FC2ブログ





今週の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 22話

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第22話 『人生に恋はつきもの』

ルパパトep22 0

「アムール」はもちろんのこと、もしかすると「エトワール」辺りもパッと意味が答えられる人は少なそうですね。
22話目です。

咲也と初美花の色恋沙汰という、過去回でも何度か取り上げられたネタではありましたが、
香村氏特有のロジカルなシナリオ構成と、新キャラであるノエルの程よい見せ場もあり、それなりに楽しめました。
結果はほぼ分かりきっていたことですが、初美花がツボの中でルパンイエローに変身しようか葛藤する姿は説得力があって結構ドキドキしました。

国際警察と一緒に堂々とジュレに入店しティータイムを楽しむ厚顔無恥なノエルではありましたが、
自分の身勝手な行動で初美花をピンチに陥らせてしまったことはきちんと自責の念を感じており、その辺に関してはそれ相応の良識は備えているそうです。
(逆に言えば、前回ルパンコレクションが警察に流れたことについて全く反省する態度を見せなかったあたり、やはりあれは意図的な行動だと思われます)
コグレとの取引でもおふざけ無しで対応しているあたり、僅かではありますが彼の素顔も見え隠れしました。

新登場したエックスエンペラーもいい感じです。
2つの車両がX字に連結して合体するというのは面白い設計ですね。
モードチェンジ時の側転は無駄がないぶん、アッサリしすぎていて若干かっこ悪い気もしますが…
ただ自身ではビークルを巨大化することができないみたいなので、1人乗り専用ロボなのに1人じゃ完成できない
という謎のジレンマにも陥っています。
ルパン&パトレンジャーがグッドストライカー無しではロボ戦が出来ないことと掛けているのでしょうか?


次回はグルメ対決するみたいです。
懐かしいですね。雑巾のうどん… 雑巾のステーキ…
関連記事
スポンサーサイト

カイザーおじさんとエンペラーおじさんの違いは?

サムネのノエルの全力ダッシュは地味に驚きましたwフランス発祥のパルクールの使い手なだけあります。
(「漫画走り」ができる役者は総じて有能ですね、実写版銀魂のプチ成功を確信したのは登場人物達の走りっぷりでした。)

前回危惧していた不安は杞憂でした、最初は興味本位で初美花と咲也のキューピットにしゃしゃり出たノエルでしたが。
初美花が事件に巻き込まれ事態がややこしくなった事に対してはキッチリ責任を果たしましたね。
飄々としつつも公私を弁える『ムッシュ』っぷりに咲也もノエルに信頼の念を持ち始めたといえます。
とはいえ冒頭のコグレとのやり取りといい、未だ彼の思惑はしれません…

>新登場したエックスエンペラーもいい感じです。
ウルトラレイカーの「左右合体」や合体ビークルロボの「シンメトリカルドッキング(ルールーも出てるよ)」に対抗してバンダイが放ったのは「交差合体」。
側転によって形態変化するのもパルクールを駆使するノエルらしい素晴らしいアイディアですね~
ゾイドとシンカリオンとの2本立てになり「ガンダムやってた頃よりロボに力入れてる」感が強いTBS土朝はニチアサにとって大きな脅威ですが。
(ゾイドワイルドのミリタリー路線排除は残念ですが致し方ない判断だとは思います…)
ルパパトはこれ等に十分渡り合えるアイテムを出せていると言えます。
[ 2018/07/08 16:50 ] [ 編集 ]

Re: カイザーおじさんとエンペラーおじさんの違いは?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>飄々としつつも公私を弁える『ムッシュ』っぷりに咲也もノエルに信頼の念を持ち始めたといえます。
これからのエピソードはルパパトのメンバーがノエルに信頼を感じていくお話かもしれませんね。
建設的に描写を積み重ねていく姿勢は良いと思います。
[ 2018/07/09 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1895-d1d7d803