【玩具レビュー】 ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改

IMG_0552.jpg
ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改

6/22に発売されたROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改をレビュー致します。
IMG_0553.jpg
セット内容。
ヘビーアームズ本体、バックパック、ビームガトリング用ジョイント×2、魂stage用ジョイント、
アーミーナイフ、2連装ビームガトリング×2、交換用手首(握り手・武器用・開き手)それぞれ2つずつ。


IMG_0577.jpg IMG_0578.jpg
XXXG-01H2 ガンダムヘビーアームズ改

『新機動戦記ガンダムW』に登場したトロワ・バートンの搭乗機。
最終決戦に向けて通常機から宇宙用に改造されたものです。
バックパックのバーニアを増強し、ビームガトリングが2連装になりました。
トロワが長期間戦線を離脱していた為、実際に登場したのはかなり終盤でのことです。

IMG_0579.jpg
IMG_0580.jpg
フロント&バックビュー。
ちよっと痩せすぎかな? と思いきや劇中のと比べても殆ど差がありませんでした。
プロポーションばっちり。マッシブかつスイリッシュな、正にウイングらしい機体です。


IMG_0585.jpg
顔。
ツインアイが隠れて見えない… なんてこともなく、十分なイケメンです。


IMG_0582.jpg
上半身の可動。
腕はいつも通りよく曲がります。肩はバーニアが邪魔してこれくらいしか上がりませんが、十分です。


IMG_0588.jpg
腰も問題なく一回転できます。


IMG_0583.jpg
開脚に関しては結構ジョイントが硬かったためこの程度が限界か。
もしかしたらもっと開けるかもしれません。
まあ大胆に股を開くようなアクションはないと思いますが。


IMG_0584.jpg
脚関節もこんな感じでよく動きます。


IMG_0586.jpg
IMG_0587.jpg
フル装備。ガトリングを背負ってる左側がちょいとグラつきますが、自立は普通に可能です。


IMG_0590.jpg
2連装ビームガトリング。改になって装備されたものです。
ぶっちゃけアニメの活躍が少なかったので全然気づいてませんでした(汗)


IMG_0589.jpg
下腕部ごと交換して取り付けます。
大きさ・造形共に問題ナシ。


IMG_0576.jpg
アーミーナイフ。改造前はちょくちょく使ってましたが、改造後は使ってたっけ…?
ナイフの展開も設定通りにできます。


IMG_0572.jpg
そして一斉射撃。
胸部のガトリング砲、両肩のホーミングミサイル、両脚のマイクロミサイルの弾幕で敵部隊を圧倒します。
これぞヘビーアームズの華。弾が切れたら重量もグッと軽くなる為帰り易くなります。


IMG_0573.jpg
胸部のガトリング砲と真ん中のブルーの部分はメタリック塗装が施されています。


IMG_0574.jpg
IMG_0575.jpg
両肩・両脚のミサイルも問題なく塗装されています。


それではレッツぶんどど~

IMG_0591.jpg
何度も言う通り、ヘビーアームズ改には目立った活躍が無い為、
必然的にアクションは改造前をなぞったものになります。


IMG_0597.jpg
歩く時は優雅なモデル歩き。
敵の攻撃なぞ何のその。持ち前の装甲を生かして射撃範囲内まで距離を詰めます。


IMG_0592.jpg
上空からだって撃てちゃうよ。


IMG_0593.jpg
膝立ちも出来る為、姿勢を低くした射撃モーションも。
劇中ではこの後上空に向かって撃つバンクシーンが使用されていましたね。


IMG_0598.jpg
ガトリングの迫力は抜群。何処を構えたって決まるぜ。


IMG_0594.jpg


IMG_0595.jpg
近づく敵にはアーミーナイフ! 弾が無くなってもアーミーナイフ!


IMG_0596.jpg
むしろ劇中では突き刺してたモーションの方が多かったかな?


IMG_0599.jpg
全武装を用いた一斉射撃!
腕と胸部のガトリングに頭部と左右肩部に備えられたバルカン、更には両肩と両脚のミサイル!
トロワはこれらの武装を余すことなくバンバン使用していましたね。そこがいい。


IMG_0600.jpg
そしてこのキットにはボーナスパーツとしてガトリングが2丁付いてきます。
ご覧のように両腕に装備可能です。気分はEW版!


IMG_0601.jpg
IMG_0602.jpg
IMG_0604.jpg
IMG_0603.jpg
というワケでEWっぽいアクション。写真サイズがコロコロ変わるのと、映りが悪いのはご勘弁を!
それにしてもありったけの弾丸を詰め込んだ機体をジャンプだけで激しく回転するアクションを取るとは…
トロワって、得意分野は一体何なんでしょうか?w


IMG_0606.jpg
最後に皆と並べてみる。ウイングゼロが目に見えてヘタれてきました。補強せねば…
あと背中がゴチャゴチャして妙に立たせ辛いアルトロン。どいつもこいつも自己主張が激しいw



というワケで、ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改でした。
見れば見るほど、動かせば動かすほどカッコいい機体です。
可動面に特別な箇所はありませんが、全て水準は満たしているので文句ナシです。
ガトリングが2つ付いてくるというオマケもあり、非常に満足のいく、オススメなフィギュアです。
それにしてもヘビーアームズってこんなにカッコよかったんだなぁ~

Wの主役ガンダムシリーズも4機。残すところはデスサイズヘルのみとなりました。
現在はプレバンでシェンロンとヴァイエイト&メリクリウスの受注中です。
他のMSはいいから、早くデスサイズヘルの発売を~!


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 00:25 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(2)

弾切れしてからが本番という風潮

どうも、スイプリと同時期に放送されてちょっと話題になった「戦姫絶唱シンフォギア」2期が少し気になるソバスチンです(゚ー゚)
http://www.symphogear-g.com/
前期は突っ込み所多数でしたが思い切った作風でしたのでそれなりに楽しめました(少なくともスイプリよりは…)
因みにシンフォギアの一人「雪音クリス(CV高垣彩陽)」はこんなキャラです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17006492

ヘビーアームズ改のROBOT魂ですが稼動、プロポーション、武装のお得感等とても良さそうですね(* ̄ー ̄)
そして何よりWOLT様の仰ると通り劇中だと地味な本機にスポットを当てるという企画意図も素晴らしいです。
本編では他のガンダムと違い「大破」する事が無かったのが災いしてか後半は地味な機体になってしまいました。
最近ではカトキバージョンがリスペクトされて益々影が薄いですからね(^^;)
因みに「新機動戦記ガンダムW」はマクロスに続いてアメリカで地上波テレビ放送され人気を博した日本のアニメですが
このヘビーアームズが一番人気の機体だったそうです、流石トリガー・ハッピーなお国柄で…(^^;)
 パイロットのトロワ・バートンは本機に乗っていいる時こそ極端な戦法を取っていましたが
彼自身歴戦の傭兵ということもあり後半はヴァイエイトや各種量産機等、何でも器用に乗りこなすイメージです。
元々“本物”のトロワは死んで整備兵だった彼が急遽搭乗したのですから当然なのですが。
印象に残ったのはゼクスとの決闘のためにヒイロがこのヘビーアームズを借りて挑んだ展開でしょうか。
ヒイロは残弾の減少による重心変化に四苦八苦していましたがトロワはわざとピーキーな調整にしていたという事実です。
本作は極端ですがキャラ毎の「操縦テクニック」という物を描写していた点で感心しました、トロワはコンスタントな操縦技術においては恐らく5人中トップでしょう。
 そんな彼ですけど、本編ではヒイロのお詫び行脚に同行してくれたりカトルを説得すべく自ら危険を冒したりと
結構面倒見のよい奴でしたね、あと敵を撒くために綱渡りしたりコックピットに乗り込んだキャスリンにグーパン食らったり
主人公ヒイロに次いでシリアスな笑い担当だったような…(^^;)
[ 2013/06/23 16:05 ] [ 編集 ]

Re: 弾切れしてからが本番という風潮

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ヘビーアームズの立体化は非常に喜ばしいことですし、その出来栄えも文句なしなので正に感無量といったところです。
MGのEW版は少しゴテゴテした感じですね。このくらいスリムなのがトロワにはちょうどいいかもしれません。

>パイロットのトロワ・バートンは本機に乗っていいる時こそ極端な戦法を取っていましたが
彼自身歴戦の傭兵ということもあり後半はヴァイエイトや各種量産機等、何でも器用に乗りこなすイメージです。

生まれながらにして傭兵ですからね。実際の戦いでも戦況を予測・分析したりして適格な行動をとったイメージが強いです。
ヘビーアームズVSトールギスのシーンは確かに印象的ですね。MSパイロット達が独自に行動してバラバラになる中、「MSパイロット同士の戦い」という印象が強いです。そのせいで作中では「不毛な戦い」扱いされていましたが… 更にヒイロが決闘にヘビーアームズを選択したことでますますウイングガンダムの肩身が狭くなってしまいました…^^;
操縦テクについてはなるほど、といったところですね。私はWの世界のMSは所詮「イケメンが乗ってナンボのもの」だと認識していましたので…

>そんな彼ですけど、本編ではヒイロのお詫び行脚に同行してくれたりカトルを説得すべく自ら危険を冒したりと
結構面倒見のよい奴でしたね、あと敵を撒くために綱渡りしたりコックピットに乗り込んだキャスリンにグーパン食らったり
主人公ヒイロに次いでシリアスな笑い担当だったような…(^^;)

腐った女子様の間では、その面倒見の良さと記憶喪失後のキャスリンへの甘えっぷりから、兄属性と弟属性どちらも兼ね備えた便利なキャラと認識させられたとか…w
[ 2013/06/29 11:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/192-be908622