今週の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 20話

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第20話 『新たな快盗は警察官』

ルパパトep20 0

ルパパトの活躍の影に隠れがちですが、最近ギャングラーが街で悪事を企む理由付けとか、わりと雑じゃないだろうか
20話目です。
新ヒーロー、高尾ノエルことルパンエックス/パトレンエックスの登場です。
立場的には国際警察の囮捜査官、ということになっているみたいですが、今回のお話や次回予告で描かれた神出鬼没っぷりから、
彼に一つの組織や団体に所属する意思は感じられないように思えます。
何か別の、第三の組織に所属しているのか、それとも彼自身にギャングラーと戦う何らかの意思があるのか。
当分真実が明らかになる見込みはありませんが、少なくとも今のままだと視聴者側が混乱してしまいそうです。
真意はともかくとして、来週あたりで彼の揺るぎない「信念」を見ることができれば感情移入することはできると思いますので、そのへんを期待してます。

戦闘時は、ルパンエックス時では鋼鉄の装甲(?)を活かした静かな戦闘スタイル、パトレンエックスでは身軽さを活かした軽快な戦闘スタイルが見受けられました。
既存のルパンレンジャー/パトレンジャーと比べると、各形態の戦い方が真逆でなかなか個性的だと感じています。
また彼の使用するツールの中でも、専用のXチェンジャーには関心を寄せられました。
あれ、VSチェンジャーのように武器とビークルが分かれているのではなくて、どちらも兼用してるんですね。
変身アイテムと巨大ロボの機能を両方併せ持つアイテムって、前代未聞じゃないでしょうか。
これはいつか登場するであろう単独合体ロボにも期待がかかります。
関連記事
スポンサーサイト

シンカリオンVSパトレンX

「ホントにニンニンジャーと同じ人がシリーズ構成なの?」という位「新幹線変形ロボ シンカリオン」は王道ロボアニメで面白いです。
主人公も王道で「理想的な鉄っちゃん」で好感が持てますし、敵サイドも全力で「進化」を学び疑似家族的な連帯感を築きシンカリオンに挑んだりと意外性もあります。
今や希少な「きれいなSGT」も観れますし…来期はゾイドとの二本立てになりますしTBSはバンダイよりもタカラトミーと仕事がしたかったようで…

シンカリオンと被ったのは偶然でしょうが追加戦士ルパパトエックスのXチェンジャーは面白いギミックで上手く差別化されていますね。
仰る通り変身アイテム、武器、巨大メカとして「怪盗 警察 二つの顔」を盛り込みながら戦うスタイルは新鮮でした。
コックピットが前後に移動するのはせわしないですがw
「おフランス感」を前面に押し出しているのでどうしてもキラプリのシエルが頭を過りますが高尾ノエルは一癖も二癖もありそうですね。

>真意はともかくとして、来週あたりで彼の揺るぎない「信念」を見ることができれば感情移入することはできると思いますので、そのへんを期待してます。
怪盗や警察をを煙に巻く理由もそうですが、今後スマートに両者渡り歩く事が出来るのかも脚本の技術の見せどころです。
粗が目立てばノエル自身はおろか、それに振り回される怪盗&警察どちらも滑稽に映ってしまいます、今のビルドが正にそれです。
今の所は魁利も圭一郎もノエルに対して懐疑的ですが、そんな彼と共闘するに足る納得いく理由付けも重要ですね。

>最近ギャングラーが街で悪事を企む理由付けとか、わりと雑じゃないだろうか
まぁ、奴らが悪事を働く理由が理由ですからねー、従来と違い組織的な行動はあまり見られません。
となるとギャングラー側でシナリオを動かすキーパソンはザミーゴとデストラなのでしょうが。
二人が意味深な会見をして以降音沙汰なしですね、ノエルの登場が転機となるのか?
[ 2018/06/24 16:21 ] [ 編集 ]

Re: シンカリオンVSパトレンX

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>粗が目立てばノエル自身はおろか、それに振り回される怪盗&警察どちらも滑稽に映ってしまいます、今のビルドが正にそれです。
警察・快盗を振り回すだけの動機付けも重要ですね。ビルドの方は全てを裏で操ってきた黒幕の行動が矮小化の一途を辿ってるので…

>まぁ、奴らが悪事を働く理由が理由ですからねー、従来と違い組織的な行動はあまり見られません。
個体によっては悪どい金銭のやり取りだったり、従来の戦隊でも見られた比較的コミカルなノリの悪事だったりするので、
ブレが多くて「何でこいつら騒ぎを起こしてんだっけ?」という気持ちになります。
同じ香村脚本のジュウオウジャーでは「ゲーム」という共通の括りで活動していただけに、この雑さはちょっと気になります。
[ 2018/06/27 00:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1883-385924b7