【『怪物』】 今週のニチアサ 68週目 【『天使』】

突然ですが、私はネタバレというのが嫌いです。
全く知らないゲーム情報などは構いませんが、アニメやドラマなどの先の展開を知るのはあまり好きじゃないです。
インターネットサイトの閲覧やブログ運営をしている以上、ある程度情報が漏れてしまうのは仕方ありません。
けれど自分自身ではあまり触れないようにしているつもりです。


まあ何が言いたいかといいますと、

噂の新プリキュアで画像検索したら見事にアッー!な画像が出てきてしまったということです。

ネタバレ情報というのは真に恐ろしいものです(迫真)
皆様も十分お気を付け下さいませ。(警戒)
あんまりこういうこと言っているとマジで変な目で見られるのでこれくらいにしましょう。(清純)
ワタシはホモでもなんでもありませんからねっ!(`・ω・´)


えーとですね、
現在筆者は大変修羅場中でございます。
出来るならニチアサ更新もスキップしたいところですが、程々に現実逃避もしたいのです。
とにかくコメント返信率を見る限り修羅場率を分かってくださいますでしょうか。
この後も色々と予定が立て込んでいます。ハァキビシッス バトライドウォーヤリタイッス
今週の半ば頃になれば一段落する予定なので、その時になったら計画中の記事を建てたいと思います。

それではパンツをはいて、ズボンをはいて、両方脱いで記事をご閲覧ください。
バトルスピリッツ ソードアイズ激闘伝 37話 『王者はどっちだ!!闇龍VS黒皇機獣!』

ソードアイズep37 1

先代王の部屋で本を読み漁り、父親の意思を自分なりに理解したツルギ。
その上で、彼はヤイバの方針はやはり間違っている、ということを主張します。
自分は光と闇のソードアイを持っている。だから自分の言葉にも耳を貸すべき。
俺と勝負して俺が勝ったら、俺の言い分も聞いてもらう! ということでバトルの申し出。
闇のソードアイズとなったツルギの成長を確かめる為にも、ヤイバはバトルを受諾。

ハッキリ言って、
・相手は新弾スピリット使い
・相手はライバルかつ無敗
・状況的にも今はツルギが勝つような時じゃない

今ツルギが戦うにはあまりにも分不相応な状態です。結果は見えているようなものですが…

序盤はツルギがネクサス「黄昏の暗黒銀河」を配置、両者共軽量スピリット召喚。
そしてツルギは闇のソードブレイヴ「暗黒の魔剣ダーク・ブレード」を召喚。そのままキースピリットであるダーク・ティラノザウラーにブレイヴ…

ソードアイズep37 3

と思いきや、あろうことか中量級スピリット「黒剣龍レックス・ビートザウラー」にブレイヴ! これにはビックリだ!
アタックを仕掛けるも、ヤイバにマジックを使われたダーク・バイソン相討ちになり破壊。短い春だった…
ヤイバはそのまま「闇皇ナインテイル・ターク」を召喚しターンエンド。久々に見ますね。
ツルギも負けずに「闇龍ダーク・ティラノザウラー」を召喚。ダーク・ブレードとブレイヴし、更にネクサスの効果でBP底上げ。指定アタックでナインテイル・タークを破壊し、ライフも削ります。

しかしヤイバは怯まず「黒天狐ネガ・ナインテイル」を特殊召喚。
次のヤイバのターンでミッドナイト・サンを召喚しブレイヴ。バトル時効果でダーク・ティラノザウラーを手札に戻し、ツルギのライフを2つ奪います。
次のターン、ツルギは再びダーク・ティラノザウラーを召喚。ネガ・ナインテイルと言えどティラノザウラーの破壊効果の前には恐るるに足らない存在。スピリット破壊効果+指定アタックでヤイバのスピリットを一掃。ライフも2つ削ります。追い詰められたヤイバ。

ソードアイズep37 4

少しは成長した姿に感心するヤイバでしたが、やはり怯まない。
ヤイバは3枚目のキースピリット、「黒皇機獣ダークネス・グリフォン」を召喚。新弾の強力スピリットです。
このスピリットの召喚時効果でダーク・ティラノザウラーとダーク・ディノニクソーは再び手札へ。
そのままダークネス・グリフォンのアタック。ダークネス・グリフォンはターンに1度だけ回復効果を持ちます。2回連続攻撃が決まればツルギのライフは残りません。
しかしツルギ、フラッシュで「ジュラシックフレイム」発動。場にいるBP3000以下のスピリットを破壊するマジックですが、ヤイバの場にBP3000以下のスピリットはいません。
ではどうするかというと、ジュラシックフレイムの持つ緑シンボルの【連鎖】を発動。ネクサス「黄昏の暗黒銀河」が赤・緑の複合シンボルの為条件はクリア。【連鎖】効果によりダークネス・グリフォンを強制的に疲労。ライフは2つ削られてしまいましたが、2回攻撃を阻止することには成功しました。

ソードアイズep37 2

次のターン、再び再びダーク・ティラノザウラーとダーク・ディノニクソー召喚しターンエンド。
ヤイバはホワイトアウトで黄昏の暗黒銀河を手札へ。そのままダークネス・グリフォンで攻撃。
アタック時効果でダーク・ディノニクソーのコアを除去し、破壊。ツルギはレックス・ビートザウラーでブロック。その瞬間、フラッシュ「ファイアーウォール」を使用。バトル中のレックス・ビートザウラーを破壊し強制ターンエンドに。何が何でも抗い続けるツルギ。

次のターン、ツルギは黄昏の暗黒銀河を再配置。ダーク・ティラノザウラーのレベルをアップし、軽量スピリットをアタック時効果で破壊しダークネス・グリフォンを指定アタック。
しかしダークネス・グリフォンのバトル時効果によりティラノザウラーのコアを没収。BPが下がってしまいます。これではダークネス・グリフォンに勝てない! 詰めの甘さを嘲るヤイバ。

だがまだだ! ツルギはマジック「パワーブースト」を2枚使用しティラノザウラーのBPをダークネス・グリフォンと同じ値である19000まで底上げ。ツルギの猛攻姿勢に、初めてヤイバの表情が歪む。ツルギの目が先代王と同じ目をしていると言うのです。

ソードアイズep37 5

結果、ソードブレイヴを残して両スピリット破壊。次のターン、ヤイバはダーク・ガドファントを召喚し、最後のライフを奪うべくアタック。ツルギはフラッシュ「フレイムディザスター」を発動。BP5000以下のスピリット2体を破壊するマジックですが、ダーク・ガドファントは重装甲持ちだった為惜しくも破壊できず、ミッドナイト・サンだけを破壊して終了。
最後の最後まで抗おうとしたツルギの姿勢を評価しつつも、ヤイバは最後のアタックを決め勝利。

バトル後、ツルギは負けを認めつつも「もっと他の人達のことも考えて、情報を与えるべき」と言いますが、ヤイバは「教えたとしてもその先に答えが無ければ意味が無い」と言い、ツルギを連れて城の地下まで移動。
その地下にあったのは…

ソードアイズep37 6

「何なんだよこれ!?」
「箱舟だ。」
イヤだから何だよ箱舟って( ´Д`)


とまあ、前回までのマンネリバトルが嘘のようなガチで白熱の大バトルです
細かい目で見れば舐めプな部分(ダーク・ディノニクソーでミッドナイト・サンやダークネス・グリフォンを焼いておけばツルギにも十分勝機はあった)も多々ありますが、それでも今までのマンネリ具合を吹っ飛ばすような上出来な内容だと思います。
ストーリーもストーリーで進行はあるのですが、もうバトルだけでお腹いっぱいですw
ありがとうございました、いいバトルでした。



ソードアイズep37 7

帽子外したキザクラは珍しい。そして何よりかわいい。




獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ15 『はらだたしいぜッ!ドゴルドのやぼう』

キョウリュウep15 1

ある日ノッさんは妹の優子と共に何でも屋の仕事の為にあるロボット研究所を訪問。
そこでバッタリ旧友の中里と出会います。思わぬ再会に喜び合う2人でしたが、ノブハルが何でも屋をしていると知ると態度が一変。
努力して外資系の商社に入ったのではなかったのか、そうやって皆が夢を捨てる… と苛立ちの感情を露わに。
中里さん本人も、自らが進めているロボットの研究が中々認められず、周囲に怒鳴り散らして当たるほどでした。
そんなプンスカ怒っている中里さんの元に突然ロボット「G-BO」が勝手に走ってやってきてしまいました。このロボットこそが中里さんの研究しているロボット。
昔とは打って変わって態度の悪い人間になってしまったことにノッさんは困惑。そんな光景を遠目で見るドゴルド…
そこに駆けつけるキョウリュウゴールド。ドゴルドがロボット研究所に新たな作戦を持ちこんでいることを知ったゴールドは、キュウリュウジャーを招集し、研究所を護衛しようと提案。

キョウリュウep15 2

しかしノッさん曰く、そろそろキョウリュウジャーの正体が優子にバレ始めているとのこと。うかつに研究所内部で動くのは危険ということで、唯一優子と面識のない空蝉丸が、ノッさんの同業者と偽って潜入することに。
空蝉丸と優子が部屋の荷物整理をしている間、ノッさんは中里の研究室へ。
彼の研究しているG-BOには感情回路が埋め込まれていて、最終チェックが終われば完璧に機動が可能とのこと。
そんな研究を認めない上司達を無能と嘲け、更に何でも屋に落ちぶれたノッさんまでも脱落者だと罵倒してしまう。どんどん怒りの感情を露わにする中里さん。

キョウリュウep15 3

するとG-BOが突然動きだし、ノッさんに襲い掛かってしまう。空蝉丸が何とか助けに入るも、今度はカンブリ魔2体までもが現れ、襲い掛かってきました。キョウリュウジャーは6人結集し、何とかG-BOとカンブリ魔に対抗するも、流石中里の研究の成果と言うべきか、G-BOはメチャクチャ強い。どうやらドゴルドの力で中里さんの放った怒りのパワーが、G-BOにも感情回路を経由してパワーに還元されているとのことです。

キョウリュウep15 4

しかしドゴルドの目的は他にあるのでは? と睨むブラック。そうこうしている内に、ドゴルドとラッキューロはG-BOを連れて研究所に入ってしまった。後を追うにもカンブリ魔が邪魔して通れない!
そこでレッドはアーケノロンの獣電池の力を発動。周囲の重力を超強力にしてしまうその力により、キョウリュウジャー諸共カンブリ魔も地面に抑えつけられて身動きがとれず。唯一パワーのあるノッさんは、何とか這い蹲って研究所まで移動することに成功。

キョウリュウep15 5

中里さんの研究所ではG-BOの最終チェック中。チェックが終わると、ドゴルドの鎧がG-BOに装着されてしまいました。
ドゴルドの真の狙いは、鎧である自分に相応しい最強の身体を手に入れることだったのです。
ノッさんは中里に目を覚ますよう説得を試みますが、自分の研究が認められるなら何だってやる、と拒否。
その言葉を聞いてノッさん激怒。中里の頬に強烈な左ストレートをお見舞いします!

キョウリュウep15 6

何の為にロボットの研究を始めたのか、と問いただすノッさん。
それはまだ彼らが若かった頃、ボランティアで車椅子の少年の補助をしていた時、もっと便利な機械があればいいのに、と呟いたことがきっかけでした。
それから中里さんは大学でロボット工学を専攻。ノッさんは大手の外資系商社で運送業の仕事に。それは何でも屋になった今でも、物を運ぶ仕事ということに変わりはありません。
それなのに中里は、周囲の反発や仕事上のトラブルなどで、ロボット研究の名誉に執着。いつしか夢を追うことを忘れてしまっていた… 本当に夢を捨てていたのは中里さんの方だったのです。

キョウリュウep15 7

本当に求めていたのは名誉か? 違う! 本当の目的は、ロボットを作って困っている人を助けることだ!
自身の夢を思い出した中里さんはドゴルドを止めるべくG-BOのシステムを強制終了。次第に動作の鈍くなる「身体」のせいでドゴルドにも異常が発生。とうとう動かなくなったG-BOを捨て、ドゴルドは2体いたカンブリ魔のうち、1体を本体として復活。

キョウリュウep15 8

キョウリュウジャーも6人参戦。一同は変身してドゴルドとカンブリ魔に立ち向かいます。
ゴールドとブルーの連携で見事残るカンブリ魔1体を撃破!
スクスクジョーロによりカンブリ魔を巨大化させられるも、キョウリウュウジンとプテラゴードン・アンキドンのタッグでこれまた撃破。戦いに勝利です。

キョウリュウep15 9

戦いが終わり、人助けに上も下もないことを思いだし、これからも人を助けられるロボットを作っていくことを誓う中里さん。
友を想う気持ちが友を変えた。そんなノッさんの姿に、一同グッジョブ!


熱い! 熱いぜノッさん!
友を想うその熱さ、激昂から滲み出るその優しさ、ノッさんのブレイブ大爆発な回でした!
やっぱりキョウリュウジャーはこういう真っ直ぐなシナリオがいい味出してますね。
それにしてもドゴルドの本体となる身体は機械でも構わないとは… 何と優秀な。
いや、優秀なのはむしろG-BOの方でしょうか?w



仮面ライダーウィザード 37話 『絶望、指名手配』

ウィザードep37 1

前回で物の見事に公務執行妨害を犯した瞬平君。成り行きで一緒についてきてしまった凜子。
そしてゲートで放火魔の疑いをかけられている豆腐メンタルな根本さん。
凜子が警察に連絡を取ろうとすると、瞬平は携帯を奪って投げ捨てる始末。
一応現職の警察の仕事を邪魔したわけだから、これも多分公務執行妨害。いい加減擁護できなくなってきたぞ。
そのまんま成り行きで自動車のスクラップ場まで逃げてきました。
相変わらず逮捕されることに怯える根本さんを励まそうと、車のラジオを点ける瞬平。
そのラジオから、根本・瞬平・凜子の3人が指名手配されていることが発覚。そりゃそうなるわな。
ニュースを見ていた面影堂メンバーもビックリ仰天。前回何とかキャッチした壺も割ってしまいました。

ウィザードep37 2

指名手配のニュースを受けて、晴人は魔力の切れかけた身体で瞬平達の捜索に。
攻介もファントムを探すべく、罠として鳥の餌を用意。今回のファントムは鳥なので、餌で釣ろうという作戦です。
が、相手は鳥以前にファントム。釣れるわけがないと指摘すると、そこにやってきのたがカラスの大群!
餌目掛けて突進してくるカラスは攻介を巻き込んでついばみ始めます。いつかやってたホームアローンを思い出します。
一連のシーンは何故か漫画で描かれ、気づけば攻介はカラスの羽根塗れのズタボロ状態に…
晴人は呆れながらも、なけなしの魔力を使いガルーダを召喚。攻介も続いてグリフォンを召喚。彼らにラーム捜索を任せることに。

ウィザードep37 3

瞬平達は根本さんの豆腐メンタルっぷりにあきれ果てるばかり。
まあこういう人の場合、警察で尋問とかされても自白強要されたりしそうですね。
そんなマイナス思考すぎる根本さんを見て、流石の凜子も根本犯人説を疑い始める。
そんな時に現れる九官鳥のキュー太くん。再会を喜ぶ根本さんでしたが、キュー太に続いて警官までやってきてしまいました。
このキュー太こそ、ファントムのラーム。根本を絶望させるべく、警官を誘導してきたのです。
凜子は逃げ延びる為にフォークリフトを動かして車のスクラップを警官達の前に投げ落とします
その隙に瞬平がマンホールを開けて3人共々地下水路に逃走。
しかしその地下水路から水が流れてきて一同流されてしまう! 何なんだ一体もう…

ウィザードep37 4

一方キュー太くんは3人がバカなことドタバタしている間に逃走。
しかしガルーダとグリフォンに見つかり、鳥の状態で戦闘。戦況は互角でしたが、ガルーダとグリフォンが合体したことでややラームが不利に。しかし痺れを切らしてラームがファントム形態になった為、ガルーダとグリフォンはあえなく敗北。
しかしラームを晴人達の方に呼び寄せることには成功。魔力切れを起こしている晴人を考慮し、戦いは攻介が引き受けることに。
ビーストに変身し、カメレロの力を使うも、ラームの素早い動きに苦戦。逃げられてしまいます。
流石フェニックスさんの着ぐるみを流用しているとの噂が立つだけはあります。

ウィザードep37 5

一方水に流されて(汚水だったらどうすんだろ)どうにか逃げ延びたバカ3人。
根本さんは「どうして僕ばかりこんな目に」と相変わらずマイナス思考ですが、そこへ「簡単に絶望しまくってんじゃないわよ!」と凜子が一喝。自分のピンチは自分で何とかするしかない。瞬平にも突き放され(コイツ本当に長いものに巻かれるタイプだな)、根本さんは一念発起。最初の火災現場にもう1台監視カメラがあったことを思い出し、3人で現場まで急ぎます。

ウィザードep37 6

現場の公園にあった監視カメラを調査する為、詰所にいる警備員を「向こうで火事が起きてますよ!」と誘導。瞬平と凜子は詰所に侵入。これって不法侵入になるのかな?
外で待機していた根本さんはキュー太と再会しました。まあファントムなんですけどねその鳥。
そんでもって監視カメラの映像を発見し、USBメモリに保存。しかし警備員にバレてしまいます。
凜子はトラップを仕掛け、警備員をズッコケさせて逃走。これも警備員が被害届出せば傷害罪として訴えられるはず…
罪から逃れる為に罪を犯す。血で血を洗う状況で本当にいいのか…?
あ~、もうし~らないっ

ウィザードep37 7

翌朝、証拠を手に入れたということで瞬平と凜子は根本さんを警察署へ強制連行。
その事実を知った晴人と攻介は急いで警察署に向かうも、既に3人は到着済み。
指名手配犯ということで取り囲まれる3人。騙された…と絶望ムードの根本さん。
そして凜子が差し出す真犯人。それはもちろん、九官鳥のキュー太。監視カメラにはハッキリ、鳥籠からファントムが出てきて火災を起こす部分が映っていました。
つまり警察は監視カメラを確認するという初動捜査すらロクにできていなかったということに…
つーかこんな形で入手した証拠なんて、証拠能力あるの?

ウィザードep37 8

正体がバレたキュー太はラームに変身。晴人と攻介はラームを追いかけ、こちらも変身。
後はいつも通り、インフィニティースタイルでチョチョイのチョイでKOです。犯人死んじゃったけどいいのかな。
そしてラストはペットの九官鳥がファントムだったことに絶望する根本さん…ええっ!?
これは…真面目なシーン? それとも…ギャグ?
次回予告的には続きそうもないし、ギャグだとしたらいくら何でもブラックすぎるし…


何れにせよ、今回のお話は破綻が酷すぎます。
瞬平たちがやってることは殆ど犯罪だし、とても真犯人捕まえたぐらいでオシャカになりそうもないし、犯人死んでるし
警察も初動捜査すらマトモに行われていないというあまりの杜撰さ… 加えてあのオチ!
特撮番組が子供にギャグを教える前に、常識を教えんでどうする!
公務執行妨害とか、ある意味では勉強になる回かもしれませんが…




ドキドキ!プリキュア 17話 『ショック!奪われたクリスタル!』



トリロメタル

♠7 トリロメタル
身体を鋼鉄に変えて敵の攻撃から身を守るラウズカード。
本編では登場しませんでしたが某児童雑誌の特別ビデオでは使用されました。…敵が。



ドキプリep17 1

王女様の手掛かり&ロイヤルクリスタル探しの為に彫刻美術館を訪れた4人。
王女様は彫刻も趣味だそうですが、彫像を見る目はいつも悲しげだったと言う真琴。
そんなこんなで今日も現れました、キングジコチューの娘、レジーナ。
レジーナは改めてマナと友達になりに来たという。

「友達になるのはいいのですが、この間のことはちゃんと反省してくれたのでしょうか?」
「このあいだのこと?(・ω・)」
「ジコチューを作り出して、皆に酷いことしたでしょ?」
「もちろんはんせいしたよ(^ω^)」
「本当に?」
「したした(^ω^)」
「反省するということの意味、お分かりですの?」
「ゑ?(・ω・) う~ん…(-ω-)」

ドキプリep17 2

「しらない!(^∀^)」

こんな有様でございます。
マナは友達になるなら、皆と一緒になった方が楽しいと言います。
マナの提案にレジーナは悩みつつも、「がんばる!(`・ω・´)」と返事。少し様子に変化が見られました。
とりあえず、マナ達はレジーナに女王様とロイヤルクリスタルのことを隠す為に「彫刻を見に来た」と説明。
するとレジーナは凄い彫刻がある、と言ってマナを連れて1人で駆けて行ってしまいました。

ドキプリep17 3

2人で行動しようとするレジーナに、マナは2人よりも5人の方が楽しい、と説き伏せます。
「ホントはマナと2人がいいけど、ガマンする。(^ω^)」とレジーナ。
あまりの正直さに一同、怒る気にもなれず。レジーナにはまだ友達の本質が理解できていません。
すると真琴が突然、何者かに呼ばれるような気配を感じとり、その方向に駆け出します。

ドキプリep17 4

急いで後を追う4人。真琴の辿りついた先にあったのは、王女様とよく似た姿をした彫像。
すると「いやぁ、素敵な彫刻だね」という不意を突く声が。
声の主は案の定と言いますか、ジョー岡田さん。アイちゃんを連れてやってきていました。
彫刻の方が僕に惚れているのではないか、と冗談のように話す岡田さん。その言葉に真琴は「まさか、この彫刻のモデルを知ってるんですか?」と聞きますが、いつものようにはぐらかして、アイちゃんを置いて帰ってしまいました。

ドキプリep17 5

レジーナは彫像について、胸についている赤い石がステキと言います。4人はそれがロイヤルクリスタルではないかと睨むも、レジーナに真実を言うわけにもいかない。
レジーナにはロイヤルクリスタルを「私達が探している大切なもの」と説明すると、プレゼントしてあげる! と言って彫像に手を触れます。
すると触れた手を中心に彫像にヒビが入り、一瞬にして彫像はバラバラに! 後には彫像の残骸と赤い石だけが残りました。
4人は慌ててふためくも、どうすることもできない。正直に美術館の方に謝ることにしました。

美術館の関係者はカンカンでしたが、彫像の作者である人見先生は「ヒビでも入ってたんだろう」と大らかな態度。
彼曰く、あの彫像だけは自分で作り上げたものではなく、赤い石を河原で見つけた時、何かの衝動に引っ張られる形で一気に作り上げてしまったとのこと。最初からこの彫像は壊れる運命にあったのかもしれない、と話す人見先生。

ドキプリep17 6

4人はせめてもの謝罪ということで彫像の後片付け。
レジーナは「壊したのはアタシだよ? マナたちは関係ないじゃない(´・ω・`)」とひたすら疑問。
4人は友達だからこそ、苦楽を共にしたい、と答えます。最もマナは人様の苦楽を勝手に共有してしまいがちなんですが。そんなことも含めて笑い話にする4人。


ドキプリep17 7

「アタシも…友達に…なりたいっ!(><)」
「何言ってんの、レジーナはもう友達でしょ!」
「うん!(^ω^)」
心身ともに、少しずつマナ達に近づいていくレジーナ。すると彫像にあった赤い石が光だし…

ドキプリep17 8

石は赤いロイヤルクリスタルに変化。するとどういうわけかレジーナの瞳の色も赤く変化。
赤いロイヤルクリスタルは真琴の持っていた物とも共鳴。
するとレジーナはいきなり「そのロイヤルクリスタル、全部アタシが貰ってあげる!」と態度を一変。
4人は態度の変化に戸惑いながらも、これは大切な物だから渡せない、と死守。
ならば力づくで、とレジーナは近くまで来ていた人見先生のプシュケーを黒く塗り潰し、ジコチューを生み出してしまう。

ドキプリep17 9

4人はプリキュアに変身。チョウコクジコチューに挑むもやっぱりやっぱりやっぱり相手は強い。
振りかざすハンマーでどんどん彫刻を破壊していくジコチュー。ソードはスパークルソードを放つも、全然効いてない。せっかく攻撃技として成立したのに!
ジコチューはハートに謎のビームを発射。ソードが身代わりになるも、ビームを受けたソードの身体はみるみる石に変化してしまう。
ソードは何とかロイヤルクリスタルをハートに手渡すも、身体は完全に石化。
その後ダイヤモンドシャワーも効かず、石化ビームをロゼッタリフレクションで跳ね返そうにも逆にバリアが破壊されてしまい、隙をつかれてダイヤモンドとロゼッタの2人も石化されてしまう。

ドキプリep17 10

レジーナは3人を元に戻す代わりにロイヤルクリスタルをよこせ、と要求。
ハートはレジーナの説得を試みるも嘲笑われ、取り引きは中止。力づくでロイヤルクリスタルを奪おうとジコチューに命令。
ジコチューの発した石化ビームをハートシュートで相殺させるも、その衝撃で吹き飛ばされてしまう。
とうとう追い詰められるハート。ジコチューは石化ビームをハートに放つ…!

ドキプリep17 11

と、そこへ現れる謎の人影! 鎧を纏いしその人影は剣を構え石化ビームを防御!
彼は一体何者…?

ドキプリep17 12

「お、お兄さん!?」
バレたー! 早くもバレたー! 早ーい!
サラマンダーよりすっごくはやーい!

騎士姿の岡田さんはハートに、石化した3人にハートシュートを放つよう指示。
ウインクする間もなく放ったその一撃は3人にヒット。石になった身体は元通りになりました。
4人全員自由になったところで、トドメのラブリーフォースアローを発動。見事ジコチューを浄化しました。

ドキプリep17 13

「さあ、ロイヤルクリスタルを返してもらおうか!」
剣を構えレジーナに要求する岡田さん。しかしレジーナに攻撃され逃げられてしまう。
戦いが終わり、岡田さんに詰め寄る4人。ソード曰く、岡田さんの纏っているその鎧はトランプ王国の戦士の証だという。
そして岡田さんの口から伝えられる真実…

櫻井さん

「僕の名は、ジョナサン・クロンダイク。アン王女の婚約者さ。」
え、お兄さんの正体? 興味ないね。


むむむ、むむむ、むむむむむ、ここでジョー岡田の正体発覚ですか… それも婚約者。
というかこれが米村脚本とは。あんにゃろう。
レジーナもレジーナで様子がおかしくなってしまいました。
赤いロイヤルクリスタルが態度一変の引き金…ということはつまり…そういうことなのでしょうか。

しかしレジーナは自己中というか、素直で無知な子供ですな全く。
マナが友達のことを説明するところなんて、何か親が子供に何かを説き伏せるような感じで…
今回でレジーナをとりあえず正しい方向に導くことは出来たと思うのですが、この先どうなるのでしょう?
というかまこぴー、婚約者知らなかったんかい(^_^;) 何かあのアニメのデジャヴ臭するぞい。

しかしクロンダイクかぁ。ソリティアってもうやってないなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/26 16:51 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(3)

(0w0)ヘシン!のままで石化するとはズルイ!

WOLT様の様子を鑑みて少々遅くコメント致しますm( ̄ー ̄)m
どうも、ニコ動のコメントにて進撃の巨人のネタバレをする者に憤りを感じるソバスチンです(`Д´)
私は原作既読者ですから問題無いのですけど…やはりアニメはテレビで見るのが一番という事でしょうか。
逆に某VVVはコメントで突っ込まなければやってられませんがw
というか「観たい者だけが観る」動画サイトにおいてあの評価はヤヴァイですw

まだ17話目にして大きな事実が判明したドキドキ!プリキュアですが。
7話での例もありますしかなり凝った構成で視聴者を驚かせていきますね。
この手の4クールアニメは話数で大体の展開が掴める物ですが本作はそうはいきません。
 レジーナは相変わらずのジコチューではありましたが、マナの言葉に耳を傾けたり
マナの懸命さに関心を示すようになりました。
未だに不安な気持ちを拭えない真琴にフォローするありすも地味に輝いていました(*⌒∇⌒*)
 ロイヤルクリスタルについては未だに不明な点が多いのですが
たまたま見つけた人見先生に謎の女王の像を作る創作意欲を起こさせたり
なによりレジーナ自身に異常を起こしました、ということは…
S構成の山口氏はレジーナを企画途中で急遽投入したとコメントしていました
これまでに無いキャラにしたいとも仰っていましたから今後に期待したいです
今思えば、マナ達4人が理想的な性格なのはレジーナを迎え入れる為の物で
レジーナこそがメイン視聴者の女児に訴えかけるキャラなのかも知れません。
 ちなみに私は櫻井孝宏ボイスでジョナサンというと悪魔城ドラキュラのジョナサン・モリスを思い浮かべます(・∀・;)
http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13735806
「脱少女漫画」がコンセプトにあると思われるプリキュアにおいて
タキシード仮面ポジションのキャラというのは少々不安ではありますが
彼の場合は作中のキーパーソンの婚約者という点で直接主人公とかみ合わない様になってはいますからまぁ大丈夫でしょう。
真琴と女王様とのこれまでの関係を考えると彼の存在を知らないのは矛盾していますがその辺のフォローはあるのか?次回以降に期待しましょう。
[ 2013/05/31 21:33 ] [ 編集 ]

伝説巨神イデオン34話ではナレーションが死に掛けた。

ドゴルドとウッチーとの因縁が再び表面化したキョウリュウジャーですが
今回は「ブルー回」「古い親友と再会」「夢につまずく親友」というキーワードが
前作ゴーバスターズ8話を思い浮かべます、あちらは非常に後味が悪くその後のフォローもありませんでしたが
こちらはノッさんの懸命な働きかけでドゴルドの目論見を阻止し親友の中里の心も救って見せました(*⌒∇⌒*)
完成したG-BOが体の不自由な少年を抱えるイメージが挿入されましたがあれはよい演出でした。
アーケノロンは広範囲型のエコーズACT3と言ったところでしょうか? 「射程距離5mに到達しました S・H・I・T !!」
あの状態から抜け出せるのはノッさんだけと言うのはすごいですねw心なしかナレーションまで遅くなっていたようなw
 それにしてもカンブリ魔は初登場の時こそ中堅クラスの敵として猛威を振るっていましたが
こうも早く酷使されるポジションに回るとは気の毒ですね(・∀・;)
カオスはいくらでも作れるとは言っていましたが、本人からすれば恐ろしいことですw
 次回はイアンとアイガロンとの因縁が再び…といった回のようです
各キャラのドラマ強化期間といったところですね(*⌒∇⌒*)

 どうあがいても「絶望」だったウィザードですが
どうもこの期間の幕間エピソードは今ひとつですね、せっかく物語が動いたところでストップがかかってしまいます。
根本さんの無実を証明するのはよいのですがそこに至るまでの瞬平の行動もお騒がせキャラでは済まないレベルに達しています
攻介の漫画演出といいギャグがスベッてしまってますね。
逆転裁判もそうですけど、鳥を犯人や証人にするのがはやってるのでしょうか?w
まぁ今回の事件がファントム絡みと判明しましたから最終的に公安0課によって
「なかった事」として処理される可能性もありますけど木崎さんも都合の良い存在になってしまいますね。
 この回のラストについては結局ソラも計算ずくだったのかも知れませんね。
予告では根本さんの描写が抜けているのでアンダーワールド戦をアッサリ済ませてしまうのでしょうか?
某プリキュアみたいにクラゲネガトーン戦をアバンでアッサリ済ませたみたいに…(・∀・;)
[ 2013/05/31 22:24 ] [ 編集 ]

Re: (0w0)ヘシン!のままで石化するとはズルイ!

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
>WOLT様の様子を鑑みて少々遅くコメント致しますm( ̄ー ̄)m
気を使ってもらって申し訳ないです。
修羅場なのは確かでしたが、ちょくちょく確認はしてるので気にせずともコメントは何時でも構いませんよ~
動画サイトではネタバレは問題ですよね。
コメント消せばいい話ですがヴァルヴレイヴのように他の視聴者達の反応も気になりますし…

さてドキプリですが、読めない展開ですね全く。
レジーナの登場は後付け設定だったんですね。これもまた予想外です。
まだ2クール目という結構早い段階でそのような措置をとってくるとはかなり大胆なことだと思います。
レジーナ投入が吉と出るか凶と出るか、脚本の手に全てが掛かっていますね…
悪魔城ドラキュラとはまた懐かしい… シモンとアルカードぐらいしかキャラクターは覚えていませんが…(--;

キョウリュウジャーは良かったですね~。
ノッさんはちゃんとした仕事持ちですし、5人(ウッチーは実年齢で換算しにくいので^^;)の中でも最年長なだけあって人情には非常に熱い人ですよね。G-BOが回想シーンに登場した演出も、心にグッときましたね!

>アーケノロンは広範囲型のエコーズACT3と言ったところでしょうか? 「射程距離5mに到達しました S・H・I・T !!」
あの状態から抜け出せるのはノッさんだけと言うのはすごいですねw心なしかナレーションまで遅くなっていたようなw

広範囲型のエコーズACT3www 全員に負荷を与えちゃうわけですか、確かにそうですねw
千葉ナレーションも確実に遅くなっていましたね。厄介なスタンドですw

ウィザードについては…開いた口が塞がりません。
せっかくインフィニティーやソラの真実やらでいい具合にクライマックスへの布石を作ってきたのに台無しです。
37話といえばオーズでは真木博士が本格的に動きだし、フォーゼでは対ホロスコープスの真っ最中でした。ギャグやってる場合じゃないですよ!
そもそもどうしてここまで一貫して瞬平をダメ男と描き続けるのかも分かりません。晴人の行動の正当性さを引き立たせる為でしょうか? だとしたらあまりに不憫すぎます…
38話を見終わった立場だからこそ言えますが、ラストもただのギャグ演出になってしまいましたし、そうなると今回のお話の必要性も疑われてしまいます。

>逆転裁判もそうですけど、鳥を犯人や証人にするのがはやってるのでしょうか?w
さ、サユリさんは逆転裁判だからこそ許されるのでありますし、伏線とかもありましたし…w

>某プリキュアみたいにクラゲネガトーン戦をアバンでアッサリ済ませたみたいに…(・∀・;)
あー…いましたねそんなの… パッショナートハーモニー失敗のヤツでしたっけ?
2人がギスギスの関係がギスギスしてた頃ですね… イヤ懐かしい…(遠い目)
[ 2013/06/02 20:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/180-9a6838f8