今週だけのドキドキ!プリキュア

ドキドキ!プリキュア 20話 『クリスタルの導き!王女様のもとへ!』

ドキプリep20 12

大変遅れて申し訳ございません。
ガンプラ記事書き終えたら盛大にグーガー寝てました。
ゴルフあるんならせめて全番組休んでください。うんこうんこ。
ドキプリep20 1

クリスタルは5つ集まり、光を放ち何処かへ消えてしまいました。
セバスチャン曰く、光は上空をマッハ3で北西の方角へ移動しているとのこと。ライフル弾と同じくらいの速さですね。流石のゴルゴも目視するのは辛いかも。
しかし氷河地帯に入ったところで反応が消失。一行はヘリコプターで氷河地帯に向かうことに。
レジーナの様子がおかしいことを理解しつつも諦めきれないマナ。4人は今度はゲームのようにはいかないかもしれない、ということで警戒を緩めず。

ドキプリep20 2

氷河地帯の雪山に一行は到着。山小屋の管理人曰く、この雪山は霊峰と呼ばれており、誰一人山頂に向かった人はいないと言う。クリスタルは立ち入り禁止区域外にあるとはいえ、そんなところに女の子4人が登るなんて無茶です。
しかし無茶は承知。何が何でも雪山を登る意志を表した真琴に対し、管理人は「奇跡の光の伝説」を信じなさい、と話します。
それはパーティが危機に陥った時、奇跡の光がパーティを救うとか何とか…

アイちゃんをセバスチャンに預け、4人はプリキュアに変身。ジョナサンと共に雪山を登ります。
しかし一行がクリスタルの反応が消失した地点に来ても、辺りには何もありません。正確には雪しかありません。
どうしようと悩んでいると、向こうからジコチューの幹部達とレジーナが!

ドキプリep20 3

クリスタルを求める欲望は以前より更に増し、それに応じてか赤い瞳も一層色が濃くなります。
「キュアハートに言うことはないんですの!?」と言う問いに対しても、「クリスタルは渡さない」と返答しプリキュア達を威嚇。以前のような遊び半分ではなく、明確な敵意をむき出してきました。そのことにますますションボリするハート。せつななんて子は最初からいなかったのだ。うん。
レジーナはいつものように指パッチンで力を発動。山頂から雪玉をゴロゴロ転がしてきて攻撃してきます。
すかさずロゼッタリフレクションでガード。更にソードがスパークルソードでレジーナ達に反撃しますが、あんまり雪山で騒々しいことやっちゃうと…

ドキプリep20 4

ああ、言わんこっちゃない! 雪が大きく割けクレバスが出現。レジーナが落っこちてしまいます。すかさずハートはレジーナの手を握るも、ハートも一緒にクレバスの中へ真っ逆さま。
プリキュアとジコチュー側は一時休戦。あれほど傷つけられてもレジーナの手を握ったハートを見て、一同はまだマナはレジーナのことを諦めきれていないことを悟ります。今は2人の安否を確認することが最優先です。

ドキプリep20 5

そしてクレバスの底では、マナとその手を繋がれたレジーナが。
レジーナは起き上がり、見上げた先にあったのは5つのロイヤルクリスタル。
それを手で握ると突然凄まじい光を放ち、同時にレジーナの傍にあった雪壁が崩れていきます。
慌ててマナも起き上がりレジーナを壁から遠ざけます。
そしてその崩れた雪壁の先にあったのは…氷の中に封印されたアン王女!

ドキプリep20 6

「王女だ…」
するとどういうわけか、レジーナの瞳がみるみるうちに元の青色に戻っていきました。
クリスタルが王女様の元へ導いてくれたと考察するマナ。(それにしちゃあやり方が強引だ)
すると正気に戻ったレジーナ、マナの方へ向き直り5つのクリスタルを渡し、「約束破ってごめん」と謝罪するではありませんか。えらいっ
レジーナが元に戻ったことを大喜びするマナ。しかし本人は「元に戻った」という自覚がないようです。
とにもかくにも王女様がここにいる以上、早く真琴に知らせなければならない。
するとレジーナは「何の為に?」と問いかけます。マナは一瞬ためらうも、全てはトランプ王国を元に戻す為、と答えます。しかしレジーナはキングジコチューの娘であり、そのキングジコチューはアン王女によって石化されています。王女様を元に戻したら、キングジコチューは一体どうなってしまうのか。
何が真実かどうかは分からないが、キングジコチューがトランプ王国への干渉をやめればきっと王女様だって攻撃はしてこない。マナとレジーナが分かり合えたように、トランプ王国とジコチュー側も和解が出来るのではないか、と提案するマナ。

ドキプリep20 8

一方プリキュア3人とジョナサンはクラッシュバンディクーみたいなアクションで少しずつクレバスの底へ。途中道が途絶えてしまいましたが、ダイヤモンドシャワーで氷の階段を作り、どうにか底へ行けるように。
ダイヤモンドシャワーが放たれる光を見たマナは皆が助けに来てくれたことを悟ります。そんなことしなくても、とレジーナはいつものように指を鳴らして不思議な力でクレバスから脱出しようとするも、何故か力が使えません。
そうこうしている内に皆の声が近づいてきますが、レジーナは自分からクレバスを脱出する気はないみたいです。約束を破った上に酷いことをした自分では合わせる顔がないという。
それなら許してもらえるまで謝ればいい! と提案するマナ。皆が許してくれるまでマナも一緒に謝ってくれるとまで言ってきます。
その言葉を受けて、レジーナはマナのことをバカと言い放つも、マナを裏切った自分はもっとバカだと涙を流します。

ドキプリep20 9

とうとうクレバスの底まで到着したプリキュア3人とジョナサン。ソードは「私はやっぱりあなたを信じることはできない。でも、あなたがいなくなるとマナが悲しむから。」とレジーナに告げます。
一同は氷に封印されたアン王女の姿を確認。ジョナサンとソードが近寄るも、そこへ雪だるまのジコチューが!

ドキプリep20 10

マナはキュアハートに変身(バンク2回目。しかもフル。)し、仲間との連携でジコチューを撃破します。バンクの大バーゲンです。
しかしその隙に氷に封印されたアン王女とレジーナを連れ去られてしまい…



ようやくマナとレジーナは和解することができました。がっ、まだまだ障害は残っています。
「ようやく」って言ってますけど話数にして5話ですからそこまで長いわけじゃないですけどねw
レジーナはマナを裏切った自分を恥じていましたが、自分の過ちを認めるということは簡単そうで意外と難しいことです。しかしミスを分かっていても、それから逃げることには意味がありません。約束はちゃんと守る! 悪いことをしたらちゃんと謝る! マナはレジーナに「世界」を、「常識」を教えてくれましたね。

憎き宿敵の関係者であるはずのレジーナを敵と認識せず、しっかり前を見据えて向き合おうとしてるソードも立派でした。
やっぱりですね、以前もどこかで言いましたが「敵を認める」ということは相当なことです。ただ敵視するだけなら、相手の自分が知ってる部分だけを考えてただ憎めばいいだけの話ですから。自分の中でそういった結論に落ち着くことも簡単です。

レジーナも根が素直な子ですし、呑み込みが早くて良かったですね。育ちの環境が悪かっただけで。
しかし赤い目のことについてはまだ分かりませんねー。着々と真相に近づいてる気はするのですが。
レジーナも瞳の色がどうあれ、自我はハッキリしてるみたいですし。うーん。



ドキプリep20 11

キャー楽しみ!
画像検索でホモ画像が出ない子だといいなー!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/16 22:36 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(2)

セバスチャン「はい、全米オープンへの圧力はつつがなく…」

どうも、地球防衛軍4の武器のラインナップに期待が膨らむソバスチンです(^_^)v
http://www.4gamer.net/games/126/G012648/20130614028/
従来作ではカテゴリーでデザインが統一されていましたが4ではちゃんと種類毎に別デザインが用意されてるみたいで。
ストリンカーや礼賛はいかにもな対物ライフルという感じでカッコイイですね(^o^)
新兵科のレイダー&フェンサーも思っていた以上に種類豊富で一安心です。
っていうか、今作は砲兵隊や空軍が大活躍しそうですね、砲爆撃や機銃掃射、巡航ミサイル、果ては攻撃衛星。
前作で姿を見せることなくガンシップに全滅させられたEDF空軍が嘘みたいです、伝説のエース「メビウス1」がいるのでしょうか?f^_^;

シリーズ初の「ゴルフ回避」を成し遂げたドキドキ!プリキュアですが。
今回の作戦の実行には財団Yの強大な力とセバスチャンが必要不可欠でしたねw
あのリムジンには何か仕掛けがあるとは思ってましたが、サンダーバードのペネロープ号に匹敵するスーパーカーなようです(例えが古い(-o-;)
私見ですがフレッシュのカオルちゃんとセバスチャンは何らかの接点がありそうですねw
かつて所属していた“組織”の上司と部下の関係とか?
今までマナと一緒に面白おかしく遊べれば良いと考えていたレジーナも
正しい意味での「友達」の在り方に気が付いたようです、マナ以外の人々にも迷惑をかけてはいけない事が上辺ではない「経験、教訓」によって身についたと言えます。
結局、悪行は自分自身や友達に返って来るのですから。
細かい事ですが封印されたアン王女を見て自分の父親を封印した張本人と不安に感じるレジーナの描写に感心しました。
互いの立場の違いという乗り越えがたい事実がありながらも歩み寄れると諭すマナは正にヒーローの鏡ですね。
マナが信じる相手ならばとレジーナの無事を喜ぶ真琴・ソードも言わずもがな、やっぱりこれって一昨年の反面教師ですねf^_^;
次回、連れ戻されたレジーナは遂に行動を起こすようです。
噂の新プリキュアは誰なのか?盛り上がってきましたね(^_^)v
ところでここ最近のドキプリとヤマト2199って若干取り扱ってるテーマが被ってる気がします。
山本玲もメルダも中の人がプリキュアの主要キャストですし。
[ 2013/06/17 00:20 ] [ 編集 ]

Re: セバスチャン「はい、全米オープンへの圧力はつつがなく…」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
EDF4、発売間近ですがまだまだ新たな情報が出てきますね。
この前のファミ通にも真新しい情報が…!w
3でライサンダーは非常に発射音がカッコよかったので、形状も変化されて嬉しいと思うばかりです。

さて大変長らく返信お待たせいたしましたドキプリですが、
そうですか、財団Yの力はゴルフ業界にまでも…w
>今までマナと一緒に面白おかしく遊べれば良いと考えていたレジーナも
正しい意味での「友達」の在り方に気が付いたようです、マナ以外の人々にも迷惑をかけてはいけない事が上辺ではない「経験、教訓」によって身についたと言えます。

そうですね。本当に今までのレジーナは何も知りませんでしたからね(反省するということも…)今まで曲がりなりにもマナに忠実だったからこそ真の意味での友情を気付くことができましたね。やはりこれはマナ達が最初からちゃんとした友情を築きあげていたからでしょう。大した友情の描写もなく、ひたすらよく分からない方向に感情が向いていた某猫さん達とは違って…w

>マナが信じる相手ならばとレジーナの無事を喜ぶ真琴・ソードも言わずもがな、やっぱりこれって一昨年の反面教師ですねf^_^;
マナ以外の者達は、未だマナ経由でしかレジーナを認められずにいますね。
レジーナがマナ以外のプリキュア3人とどう触れ合っていくのか…? 期待がかかりますね。

>噂の新プリキュアは誰なのか?盛り上がってきましたね(^_^)v
まさか今度こそミユキさんが!?w

>ところでここ最近のドキプリとヤマト2199って若干取り扱ってるテーマが被ってる気がします。
山本玲もメルダも中の人がプリキュアの主要キャストですし。

すいません、最近ヤマト2199見てないんですよ。3話ぐらいまでしか…w
正直結末や大まかなシナリオやシーンなどは知っている為、アレンジされているとはいえ私の中での重要性が低くなってしまいがちなんですよね。最初見た時は古代君がクールな人物になっててちょっとビックリでしたけどw
見てないといえばアキバレンジャーもそうです。というかもう最終回間近じゃないですか! やだー!w
[ 2013/06/23 01:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/190-91268497