FC2ブログ





今週のHUGっと!プリキュア 12話

HUGっと!プリキュア 第12話 『ドキドキ!みんなでパジャマパーティー!』

ハグプリep12 0

たのしそう
12話目です。当たり障りのない日常回でした。
ここ最近のシリーズでお馴染みの2クール目への橋渡し的な内容ですね。

シナリオ的な進展があったと言えば、ハリーが自身とはぐたんの出自をちょろっと語ったことと、
ラストでルールーが野乃家に居候することになったことですかね。

ただ、前者に関しては正直説明になってないと思います。
私個人が知りたいことは、ハリーが「どこから来たか?」ということより、そもそもハリーは何者なのか、はぐたんとは一体どういう関係なのか? という部分についてです。
『仮面ライダービルド』における龍我の火星人云々の話と同じように、ハリーが他所の世界から来たのはおおよそ予想がつくことです。
伏せられていたカードをただ表にしただけって感じですね。ですからシナリオ的に大きな進展ではなかったと思います。

後者に関しては、正直結果は分かりきっていることなので、その結果に至るまでの過程にケチがつかないことを祈ります。
…と言いたいところなんですが、この作品においてはむしろ結末の描かれ方のほうが不安です
シリ構の方が担当するのであれば、良くも悪くも普通では済まされないことでしょう。



ハグプリep12 1

1クール経ったので、一旦まとめに入ります。
今作に対する印象は限りなくつまらない寄りの「微妙」です。
少なくとも、番組開始当初に抱いていた期待はこの3ヶ月でだいぶ打ち砕かれました。

今作における大きな特徴といえば、全体的な作風を旧来のものに戻したことが挙げられます。
過去2作品では1クール経っても敵味方双方の主義主張が曖昧で、見ていて置いてけぼりを喰らうことがありました。
前作キラプリなんて、見てくれは割といい話を描いてるんですけど、そもそも「パティシエである彼女たちが何で戦わなくちゃいけないの?」という
根源的な疑問に誰も何も触れないので、リアタイ時の視聴ではややキツい思いをしていました。
その点今作では、プリキュアや敵組織の立ち位置を旧来に戻すことで、作品における対立の構図が分かりやすくなったと感じています。
以前私は「作風を元に戻すこと自体は評価しない」とは言いましたが、過去作の問題点を改善することはとても良いことだと思います。

ただ裏を返せば、本作には「作風を元に戻した」以外の特徴に欠けていると思います。
この1クール目の期間では、作品固有の強みや魅力といったものはあまり感じられませんでした。
むしろ初っ端から致命的クラスの欠点が見られてしまいました。

その致命的な欠点というのは、経緯と結果がまるで繋がっているように見えない点です。
2話目では「1人では無理でも2人ならできる」と言う割に「1人では駄目なシーン」「2人で協力しているシーン」の描写はサッパリでした。
4話では ほまれのフィギュアスケーターやプリキュアに関しての挫折が色濃く描かれた割に、
解決編となる5話では3人でじゃれあっていたらいつの間にか前話で描かれた課題が解決してることになってました。
1クール目のキモとなる10・11話に関しては該当記事を見てください。近年稀に見る雑さだと感じました。
「経緯はおざなりだけど、結果は綺麗に纏める」という傾向は他の作品でもよく見られますが、今作では見事にその真逆を往ってしまっています。

上記に挙げたお話で脚本を担当された方は全て同じ、シリーズ構成の坪田文先生です。
坪田さんは前作でのキャリアから、キャラクターの内面を掘り下げ、等身大の人物として描くことに長けている方だと思い期待を抱いていましたが、
この1クール目の実績から鑑みるに「好きな部分だけ好き勝手に描いて、それ以外はどうでもいい」という脚本家としてだいぶバランスの悪い方だと思うようになりました。
つまるところ、シリ構向いてないと思います。
今思えば、坪田さんが全体の脚本を担当した『プリキュアドリームスターズ』もサクラとシズクの関係描写ばかりに尺を割いていて、それ以外はサッパリという雑な内容でした。
『ぷりチェン』や『プリリズ』などでシリーズ構成を担当していた経歴があったので期待はしていたのですが、私の見る目が悪かったようです。

「何でもできる、何でもなれる」と毎回OPで言ってますが、それは確かな過程を踏んでからこそ言えることです。
たかが1クール目、されど1クール目。
序盤からここまで分かりやすい欠点を見てしまったことから、今作の今後についてはとても不安なところです。
果たして番組スタッフは、ここからの逆転をどのように見せてくれるのでしょうか?
先行きは怪しいですが、未来はまだまだ無限大です。


ハグプリep12 2

曲がりなりにも12話やったことはやったので、伏線はいくらかバラ撒かれています。

 ・ハリーとはぐたんの正体とは?
 ・愛崎えみる、若宮アンリなどのサブキャラの今後の立ち位置は?
 ・謎の壮年男性、ジョージとは?
 ・4人目のプリキュアとは一体?


大きな部分としてはこんなところでしょうか。
中でも大友が1番気になっているであろうことは、「ルールーちゃんはいつプリキュアになってくれるのか?」という点だと思います。
まだ何もしてないのにpixiv界隈ではダークヒロイン扱いされてますから、これを期待していないと言わないで何というのでしょうか。

今週ラストで盛大な幕引きをしたことですし、彼女が味方に着くことは間違いないと考えてもいいでしょう。
そんなに引き伸ばすことではないですし、過去作の例と照らし合わせても多分2クール目の終わり際にはプリキュアになってくれると思います。
というか、そろそろプリキュアにさせてあげないと例のメンヘラツイートおばさん本格的にグレるんじゃないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/04/22 12:17 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(2)

ゴーシュ「お前(オレ流ガノタ)の息子、ユーチューバーwww」

ほんと「インターミッション」という話で内容は特に無いですね。
タコパの件では前々回の店主の事に触れていたので一応、あの後和解をしたのかとは思いますが。
チョコやらチーズ等のアレンジを作っているあたりおじさんに対するリスペクトが感じられません。
(別にアレンジは構いませんが、おじさん直伝のちゃんとしたヤツも作れば印象も変わります。)
何れにせよこのアニメに於いて「お仕事体験を通して成長する少女」という要素は全く期待できなくなりました。
75分前にやっている「若おかみは小学生! 」の出来が10分アニメとは思えないほど素晴らしいので尚更です。
(戦隊ファンから嫌われていても横手美智子さんの脚本は安定してます。)

>私個人が知りたいことは、ハリーが「どこから来たか?」ということより、そもそもハリーは何者なのか、はぐたんとは一体どういう関係なのか? という部分についてです。
ハーリーが「ジョン・タイター」という事はわかりましたが仰る通り彼やはぐたんについては何も分かっていません。
王道なところだと、「はなの子孫」あたりでしょうか? 昨年の戦隊が超いい加減なタイムトラベルの扱い方をしたばかりですからよい印象はありません。
(ラッキーは実はオライオンの子供で赤ん坊のまま未来にタイムスリップしたと思ってたけど、そんなことなかったぜ!)
※以下ネタばれ
ちなみに「シュタインズゲート」のジョンタイターはゆかり姫です

>中でも大友が1番気になっているであろうことは、「ルールーちゃんはいつプリキュアになってくれるのか?」という点だと思います。
王国民からすればどんな経緯でも構わないのでしょうか、筆者様同様私もニチアサ10年選手、今の流れでは不安しかありません。
「敵からの改心」ではやはりフレッシュの東せつな キュアパッションが原点にして頂点です。
次点ではシナリオ自体は月並みな物の「音楽の力」を最大限に活かしたGOプリのキュアスカーレット 赤城トワも個人的に高評価です。
「スパイになって主人公と同居」という始まりは今までにありませんが、果たして…?

私は「元プリキュアと同じ臭い飯を食い合い 反目しながらも利害の一致から脱獄を経て友情が芽生える」展開の方が斬新で面白いのでは?と思います。

もしかして:クロスアンジュ
[ 2018/04/22 14:15 ] [ 編集 ]

Re: ゴーシュ「お前(オレ流ガノタ)の息子、ユーチューバーwww」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>チョコやらチーズ等のアレンジを作っているあたりおじさんに対するリスペクトが感じられません。
https://www.youtube.com/watch?v=UiTCIfXSXg0

>※以下ネタばれ
私は管理画面(背景白)からコメントを確認したので、実は全くネタバレ対策にはなってないのでした。無念。

>「敵からの改心」ではやはりフレッシュの東せつな キュアパッションが原点にして頂点です。
次点ではシナリオ自体は月並みな物の「音楽の力」を最大限に活かしたGOプリのキュアスカーレット 赤城トワも個人的に高評価です。

フレプリに関しては、せつなを救わんとするラブの決意が男気溢れすぎて惚れました。
つべこべ言わず全身全霊を込めた拳で語るその姿は下手な男児向けヒーローよりヒーローしてました。
そしてあんな極論じみた失言するあたりやっぱりmktnはmktnだと思いました。
GOプリはトワの説得と救済に最大限貢献できたのは、どちらかと言うとプリキュアというより肉親であるカナタによる影響が強かったですね。
[ 2018/04/26 00:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1812-9123f6f3