今週のHUGっと!プリキュア 16話

HUGっと!プリキュア 第16話 『みんなのカリスマ!?ほまれ師匠はつらいよ』

ハグプリep16 0

3年振りくらいに切れ痔になりました。ウォシュレット痛いよー
渡邊巧大さんの手がけた作画ってびっくりするほど分かりやすいですね。
戦闘シーンではキャラクターのアクティブさを強調するような内容で見応えは抜群なのですが、
日常シーンにおいてはキャラクターの動きといい表情といい変化が激しい部分が多いため、若干くどい印象を受けます。
石川てつやに通づるものがあるかもしれない。


16話目です。全体的に話の内容がとっちらかっていて、どこに集中すればいいのか分かりませんでした。
今回の話の主題は、脇役キャラの あきと じゅんなの仲違いと仲直りだと思っています。
内容こそ悪くないものの、話の解決にプリキュア達が一切関与せず身内だけで終わってしまいました。
仲違いの内容は、良くも悪くも思春期の少年少女が抱きそうな心のもつれ合いだったので、双方の意見を認めあって仲直りする展開自体に問題はないのですが、
プリキュアが関与しない内容をこの作品で描くのは微妙な行為だと思います。
まほプリでも似たようなことを指摘したと思います。東映さん的には、主役サイドが介入しないまま課題を解決することはあまり問題視していないようですね。


ほまれに関しては、あきと じゅんなの架け橋になるよう本人も行動を起こしていたように見えましたが、
最終的に彼女が架け橋になる前に2人の問題が解決してしまいました。
印象的だったのはハリーとの絡みがやたらと多かったことですが、これは今後何かに繋がっていくのでしょうか?
プリキュア覚醒に2話尺を使ったりなど、ほまれは他のプリキュア2人と比べて製作側直々の対応がだいぶ手厚いと感じられます。
正直偏愛染みてて若干引いてるんですが、これらの積み重ねがスタッフのお遊びに留まらぬよう生暖かい目で見守っていきます。


ルールーの描写に関しては雑すぎて理解不能です。
まだプリキュア達3人との絡みの実績作りの期間だと思っていたのですが、もう正体バレの段階に入ったようです。
早いです。ルールーが野乃家に移住してから本日まで4話しか経ってないです。何をそんなに急いでるんですか。

ルールーがプリキュア達に肩入れできないことを葛藤する場面が何故かありましたが、これも意味不明でした。
たった4話の期間しかプリキュア達と共に過ごしていないのに、そこまで彼女らに感情移入できる理由が分かりません。
はなとは13話の謎の精神空間で語り合ったぐらいで、さあやとは14話で育児方針の対立の絡みがあったぐらいです。(ただし明確な和解シーンは無し)
ほまれに至っては「ただのクラスメイト同士」という接点があるだけで、実績はこれから作っていく段階です。
次回はロボット化したルールーを説得する話になるみたいですが、こんな薄っぺらい実績しかない状態で何を説得するんでしょうか。
今の段階で「ルールーと最も仲の良さそうな人物は誰ですか?」「誰が1番説得に向いてますか?」と聞かれたら、私は「えみる」と答えます。
「野乃家に居候している設定がある」「プリキュア3人と同じ学校に通学してる設定がある今のプリキュア3人とルールーを繋げてるものは、単なる設定止まりです。
設定を作るだけで実績も描いた扱いになるのであれば、シナリオ作りって滅茶苦茶簡単な仕事なんだなって深く思います。


これだけ展開が早いとなると、ルールーの正体がバレた後もプリキュア3人との実績作りの話を描いていくのかな? と少し思いました。
今回の話に限らず、本作では全体的にシリーズ従来の設定に沿いつつも、話の運び方がだいぶ変則的であると感じる部分が見受けられます。
マンネリを是正していく方針は良いとは思いますが、今のところそういった変則的なシナリオ構成で魅力的だと感じた部分が何1つありません
ただ単に話の雑っぷりを際立たせているだけだと思います。なので今は不安しか感じられません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/05/20 12:33 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(2)

レイシア級hIEの方が高性能ですね

確かに演出も良く次回への引きも良いので高評価を上げる人も居るとは思いますが。
シナリオとしては雑多で統一感がありませんね、本来ならば3話ぐらいに分けそうなシナリオをごっちゃにした印象です。
ルールーの改心と裏切りによるクライアス社の粛清は唐突という他ないですね、彼女がアンドロイドの類なのは巷で予想された通りでしたが。
次回予告をを見るに、SF要素が強くなりそうですがスマイルのロボ回と違ってこのテイストを本筋に取り入れるのは如何なものか?
ルールーって仮面ライダードライブのチェイサーみたいな扱いにしたいのですかね?
最初からメカニカルな設定のドライブと違い、このアニメのビジュアルは良くも悪くも王道な変身ヒロインなので違和感があります。

>今回の話の主題は、脇役キャラの あきと じゅんなの仲違いと仲直りだと思っています。
>内容こそ悪くないものの、話の解決にプリキュア達が一切関与せず身内だけで終わってしまいました。
予告ではほまれの主役回かと思いましたが悪い意味で予想が裏切られました。
と、同時にほまれに対する厚遇も変な方向に行ってしまってますね、先ずはルールーと絡ませるのが先決だと思うのですが。

>次回はロボット化したルールーを説得する話になるみたいですが、こんな薄っぺらい実績しかない状態で何を説得するんでしょうか。
冗談抜きで主人公の はながカラッポ過ぎて笑えないレベルですね、せめてもう少し一緒にお仕事体験して
互いの親睦を深めておいても尺的に十分余裕があると思うのですが…
・主人公が記号だけの熱血キャラ。
・やたら急ぎすぎな展開
・サブキャラばかりが厚遇される
やはり、このアニメからはキュウレンジャーの臭いがプンプンします、後半尺余りで「ヨシヒコ・野球・スターウォーズ」のフルコースにならないか心配です。
[ 2018/05/20 14:05 ] [ 編集 ]

Re: レイシア級hIEの方が高性能ですね

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>ルールーって仮面ライダードライブのチェイサーみたいな扱いにしたいのですかね?
ああゆうのは、人間とロイミュードという線引きができているからこそ成り立つ設定です。
現状アンドロイドはルールーただ1人ですし、比較対象も誰もいませんから
仮に「機械にだって心はある!」みたいな展開になったとしても説得力も何もないです。
そもそもそういう話はプリキュアに向いてないと思います。

>冗談抜きで主人公の はながカラッポ過ぎて笑えないレベルですね、せめてもう少し一緒にお仕事体験して
互いの親睦を深めておいても尺的に十分余裕があると思うのですが…

プリキュア3人はルールーを引き止めるだけの力も経験もまだ足りていない状況だと思います。
特に野乃さんは慢性的なスペック不足が祟って3人の中でも特にルールーと釣り合えないと思います。
これから何をどうしていくんでしょうね。
[ 2018/05/26 21:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1848-ddae9ea9