FC2ブログ





17話.jpg

HUGっと!プリキュア 第17話 『哀しみのノイズ…さよなら、ルールー』

ハグプリep17 0

これマジ? ロボット状態のゴツさの割に瓦礫の量が貧弱すぎるだろ…
フレプリにおけるイース/せつなの覚醒は目を見張る物がありました。
どんな時でも純真無垢に接するラブに対し、迷いを振り払うかのようにプリキュアへの敵対心を増し、ナケワメーケの力にもがき苦しむイースの姿は色んな意味で痛々しかったです。
降りしきる雨の中、拳で想いを語り合うピーチとイースの姿は最早女児向けアニメのそれではありませんでした。
ラブがせつなを取り戻そうとする際に発した、「友達がしている悪いことを、やめさせる! やめさせなくっちゃ!」という台詞には凄く感動しました。
そうだ、それでいい、今のお前ならそれができる! …って、心の底から思いました。
だからこそイースがメビウスの折から解き放たれて、せつなとして、キュアパッションとして覚醒していく流れは凄く納得できました。

無論、これが完全なものであると言い張る気はありません。
ラブとせつなの触れ合いに力を入れすぎるあまり、他のプリキュア2人との関係が希薄のままだったのは事実です。
そしてその流れをパッション覚醒後も引きずってしまい、結果的にmktnとブッキーの存在感が薄くなってしまったのはフレプリ全体における小さくない問題点です。

ですから、私は願わくば今後の作品でそれらの問題点を解消したような話の展開ができればいいな、と思いました。
そしてその機会は本作で訪れました。

訪れたはずでした…



ハグプリep17 1

17話目です。

我らがチョロインのルールーはプリキュアの軍門に(一応)下りました。
話の内容自体は王道です。一応纏まりはありました。
ただし、王道というのは無条件で褒められるものではなく、それ相応の過程があってこそ輝くものです。
製作側の「こういうゴールが描きたい」という思いばかりが先走って、最終的に過程と結果が釣り合わなくなってしまうことを私は許容しません。
ぶっちゃけルールー云々よりも、ハリーがクライアス社内部の事情に通じてるほうがずっと興味深かった…

作中におけるルールーとほまれとの触れ合いとして描写された公園でのやり取りなんて、正にそうです。
あれ、ただ喋っただけじゃないですか。
もっと突っ込むと、あの時ルールーは「ほまれのプリハートを奪うため」という悪意ある目的で近づいています。
とても「友達との触れ合いのワンシーン」とは考えられない、歪で闇のあるシーンだと思うのですが、制作側からしたらそうではないのは今回の話を見れば明らかです。
あっちからしたら、過程なんて「やったからOK」というレベルなんです。
スイッチのON/OFFと同じで、描いた/描かないの違いしかなく、そこに密度という概念はありませんでした。


過程を踏まえた結果、然るべき結果が返ってきたのがフレプリのイース/せつな なのであれば、
結果を満たすために、必要最低条件の過程だけを描いたのが本作のルールーだと思います。
(トワっちは完全に洗脳された状態で敵対していたので比較に含めません)

今回の結果から鑑みれば、今後ルールーは下手したら他人とアイコンタクトしただけ「あの視線は何なの!? 胸が苦しい! 助けて!」とか言い出しそうです。
今まで描いてきた過程を考慮したらさもありなん、です。その程度のレベルでしかないです。
凄く致命的な欠陥だと思うので、クライアス社は早いところ製品回収に乗り出したほうがいいです。


1番ルールーと交流の深いであろう野乃さんも野乃さんで、ハリーに「アイツは騙してたんだぞ」という指摘に対し、
「私が騙されたと思ってないから騙されてない」という強引な結論の出し方は物凄くバカっぽいと思いました。
でも不自然な感じはしません。だって彼女、実際に何もないんですから。
頭空っぽな人が思いつくような結論として、割と自然に受け入れることが出来ました。


細かい点なんですけど、ルールーが突然胸の痛みを訴えだしたシーンも少し変だと思いました。
製作側の意図としては、ルールーがプリキュア3人との触れ合いを経て胸がキュンとするような想いを抱き始めたんだと思いますが、
そういうのってもう少しスピリチュアルなシーンで描くと思うんです。物理的に胸を抑えて「痛い! 苦しい! 助けて!」と訴えるのは控えめに言って凄く斬新だと思いました。
突然胸が痛みだすとしたら、それは心のときめきとかそういう類いのものではなく、心筋梗塞か何かだと思います。
やっぱりクライアス社に送り返して点検してもらったほうがいいと思います。


何はともあれルールーは光堕ちしましたが、プリキュアへの覚醒はまだ先の話のようです。
今後はえみるとの触れ合いを描き、恐らくは2人同時期にプリキュアへと覚醒するものだと思います。
過去作にはない流れなので、とても興味深いです。期待があるかどうかは別として。
そもそもこれからえみるとの触れ合いを描くということは、プリキュア3人との触れ合いはもう十分ってことなんでしょうか?
否定しきれないのが何となく悲しい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/05/27 12:32 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(6)

あれ〜タイトルがないね、おかしいね

アンドロイドって設定、これまでの展開との差別化を図るというのもあるとは思うんですが、一番のポイントは感情がないので良心に響かないから人間を落とすよりも難しい点だと思うんですね。だからまずは悪意を持つことから始めるぐらい段階を踏まないと説得力が生まれないんじゃないかなぁ。プリキュアに負けてばかりでイライラ…この気持ちは…?みたいな。

で今回ですが、ナンヤコレイッタイ…頭時間なるで
欠点はひとえに「過程がない」に尽きます。
実はプリキュアも放送期間短縮が決まってたりして。
[ 2018/05/27 13:36 ] [ 編集 ]

今回に限らずルールーをデザインした人はスパロボ特にミネルバxとかエヴァンゲリオン綾波を意識しているのかな?許してくれて泣きじゃくるシーンが印象的。ハリーが事情に詳しい点だけじゃなくhugっとプリキュア自体伏線が多いからどれだけ回収できるか不安だけど、ルールー&えみる両方覚醒ほしいのは同感。
[ 2018/05/27 15:15 ] [ 編集 ]

ルールーバスター(仮)あるならプリキュアに変身する必要ないな…

案の定、筋書きは王道でも説得力を持たせる積み重ねが無く心が全く動きませんでした。
「昔は良かった」なんて年寄りの定型句なのであんまり使いたくは無いのですがフレッシュの二番煎じにも満たない敵の説得劇です。
まほプリ以降のプリキュア達はとにかく「カリスマ」が不足しています、敵を救うにはそれ相応の人間性が伴っていないと…
わざわざ「特に取り柄がない」なんて台詞までつかってエールを貶めているのは自虐ネタなのでしょうか?

>「私が騙されたと思ってないから騙されてない」という強引な結論の出し方は物凄くバカっぽいと思いました。
>でも不自然な感じはしません。だって彼女、実際に何もないんですから。
>頭空っぽな人が思いつくような結論として、割と自然に受け入れることが出来ました。
これ、意地悪な事を言えば「自分が騙されたと思っていないのなら、いくら騙しても他人に迷惑をかけても良い」と取れますよね?
フレッシュのラブはカオルちゃんの「罪を憎んで人を憎まず」という言葉から。鬼平の精神でせつなの『罪』に向き合っていました。
せつなは親友だが…親友だからこそ彼女の罪に目を背けず鉄拳制裁すると誓ったのです。
今回、ルールーを無条件で許しただけでは はなを「主人公らしい器の大きい人物」とは到底思えません、仰る通り「何も考えていない阿呆」です。

>突然胸が痛みだすとしたら、それは心のときめきとかそういう類いのものではなく、心筋梗塞か何かだと思います。
反応が人間的なのでアンドロイドなんて死に設定ですね、前回筆者様が仰っていたように人間との明確な線引きもありません。
今回のバトルでパワードスーツによるロボバトル的な表現をしていても、単なる表面的な「ロボ感」に過ぎません。
「戦闘妖精雪風」「BEATLESS(ビートレス)」みたいな本格SFは兎も角「ベイマックス」位は参考にしないと
「人工知能」を描けているとは言えません、序盤のルールーって単なる世間知らずで現実のAI以下だと思います。
現実と照らし合わせると「レトロフューチャーなロボ子」なんですよ…

>そもそもこれからえみるとの触れ合いを描くということは、プリキュア3人との触れ合いはもう十分ってことなんでしょうか?
>否定しきれないのが何となく悲しい。
もう、最初からえみるが主人公って事でええやん…
プリキュアが増えるのはいいですがそれ相応に敵が手強くなってくれないとメリハリがつきません。
[ 2018/05/27 16:31 ] [ 編集 ]

Re: あれ〜タイトルがないね、おかしいね

テキトー様、コメントありがとうございます。

>アンドロイドって設定、これまでの展開との差別化を図るというのもあるとは思うんですが、一番のポイントは感情がないので良心に響かないから人間を落とすよりも難しい点だと思うんですね。
そもそもルールーのアンドロイド設定が今までの悪役と比べて活かされているとも思えません。
情報を解析して戦闘を有利に進めるにしたって、例年通り怪人枠のキャラクターを強化させればいいだけですし、
ルールーの有能アピールはどちらかと言えば14話だったり15話だったりギャグ演出に近い形で使っている印象が強いので、
他作品でやってきたことを無理矢理アンドロイド設定に落とし込んでいる印象が強いです。
差別化するとしたらおっしゃる通り「心」の描き方にあると思います。
とても描写を切り詰めて駆け足で描くようなものではないと思いますが、今回の製作側はそうではなかったみたいですね。
[ 2018/06/01 01:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

やるっきゃ記事様、コメントありがとうございます。

>今回に限らずルールーをデザインした人はスパロボ特にミネルバxとかエヴァンゲリオン綾波を意識しているのかな?
その手のキャラのパイオニア的存在ですからね。意識しなくても似通ってしまうのは無理ないと思います。
[ 2018/06/01 01:45 ] [ 編集 ]

Re: ルールーバスター(仮)あるならプリキュアに変身する必要ないな…

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>まほプリ以降のプリキュア達はとにかく「カリスマ」が不足しています、敵を救うにはそれ相応の人間性が伴っていないと…
魅力が薄いですね。野乃さんは特に…
他も「インテリ派」「スケート選手」「アンドロイド」など設定止まりで魅力として認識しづらいです。
そもそも展開早くてあまり掘り下げきれていないのが現実…

>今回、ルールーを無条件で許しただけでは はなを「主人公らしい器の大きい人物」とは到底思えません、仰る通り「何も考えていない阿呆」です。
たこ焼き屋の一件といい、ルールーとの触れ合いといい、あまり深く考えないでノリだけで突っ走ってる人ですよね、はなって。
子供らしく純真なのはいいと思いますが、ここまで貫かれると正直馬鹿馬鹿しくもなってきます。いつまでも成長しないのは勘弁です。

>序盤のルールーって単なる世間知らずで現実のAI以下だと思います。
世間知らず、正にそうですね。敵の思想に染まっているわけでも、洗脳されているわけでもない。
だから「他人とアイコンタクトしただけで落ちる」なんて感想が出るんだと思います。

>プリキュアが増えるのはいいですがそれ相応に敵が手強くなってくれないとメリハリがつきません。
敵の強化形態はいつ…?
[ 2018/06/01 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1857-d714199b