今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 35話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第35話 『宇宙No.1アイドルの秘密』

キュウep35 0

(正直なところ、今回のコスプレは誰がどの役に扮しているのかよくわからなかった)
35話目です。
下山さんの脚本にしては驚くほどマトモな内容でビックリしました。

ハミィがホシ・ミナトに入れ込んでいたことも、ナーガがホシ・ミナトを危険視していたことも、筋の通った根拠があったので良かったです。
また、過去描写もきちんと交えて上で、ハミィの生い立ちやナーガが感情を得るために暴走していた一連の流れのフォローをしていたことも高評価でした。
かつてニンニンジャーで毛利脚本にフォローされていた下山さんが、今作では逆にフォローする立場になっていたことには凄く驚かされました。
下山さんもキョウリュウジャーブレイブでシリーズ構成を担当していましたし、彼も一歩ずつ成長していると見るべきなのでしょうね。

全体的によくできた話だとは思ったのですが、少し惜しい部分も散見されました。
ドン・アルマゲに憑依されていた理由がよく分かりません。普通のミクロツヨインダベーによる洗脳と何が違うのでしょうか?
劇中では「ホシ・ミナトはナーガみたいに暴れてないから違う」みたいな扱いでしたが、事例が少なすぎるのであまり納得できません。
たとえそうであったとしても、敵組織の大首領であるドン・アルマゲが直々に赴く必要があったことなのでしょうか?
どうせ洗脳されているなら、ハミィの歌で過去を思い出して正気に戻るとかいう展開もアリだったはずです。
ただホシ・ミナト関連の描写は今回が初めてで、私には正気の頃のホシ・ミナトのことをよく知らないので
先述した説得の展開だとあまりカタルシスが得られなさそうです。難しいなぁ。

ナーガとアキャンバーの決着についても、見た感じは非常に綺麗に終わったように思えるんですが、
アキャンバーって以前倒されても復活してましたよね? だったらまた復活するんですよね?
私にはしれっと復活してまた戦うアキャンバーの姿が目に浮かぶので、あの決着についても深く感情移入することができませんでした。

最後にドン・アルマゲについてですが、いっぱいいるみたいです。ブレドランも腰を抜かしそうです。
今後一般の怪人枠として出てきては倒される姿が浮かんでしまうのですが、それだとラスボス格のキャラとしての威厳が保てないと思います。
きっと本体は凄く強くてデザイン的にも違うキャラなんですよね? そう願いたいです。
関連記事
スポンサーサイト

バランス&ラプター「着ぐるみを着るの?この中の中で?(マトリョーシカ)」

ホント今回の脚本家はパンドラボックスの光を浴びて逆に(ry
ラッキー&ツルギが出張る傾向の多い本作でちゃんとハミィ&ナーガにスポットが当たり両者のわだかまりも解けました。
ハミィは辛かった時の支えになったホシ★ミナトを今度は自らが救い、ナーガーはアキャンバーに引導を渡すことでコンプレックスを克服と
予告であったおふざけ感はそこそこに、二人にバランスよく見せ場があったのが良かったです。

>最後にドン・アルマゲについてですが、いっぱいいるみたいです。
デザイン含め第一印象は個人的に良かったのですが次の登場が小さくなって一歌手に憑依していたとは肩透かしですね。
細かな群体が彼の正体だとしたら前作と被ってしまいますし…

次回からやっと主人公ラッキーの出自に関して語られる様ですね、もう幸運設定は鳴りを潜めてしまいましたが…
[ 2017/10/22 21:47 ] [ 編集 ]

Re: バランス&ラプター「着ぐるみを着るの?この中の中で?(マトリョーシカ)」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>デザイン含め第一印象は個人的に良かったのですが次の登場が小さくなって一歌手に憑依していたとは肩透かしですね。
細かな群体が彼の正体だとしたら前作と被ってしまいますし…

無限に広がる宇宙と、無数に存在するラスボスというのはマッチするとでも思ったのでしょうかね。
詳細は未だ不明ですが、今回の扱いはもう少し捻れたのではないかと思います。
[ 2017/10/31 00:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1700-96dd8a45