FC2ブログ





今週の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 14話

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第14話 『はりめぐらされた罠』

ルパパトep14 0

ルパンレンジャーの工作アイテムよく出来てますね
14話目です。今回は警察メイン、快盗はHTNでした。

圭一郎が警察官を志した理由についても掘り下げられ、
「市民の平和を脅かす者が出てきたのなら、誰であろうと許さない」という信念もきっちり描かれました。
だったら快盗に対する態度ももう少し軟化させてもいいんじゃないかな
オドードとの巨大戦も、VSビークルだけで意地でも食らいつこうとする圭一郎の執念が感じ取れました。

そして圭一郎はトゲーノの毒針によって命の危機に。
彼自身が持つ使命の高潔さと、自己犠牲精神の危うさだけでもお話が書けそうですが、
計画がパーになってボスからも事実上勘当されてしまったトゲーノの今後も気になります。
上手く絡ませたシナリオが見れることを期待してます。

トゲーノのルパンコレクション能力については、シナリオ上役割があったとはいえすぐに捨ててしまったのが少し残念でした。
今回に限らず、週替りギャングラーってルパンコレクション依存の能力よりも本人の固有能力の方が役立ってる印象が強いです。
そもそも全体的に、ギャングラーの固有能力とルパンコレクションの能力のシナジーが発揮されていないというか、
「ルパンコレクションあるし使っておくか」程度にしか描写されていないのも何というか…

オドードの方の固有能力は使い方に少し違和感を感じました。
前半戦では声を拡散させることでパトレンジャーの注意をそらすことに成功しましたが、後半戦ではパトレンジャーの眼の前で使っていました。
この場合ってあんまり効果ないんじゃないでしょうか。四方八方から声がするのでウザいといえばウザいでしょうけど。
関連記事
スポンサーサイト

圭一郎「お! 開いてんじゃーん!」トゲーノ「開けといたんだよなぁ。」

今回は敵側のドラマも面白かったですね、(逆恨みも甚だしいですが)兄の敵討ちに燃えるオドードとその復讐心を利用するドゲーノ。
手持ちのVSビークルを罠にに圭一郎の暗殺を目論むとは中々狡猾です、やはりコチラのギャングも警官殺しは儀式的な意味を持つようです
圭一郎は未だ毒に侵されてますが、本来の派手な計画は失敗しボスに愛想をつかされたトゲーノは次回何をしでかすか分からない状態です。

>だったら快盗に対する態度ももう少し軟化させてもいいんじゃないかな
個人的には今回の圭一郎の回想で、彼が怪盗の存在を容認できない理由が分かった気がします。
衝動的な正義感で暴力に訴え出ようとした圭一郎を諫めた一人の警察官。
彼を見て圭一郎は自身も警察官を志したと同時に「法の番人」であり「市民の生命と財産を守る義務」を負った物がその権力を行使できる。
という法治の理念を知ったのではと?もし圭一郎があのまま行動していたら自身が「被害者」になることもあれば。
逆に「加害者」になることだってあるのです、歴史を紐解けば一市民の無軌道な私刑ほど恐ろしいものはありません。

我々視聴者から見ればルパンレンジャーはよく知る「王道なヒーロー」ですがリアルな視点で見れば過剰な力を行使する謎の存在です。
歴代シリーズでは超法規的に活動するヒーローと法規的に活動するヒーローは作品毎に分けて活躍させていますが。
このLVPは両方のタイプのヒーローを同じ世界で絡ませているのがキモではないかと?
映画「ダークナイト」でもこの様なジレンマをバットマンに負わせましたが後味の悪い結末を迎えました。
果たしてスーパー戦隊のこの作品ではどの様な結末が待っているのか…?
[ 2018/05/16 20:46 ] [ 編集 ]

Re: 圭一郎「お! 開いてんじゃーん!」トゲーノ「開けといたんだよなぁ。」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>彼を見て圭一郎は自身も警察官を志したと同時に「法の番人」であり「市民の生命と財産を守る義務」を負った物がその権力を行使できる。
という法治の理念を知ったのではと?

子供には少し分かりづらそうですが、少なくとも当時の圭一郎は警官から滲み出る正義感と、どんな理由があろうとも市民を守る使命感を感じたんでしょうね。
捻りのないストレートな熱意が伝わってきてよかったですね。
[ 2018/05/25 01:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1841-8a10c1c3