FC2ブログ





今週のガンダムビルドダイバーズ 23話

ガンダムビルドダイバーズ 第23話 『宿命の二人』

ビルドダイバーズep23 0

仮にもHWSを名乗るなら、元ネタよろしく胸部装甲も付けて下さい。
見た目のバランスが悪くてかっこ悪いっす…
23話目です。戦いの火蓋は切って落とされました。

とはいえ話は全然進んでないですし、ビルドダイバーズのやることも陽動だったり不意打ち狙いだったりとフツーのことしかやってないですし、
案の定有志連合はビルドダイバーズにボコられてますし、
案の定ジェガンブラストマスターの砲撃によってモブガンプラは一層されましたし、
案の定シャフリは小手調べするために敵側に付いていただけで実際は仲間でしたし、
案の定運営は無能でした。管理者権限しょっぼ…

つまらなくはないですが、別に面白いとこがあったわけでもない普通のお話でした。
バトルとしてはそこそこですが、やってることが平凡なので「GBNの存亡を欠けた戦い」という標語を意識するといまいち盛り上がりに欠けていると思います。

多分この調子だと次回あたりでオーガたちがビルドダイバーズに加勢しに来そうですね。あれで敵に回られたら正真正銘のKYです。
某変態糞懐古厨はハッキングの方で忙しくて参戦できなさそうですが。


とはいえ、決戦への"引き"としてはきちんと機能していたと思います。
風の噂ではあと2話で終わるみたいですが、最終決戦はどこまで描かれるのか?
サラのフィギュアライズスタンダード(仮)の販促のためにも、それなりの尺は開けておきたいところですが…
関連記事
スポンサーサイト

きっしょ!!(率直)

ようやくリク君達が逆境を味わう時が来るかと思って少し期待していたのですが、どうしてこの作品の脚本はこうも悪い方向に思い切りが良いのでしょうか…監督さんや脚本家さんはリク視点でしか物語を見れていないのではないかと心配になってきます

リク達が不利な状況でも感情パワーで奮闘する事はまだ解るのですが、ブレイクデカールの時と違って今回は敵も真っ当なプレイヤー(しかも上位)なのに雑魚としてバッタバッタ倒されたり
2000万人の中のトッププレイヤー達が突然湧いて出てきたよくわからない主人公様の為に鉄砲玉役になってくれたり(しかも狐はわざわざスパイまでしてくれてる始末)
メイン回1話しか無かったショックガンダムの女の子がいつのまにかリク様ハーレムに加わっていたりともう着いていけません

他のガンダム作品の最終決戦ではもっと苦しい戦いや葛藤を強いられていたような気がしますが、このアニメの製作陣は主人公様一人だけが大好きで他は添え物でしかないんだなーと改めて感じさせられる、そんな内容でした
[ 2018/09/13 18:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ビーザツー様、コメントありがとうございます。

>ようやくリク君達が逆境を味わう時が来るかと思って少し期待していたのですが、どうしてこの作品の脚本はこうも悪い方向に思い切りが良いのでしょうか…監督さんや脚本家さんはリク視点でしか物語を見れていないのではないかと心配になってきます
今後の玩具販促や残りの尺、何より今までGBNで歩んできたリクたちの経験から鑑みれば、
むしろビルドダイバーズが劣勢になる展開の方が唐突かつ不自然なので困ります。
私はそういった展開は既に許容していて、だからこそ戦闘や戦術などの面で見応えを作ってほしかったのです。

>メイン回1話しか無かったショックガンダムの女の子がいつのまにかリク様ハーレムに加わっていたりともう着いていけません
シャノアール・ネオのメンバーはビルドダイバーズとのバトル後にアライアンスを結ぶほどの仲へと昇華していたので、「いつの間にか」というほど唐突ではないと思います。
[ 2018/09/14 00:23 ] [ 編集 ]

W勢なら日常茶飯事な戦法。

最終決戦らしい激しい戦いですが仰る通り平々凡々ですね。
筆者様には不評なOOスカイのHWSですが、私は良くないけど悪くもない印象です。
限られた時間でのできる限りの重武装という点ではこれ位が限界かと思われます。
物語序盤様々な武器を持ち込んで試したリクですから下手な拘りを捨て勝ちに掛けたカスタマイズかと…

只、今回に関してはラストのリクVSキョウヤまでの前座という感じが強くて特にタイガとシャフリの扱いが雑でしたね。
満を持して解禁(といってもキットでネタばれ済)のシェヘラザードのイフリートモードもあっさりやられてしまいましたし…
唯一、次回が気になるのは地下水路で鉢合わせたモモVSカルナという意外な展開ですかね。

>某変態糞懐古厨はハッキングの方で忙しくて参戦できなさそうですが。
ついでに 伊 藤 か な 恵もお留守番だったとは…彼女のガンプラが出るのはエピローグ辺りでしょうか?
最後悪ふざけ締めるのがこのシリーズの恒例ですが、果たして…?
[ 2018/09/14 20:13 ] [ 編集 ]

Re: W勢なら日常茶飯事な戦法。

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>筆者様には不評なOOスカイのHWSですが、私は良くないけど悪くもない印象です。
限られた時間でのできる限りの重武装という点ではこれ位が限界かと思われます。

時間が限られているのであれば、新規の武装を作るよりも、他所のガンプラの武装やスペアパーツを組み合わせる形の方が良いと思います。
付け焼き刃な対応であることがひと目で分かりますし、何より「ガンプラらしい」です。

また、この武装形態に「HWS」という名称を付けていることも問題です。
元ネタであろうνガンダムのHWSは長期的な戦闘を行う際の立派な武装プランの1つであり、
決して「中途半端な時間で武装を付け足しました」という内容のものではなかったはずです。
それでは「短時間でできる限りの装備を盛り込む」という必死さも何も伝わってきません。

>唯一、次回が気になるのは地下水路で鉢合わせたモモVSカルナという意外な展開ですかね。
そもそも狭い戦場に対し、ランシエのような分離・合体機能を持つガンダムが戦うのは少々相性が悪いと思います。
Vガンよろしく緊急時に脱出でもする気なのでしょうか?
[ 2018/09/15 20:10 ] [ 編集 ]

「最終決戦の火蓋が切って落とされた」割に、「普通」と言う感想しか出て来ない回でした。
ただし、

ロンメル
智将と呼ばれる程の戦略家であり、きわめてハードな戦いを好む(公式サイトより抜粋)。
 →水路からの奇襲をほとんど警戒していない(「少人数側が奇襲」は定番の戦術のため、普通は真っ先に警戒する)。
 →ゲームなのに、何故かマギー機を撃破するのをためらう。
 →「GBNの世界を守るための戦い」なのに、マギーとの勝負で部下に手出しさせない。

\(^o^)/<色々諦めた
[ 2018/09/15 21:56 ] [ 編集 ]

前哨戦

サラ関連でシバツカサさんが再登場するようになってから、憑き物が落ちたように感じます、13話でリクとGPDで戦いながら溜め込んでいた不満を吐き出したのが良かっただと思います、GBNが嫌いなだけでガンプラやガンダムが嫌いなわけじゃないですから、「愛を超越すれば憎しみになる」と最近ガンダムマイスターになったグラハムさんが言っていましたし、GBN憎しの気持ちが強すぎたんですよ、余裕があるなら昔見たいにコウイチさんと背中合わせで戦っている所が見たいです。
私はオースカイのHBS好きです、無骨感があってあれがリクのガンプラらしさなんだと感じました、キットが出るなら欲しいですでは。
[ 2018/09/15 23:53 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます。

>ロンメル
智将と呼ばれる程の戦略家であり、きわめてハードな戦いを好む(公式サイトより抜粋)。

普通に城の周りで待機していた辺り、どうもこの戦いでは軍師としては機能はしていないようです。
いざという時、敗因を自分1人で背負いたくないからでしょうか?
マギーさんが言っていたように、彼の行動はいちいち他人を隠れ蓑をしている傾向がありますが・・・
[ 2018/09/16 01:43 ] [ 編集 ]

Re: 前哨戦

ゴトウ様、コメントありがとうございます。

>サラ関連でシバツカサさんが再登場するようになってから、憑き物が落ちたように感じます
記事のどの部分に対しての言及でしょうか。
記事内容に関係のない独り言でしたら結構です。
[ 2018/09/16 01:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1950-4872fc21