FC2ブログ





今週のガンダムビルドダイバーズ 19話

ガンダムビルドダイバーズ 第19話 『ナデシコアスロン』

ビルドダイバーズep19 0

盆休みだからリアタイで観ようとしましたが、そもそも何時から放送されていかを覚えてなかったので
結局録画を見ることと相成りました。
昔見た『F-ZERO』のアニメにも、女性限定レースがあったのを思い出しました。
何年前のことだったかなぁ、あれ。
あと『F-ZERO』の新作が最後に出たのもいつの日のことだったかなぁ。
そんな19話目です。


有名ブランドとのタイアップに伴いゲームで特別なイベントを開催する、というのはかなり現実味のある設定です。
…が、そのイベントの内容まで現実味があっては話は別です。
ゲームはゲームらしく、現実のイベントはそれらしく描いてこそナンボです。

考えてもみてください。
ガンプラに乗ってバトルしたりお宝探しをしたりするゲームの中で、プレイヤーのアバターがマラソンするイベントなんか見て楽しいですか?
駅伝観るの大好きマンな方ならともかく、私ならすぐ飽きます。そもそもガンプラのゲームでやることではありません

チェックポイント1におけるガンプラ作り、チェックポイント2における写真撮影も同様です。
ゲームの中でわざわざ現実世界と全く同じことをやる楽しさ、というのが分からないです。
チェックポイント3に関しても同じなのですが、話での役回りはノイエ・ジールがひたすら自滅を繰り返すギャグ演出扱いだったのでお口アングリヲ状態で見てました。

そもそもトントン相撲やるのにリアルタイプのガンプラ不向きです。
実際やれば分かりますが、HGガンプラでトントン土台を叩こうものならすぐにすっ転びます
(重心が高くて不安定なのと、土台を叩く度に股関節などがズレて余計にバランスが悪くなるため)
現実でもヨドバシカメラ主催でガンプラによるトントン相撲を開催してますが、
それに使われているのは重心が安定していて関節数の少ないSDガンプラのみであることからも明らかです。
この部分だけ現実味のない描写ばかり描かれていたので正直「センスない…」と思いました。
加えてラストの局面で「ミラクルニッパー」とかいう超ご都合アイテムの存在が出てきて更に呆気にとられました。


ギャグの内容自体はそこそこですし、レースの結末も良い意味で予想がつかなかったので、決してつまらない話ではなかったです。
が、話の節々から「それゲームでやる必要ある?」と言わんばかりにガンプラ設定を雑に扱う姿勢が目立ちました。
2クール目もとっくに折り返し地点を過ぎてるので、今後その姿勢が変わることはないと思います。
もう変にガンプラ設定に沿うよりも、本筋のストーリーに集中した方がいいもかねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

「総帥専用MS」と「ララァ・スン専用MA」を足すと訴えられない(名案)

伊 藤 か な 恵 が演じるナナミにもやっとスポットが当たっと言えますが。
ダイバーナミの販売スケジュールとは言え遅すぎるタイミングと言わざる得ないですね。
前作の似たような話でセカイの姉が初めてガンプラに触れる「ガン☆コレ」が10話と前半のエピソードなのに対してコチラは後半戦。
そのせいで序盤から登場しているのに彼女には「ガンプラ屋のバイトでチームメイトの妹」という以外のキャラ付けが全くできませんでした。
伊 藤 か な 恵が声の出演なのに。

しかもそのダイバーナミが本編ではガンプラではなくいちアバターキャラに過ぎないので話に絡ませるにはガンプラバトルとは縁のない競技をせざる得ないと…
ローズネキがカトキサザビーの販促を必死にするのは良いのですがガンブレ同様のTNDデータでは…

>ノイエ・ジールがひたすら自滅を繰り返すギャグ演出扱いだったのでお口アングリヲ状態で見てました。
あれ、ガンプラを粗末に扱っている感じで販促アニメとしてどうよ?と思いましたね。
これ見て思い浮かんだのが過去回でユッキーがジェガンブラストマスターを作るのに「HGAWガンダムX2機を生贄に!」してた事です。
作中世界では3Dプリンタで簡単にランナーを作れるというのにあのような無駄遣いをわざわざ入れる意図、コレガワカラナイ
「ガンプラへの愛は課金額で示せ」という意図なのでしょうか…?
[ 2018/08/15 19:26 ] [ 編集 ]

Re: 「総帥専用MS」と「ララァ・スン専用MA」を足すと訴えられない(名案)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>伊 藤 か な 恵
絶対言うと思いました。

>ローズネキがカトキサザビーの販促を必死にするのは良いのですがガンブレ同様のTNDデータでは…
一応作中では「アクセサリ扱いなのでゲーム内で飾れる」みたいなこと言ってましたけど、それでいいんですかね?
作ったガンプラを仮想現実でしか見ることができないなんてつまらないと思います。

>これ見て思い浮かんだのが過去回でユッキーがジェガンブラストマスターを作るのに「HGAWガンダムX2機を生贄に!」してた事です。
これは実際にニコイチ目的や、パーツ欲しさ(部品注文だと逆に高くつく)のためにガンプラを複数買いする人はいるので、珍しくはないと思います。
とはいえせっかく3Dプリンターがあるのに使わないのはもったいないですね。現実のプラモ製作と同じ視点で描きたかったのかもしれませんが、
そうなると今回のゲーム内の描写はどうなるんだって話になりますが…
[ 2018/08/15 23:26 ] [ 編集 ]

現実とヴァーチャルの垣根が悪い意味で低いと言いますか、まさしく「それゲームでやる必要ある?」状態でした。

そもそも、「アバターの身体能力が重要な」マラソンで勝負を決めると言う発想がガンプラとどう関係があるのか分かりません。むしろ「このゲームのアバターの設定ってどうなってんの?痛みは感じないなら、疲れはどうなの?疲れないなら、短距離走みたいな全力疾走続けても問題ないよね?」……などなど、設定面に関する疑問が湧いて来ました。

つまり私は、いまだに「GBNの世界」に十分馴染めていない訳でして……。

あと、いい加減サラの不思議パワーに作中の誰かが疑問を持ってもいいと思います。
いくら何でも引っ張りすぎです。
[ 2018/08/18 20:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます。

>むしろ「このゲームのアバターの設定ってどうなってんの?痛みは感じないなら、疲れはどうなの?疲れないなら、短距離走みたいな全力疾走続けても問題ないよね?」……などなど、設定面に関する疑問が湧いて来ました。
今となってはただの足枷ですね、その設定。
アバターが何かしら行動する度にケチがついてしまいます。
[ 2018/08/19 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1924-908961f3