今週の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 1話

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第1話 『世間を騒がす怪盗さ』

ルパパトep01 0

普段ひらがな入力でタイプしている私としては、
タイトルに英数字が含まれているとIMEを一度半角英数に変換し直さなければならないのが地味に辛い
前も言った気がする。
「スーパー戦隊偉大なマンネリからの脱却」と銘打たれて世に送り出されたルパンレンジャーVSパトレンジャー。
シリ構担当はジュウオウジャーで実績を築いた香村さんです。

シナリオ上の派手さは控えめですが、無理なくそつなく世界観とキャラの説明をこなし、
怪盗とはいえヒロイックなストーリーを展開していく手法は相変わらずでした。
説明中心だったのでシナリオ自体はやや地味めでしたが、そこは戦隊特有のクレバーでキレのあるアクションで上手いことカバーしていたような印象です。
カメラワークはちょっと酔いそうな感じでしたが…

本編での描写から察するに、従来のスーパー戦隊(主役)に近いのはルパンレンジャーの方で、
見方によってはパトレンジャーの方がやや邪魔くさいです。
本家ルパンとは違い、怪盗行為よりも世に仇なすギャングラーと交戦して成果を上げているのでなおさらです。
早くもパトレンジャー側に小さくないハンデを抱えているように思えますが、大丈夫でしょうか。

後はルパンレンジャーが狙っているルパンコレクションであるVSチェンジャーが早くもパトレンジャーの手に渡ってしまったということで、
裏で両勢力に手を引いてる者がいる… 要するにブラッドスターク的な存在が早くも示唆されましたね。
十中八九ぬくみ…コグレさんが怪しいと思うんですが… キャラ設定見ても「ルパンコレクションの奪還と引き換えに消失した人々を取り戻す」とかさらっと凄いこと書かれてますし。

最終的にはルパンレンジャーもパトレンジャーも馴れ合ってギャングラーと戦うことになると思うので、(どんでん返しが用意されてる分には全く構いません)
それまでの過程にいかに楽しめるか、いかに納得できるかがポイントになると思います。
ルパン側とパトレン側、どちらが擦り寄ってくるのか? それとも共通の第三の目的が出てくるのか?
これまでの戦隊でもハリケンジャーやらゴーオンジャーやら、第二の戦隊ヒーローが出てくることはそれなりにありましたが、
敵も含めて完全に三大勢力に分けられるのは今回が初めてのはずです。
前人未到のスーパー戦隊、香村さん含めたスタッフに描ききることができるでしょうか?
真の意味でマンネリから脱却できるのかも含めて視聴を続けていきます。

(タイトルに「VS」と付けておきながら最終的に協力するのは、皮肉にもスーパー戦隊古来から続くマンネリとも言えるんだよなぁ…)

ルパパトep01 1
関連記事
スポンサーサイト

「臓器売買」とか…帝愛かな?(ざわ並感)

ギャングラーってのは戦隊の敵らしからぬ生々しい悪事を働いているようですね。
そういえばジュウオウジャーも割とそう言うのをサラッと流してたような…

PVL 第一話は仰る通り比較定期王道な戦隊ルパンレンジャーが義賊として大活躍する所から始まっているので。
地味ながらもすんなりと世界観に没入できました。
そんな戦隊と怪人との戦いに介入出来ない一警察官が同じ戦隊の力を手に入れて…と興味を引く終わり方でした。
あと作品全体から往年のパロディが多分に含まれているのも特徴ですね、特にBGM。

>早くもパトレンジャー側に小さくないハンデを抱えているように思えますが、大丈夫でしょうか。
パトレン1号こと朝加圭一郎はモロにヴォーとっつぁん(鈴木亮平)に寄せたキャラ付けですね。
単なるルパンレンジャーのお邪魔虫にならない配慮が必要です。
少なくとも「カリ〇ス〇ロの城」「〇の記憶」「アル〇トラズコ〇クション」みたいに活躍できれば良いのですが…

>ルパン側とパトレン側、どちらが擦り寄ってくるのか? それとも共通の第三の目的が出てくるのか?
こう言うので理想なのは「利害が一致する時だけ共闘するが最後まで追う者と追われる者の関係性は保つ」ですねー。
とはいえ仰る通り「VS」というタイトルそのものがマンネリですし、その後のお祭り企画の事も考えると…
[ 2018/02/12 21:56 ] [ 編集 ]

闇カジノだの臓器売買だの色々盛り込みますね。

なかなか面白かったんですけど確かに両方の戦隊を上手く描けるからって不安はまあ同感ですね。
それと敵組織のギャンブラーの目的が後継者争いってのもなかなか面白い設定だと思うんですけど、二つの戦隊ばかりじゃなくそういった話もちゃんと描けるかって懸念もありますね。スタッフには頑張ってほしいです。
[ 2018/02/13 21:30 ] [ 編集 ]

Re: 「臓器売買」とか…帝愛かな?(ざわ並感)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>こう言うので理想なのは「利害が一致する時だけ共闘するが最後まで追う者と追われる者の関係性は保つ」ですねー。
>ルパン側とパトレン側、どちらが擦り寄ってくるのか? それとも共通の第三の目的が出てくるのか?

ヒーロー側と悪役側が手を組む展開は仮面ライダーではちょくちょく見られるのですが、スーパー戦隊側では少々稀な方ですね。
仰る通り客演時はかなりの制約がかかりそうです。
噂では春映画はもう廃止するらしいですが、今回のスーパー戦隊のコンセプトからして継続するのが難しいと判断した可能性が微レ存?
[ 2018/02/18 10:43 ] [ 編集 ]

Re: 闇カジノだの臓器売買だの色々盛り込みますね。

ノーネーム様、コメントありがとうございます。

>それと敵組織のギャンブラーの目的が後継者争いってのもなかなか面白い設定だと思うんですけど、二つの戦隊ばかりじゃなくそういった話もちゃんと描けるかって懸念もありますね。
群像劇としてのハードルは高いと思います。販促としてのノルマもありますし。
12人戦隊のキュウレンジャーという、戦隊としてのマンネリを更に悪化させてしまった前科もあるので、
どのようにして対策をとっていくのか期待がかかるところですね。
[ 2018/02/18 11:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1769-21bec18e