FC2ブログ





今週のHUGっと!プリキュア 2話

HUGっと!プリキュア 第2話 『みんなの天使!フレフレ!キュアアンジュ!』

ハグプリep2 0

なに? 人間態の声はのだじゅんではないのか!? ちょっと期待してたのに!
2話目です。悪くない内容だったと思います。
でも抜群に良いかと聞かれればNOと答えます。要するにまずまずです。

満を持して登場したキュアアンジュこと薬師寺さあやは、作中でも強調されていた母性や優しさというよりも、
我欲の乏しさや芯の弱さの方が強く感じられました。あまり個性の強さが感じられません。
それ自体が悪いと言っているのではなく、あくまでも「序盤ならこんなもん」といったところです。
前回でも指摘したように、各キャラは「分かりやすい課題・問題点」を設定として組み込んでいるので、この時点でのキャラ描写としては及第点だと思います。
逆にはなの持つの単純さというか思い切りの良さを引き立たせる上では良いスパイスになっていたと思います。
良いも悪いも今後次第です。


残念だったのが「1人では無理でも2人ならできる」という主張にあまり説得力が感じられなかったことです。
こういうシチュエーションは「1人ではダメだったという過程」という場面と「2人ならできたという成果」がきちんと両立してことだと思っているのですが…
Aパートの新聞づくりは、結局さあやの教養についての記事を書くのかプリキュアのことについて書くのか作中の描写だとよく分からなかったので結果としては微妙で、
Bパートのはぐたんに対する育児シーンは終始さあやのペースで進んでいたので「1人ではダメでした」という根拠に欠けていたと思います。
「さあやがいてくれたおかげで育児がスムーズに進みました」という視点であのシーンを見てしまうと、
今度ははなが育児シーンで貢献していた部分がほぼ皆無のため、もうさあや1人いれば十分じゃないかなという見方もできてしまいます。
「1人では無理でも2人ならできる」というのは互いの長所短所を補完し合うのがベストな形であり、
一方がもう一方に依存する形になってしまうことはよくないと思います。

ただその後のさあやの言葉から察するに、どうも公式としては2人で協力することの過程と結果は新聞作りパートで描ききっており、
育児シーンを2人の協力シーンという意図として描いていないようにも感じられます。
だとしても、あの新聞作りパートは尺的にも内容的にも薄味です。やるんだったら徹底的に描いてほしかったです。
育児という本作のテーマに準じて話を描く上で、少々割を食らってしまった感じでしょうか。

また、次回予告でも言われていた はなの「プリキュアは1人でもできる!」発言が、本編ではあっさり反故にされてしまったのも残念でした。
プリキュアの正体を隠す理由にあっさり賛同してしまったり、未来がなくなることについてお正月やクリスマスの例に例えた瞬間理解してしまったりと、
はな自身の影響されやすさと言うか子供っぽさを描く上での一貫なんでしょうか。
ぶっちゃけ影響されやすさはさあやも負けてないと思いまけどね。


さて、2話という超序盤で「プリハートは4つある」という事実が判明したことで追加戦士が今後現れることがほぼ確定になりました。
見せつけるように描写されていたのはある意味大友への挑発ともとれなくもない。
現在発売されているタンバリンの玩具や、今後発売予定のアクセメーカーにもピンク水色黄色の他にの模様が描かれているのが分かります。
この事実から察するに、今後はきっと紫色のプリキュアが出てきてくれるんでしょう。きっと。(東映さん本当にこの4色編成大好きですね)

追加戦士が登場する流れとしては、考えられる中では4つ。(括弧内は過去にその流れを汲んでプリキュアに変身した人物の例)

①はぐたんが成長してプリキュアになる (ことは)
②友達や見知った人物がプリキュアに抜擢される (いつき、アコetc)
③突如プリキュア候補のキャラクターが登場 (亜久里、シエルetc)
④敵が寝返る (エレン、トワetc)

①はワンチャンあると思います。育児というテーマを掲げている以上それなりの成果が必要になると思いますので。
ただし育児というテーマを掲げてる以上、話の途中でそれをストップさせてしまうというのも考えものです。
個人的には②のパターンが最近見られないので、こっちのパターンを採用してくれるのであれば歓迎します。
③は一切の予測ができないのでなんとも言えません。
④に関しては、近年の女性の敵キャラはプリキュアになるならない問わず改心するパターンが非常に多いので、
「たまには寝返らずに最後まで悪役としての努めを果たす女性幹部が欲しい」というのが私の中の本音です。難しいでしょうけど。

いずれにせよ今後の展開はなんとでもできるし、なんにでもできます。輝く未来を待ち望みましょう。フレーフレー。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/02/11 12:47 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(4)

誰だよ既に黄色覚醒してるとか言った奴…(自戒)

まだプリハート手付かずじゃないか…やっぱり一話の増えたとか言うのは伝承的なアレだったんですかね…じゃあ初めて召喚した時の「さぁ来いプリキュア」ってのは一体…?まぁ、まだなんとも言えませんが。
今回確定した追加戦士ですが、今の所は「アスパワワが無いと成長出来ない」と言うセリフの様に成長する事が仄めかされているはぐたんの成長後説が最も濃厚ですが、まほプリの様な育児放棄の果ての手柄横取りなんて事はしないで欲しいです。
敵のプリキュア覚醒の可能性もありますが、確かにアラクネアやポイズ二ーの様に最後まで悪を貫いて消滅する敵は最近珍しいので、こう言っては何ですがそっち系の展開を見たいものです。(スパルダとベニーギョは作品の都合の良い操り人形だっただけで悪を貫いたとはイマイチ言えない為ノーカン)
[ 2018/02/11 21:38 ] [ 編集 ]

(福島なのか福山なのか)これもうわかんねぇな

>なに? 人間態の声はのだじゅんではないのか!? ちょっと期待してたのに!
野田順子さんも福島潤さんも、マスコット系、イケメン系どちらの声も出来る方ですのでわざわざ2人に分けたのは不思議ですね。
1時間前のライバル魔法少女に対抗してかもしれませんね(久川綾→ヤング師匠というギャップも今思えば凄い…)
それにしても赤毛で福島さん声の関西弁キャラだとメッチャ自転車速く漕げそう(弱ペダ並感)

取り合えず、佐藤順一氏の腕は衰えてないと実感できるエピソードでした、所々のギャグ顔が氏の作風を思い起こさせます。
キュアアンジュ覚醒がメインですがハーリーによる説明も挟まれてしました。
「アスパワワ」が如何なるもので敵のクライアス社はそれを奪い未来をも奪う、すなわち「時間圧縮(FF8並感)」
という明確な野望が2話目にして提示されているのが好印象でした。(1話で はなが一瞬体験した事が正にソレだったと…)
さらにもう一つ気になる伏線が はなが見た「夢」、あれは先代のプリキュアの物なのか?
このような「天啓」を受けるプリキュアはハートキャッチ以来な気がします。

>残念だったのが「1人では無理でも2人ならできる」という主張にあまり説得力が感じられなかったことです。
はな「薬師寺さん…」→さあや「委員長でいいよ」→はなさあやちゃん」の会話の件が個人的に気に入っているのですが。
ドジで子供っぽくても前向きなはなと、才色兼備ながらも引っ込み思案で自己評価の低いさあや。
この2人が今の所だと完全に補完しあっているとは言い難い所ではありますね。
その為か、ほまれの加入を一旦置いて次回は2人でのはぐたんの育児(と販促)に尺を使うみたいですが…
このパティーンはGOプリと似た展開ですが果たして…?

>さて、2話という超序盤で「プリハートは4つある」という事実が判明したことで追加戦士が今後現れることがほぼ確定になりました。
ヴォー王国民は④の敵からの寝返りパティーンを強く望んでいるようですね。
堀江由衣さん同様、ゆかり姫(17歳)もプリキュア初期の段階からオーディションを受けては落ちての繰り返しだったそうですし。
といっても最近の彼女Twitterで「王国なんて無かった」とかやべー発言してるんだよなぁ…
[ 2018/02/12 20:26 ] [ 編集 ]

Re: 誰だよ既に黄色覚醒してるとか言った奴…(自戒)

黒ヒトデ様、コメントありがとうございます。

>じゃあ初めて召喚した時の「さぁ来いプリキュア」ってのは一体…?
個人的にチャラくて若そうなチャラリートが古来の伝承のことについて言及していることに違和感があったりします。
クライアス社はそういった古い歴史についてもきちんと言い伝える慣習でもあるんでしょうかね。
[ 2018/02/17 15:18 ] [ 編集 ]

Re: (福島なのか福山なのか)これもうわかんねぇな

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>ドジで子供っぽくても前向きなはなと、才色兼備ながらも引っ込み思案で自己評価の低いさあや。
この2人が今の所だと完全に補完しあっているとは言い難い所ではありますね。

はながグイグイ押していくタイプなのでドツボに嵌まると一気に停滞しそうですね。
さあやは教養面など調べて分かることは独力で解決できそうですが、直感やガッツなど考えるより感じるものに関してははなに依存してる気がします。
ある意味、ハリーがうまいこと機能してくれれば解消できそうに見えますが。

>といっても最近の彼女Twitterで「王国なんて無かった」とかやべー発言してるんだよなぁ…
今のあの人はもう見るに堪えないです。
メンヘラおばさんきらい
[ 2018/02/18 10:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1767-2186b84f