今週のキラキラ☆プリキュアアラモード 38話

キラキラ☆プリキュアアラモード 第38話 『ペコリン人間になっちゃったペコ~!』

キラプリep38 1

「犬飼和彦」と「犬飼貴丈」って似てるよね。
こ、これは…! 至って「普通」の話だ!
可もなく不可もないクオリティでした。あの奇抜で異様な劇場版を観た後だと特にそう思います。そんな38話目。

予想通りペコリンが人間化したことについては予想通り大して意味のないことでしたが、
ルミエルがキラキラルを与え、ペコリンがそのキラキラルを爆発させたことで(?)、眠っていたピカリオの意識に変化が訪れたようです。
それでピカリオの意識が戻るんなら、さっさとやってあげて、どうぞ。融通の聞かないご先祖様ですね…
最近はちょくちょく妖精たちの存在がフィーチャーされているように思いますが、ペコリンに今回以上の活躍は期待できるのでしょうか。
個人的にはないと思います。多分シリ構の田中さんが、本筋にテコを入れる話でも書こうものならすぐに忘れ去られると思います。

内容的に充実した回ではなかったので、もしかすると「こんなん見るよりさっさと劇場版観てこい」というメッセージが篭められてるのかもしれません。
少なくとも、この話に至るまでペコリンの存在感がもっとアピールできていれば違う感想を抱けていたと思うんですけどね。
やる気出して、どうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

頭の黒いヤツが弱点じゃないやん!(ブルガンダー)

案の定思い出した様に夢に出たルミエルが人間にしましたね…
長老もいい加減真面目に考察してんのか耄碌するのかどっちかにして欲しいっす、まぁこのシリーズの年長者(大人)なんてまほプリみたいに半数以上が耄碌みたいなもんやし(過激派)
夢とはいえ変身できたのは精神の成長がどうとか言ってましたが、言うて1話とドーナツ作りの回ぐらいしかそんな描写無かったような…
まぁ捏造に捏造を重ねる駄作よりマシですが(まほプリの方を見ながら)
グレイブくんはよくもまぁ奪った力でドヤ顔できますね…どっちにしろあんたの実力じゃなくてディアブルガンダー(車に適当に呼んでる名前)の実力じゃんってなりました、その車も消えこそしませんでしたが最初以外いつもと変わらずやられてますし。
その割には次回自らも最終形態(仮)になるようですが、果たしてどうなることやら…
[ 2017/10/29 12:43 ] [ 編集 ]

動物でも食べれるスイーツ……ジャパリまん(仮想通貨)かな?

ペコリンが人間化したこと自体は唐突感が否めませんがシナリオ単体として個人的に良く出来ていたと思います。
冒頭で物語の裏でペコリンがどの様な努力を重ねたのかは一応説明されてますし(前作はこれすらなかった)
Aパートの「はじめてのおつかい」も人間化ならではですし かないみかさんの迫真の演技もあり素直に微笑ましかった。
何よりいちかと共同だった前回とは違い、不格好ながらも一人でドーナツを完成させ仲間の妖精や動物たちにふるまいキラキラルを生み出した。
明確だった物語初期の雰囲気が久々に戻ってきた感じです。
只、仰る通り今までの描写がまともならば、変身能力を失ってでもプリキュア達を守るペコリンに感動することも出来たのですが。
この場合「この一回ポッキリで妖精回は終わらせよう」というメタな事情が見え隠れてしまうのが残念です。
[ 2017/11/01 20:01 ] [ 編集 ]

Re: 頭の黒いヤツが弱点じゃないやん!(ブルガンダー)

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>夢とはいえ変身できたのは精神の成長がどうとか言ってましたが、言うて1話とドーナツ作りの回ぐらいしかそんな描写無かったような…
これがもし本当だとするなら、シエルは自身の甘さから弟を追い詰めてしまったのに大人になってしまったと言えますね。
設定を忘れたのかもしれませんが、すり合わせはきちんとしてほしいところです。
[ 2017/11/04 11:14 ] [ 編集 ]

Re: 動物でも食べれるスイーツ……ジャパリまん(仮想通貨)かな?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>この場合「この一回ポッキリで妖精回は終わらせよう」というメタな事情が見え隠れてしまうのが残念です。
私の場合、これが気になってしまって楽しみきれなかった節があります。
これ以上妖精関連の話を伸ばしても、プリキュアたち6人がたどり着くゴールというものが見えてきません。
掘り下げなければ空気ですし、かと言ってこれ以上掘り下げても特に意味もないような設定なので、
たとえ単独で楽しめても私の印象は大きく変わりませんでした。
[ 2017/11/06 00:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1702-1891c371