今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 34話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第34話 『謎の覆面戦士、現る』

キュウep34 0

ふと、ガンダムに正式名称が「次世代量産型試作機」なる機体があったことを思い出した。
34話目です。
まあ覆面戦士の正体はお察しの通りでしたが、
今までの積み重ねのない実績描写や唐突な過去描写が多かった回に比べれば、

・「スコルピオの告白は真実だった」
・「破壊されたことが原因で暴走するようになった」
・「『一人で抱え込むな』発言がブーメランになった」


など、きちんと過去エピソードで語られたことが活かされているお話でした。
特にスコルピオの告白が真実だったことを鑑みると、アントン博士はジャークマターを途中で見限っていた可能性が高いですね。
ガルは相変わらずギャグ的な立ち位置に立たされていましたが、チャンプやスティンガーと秘密を共有する立場になった以上、少しはマシになったかな?

地味にククルーガたちもアントン博士によって改造された、みたいな発言が飛び出してきたので、
恐らく過去で一度倒されても復活していたのはそれが原因なんじゃないかなぁと睨んでます。
過去で倒されても復活していたのはドン・アルマゲもそうなんですが、果たして…?


オリオンバトラーは残念ながら他のボイジャーと合体するタイプのロボではなく、単独でバズーカとして使うタイプのロボみたいですね。
砲台として使うロボはデカウイングロボ以来かな? 砲台ではないですがデカレンジャーのズバーンも似たような立ち位置ですね。
ただ、キュウレンジャーにはまだ新しく追加されるボイジャーもあるみたいです。
アクションに関しては地上戦もロボ戦もそつなくこなしてくれているので、これからも楽しみですね。


次回はフルメンバーが揃ったというのにギャグ回みたいなお話を挿むみたいです。
何故このタイミングで? ギャグなら前もやったのに? と思いましたが次回の脚本担当を見て何となく察しました。
まあ、楽しみです。うん。
関連記事
スポンサーサイト

エヴァ量産機に似てる 似てない?

ガバガバ時間改変ネタかと思いましたが、仰る通り過去の伏線が活きていましたね。
案の定、チャンプは本来ジャークマター配下のロボとしてアントン博士に作られたものの
彼の離反の際に救世主になるべく制御AIを書き換えたと言った所ですか。
加えて博士はサイボーグ化して命を長らえているという事実も判明しましたし実は生存している可能性もあります。
チャンプがしきりに「正義」に拘る理由も判明しました。

>ガルは相変わらずギャグ的な立ち位置に立たされていましたが、チャンプやスティンガーと秘密を共有する立場になった以上、少しはマシになったかな?
今回に関しては彼の察しの悪さと愚直さから来る言葉がチャンプの励みになり結果オーライでしたので良いトリオになって欲しいですね。

>何故このタイミングで? ギャグなら前もやったのに? と思いましたが次回の脚本担当を見て何となく察しました。
映画やVシネが終わって暇だったのでしょうか?あと「OBもゲスト出演させないと(使命感)」という政治的匂いがプンプンします。
[ 2017/10/15 19:06 ] [ 編集 ]

Re: エヴァ量産機に似てる 似てない?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>加えて博士はサイボーグ化して命を長らえているという事実も判明しましたし実は生存している可能性もあります。
サソリ座系列の住人が使う毒の効果ってどれほどのものでしたっけ?
足りない機能を機械で補っているだけで、根本的な生命維持は心臓などの肉体で行っていたとしたら生存している確率はないと思います。
それはそれで、完全にロボット化して復活しそうな感じはしますが…
[ 2017/10/21 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1696-c0fee46d