今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 36話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第36話 『ラッキーの故郷に眠る伝説』

キュウep36 0

この動き… キバーラ!?
36話目にしてラッキーの出自が明らかになりました。
ジャークマターサイドは、敵の行動や会話から察するにシーザーを狙っていたようです。
…シーザーはラッキーの幼少時からずっといたみたいなんで、何故今になって狙ったんでしょうね。
手柄狙いなのであれば、過去に同じようにこじし座系を襲ったジャークマターがいてもおかしくはないと思うのですが。

今回の話でラッキーがカイエンの王族の血筋であることが明かされました。ただ、ラッキーはそれには気づかなかったようです。
これは少し変だと思いました。いくら父親との接触が少なかったとはいえ、ラッキーは物心つくまでカイエンで過ごしています。
劇中で描写されているカイエンの景色は如何にもな王宮で、幼少期のラッキーの身なりもそれに相応しいものだと個人的に思いました。
何故アスラン王は幼少の頃からラッキーに王族であることを伝えなかったのでしょうか? 別の後継者でもいたのでしょうか。
それにしたって王宮で過ごしてる(たぶん)以上は隠し通せる問題とは思えませんが…

周囲のラッキー評である「今まで運を引き寄せてきた」という発言はあまり同意できませんでした。
今までツルギだったりナーガだったり他のキャラクターが話の中心に立っていたこともそうですが、何よりラッキーの運に関する明確な出来事が少なくなってきたと感じているからです。
コメントにもありましたが、ただの死に設定だと思います。

次回は早速今回話に出たアスラン王に関するお話が展開されるようです。
正直なところ「またドン・アルマゲに操られるんじゃないか」とか思ってます。
それが原因でないとしても、その時は話が複雑になりすぎて残りの尺で収束がつかなくなるんじゃないかという不安もあります。
いずれにせよあんまりしょぼい終わり方はしないでもらいたいところです。
関連記事
スポンサーサイト

2・30代「アスラン?種ガンかな?」3・40代「アスラン?エリア88かな?」

ラッキーの正体に関しては回想からやんごとなき身分なんだろうとは予想できましたが。
本人に全く自覚が無かったのが不自然なのは仰る通りです。
本編の始まりからしてスパーダ達初期メンバーにラッキーが割って入る形でスタートしたので主人公としての印象付けが弱かった上
筆者様が挙げたようなレッドそっちのけの展開が続いたこともあり、今更周囲が彼をどうこう言っても響きません。
これならある日ラッキーがひょんなことから亡国の王子という事知り、祖国を取り戻すためキュウレンジャーに合流する導入の方が王道でしたね。

あとククルーガと会話していた「博士」の存在が気になりましたが正直ここまで引っ張って意味があるのか?
アルマゲの秘密と言い敵の正体を伏せていても面白さに繋がっていない印象です。
[ 2017/11/06 18:09 ] [ 編集 ]

Re: 2・30代「アスラン?種ガンかな?」3・40代「アスラン?エリア88かな?」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>これならある日ラッキーがひょんなことから亡国の王子という事知り、祖国を取り戻すためキュウレンジャーに合流する導入の方が王道でしたね。
キュウレンジャーが大所帯なのもいまいち展開に乗り切れない原因の1つだと思います。
最初から少数精鋭で宇宙冒険しながら祖国奪還を目指す旅でも面白そうな感じがします。
ちょっとコテコテなファンタジーでもありますが。
[ 2017/11/08 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1704-7ae3fa78