FC2ブログ





今週のガンダムビルドダイバーズ 18話

ガンダムビルドダイバーズ 第18話 『男の意地』

ビルドダイバーズep18 0

大人げないもなにも、必殺技を耐えしのいだ上で余力があったんだから立派な勝利だと思うぞ
どのキャラクターも口々に「俺は強くなる!」と豪語していますが、
私としては「どうしてそれがガンプラじゃなきゃいけないの?」という点が腑に落ちないのでいまいち心に響きません。
リク君の場合は一応「チャンピオンにあこがれて」という言い訳理由がありますが、
サブキャラの場合はからっきしです。前作のアドウ・何とかさんもその類ですね。
そのリク君も割とご近所様なチャンピオンを目指す発言に終始してしまっているので底が浅く見ていて面白くはありません。
そういう意味では、興味本位でガンプラに手を染めた結果、自分がガンプラに対して無知であることを負い目に感じ、
最終的に自分だけでガンプラを作り上げるという結果を導き出したセカイの方がまだ見応えがあると思います。
あっちもあっちで微妙なんですけど。
閑話休題。


18話目です。バトル回だから普通に楽しめるかな、と思ったら予想よりもいまいち乗り気になれなかったです。
もう恒例と化してますが、いちいちリク君が戦う度にキョウヤやらシャフリやらマギーさんやらロンメルやらが
「リク君の活躍が楽しみだな!」ってドヤるの、すっげー鬱陶しいです。
ロックマンX5でステージ進めるたびにエイリアの無線が入るのと同じくらいイライラします。

「リクとタイガーウルフは師弟関係」だなんて言ってましたが、私にはあまり覚えがないです。
どちらかと言えばタイガーウルフは他のギャラリー同様、リクのageageマンという印象しかありませんでした。
今回も似たようなものです。簡単に勝ちを譲らなかった辺りは他のギャラリーよりマシとも言えますが…


バトルも正直いまいちでした。
多分ベクトルが違えど、やってることが次元覇王流ゴリ押しと大して変わってないと思うのは私だけでしょうか?
ダブルオースカイを接近戦仕様に改造するというそれっぽいギミックはあったものの、結局音がドカーン! 光がピカーン! な必殺技頼りな展開になってる辺りそう感じました。
アバンでのガンダム5連戦バトルは(そういう意図とはいえ)過去作品の展開をオマージュする演出のせいもあって、
「やっぱコイツ(ダブルオースカイ) デスティニーの焼き増しにしか見えねーわ」という思いを強くさせるのでした。

次回は前回同様、リク君が積極的に関わらなさそうなので楽しめそうです。
今はリク君が嫌というより、リク君をageageするギャラリーの方がもっと嫌です。
というかリク君の印象自体は良くも悪くも普通です。
関連記事
スポンサーサイト

ロードブリティッシュ好き、2Pカラーガンダム嫌い

私は所謂「ハイスコアガール」のちょい下の世代でして近所のデパート屋上のゲーセンに行くのが休日の楽しみでした。
格ゲーがあまり得意ではなかったので専ら古い筐体の「スペースガン」を50円で楽しんでいたのですがある日突然基盤がクソゲー変えられて落胆しましたね。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7403629
これのせいで『連ジ』まではガンダムのアケゲーには良い印象は持ちませんでした…まぁ今は別の意味で良い印象は無いのですが…

タイガーウルフとのタイマンですが散々引っ張った割には大技の応酬でおっしゃる通り今一つでしたね。
序盤の戦闘の足技の使用やラッシュポジションが見どころなのでしょうが。
リクに「サッカー少年」というイメージは沸き難いですし、バックパックが腰に移動するのも返ってバランスが悪く感じます
何れにせよ、GBNという広大な世界観を構築しておいて過去作と大して変わらないモチベーションを薄いキャラ付けの主人公に持たせても燃えませんね。

>今はリク君が嫌というより、リク君をageageするギャラリーの方がもっと嫌です。
ロンメル殿がカッコつけてリクの戦闘データを破棄してたんですよぉ…

な~にぃ~!? やっちまったな!

今のところ彼がダイバーとしても指揮官として一番のクソザコナメクジなんだよなぁ…
グリモアレッドベレーが気に入り活躍を期待してはみた物のこのざまですからねぇ…
「今年最弱の速水奨」最有力候補ですね…
[ 2018/08/09 20:45 ] [ 編集 ]

Re: ロードブリティッシュ好き、2Pカラーガンダム嫌い

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>リクに「サッカー少年」というイメージは沸き難いですし、バックパックが腰に移動するのも返ってバランスが悪く感じます
そもそもタイガーウルフと戦うためにライフルを捨ててソード2本差しで挑んだ、というのも妙な話だと思います。
あのタイプの長物はアルトロンのようなインファイター相手には不釣り合いな代物ですし、
アレンジ元であるデスティニーは、自慢の高速機動を利用してひたすら自分の攻勢を崩さぬスタイルで戦っていたからこそアロンダイトを使いこなせたのであり、
リクのように相手と同じスタンスで戦う、という姿勢で戦えるものとは思えないです。

>「今年最弱の速水奨」最有力候補ですね…
最初は隠しボスだと期待していたのですが…
[ 2018/08/10 00:06 ] [ 編集 ]

ダブルオースカイのギミックに関しては「ほーん」程度に若干感心しました。でも、プラモが欲しいとは微塵も思いませんでした。

私は先日「思い切ってスポーティーな方向に寄せた方が……」的な意見を述べました。
画面に映る、某覇王流よろしく殴る蹴る(プラス斬る)を繰り出すダブルオースカイを死んだ目で眺めながら、「うん、やっぱダメだわあの意見」と悟りました。
おかげで、一つ利口になりました。ありがとうございました。

……と言うか、必殺技って要は劣化ライザーソードみたいなもんじゃないですかヤダー!


ロンメル
智将と呼ばれる程の戦略家であり、きわめてハードな戦いを好む(公式サイトより抜粋)。
 →折角の戦闘データを意味もなく破棄。

何か深遠なメッセージが込められているのでしょうか。
[ 2018/08/11 20:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます。

>……と言うか、必殺技って要は劣化ライザーソードみたいなもんじゃないですかヤダー!
正直、やってることの芸が狭い感じはしますね。
巨大な剣で切り裂くというギミックはライザーソードはもちろん、AGE2-マグナムの時点でやってますからね。

>折角の戦闘データを意味もなく破棄。
なんなんでしょうね。小賢しいこと抜きにサシでやりあいたいと思ったのでしょうか。
[ 2018/08/13 20:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1920-79441e39