今週のHUGっと!プリキュア 9話

HUGっと!プリキュア 第9話 『丘をこえ行こうよ!レッツ・ラ・ハイキング!』

ハグプリep9 0

おおよそ「これからハイキングに向かう人」には見えない風貌。
特に黄色い人。
誰やねん、有賀ひかるって!
調べてみても幾つかのアニメでサブとして起用された、あまり実績の濃い方ではなさそうです。
もう今回もゴテゴテローテーションな気がしてきました。統率とってくれれば全然構わないんですが…


というわけで9話目です。
9話目なんですけど、正直20話目でも見ているような雰囲気でした。


過去の実績から鑑みるに、ハグプリってメインキャラじゃなくて、ゲストキャラが話の起点を作って引っ張っていく作風なんですね…
通常、4クール作品における1クール目の内容って、サブキャラよりもメインキャラの描写にスポットを当てて視聴者に対して共感を促したり、
もしくは作品の根幹となる設定を提示して今後のストーリーを理解しやすくするための下積み期間だと思っています。
なのでシナリオの主導権は必然的にメインキャラに集中するはずです。
ハグプリは何故かそういった経緯をすっ飛ばすというか無視して、比較的フリーダムな脚本を展開しています。
それ自体が悪とは言いませんが、【子育て】【自己実現】という成長要素をテーマとしている作品とはかなり相性が悪いと思います。
丁重な下積み無しでは、シナリオ後半の感動など実現不可能です。何故にここまでメインキャラが目立たないような作風にシフトしつつあるのか…


話の内容に関しては、さあやとほまれがビックリするほど空気だったり、ハイキング用の山岳に人工的としか思えない落とし穴があるというロケーションのガバガバっぷり、
「皆のために頑張ってる」と言ったってやり方が強引過ぎで、本人もあまり問題視していない えみるのキャラ描写などなど、
純粋に見てて楽しいと思えるような描写が殆どなかったのでコンスタントにつまらないお話だと思いました。
特にさあやとほまれの存在感の薄さは、「新規参入したライターの方ならこうなるよね」という妙な納得感がありました。


とにかく話の中心が えみるであることを強調し、プリキュアは除け者状態だったので、「これからも愛崎えみるというキャラに注目してね!」というメッセージとしか受け止められません。
らんこパイセンのパチモンと違って、良くも悪くもそのキャラ描写が色濃く盛り込まれた えみるはゲストキャラの範疇を超えています。
今後のシナリオにも顔を出すことは間違いないでしょうし、もしかしたらもしかすると… という展開も有り得なくはないと思います。
そう考えると えみる本人の下積み期間としては悪くないと思います。が、はな達プリキュア3人にとっては割りを食われた印象は拭いきれません。


この特殊なシナリオ構成、果たして上手くいくんでしょうか?
過去2作品の出来栄えから察するに、過度に変化球を投げるのはよろしくないと思います。
かと言って王道を突き詰めるような作風はGOプリでやっちゃったし…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/04/01 11:31 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(4)

ちょっと超展開スギィ!んよ〜

えーと、今回は単純なギャグ回として捉えればいいでしょうか? トンカチ🔨で粉砕される石橋、推定重量30kg以上あるだろう少女を片手で担いで川を渡る(途中で落ちたが)野々はな、なにより変身バンクよりも短い戦闘シーン!! 超常現象が続きスギィ! えみるさんはアイカツ!に出てきそうな顔してんなと思いました(小並感) あまりにも突っ込みどころが多いんで逆に楽しめました。母ちゃんと見てたんですが、WOLTニキと同じくEDの前に思わず「なんだこの脚本?!(驚愕)」と叫んでしまいました笑
[ 2018/04/01 18:15 ] [ 編集 ]

HN「寿限無寿限無ウンコ投げ機…」

一昨日の新ちゃんのパンツ新八の人生バルムンク=フェザリオンアイザック=シュナイダー
三分の一の純情な感情の残った三分の二はさかむけが気になる感情裏切りは僕の名前をしっているようでしらないのを僕はしっている
留守スルメめだかかずのここえだめめだか......このめだかはさっきと違う奴だから池乃めだかの方だから
ラー油ゆうていみやおうきむこうぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺおあとがよろしいようでこれにておしまいビチグソ丸
…にタンバリン奪われちゃったよー!

さて、シナリオの縦軸が定まっていないこの段階でサブキャラメインの単発ギャグ()回をやるのは話数の無駄遣いとしか言えませんね。
他にやる事イッパイあるじゃないですか、はなのママが提案した「お仕事体験レポート」とか先週アンリに指摘されたんだから
「自分にしか出来ない『エール』」を探す事とか…サブライターだから仕方無いと言われればそれまでですが、今週の戦隊とは月とスッポンです。

>「皆のために頑張ってる」と言ったってやり方が強引過ぎで、本人もあまり問題視していない えみるのキャラ描写などなど
>とにかく話の中心が えみるであることを強調し、プリキュアは除け者状態だったので、
>「これからも愛崎えみるというキャラに注目してね!」というメッセージとしか受け止められません。
この愛崎えみる というキャラ、単純な頑張り屋のドジっ子というよりは「コミュ障で他者の気持ちや空気を読めない」故に頓珍漢な事をしているに過ぎないので
私個人としては愛着が湧きにくいです、アザミの一件はちゃんとクラスメイトに「トゲがあるから危ない」と説明すれば済む話です。
それに同調して「ヒーロー」と称してしまうはなも空気の読めない独善キャラ予備軍になってしまいます、朝比奈みらいの再来です。
先週アンリに正論を突き付けられてこれです…サブライターだから仕方無いと言われればそれまでですが、今週の戦隊とは月とスッポンです(2回目)

所で、今作は久しぶりに主人公に姉妹が居る設定なんですよね。
はなの妹 ことりは「シッカリ者」という部分は表現されていますけど今のところ存在意義が薄いですね。
初代のリョウタは日常パートの弟キャラとして十分目立ってましたし、SSの みのりも後半は薫の親友として重要な役割を演じました。
ことりにそう言った役割は用意されているのでしょうかね?イキナリ彼女のクラスメイトにスポットが当たってしまいましたが…
[ 2018/04/01 20:37 ] [ 編集 ]

Re: ちょっと超展開スギィ!んよ〜

頭痛い様、コメントありがとうございます。

>なにより変身バンクよりも短い戦闘シーン!! 超常現象が続きスギィ!
異様な短さでしたね。最近は特に短いような…
あまりバトル作画に割くリソースとかないんでしょうかね?
[ 2018/04/07 14:19 ] [ 編集 ]

Re: HN「寿限無寿限無ウンコ投げ機…」

一昨日の新ちゃんのパンツ新八の人生バルムンク=フェザリオンアイザック=シュナイダー
三分の一の純情な感情の残った三分の二はさかむけが気になる感情裏切りは僕の名前をしっているようでしらないのを僕はしっている
留守スルメめだかかずのここえだめめだか......このめだかはさっきと違う奴だから池乃めだかの方だから
ラー油ゆうていみやおうきむこうぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺおあとがよろしいようでこれにておしまいビチグソ丸様、コメントありがとうございます。

>それに同調して「ヒーロー」と称してしまうはなも空気の読めない独善キャラ予備軍になってしまいます、朝比奈みらいの再来です。
まだキャラ描写が固まりきれていない中でこのシーンはまずかったですね。
ある意味「応援なら誰でも出来る」を体現しているわけですが、大した根拠もなく応援していいわけではないですよね。
前回アンリから言われたことは本当に理解しているのでしょうか?

>所で、今作は久しぶりに主人公に姉妹が居る設定なんですよね。
はなの妹 ことりは「シッカリ者」という部分は表現されていますけど今のところ存在意義が薄いですね。

まだよく分かりませんが、今後のシナリオで活躍するのであれば
序盤からしっかりキャラ描写を積み重ねて「野乃ことりはこんな人です」とアピールすべきだと思います。
主要キャラですらそれができてない現状では不安が強いですね。
[ 2018/04/08 00:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1797-92994583