FC2ブログ





今週のHUGっと!プリキュア 32話

HUGっと!プリキュア 第32話 『これって魔法?ほまれは人魚のプリンセス!』

ハグプリep32 0

これを貼れと言われた気がした
いつかのコメント返信で【きっと「スケートで優勝しました!」とか結果だけ描く】と書いた気がしますが、
本当にそうなるあたりハグプリはブレません。でもその辺はブレた方が良いと思います。もっと過程重視して♡
そんな32話目です。


スケートの大会をいつの間にか3連覇していたはぐたんキャワたんbotさんでしたが、
その快挙の要因には、淡い片思いを抱いているハリーの存在があったようです。
でも肝心のハリーの関心の向き先は別の人(はぐたん?)に向かっていたらしく、静かに失恋しました。


仮にもはぐたんキャワたんbotさんがスケートに復帰できたのは野乃さんと さあやの応援があったからなのに、
優勝できたことの要因として、どこから湧いて出てきたのかよく分からないハリーへの恋心をピックアップしてしまうのはどうなんでしょう?
優勝に至るまでの経緯が不明瞭でただでさえ納得できない上に、登場人物の心情さえ視聴者の知らないところで変化しているとなると
どこを楽しめば良いのか分からなくなってきます。


はぐたんキャワたんbotさん以外のプリキュアの扱いも酷かったです。
モウオシマイダーを前に棒立ちorポカポカパンチしかしないなんてあんまりです。途中で絵本の登場人物にコスプレしだすのも意味わかりませんし。
ハリーと同じように、人形姫の登場人物になりきる(ただし当人たちの記憶には残らない)ようにすれば良かったと思うんですが、それをしなかったのは何故なんでしょうか?
野乃さんとさあやはモブ人魚係、えみルーは舞踏会の演奏係にでもさせれば適任だと思うんですが…


でも今回ではぐたんキャワたんbotさんの片思い描写は一段落ついたと思っているので、
今後はそういった不毛な描写を見ることは少なくなるでしょうか?
でもそうなると、真面目な話はぐたんキャワたんbotさんは手持ち無沙汰な状況に陥ってしまい、
何のフォローもなければ空気化してしまいます。奇しくも最期は気泡となって消滅する人魚姫と同じ末路を辿ることになります
そもそも次の大会に備えてスキルを磨くのであれば、あまりプリキュア4人とつるんでる場合ではないと思うんですが。
次回はアンリのコメンテーターやるんだって? 何やってんだか…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/09/16 11:35 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(4)

リトルマーメイドじゃないのか(困惑)

飯(フィレオフィッシュ&金の月見)時に何てもん見せてくれんねん…!
それはそうとKHの『プリンセス』に何故アリスが入るのにアリエルがハブられたのか、コレガワカラナイ。

今まで断片的にしか描かれなかったほまれのスケートやハーリーに対する恋心
そしてビシンとの対立を無理矢理人魚姫に捻じ込んだだけですね、ホントに田中仁氏なのか?
ビシンに対して「私と同じ」というほまれですが全く共感が湧きません、今まで碌に絡んでないのだから。
確かに何時ぞやハーリーが「救いたい人がいる」的な事を言ってた気がしましたが大半の人は忘れるほど薄い描写だった筈です。
ルパンレンジャーの3人の様にセリフや回想を何度も交えてキャラの「譲れない思い」を強調させなければ「伏線」の意味はないです。
今作はただ伏せられた「事実」のカードを広げて提示しているだけなのでそこにドラマは生まれません。
そして言わずもがなのその他プリキュアの扱い…まさかまほプリのシンデレラを下回る適当な童話パロになるとは…

>はぐたんキャワたんbotさん
これ、前々から思ってたんですが子供を愛玩動物扱いしているようで不快です(語録無視)
プリキュアにしろお仕事にしろ個人の悩みにしろ、本作はどれをとっても遊び感覚なんですよね。
当初のコンセプトの「イケてるお姉さん」や「ヒロイックさ」なんてどこ吹く風です。

>片思い描写は一段落ついたと思っているので、
>今後はそういった不毛な描写を見ることは少なくなるでしょうか?
>奇しくも最期は気泡となって消滅する人魚姫と同じ末路を辿ることになります。
はなに続いて「よしっ!(適当)」と終わらせた気でいるなら仰る通りでしょう。
既に我らが主人公 野乃はな は一般通過爺と化しているのですから…
初期プリキュアの空気化は前代未聞ですが、このままではえみルーライヴでの尺稼ぎが大半になるやも…
[ 2018/09/16 12:53 ] [ 編集 ]

Re: リトルマーメイドじゃないのか(困惑)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>今作はただ伏せられた「事実」のカードを広げて提示しているだけなのでそこにドラマは生まれません。
私もそう思います。伏線というのは「思わせぶりな描写」だけではないはずです。
なにより、明かされたところで何にも面白くないんですよね。

>当初のコンセプトの「イケてるお姉さん」や「ヒロイックさ」なんてどこ吹く風です。
たぶん、「本人から見てイケてるお姉さん」ということだと思うので、
他の人がどう思おうが自分が満足すればいいんでしょう。大人とはいったい…
[ 2018/09/16 20:51 ] [ 編集 ]

スケートって何だよ(哲学

いつの間にか大会優勝してるってお前カブトボーグかよぉ!大和屋さんはプリキュアには参加してないはずなんですがねぇ・・・。

はキャb さんにフォーカスする為に他の面々が控えめになるのは(良くは無いけど)理解できますし、話の構成も前話に比べたら互いの要素がしっかりしていると思うのですが、あらゆる意味でスケートをコイバナの前座で終わらせるのは流石というかなんというか・・・。過程を描写しないことに定評のあるHUGプリですが、バンドの知名度に興味なさそうなえみルーや迷いながら道を決めることが(たぶん)主眼のさぁやはともかく、ほまれでコレをやるのはマジでギャグかと思いました。あるいは夢落ち。せめて恋心の成立過程をはぐたんの擬似父母要素ではなくスケートに絡めて描けていたら今回の話もある程度形になったのかな、と思います。

そしては次回は はキャb さんのスケート描写が少なかったせいで当然のようにスケートしているイメージが全然無いアンリ君の登場です。私はガチで彼のスケーター設定を忘れてて女装好きなほまれの幼馴染か何かだと思い込んでたぐらいですが、もしかして彼の方がちゃんとスケートに向き合う話になるんでしょうかねぇ。
[ 2018/09/17 13:52 ] [ 編集 ]

Re: スケートって何だよ(哲学

闇の社畜先輩様、コメントありがとうございます。

>せめて恋心の成立過程をはぐたんの擬似父母要素ではなくスケートに絡めて描けていたら今回の話もある程度形になったのかな、と思います。
ほまれの片思いが生まれ始めたのって、育児要素関係ありましたっけ?
ハリーが過去について隠し事をしているのをほまれが気づいたこと、ハリーが壁ドン紛いの行為を行ったことがキーだと思っていたのですが。
それで惚れ込むんじゃあルールー同様「チョロインすぎる…」としか言いようがありませんけどね。
[ 2018/09/17 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1952-6675afa8