THE 開封の儀 その6

kaifu6001.jpg

そういえば今日はニチアサが全部お休みだった。
というわけで月~水に回す予定だった魂ウェブ関連商品の開封を今日に回します。
地味に撮影方法とかも変えつつあります。最適な方法を考えながら日々精進中…
kaifu6002.jpg
1つ目。ROBOT魂のガンダムエクシアリペアII/IIIパーツセット。
過去に販売されたエクシアに追加パーツをセットした、事実上の再販版です。


kaifu6003.jpg
体型や可動範囲などに特に不備はなし。魂STAGEにも対応しており、
素体が古い割には中々手堅い仕様です。


kaifu6004.jpg
反面、首元のアンテナが非可動だったりコンデンサー部分が発色してなかったり、GNバルカンが開口されていなかったりと、
デザイン面では詰めの甘い部分が見受けられます。やっぱり素体の古さは隠しきれない。


kaifu6005.jpg
パーツをセット組み替えてエクシアリペアIIIに。このサイズで立体化するのは中々珍しい。


kaifu6006.jpg
一応メイン武装にGNソード改は含まれているはずなのですが、魂ウェブの見本例では何故か外されています。


kaifu6007.jpg
GNロングライフルを目立たせたかったのか、リペアIIと立ち姿が被るのを避けたかったのか…
真相は定かではありませんが、片手だけ武装がないというのはつまらないです。全部載せワッショイ。


kaifu6008.jpg
ソードが収納できないせいで、ロングライフルを構える時はGNソード改を外さなければいけません。
ココらへんは改善してほしかった。




kaifu6009.jpg
2つ目。ROBOT魂ver.A.N.I.M.E.のジム・キャノンです。


kaifu6010.jpg
ガンキャノンを量産化させるための一貫として、ジムのバリエーション機として作成されたようです。
一年戦争時代に配備されていたものの、アニメに登場したのはZの方。


kaifu6011.jpg
基本がジムなので、シールドやバズーカといった基本装備をそのまま使いまわせるのが大きな特徴ですね。
ただしキャノンが右肩にしかないので重量バランスは結構悪そうです。宇宙で使うにはちょっと難がありそう。


kaifu6012.jpg
左手にバズーカを持たせて無理矢理重量バランスを合わせて戦う、という妄想もアリかもしれない。はかどりますなぁ。



kaifu6013.jpg
3つ目。ROBOT魂ver.A.N.I.M.E.の量産型ザク リアルタイプカラーです。
海外で行われていた魂NATIONSの記念商品でしたが、国内でも抽選販売されていました。
そんでもって抽選したところ、もれなく当選しました。ああゆうのは抽選の皮をかぶった受注販売とも言われているからね。


kaifu6015.jpg

kaifu6016.jpg
本体に関しては既に触ったことが有るので特に言うことがありません。
ただ、量産型ザクという割にはベースはシャアザクになってるらしく、付属品もそれに準じています。
デフォルトでアンテナを生やしているのもそのせい。


kaifu6014.jpg
ドンドンドン!
カンカンカン!
ボーン!!

ネタが分かる人、どれくらいいるかな?




kaifu6017.jpg
4つ目。フィギュアーツの仮面ライダーゲンム レベルⅩです。Xかもしれません。どっちでもいいです。


kaifu6018.jpg
エグゼイドのアーツでやっとこさ現れた敵側フィギュア。造形は細かいものの、バグルドライバーに刺さったガシャットがよくポロリする。
なおバグルドライバーは外せないみたいなんで、レベルX-0を再現するのは無理っぽい。
たとえ移植できるにしてもHPメーターに関してはどうしようもないので完全再現はできないですね。


kaifu6019.jpg
クリティカルエンドでエフェクト練習。
演出のせいで分かりづらいんですが、アレは前方回転キックということでよろしいのかしら。


kaifu6020.jpg
いつの間にか標準装備と化していたガシャコンスパロー。
合体形態ではスパロー同士の固定がメチャクチャ甘く、簡単にポロリします。
レーザーレベル3を販売する時はちゃんと修正して…


kaifu6021.jpg
右手は逆手持ち、左手は順手持ち。逆手持ちにすると鎌の先端が微妙に腕に当たる。ドジっ子か。


kaifu6022.jpg
エフェクト練習その2。スパローはマッシブなレーザーレベル3よりも、細身なゲンムの方が似合ってる感じ。





kaifu6023.jpg
5つ目。フィギュアーツの仮面ライダーレーザー レベル5(ドラゴンクロー)です。
すごいマッシブ。


kaifu6024.jpg
4人同時変身時における脚担当。両腕もハンターゲーマから取り寄せているのは、レーザー本体だけだと両腕・両脚にあるパーツが存在しないため。
ボーイズトイ部門のLVURでこれを再現しようとすると、両腕スカスカのコレジャナイ形態になってしまうことで少し有名。


kaifu6025.jpg
脚担当とはいったものの、サイドアーマーのせいで全然脚が上がってくれません。開脚とか絶望的。
そもそも全体的にマッシブなせいで可動面は少々ぎこちないです。


kaifu6026.jpg
尤も劇中では右腕のソードを振り回してガンガン接近戦していたので、脚担当とかは気にしなくてもいいのかもしれません。
ちなみに左腕のドラゴンガンは1回も使ってなかった気がする。





おしまい。積み商品もそろそろ少なくなってきましたが、そろそろフィギュア棚のキャパも限界です。
大型商品であるROBOT魂2つをまだ積んでる状態ですが、果たしてどうするか…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/11/05 22:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

エグゼイドアーツの目はコレジャナイ感半端ない

ガシャコンスパローのイライラ凄いですよね…ゾンビゲーマーは鎌モードで使ってる印象が強いので不幸中の幸いかもしれませんが… ところでらるりれろさんはアマゾンズはご視聴なさってないのでしょうか?
[ 2017/11/07 00:28 ] [ 編集 ]

Re: エグゼイドアーツの目はコレジャナイ感半端ない

サイラックス様、コメントありがとうございます。

>ガシャコンスパローのイライラ凄いですよね…ゾンビゲーマーは鎌モードで使ってる印象が強いので不幸中の幸いかもしれませんが…
スパローを装着するための白いパーツを逆さにセットしたところ、思った以上にスムーズに装着できました。
出荷時の組み立てがマズかったんでしょうか?

>ところでらるりれろさんはアマゾンズはご視聴なさってないのでしょうか?
1期の途中まで見ましたが、乗り切れずリタイアしました。元々外伝作品にはいまいち乗り気になれない性分だったのもありますが。
[ 2017/11/08 00:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1706-2c6ae6f7