FC2ブログ





今週の仮面ライダービルド 49話(終)

仮面ライダービルド 最終話 『ビルドが創る明日』

ビルドep49 0

前々から疑問に思っていて仕方なかったことが1つあります。
それは戦車と説明されていたはずなのに、いつの間にか「兎=戦兎」扱いされるようになったことです。
戦車くん除け者にされて可哀想
泣いても笑っても最終話です。


視聴者の知らないことは大体エボルトがべらべらと説明し
そんなエボルトに大して単独で挑んだら何故か普通に倒せちゃって、その後は戦兎の想定通り、平行世界を融合して平和な世界が実現。
大友受けしそうな過去エピソードのオマージュを一通りやった後、何故かちゃっかり龍我も生きていたので万々歳。
ラプ&ピースの世界がとうとう実現したのでした。めでたしめでたし。


そもそも新世界に戦兎と龍我(エボルト因子有)が存在していることがわからないです。
劇中では「2人はイレギュラーな存在だから」と言っていましたけど、
龍我はともかく戦兎は言ってしまえば、ただの「顔を整形した葛城巧」なんですから普通に考えて新世界では葛城巧として生きていなければおかしいと思います。
そもそもイレギュラーな存在なのであれば、2人はエボルトと同じように消滅した方が道理としてしっくりくるのでは…?


見た感じは綺麗にオチが付いたように思える終わり方でしたが、私は少し違うのではないかと思います。
この作品で散々言及されていた「科学の発展」というのは、先人たちが犯してしまった失敗から学び、同じ過ちを繰り返さないよう努力すること「発展」の1つだと思うのですが、
この作品がやったことは「どんな失敗しても、最終的になかったことにしてしまえばOK!という非常にナンセンスなものだと思います。
根本的な反省ができなければ、人間は同じ過ちを繰り返し、エボルトからは草葉の影で嘲笑されそうな気がするんですが大丈夫なんでしょうか。
戦兎本人は「ラブ&ピースの世界が実現した」ことよりも「自分の知ってる龍我が生きていた」という個人的なことに満足しちゃってる気がしますし、
ラストの彼の行動も「全部上手く行ったから振り返って記録しよう!」という独りよがりなものであり、
そもそも何が悪くてどう対策をすれば同じ過ちを繰り返させないのか分かっていない気がします。
科学の悪用が本作のテーマの1つだったというのに、最後の最後でそれを言及しないとなると、即ちテーマのブン投げであり作品にオチがついてない状態だと思うんですが…


過去エピのオマージュはぶっちゃけどうでもいいんですけど、各話のあらすじを「戦兎の振り返りの記録」に繋げるのはちょっと関心しました。
関心したんですけど、それだと「ギュイイインのズドドドドド」が説明できない気がしたのでやっぱり考えるのをやめました。
(あらすじにスタークが出ていたのは、本当に「声の仕事をしている人」を呼んできたのかもね)


今回の話に限ってはこんな感じでひとまずおしまい。
続きは作品全体の総評記事で言及しようと思います。ほなさいなら。

ビルドep49 1
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/08/26 12:57 ] 仮面ライダービルド | TB(0) | CM(8)

最高の1話と最悪の1話

最終決戦も新世界の展開も含めやけくそに感じました。アクションぐらいは期待してましたがエボルトの謎の弱体化にはたまげました(まあエボルトの中の龍我が、ビルドに攻撃される度に目覚めて抵抗してたという解釈もできますが…)
ラビットドラゴンのベストマッチの音声は、戦兎の思いに応えてドライバーが音声を出したらしいです。科学関係ねぇなほんと!

まあ一番の問題は新世界ですよね…
戦兎たちが命をかけて頑張って勝ち取った世界と考えれば聞こえはいいですが、これって命をかけて戦った一海や幻徳のことは戦兎と龍我以外は誰も知らないんですよね。あと以前戦兎はパラレルワールドBのほうには何も影響がないと言っていたはずなんですが、新世界ができたせいでその人たちも消滅してると思うんですが、この辺どうなってんでしょうかね天才物理学者さん…
パラレルワールド系の選択で、今までの戦った努力を無駄にしたくないから元の世界で生きるって選択がよく見受けられますが、自分はこういう展開のほうが好きなので、申し訳ないですが今回のビルドの戦兎に都合の良い新世界はあまり受けつけませんでした(ある意味では49話かけてのタイムリープ物と捉えることもできるような)

Vシネでは新世界後の話らしいですね。
せっかくエボルトのいない平和な新世界を作ったのに、また戦うことになるとか新世界の意味ねぇぞ!
[ 2018/08/26 14:20 ] [ 編集 ]

これ結局二人でB世界に逃げ込んだホモエンドなのでは?

ビルド完走お疲れ様です
まさかこんなにはやくあのエグゼイドに並ぶ作品が出てくるとは……(恐怖)

自分が言いたいことは大体本文にありましたので特にコメントはしませんが、製作側はどんなヒーロー像を描こうとしてビルドを作ったのか、通して視聴しても一切理解が及ばない一年でした

とりあえず、改めて完走お疲れ様です。総評もお待ちしています
[ 2018/08/26 17:30 ] [ 編集 ]

Re: 最高の1話と最悪の1話

たんぽぽ様、コメントありがとうございます。

>申し訳ないですが今回のビルドの戦兎に都合の良い新世界はあまり受けつけませんでした
結局のところエボルトは普通に勝てちゃいましたからね。
全てを元に戻すにしたって平行世界の皆さんは犠牲になってるんでしょうし。
三国戦争の時に正論を盾にして戦闘介入を拒否していた時と同じように、つくづく自分本位な結果しか出さない人だなぁと思いました。
[ 2018/08/27 00:52 ] [ 編集 ]

Re: これ結局二人でB世界に逃げ込んだホモエンドなのでは?

マーリン即ちシスベシ様、コメントありがとうございます。

>製作側はどんなヒーロー像を描こうとしてビルドを作ったのか、通して視聴しても一切理解が及ばない一年でした

公式さん曰く、「戦兎は見返りを要求しない正義を貫いてきた」だそうです。
さらりと平行世界の住人を犠牲にしてしまっていることに関してはどう考えてるんでしょうね。

>とりあえず、改めて完走お疲れ様です。総評もお待ちしています
ありがとうございます。
でもそこまで書く内容ないと思うので期待したら負けかもしれません。
[ 2018/08/27 00:57 ] [ 編集 ]

パラレルワールドの疑問について

正直あまりよく分かりにくい説明ではありましたが、多分スカイウォールのある本編の世界(A)+スカイウォールのない世界(B)=新世界(C)ってことですよね?
ならば最終回の内海などを見るに、恐らくは普通の内海+本編の内海=最終回の内海で性格が融合しているってことじゃないんでしょうか?消滅というか、混ざっただけのような気がします。
それならばこれはB世界の住人を犠牲にしたというよりも、戦争関連以外はほぼこちらと変わりないBの世界にこちらの世界を付け足しただけ、という方が何か正しい気も。
[ 2018/08/27 11:48 ] [ 編集 ]

予告通りジオウはROMるので初投稿です。

だらだら引き伸ばし蛇足に蛇足を重ねたエボルトの最終バトルは言わずもがなですが。
「初期フォーム」からの「パートナー()と『ゆゆうじょうぱぱわー!!』」でライダーキックという
「よくあるラストバトルの『記号』」を盛り込んだだけの陳腐なものでした
チェイサーマッハの熱さが懐かしいです…筆者様はそれでも買うんでしょうね…ラビットドラゴン…

で、問題のエピローグです予想通り「すべてを無かったことにした」という問題提起を棚上げにする代物でしたね。
「シュタゲ」や「君の名は。」も結果だけ見れば同じようなオチかもしれませんがあの結末に至るまで
主人公の弛まぬ努力と苦しみを経た上での結果ですし行動原理が「愛する人を救うため」というシンプルな物なので共感できますが。
「科学の暴走、危険性」訴えておいてこの様な似非科学を肯定するようでは話になりません…
そして上記2作と違いなぜ桐生戦兎と万丈龍我(茶髪)は質量保存の法則を無視して新世界に存在しているのか?

>各話のあらすじを「戦兎の振り返りの記録」に繋げるのはちょっと関心しました。
あくまで「夏休み終了ギリギリに頭を絞て考え出した自由研究の課題が意外とユニークで面白い」程度ではありますがね…

何はともあれ私初の仮面ライダーの長期コメントですが、(総評へのコメントは)ないです。

いや~もう十分堪能したよ…(満身創痍)
[ 2018/08/27 20:25 ] [ 編集 ]

Re: パラレルワールドの疑問について

ライダーファン様、コメントありがとうございます。

>正直あまりよく分かりにくい説明ではありましたが、多分スカイウォールのある本編の世界(A)+スカイウォールのない世界(B)=新世界(C)ってことですよね?
そもそも戦兎に都合のよい設定だけ明かされただけで、まともな説明など最初からされていないと思います。
出てきた情報を整理するなら、

・A世界・B世界に存在していた人間はC世界でも存在する
・スカイウォール・パンドラボックスなど本来存在しなかったものについては消滅する(龍我は存在してOK)
・エボルトの存在は融合時の力に還元され消滅する

だと思います。
記事でも言及しましたが、この場合A世界の戦兎は顔を整形した葛城巧なので、
C世界では葛城巧として存在しなければ辻褄が合いません。龍我についてもよく分かりません。
最初から設定として成立させる気がないレベルのガバ設定だと私は捉えています。
[ 2018/08/28 00:27 ] [ 編集 ]

Re: 予告通りジオウはROMるので初投稿です。

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>筆者様はそれでも買うんでしょうね…ラビットドラゴン…
た、多分発売しないんで… 少なくともフィギュアーツでは。
装動ならワンチャンあるかもしれませんが。

>そして上記2作と違いなぜ桐生戦兎と万丈龍我(茶髪)は質量保存の法則を無視して新世界に存在しているのか?
パラレルワールド云々は全て逃げの設定だと思っているので考えるのもアホらしいですね。

>あくまで「夏休み終了ギリギリに頭を絞て考え出した自由研究の課題が意外とユニークで面白い」程度ではありますがね…
だからこそ、突き詰めると「ギュイイインのズドドドド」のような突貫臭いボロが目立ってしまうんでしょうね。
[ 2018/08/29 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1935-28920094