今週の仮面ライダービルド 10話

仮面ライダービルド 第10話 『滅亡のテクノロジー』

ビルドep10 0

ローグの思惑は不明ですが、少なくともビルドに邪魔されたくないのなら、ボトルよりもドライバーを奪うべきだと思います。

【11/13】
微妙に追記。

龍我は格闘家よりも緊縛師としての腕前の方が高いんじゃないでしょうか。
次回でライダーに変身しますし、これならどこからともなく「ライダー助けて!」と声が聞こえても駆けつけられそうです。
どこかの薄情な店長と違って… そんな10話目。

キラプリ同様、こちらも主人公側が劣勢に立たされる状態で終わってしまいました。
ただ、話の根幹は「パンドラボックスの強奪を阻止する」というものだったはずなのに、
戦兎も龍我も途中からローグとスタークに対し取っ組み合いをすることに精を出し、
後半になると戦兎はスタークの正体が葛城であることにいっぱいいっぱいになってしまっていて、
一通り番組を観終わったあと「で、こいつら何のために戦ってたんだっけ」と思ってしまったことに我ながら苦笑しました。
そもそも4人が戦っている間、パンドラボックスはずっと地面に放置されていたのですから、スキを見つけて箱を奪取し、ホークガトリングで逃げるという作戦もできたはずです。


ビルドep10 1

更に突っ込むと、パンドラボックスはビルドが到着した時すぐそばに置いてあったはずです。(上画像参照)
そのまま交戦せずに持ち去ることはできなかったのでしょうか。
ベストを尽くした末にその結果がマイナスになってしまったのであれば納得できますが、今回の戦兎はあまりベストを尽くしているとは思えませんでした。
ボトルをベストマッチさせて戦うライダーなのに…

そしてスタークが葛城巧である可能性も浮上しました。
その証拠の1つとして、研究員の河井の顔を変更して死体偽装にトリックを暴いてみせました。
…となると、「スタークの変身者の顔も偽装できるんじゃないの?」という可能性も同時に浮上してきます。
仮にスタークの変身が解けたとしても、その中身が葛城の顔とは思えないんですが、その辺は大丈夫なんでしょうか。
それにしても、死体偽装って普通のサスペンスドラマとかなら、死体の身元情報とかを偽装することで成り立つと思うのですが、
顔を判別しただけで「あ、こいつ葛城巧だわ」って警察が判断したのであれば何だか間抜けなお話ですね。


氷室はタナボタで自分に東都の支配権が舞い降りたことで、それはそれは物凄く嬉しそうでした。
ローグに変身してる間も、スタークに一杯も二杯も食わされている状態ですし、最早悪役としての威厳なんてどこへやら、という話です。


次回はいよいよ第二のライダー、仮面ライダークローズが登場するようです。
結構登場が早いですね。個人的にはアクセルやバース同様、1クール経ってからの登場かと思ってました。マコト兄ちゃんポジションだったか。
見た感じ、ドラゴンボトルを刺したアレをコレして変身するみたいですね。
きっと奪われたボトルも彼が取り返してくれるんでしょう。きっと。


【11/13 追記分】
よくよく考えると、葛城1年前の時点で顔の変装能力を手に入れていたのだとしたら、
『葛城の元にやってきた佐藤太郎を殺害し、その顔を葛城のものに偽装。更に自分の顔を佐藤太郎に偽装』
という風にすれば、全ての始まりとも言える葛城殺害事件の真相として一応成り立ちますし、
何より桐生戦兎=葛城巧というちょっとビックリな方程式が成り立ってしまいますね。
今の戦兎が天才物理学者であることや、母親の卵焼きを食べて涙したこととも辻褄が合います。(葛城が物理学専攻してたか知らないけど)

ただそうなると今スタークに変身してる人は誰やねんって話になりますし、
そもそもローグやスタークの技術がいつ頃生み出されたか、というのもよくわかりません。
何より人の顔を変装させる技術なんてどうやって入手したし。ここで科学的なアプローチを描写してくれると凄く面白いと思うのですが。(煙による蜃気楼のような現象で変装させてる、とか)
ヒントは着実に集まってると思うのですが、結論を出すにはまだまだ早すぎますね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/11/12 13:22 ] 仮面ライダービルド | TB(0) | CM(7)

慌ただしい……

こんにちは!


なんか一気に物語が進んでますね
ついでに販促期間が過ぎたボトルの一斉処分と相成りましたが、あんだけ派手にばら撒いといてよくもまあ都合良くライオンとラビタンだけ残ってたもんです
いっそローグ&スターク戦と最後のスターク戦は順序逆にしたら……とも思ったのですがそれだと戦兎が倒れた時点でロックとドラゴンまで盗られるか
後、スタークの狂言回しっぷりが強過ぎて他が一気に空気になってる感が半端ないです
整形能力なんて余計なもんつけたせいで今後が一気にややこしくなりそうだし……
[ 2017/11/12 14:50 ] [ 編集 ]

ボトルを集めて何か起こす、と言うのはファウスト側も狙っていたんですね。果たして何が起こるのでしょうか…
ドラゴンフルボトルはかなり強力みたいですね。形見のボトルを託して変身、はとても格好良かったです。あのパワーはクローズドラゴンを介して使用すれば抑えられるのか、それとも龍我にも扱い難いのか。大立ち回りに期待です。新ライダー登場はやはりワクワクします。
[ 2017/11/13 09:44 ] [ 編集 ]

ハザードレベル114514

だいぶくさそう
[ 2017/11/14 19:21 ] [ 編集 ]

Re: 慌ただしい……

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>ついでに販促期間が過ぎたボトルの一斉処分と相成りましたが、あんだけ派手にばら撒いといてよくもまあ都合良くライオンとラビタンだけ残ってたもんです
私もそう思いました。
しかしてっきり例のごとく敵が舐めプしてくれたのかと思ったら結局ラビタンも全て奪われることになったのはちょっと驚きでした。

>後、スタークの狂言回しっぷりが強過ぎて他が一気に空気になってる感が半端ないです
整形能力なんて余計なもんつけたせいで今後が一気にややこしくなりそうだし……

龍我といい、今作の狂言回しキャラはちょっとわざとらしいと思います。
整形能力については科学的なアプローチが説明されると嬉しいです。
[ 2017/11/15 00:14 ] [ 編集 ]

野獣先輩ブラッドスターク説

シーン毎にコロコロ変わる表情はあの能力を使った可能性が微レ存…

主人公大ピンチという展開は良いのですが仰る通りパンドラボックスそっちのけで敵と戦っていたのは変でしたね。
首相たちが閉じ込められたバリアみたいな物でボックスが守られてスタークを倒さねば取り返せないとか。
取り返して逃げ出すも、敵の執拗な追跡に耐えられずやむなく反撃するみたな自然な流れでバトルに移行すれば良かったのですが。
ボロ負けしたものの遂にドラゴンボトルのベストマッチが完成し一矢報いましたが直ぐに変身が解除されてしまいました。
蓄積したダメージのせいなのか?それとも戦兎のビルドドライバーではそのポテンシャルを発揮できないのか?
今回のMVPは前線の2人ではなく、たまたまラボに仕掛けられた盗聴器を見つけた美空でしたね。
恐らく滝川が仕掛けた物でしょうが、ラボメンにスパイが居る事が判明したのですから引き延ばさず直ちに対処するべきですが…

>氷室はタナボタで自分に東都の支配権が舞い降りたことで、それはそれは物凄く嬉しそうでした。
マッチポンプに成功してご満悦ですが、スタークが怪しい素振りを見せているというのに浮かれ気味ですね。
戦兎から奪ったボトルで何をするつもりかは分かりませんが早々に取り返されそうです。
そして、「みなおか」は来年で放送終了ということで、やっぱり石橋貴○最低だな!
[ 2017/11/15 19:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

西瓜様、コメントありがとうございます。

>ボトルを集めて何か起こす、と言うのはファウスト側も狙っていたんですね。果たして何が起こるのでしょうか…
それは分からないです。氷室は今までビルドのボトルを積極的に狙ってはいませんでしたし、
単純にビルドに変身させないためにアイテムを奪った、ということも考えられるからです。

>あのパワーはクローズドラゴンを介して使用すれば抑えられるのか、それとも龍我にも扱い難いのか。
今回で普通のスマッシュ相手にも互角以上に渡り合った辺り、戦兎以上にドラゴンボトルを使いこなせているんだと私は思います。
[ 2017/11/16 23:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

野獣様、コメントありがとうございます。

>ハザードレベル114514
仮面ライダービーストかな?
[ 2017/11/16 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1710-2134582c