今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 33話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第33話 『スイーツがキケン!?復活、闇のアニマル!』

キラプリep33 0

野ざらしにするんじゃなくて、ちゃんと回収してあげて…
33話目です。
前回で必然性のある成果が得られなかった分、今回は真っ当な内容でした。
誰からも使命や目的を言い渡されていない現状、自分たちで考えて戦うための理由を言い渡されていない見出す、という展開は私が待ち望んでいたものでもあります。

プリキュア6人がきちんと戦う姿勢を見せてくれたことは嬉しいのですが、いまいちしっくり来ていない部分もあります。
それは、プリキュア達が「これからもスイーツを作り続ける!」と主張した一方で、敵側はスイーツに対して殆ど言及していない点についてです。

これは11話でキュアホイップとガミーが繰り広げた舌戦が良い例になっています。
ガミーは「スイーツなんてキラキラルの入れ物。キラキラルを奪ったら何の価値もない」といった主張をしたのに対し、
ホイップは「スイーツは作った人や食べる人の想いが詰まっているし、無くなったところでその想いは消えない。だから無価値なんかじゃない」という内容の反論をしました。
プリキュアと敵サイドの主張が見事に真逆の内容になっていて、実に見応えのある構図でした。

それに対し、今回のディアブルはあくまでも「キラキラルをいただくためにもスイーツは必要だ」と悪役らしい真っ当な主張をしただけで、
「この世界にスイーツは本当に必要なのか?」と疑問を提示したのはあくまでもプリキュアメンバー内だけです。
なので、「スイーツをよこせ!」と主張する敵に対して「これからもスイーツを作り続ける!」という結論を突きつける行為は微妙に噛み合っていないと思います。
ひまりがスイーツが「エンプティ・フード」であることを指摘したことも同様です。

プリキュア側の主張に特に異論はないので、もう少し敵側の「スイーツに対する印象・価値観」というものを深く言及してほしかったです。
1クールの頃と比べると、中途半端に「闇」やら「アニマル」といった設定を前面に出そうとした結果がそれなのかな、と感じています。

次回は早速アニマル要素を掘り下げるべく、ゆかりが何やら猫に変身するみたいです。
今までアニマル要素を押し出すことをおろそかにしてきたので、今からでもフォローしなければならない、という意思の表れでしょうか。
でも、僕の知ってる猫ってあんなメンヘラな性格じゃないんだよなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

いちご坂のアヴェンジャーかな?(中の人的な意味で)

中盤も終わりかけになりようやく決戦へ近づく為の最終結論を作り出し始めたようですが、後はもう少し敵と味方の理論が噛み合うようになればなぁ…
今回改心(?)したビブリーですが、ノワールの毒牙にかかるとキラキラルの入ったスイーツは出来なくなるとか言ってましたが、普通にキラキラル生まれてたんですがそれは大丈夫なんですかね…?ピカリオの様に直接闇の力を注がれたわけではなく、イルを貰っただけだからセーフ理論なんでしょうか…?
まぁとにかく、まほプリみたいにスイーツ関連の問題をを半ば投げ出すような最終結論にはしないでほしい所です。
[ 2017/09/24 22:31 ] [ 編集 ]

Re: いちご坂のアヴェンジャーかな?(中の人的な意味で)

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>今回改心(?)したビブリーですが、ノワールの毒牙にかかるとキラキラルの入ったスイーツは出来なくなるとか言ってましたが、普通にキラキラル生まれてたんですがそれは大丈夫なんですかね…?
実はビブリーはノワールの毒牙にかかっていなかった可能性が微レ存…?
ジュリオも最終的にはワッフルからキラキラルを生み出してましたし、その場のノリみたいなもんなんでしょう、きっと。
そもそも「ノワールによる被害」というものが具体的に明かされていないので言葉だけでもあまりよく分かりませんね。
[ 2017/09/25 23:55 ] [ 編集 ]

そんな装備(箱物無し)で大丈夫か?

ヴォー数字ブログによりますと夏売上が昨年より微増だそうですので一安心ですね。
キャンディロッドから又しても武器アイテムの投入は吉と出るか?

今回は仰る通り各々が「プリキュアとして戦う自覚」を持った点で良かったです。
出来ることならそれ以前のキャラ個別回でやってほしかったですが…
又、浄化されたビブリーは悪態を付きながらも変化が見られ今後の展開次第で良いポジションに着けそうですし。
悩むシエルの前にオビ○ンの如く現れ激励するピカリオの幻影の演出も良かった。
ただ、前回沸いた疑問に長老は何となくスルーしてしまいましたし。
有耶無耶になったノワールとルミエルとの戦いや100年間不老不死で現代に蘇ったビブリーの顛末等。
引っかかる所が未だ残ります、これ等は終盤で明示される伏線であって欲しいところですが…

>それに対し、今回のディアブルはあくまでも「キラキラルをいただくためにもスイーツは必要だ」と悪役らしい真っ当な主張をしただけ
エリシオ同様にシリーズに「良く居る」タイプの敵キャラが投入されたという印象ですね。
「エンプティーフード」という言葉がひまりの博識さを演出させるための物に留まってしまっていいるのが何とも…
「スイーツがフィジカル面で不要であってもメンタル面では重要」という結論に持っていくのに敵が不要という…。
過去筆者様が指摘された通りキラキラルが人々の精神エネルギーみたいな扱いを始めた中盤以降
それにスイーツを無理やり結び付けて綻びを生んでしまってます。
先に述べた「良く居る敵」であるノワール一派を出すならラスボスは従来作と比べてスケールはショボくても。
スイーツと結び付けられるような敵の方が良かったですね。
「極端に食品添加物を嫌い現代社会の様式をも嫌う似非美食家漫画家」とか… 
[ 2017/09/27 20:28 ] [ 編集 ]

Re: そんな装備(箱物無し)で大丈夫か?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>出来ることならそれ以前のキャラ個別回でやってほしかったですが…
出した結論自体は良かったんですが、結局のところいちか任せみたいになってしまった部分に関しては良くも悪くもキラプリらしいと思いました。

>ただ、前回沸いた疑問に長老は何となくスルーしてしまいましたし。
有耶無耶になったノワールとルミエルとの戦いや100年間不老不死で現代に蘇ったビブリーの顛末等。

ルミエルとノワールの戦いの顛末が知られていないのに、プリキュアの伝承だけ言い伝えられているというのは少しおかしいと思います。
途中から組み込んだ設定だったんでしょうか。

>エリシオ同様にシリーズに「良く居る」タイプの敵キャラが投入されたという印象ですね。
同じタイプの敵キャラを作る必要増産してどうするんでしょうね。先に作った2人だけではダメだったのでしょうか。
[ 2017/10/01 10:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1681-80eeb4a7