FC2ブログ





今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 48話(終)

宇宙戦隊キュウレンジャー 最終話 『宇宙に響け!ヨッシャ、ラッキー』

キュウep48 0

この前父親が「そういや今回の戦隊ってベテラン俳優出てないのか」って言ってました。
多分12人体制を整えるのにベテラン俳優雇うギャラを捻出できなかったんでしょうけど、
確かに組織の中心となってラッキーたちを厳しくも温かく見守ってくれる上官的存在がいればこの作品の評価も…

…変わらないか。
最終話です。
一言で言うなら、宇宙一くどい最終回でした。
話は最初から期待してませんでしたが、バトルすらつまらないとは恐れ入りました。

何度ドン・アルマゲにトドメを刺したら気が済むんでしょうか。最初の地上戦で1回、ロボ戦で1回、憑依体に1回、抜け殻となった本体にもう1回。
それまでに戦ったドン・アルマゲとの戦いの回数もカウントすれば凄まじい数になると思います。
同じ話の中で4回とかいい加減冗長にも程があります。何度も同じシーンは見たくありません。やる時はスパッと1回でやってください。
決め台詞を言う時に12人全員映す時なんかも流石に長すぎると思いました。名乗りは仕方ないとしても、ロボ乗ってる時までやらなくていいです。

やろうと思えばスパッと終わらせられるはずなのに、無駄に引き延ばそうとする辺りはキュウレンジャーだなぁと思いました。
やっぱり尺余らせてたんじゃないかなぁ、この番組。


キュウep48 1

それ以外語ることもないので総括に移ります。
1年間放送を続けてきたキュウレンジャーでしたが、今週でいよいよ終了となりました。
「史上初、9人(12人)体制のスーパー戦隊!」という触れ込みを聞いた時は「そんなん描けるわけ無いだろ」と思ってました。
で、1年間見てきましたがやっぱり描けてませんでした。5~6人体制ですらヒーヒー言ってるのに12人なんて描けるはずありません。
ベストを尽くした上で至らない点があったのなら仕方ないですが、キャラ描写に関してはラッキーにばかり注力しており、
そのラッキーも「ヨッシャ、ラッキー!」という一言に全振りで中身のない行動ばかり目立っていた印象でした。
「無理ゲーだと思ったら無理ゲーでした」という意味では至極当然で真っ当な作品とも言えます。


ストーリーも「ジャークマターから宇宙を開放する」という筋書きがある割にはずーっとチキュウに居座りっぱなしですし、
過去のドン・アルマゲを見に行こうかと言ったと思えばいつの間にかドン・アルマゲを倒して万々歳、みたいな雰囲気になってますし、
結局真の敵は身内にいて、最終的にそれを追っけていくというスケールの小さい内容に収まってしまいました。
特に終盤になると、ヨシヒコごっこだの野球だの、まるで尺稼ぎしてるかのようなどうでもいい内容の話ばかり繰り広げられていたのが辛かったです。
制作側だけが盛り上がっているような雰囲気が伝わってきて、物凄く疎外感を感じました。
また、キュウレンジャーは一応リベリオン本部という組織の下で宇宙開放のために活動しているはずなのですが、
話が進むに連れてその設定も形骸化し、ラッキーorツルギの命令に皆が賛同するような形で話が突き進んでいくのも残念でした。
これではただのレジスタンスと同じです。組織がある以上はきちんと機能させてほしかったです。

あとこれは仕方ないことなんですが、今作では様々な星に乗り込んで任務を行うことも多々あったのですが、
大抵はいつものロケ地を使いまわしていたので、いくら「惑星○○です」と言われても「例の場所じゃん!」としか思えませんでした。
予算が潤沢とは言えないこのシリーズで、惑星の違いを描くというのは最初から無理ゲーが漂っていた風に思えます。
同じく宇宙規模のストーリーながらも描写を地球に一点集中していたデカレンジャーとは大きな違いです。


良かった点としては、大所帯ならではの迫力のある地上バトルと、ロボ戦闘ですかね。
ロボ戦闘に関してはキュウレンオー・リュウテイオー・ギガントホウオーというメインロボが3体もいるおかげで、
地上戦とロボ戦を同時進行しても無理なく人員を割くことができた他、どのロボも出番が薄くなることはなく、
後半になってもガッツリ活躍の場が設けられていたのがとても良かったと思います。
本当にシリーズ通して長所だけは伸びていくんだから…


12人のキャラ描写といいカツカツな予算といい、本作を描き切るにはとてつもなくハードルが高かったはずです。
何を思って製作側がこんな設定にしたのか、今思えばサッパリ分かりませんが放送してしまったものは仕方ありません。
私は作品を評価する時(評価点を見つける時)、「何か良い方向に振り切れてるものはないか」という点に注目することがありますが、
今作を視聴して、何事も後先考えずに振り切ってしまえばいいものではない、とよく理解できました。
無茶は程々に、次回作は割りと無茶というか型破りしてる設定ではありますが、どうなることやら。

キュウep48 2
関連記事
スポンサーサイト

自分もラストバトルの連戦は正直どうなの…って思ってしまいました……。巨大化までならまだいいですがロボ戦が終わってまだ戦いだしたのは尺伸ばしにしか見えませんでした。

ともあれ俳優の方にはお疲れ様と言いたいです。
[ 2018/02/05 02:23 ] [ 編集 ]

9人そろってスーパースター(笑)

完走お疲れ様です。

管理人さんも前言ってた通り、「ラッキーだけがスーパースター!」!の作品でしたね。初期メンバーが9人ということでいつも戦隊のフォーマットとは違ったキュウレンジャーというチームを中心に物語を回してくれることを期待していたのですが、やったことはいつもの特定キャラで回すやり方でしたね...特にガルとかナーガとかは設定自体はいくらでも面白くできそうなキャラなのに、残念な扱いになってしまいましたし、ラプター、スパーダ、ハミィなんかは「こいつら物語に必要か?」といえるぐらい空気でしたね。
 一番目立っていたレッドのラッキーが魅力的な奴だったらまだましだったんですけど、「よっしゃラッキー」と言って周囲を巻き込む自己中心的な奴だったので全然好感が持てませんでした。ツルギがラッキーに喝を入れて少しは改心してくれればよかったんですけどそれもなかったですし...まあストーリーも俳優の演技も壊滅的だったニン〇ンジャーよりはましでしたが(笑)。

まあ次の戦隊もなんだか不安要素しかありませんが、失敗作の次は良作になるパターンが多い戦隊シリーズ(ゴセイ⇒ゴーカイ、ニン〇ン⇒ジュウオウ)ですが、はたしてどうなるか...来週も感想楽しみにしてます。
[ 2018/02/05 10:37 ] [ 編集 ]

おつかれナス!

これも寝過ごして見逃してしまったのでキュウレンに対する思いを述べたいとおもいます。
ストーリーは一言でまとめるなら「よっしゃラッキー(棒)」でしたね。とくに語ることはありません。余談ですが、最初の123話で他の惑星が舞台だったのに4話から地球が舞台になったときは「ジャスピオンじゃん笑」と思ってしまいました。(Vシネの「キュウレンジャーvsスペース・スクワッド」に出てくれないかな~)やっぱ他の惑星らしく描写するためのロケ代が無かったか....
ヒーローやロボットのギミックやデザインは個人的に戦隊シリーズの中でも好きな部類に入りますね。特にホウオウソルジャー。剣と盾を持ち、色分けされてない少数のメカが合体して完成する巨大ロボなど、チェンジマンやフラッシュマンなどの80年代の戦隊ヒーローを彷彿させる要素があって特撮ファンとしてニヤリとさせられました。ツルギのキャラクターは....   あと、戦隊ヒーローとしては珍しく胸にプロテクターを纏っているところが、仮面ライダーやメタルヒーローにデザインを近づけたんだなと思いました。戦隊ヒーローにしてはデザイン格好いいなと。まぁ、次回からのはいつもの戦隊ヒーローに戻るみたいなんですが.... 笑
最後に、今年の6月にVシネマの「キュウレンジャーvsスペース・スクワッド」が公開されます(vsジュウオウジャー?なにそれwしwらwなwいwよw)が、キュウレンの中盤くらいにデカレンと二代目ギャバンがゲストで登場してましたね。しかし、あれはキュウレンがワームホールに吸い込まれて偶然宇宙警察世界に着いただけですよね?帰りはワームホールが閉じて二つの世界は行き来出来なくなりましたし。なのにどうやってまた両者が再会するんですかね?あの世界、どこかのM78みたいにマルチバース設定でもあるのかな?まぁ、なんだかんだ言ってまたキュウレンとメタルヒーローが見れることを嬉しく思う自分がここにいる....
1年間、お疲れ様です!ルパレンvsパトレンの感想記事も楽しみにしています。
[ 2018/02/05 17:06 ] [ 編集 ]

久正人先生のイメージイラストだけは良かった(ファン並感)

>一言で言うなら、宇宙一くどい最終回でした
そもそもラッキーの物語はアスラン王の死で、ツルギの物語はクエルボを葬った時点で終わってます。
最終回にいくら派手なバトルを挟んだところで全て蛇足です。

筆者様が予想した通りアルマゲはラッキーの体を奪い宇宙に放り出されましたが…「その時、不思議なことが起こった」
RXのアレを終始盛り上がりに欠けたキュウレンジャーのラストに持ってきてもシラケるだけなんだよなぁ…
そしてエピローグで故郷の復興と一族の弔いを蔑ろにしてブラついていたラッキー&ガルは普通に気持ち悪いホモカップルでしたね(語録無視)

>次回作は割りと無茶というか型破りしてる設定ではありますが、どうなることやら。
私が懸念しているのは主に3つですね。
・描写が偏り「怪盗いらねー。」あるいは「警察いらねー。」と、ならないか?
・ヴォー長寿漫画みたいに話が進むにつれ、怪盗と警察との対立が馴れ合いの無気力試合にならないか?

・終わってみたら「『農業とラード』しか記憶に残らなかった。」とかいうオチにならないか?
なんて、考えていたらミルキィ解散ですってさ。
[ 2018/02/09 20:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

エアブラシ様、コメントありがとうございます。

>巨大化までならまだいいですがロボ戦が終わってまだ戦いだしたのは尺伸ばしにしか見えませんでした。
約30分間、フルに使ってやることなかったんでしょうねぇ、きっと。
[ 2018/02/12 23:19 ] [ 編集 ]

Re: 9人そろってスーパースター(笑)

銀狼様、コメントありがとうございます。

>特にガルとかナーガとかは設定自体はいくらでも面白くできそうなキャラなのに、残念な扱いになってしまいましたし、ラプター、スパーダ、ハミィなんかは「こいつら物語に必要か?」といえるぐらい空気でしたね。
個別回をやったとしても、結局ラッキーが美味しいところをかっさらっていくパターンも目立っていたので残念でした。
ツルギもラッキー以上の固有の魅力を持っていると思っていたのですが、結局ラッキーに言いくるめられた感じになってしまいましたね。
本当にラッキーに同調できなければ見れない作品だななぁと思いました。
[ 2018/02/12 23:59 ] [ 編集 ]

Re: おつかれナス!

頭痛い様、コメントありがとうございます。

>あれはキュウレンがワームホールに吸い込まれて偶然宇宙警察世界に着いただけですよね?帰りはワームホールが閉じて二つの世界は行き来出来なくなりましたし。なのにどうやってまた両者が再会するんですかね?
キュウレンジャー側にはブラックホールキュータマとか、宇宙1つを破壊する爆弾を飲み込む規模のスペックを誇るキュータマがあるので、
宇宙の時空を曲げるとかはお茶の子さいさいなのかもしれません。
[ 2018/02/13 21:06 ] [ 編集 ]

Re: 久正人先生のイメージイラストだけは良かった(ファン並感)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>そもそもラッキーの物語はアスラン王の死で、ツルギの物語はクエルボを葬った時点で終わってます。
最終回にいくら派手なバトルを挟んだところで全て蛇足です。

ラッキーの話は終わっていても、キュウレンジャーの話は終わっていないはず…
なんですけど、どうしてもラッキーに舵をとらせたいばかりに変な方向にシナリオが進んでしまいましたね。
公式的にはそんなにラッキーが魅力的な人物だったんでしょうかね…
[ 2018/02/14 00:59 ] [ 編集 ]

コンセプト倒れ

相当遅れながら自分も周回終わりました。
平成生まれの自分は戦隊を全部見たわけではないんですが、それでも胸を張って歴代ワースト1として今作を紹介出来ると思います。

結局完全な出オチだった12人戦隊、設定「だけ」が巨大なせいでかえってチープになってしまったジャークマター、「本格SF」と言いながら昭和のレトロフューチャーと同レベルの宇宙・タイムトラベル描写、数ばかりが無駄に多くて結局活かし切れずに終わったキュータマ、人数が多いにも関わらず例年以上にレッド偏重な販促、空気を読まずに挟むおかげでかえってテンポを悪くしていたコメディシーン。
当初の期待の裏返しか、不満点は数え切れないほどにありますが、何より大きいのはラッキーの存在。
何なの一体? 「明るくて前向きなポジティブ熱血馬鹿」かと思ったら違い、「自他に命を賭けることを求む硬骨漢」なのかと思ったらやっぱり違い、最終的な自分の評価は「無神経で無責任なDQN」でした。思えば4話で自分に対する反対意見が出たら「話にならねえ」と不貞腐れ、本心からラプターを案じるスパーダを「夢を否定するお前はあいつら(ジャークマター)と同じだ!」と罵る時点で片鱗は出てたんですね…。
何よりも理解不能なのは、そんなラッキーを理想の主人公の如く持ち上げまくる脚本(というか製作サイド)。
まほプリのみらい然り、ゴーストのタケル殿然り、TOZのロゼ然り、俺屍2の夜烏子然り、「製作サイドがキャラに萌えるとろくなことにならない」の典型例です。ラッキーが出しゃばる回では特に長ったらしい撮影日誌はある意味ショッキングでした。
…というか、そもそも20話辺りまで節々に疑問を感じつつも良かった探しをしながら見続け、2クールラストで「あ、これダメだ」って完全にアンチ目線になる辺りは完全にまほプリ追ってた時と同じでした。

個人的に気になる点としては、「何で88星座に拘ったのか?」というところ。
星座をモチーフにするのは良いけど、それだけの数のコレクトアイテム(しかも実際はもっと多い)と敵幹部なんて扱い切れないと素人でも分かるだろうに。星座を使うにせよ、「モチーフにしやすいもの・映像的に映えるだけ選出」するとか「世界観の設定にまで星座は使わず、あくまでキャラやアイテムのモチーフ止まり」にするとかやりようはあったはずです。
というか星座ってあくまで「地球から観測した概念」以上のものではないと思うので、宇宙人まで当たり前のようにしし座とかさそり座とか言ってると無性に気になるんです自分。ツルギが元宇宙大統領だと聞いたときはてっきり「ツルギの出身地たる地球の基準に宇宙を区分した(→ジャークマター台頭後もそれが続いている)」という感じで説明されるのかと思ったら、全然そんなことなかったし。
あと全宇宙が恐怖の独裁政権で支配されてて、各惑星を何時崩壊するか分からない状況に追い込まれてる割に、バーベキュー場が盛況だったり、アイドルオーディションやってたりとずいぶん平和ですよね。

ルパレンパトレンはまだ6話ですが今のところ楽しめています。
こんな無残な出来栄えのヒーローモノは二度と出しちゃいけない、むしろ反面教師にするべきではないか。
[ 2018/03/19 23:39 ] [ 編集 ]

Re: コンセプト倒れ

つがな様、コメントありがとうございます。

>「明るくて前向きなポジティブ熱血馬鹿」かと思ったら違い、「自他に命を賭けることを求む硬骨漢」なのかと思ったらやっぱり違い、最終的な自分の評価は「無神経で無責任なDQN」でした。
作品通してラッキーのやってきたことって、自論を相手に強引に突きつけまくることが殆どなんですよね。
ああゆう俺様系キャラはたまに弱みを見せて視聴者に感情移入できるようにするのがベストだと思いますが、
イカーゲンを倒す時といい、挫折から立ち直る際あまり納得できる描写がありませんでしたね。

>というか星座ってあくまで「地球から観測した概念」以上のものではないと思うので、宇宙人まで当たり前のようにしし座とかさそり座とか言ってると無性に気になるんです自分。
それは言及してしまえばキリがないんですが、聖闘士星矢然りウルトラマン然り、創作上では我々一般市民に分かりやすい知識にすり寄るのが当たり前だと思うので、指摘するのは少々野暮だと思います。
それにもっと言及してしまえば、地球なんて宇宙全体からしたら物凄くちっぽけな星の1つに過ぎませんから、そこを悪の幹部が集中的に狙ってくる必然性は薄いと思います。

>ツルギが元宇宙大統領だと聞いたときはてっきり「ツルギの出身地たる地球の基準に宇宙を区分した(→ジャークマター台頭後もそれが続いている)」という感じで説明されるのかと思ったら、全然そんなことなかったし。
これは既にツルギが大統領になる前の時点で、「からす座系出身のクエルボ」などがいたように、元々から星座系の概念は存在していたのだと思います。

>あと全宇宙が恐怖の独裁政権で支配されてて、各惑星を何時崩壊するか分からない状況に追い込まれてる割に、バーベキュー場が盛況だったり、アイドルオーディションやってたりとずいぶん平和ですよね。
前者に関してはキュウレンジャーの活動である程度ジャークマターの支配力を弱められていたので、その点を踏まえれば違和感は少なくなるはずです。
後者に関しては、そもそもオーディション自体、背後にジャークマターが控えていた(ジャークマター主導のイベントだった)のでおかしくも何ともないと思います。
[ 2018/03/24 23:21 ] [ 編集 ]

記事を読んで今更ながら

キュウレンジャーは確かに微妙立ったな・・・というのが正直な感想です。
まずスタメン9人の時点で目立つキャラ(ラッキー、スティンガー、BN団等)と空気(スパーダ、ラプター、ハミィ、ガル)の扱いの格差が凄いなーって思ってたら、3人入ってきてさらに収給付かなくなってたと思います。でもつがなさんの仰る通りあまりにもラッキー偏重だったのは事実ですが。
12人+宇宙って設定なら他社ですが東宝の超星神グランセイザーっていういい意味でも悪い意味でもお手本になる作品があったのに・・・。(話はまぁ粗削りだけども面白いが、12人という人数は3人1チーム×4にしても裁ききれず追加チームはメイン回以外はほぼ空気という状況。ちなみにこっちはヒーロー側に宇宙要素はほぼ皆無で、精々黄道十二星座がメンバーのシンボル位。その代わり超古代要素が強い。そして戦隊でいうレッドポジは基本的に全話出ているが、目立たないときは本当に空気。)
後、12人なってから無理に必ず12人を出そうとしたり、(特に終盤)チキュウ常駐を防ぐために使い捨ての惑星が乱発したのもなぁ。それだったら上記のグランセイザーのように
・最初から宇宙要素はモチーフとか敵が宇宙人程度のレベルにする。
・毎回十二人を出さず、その回あったキャラだけ出演、必要な時だけ全員出演する。
すればよかったんではと思います。まぁそんな事をしても良くなったとは思えませんが。
当方グランセイザー(555&アバ)世代ゆえ、思い出補正も入っており、グランセイザーを過剰に持ち上げてるとこがあると自覚しておりますが、そうでもしないと書けない位微妙だったというのが自分の評価です。
[ 2018/05/29 17:55 ] [ 編集 ]

Re: 記事を読んで今更ながら

マリオ様、コメントありがとうございます。

>12人+宇宙って設定なら他社ですが東宝の超星神グランセイザーっていういい意味でも悪い意味でもお手本になる作品があったのに・・・。
グランセイザーとはまた懐かしいですね。私はどちらかというとセイザーXの方が記憶に残っていますが。
私としては、宇宙全体が舞台のスーパー戦隊の先駆者としてデカレンジャーがあり、
そちらでは地球が舞台であることの必然性が描かれていたので纏まりがあると感じていました。
キュウレンジャーにおいてはそういった一貫性のある描写が足りていなかったと思います。
[ 2018/06/03 09:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1765-ac28f3dd