって楽しかった(小並感)」

「女装して一人二役やって楽しかった(小並感)」と言ったところでしょうか…

>次回はオリオン号が動かなくなるという深刻な状況ではありますが
ラプターが序盤から言っていた「おじさま」の詳細が判明するのか?
MAOさんが演じるキャラが言うと「彼」を思い出しますがあの頃の鉄血は問題点はあってもまだ面白い部類だったのになぁ…
[ 2017/09/27 19:40 ] [ 編集 ]

Re: ウッソだろオマエww(知らない内に人質とか)笑えるなマジwww

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>何より、アキャンバーが「心を開放する」等という大仰な事を言っておきながら蓋を開ければ
ミクロ化した部下に直接脳改造をさせるという回りくどい手を使っていて拍子抜けです…

本当に感情を開放していたら解決のしようがなかったので、
無理矢理でも物理的にナーガを操っていたという事実を作る必要があったように感じましたね。

>「女装して一人二役やって楽しかった(小並感)」と言ったところでしょうか…
なんやかんやでこの手の作品は俳優の経験ありきなスタンスがありますから、制作側としてはこれでいいんでしょうね、多分。
[ 2017/10/01 09:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1679-d9c6e9c8