【コエガ】今週のニチアサ 72週目【キコエル】

popup_image.jpg

来月の大きな出費はプレバン課金と地球防衛軍4ぐらい。

…と思っていましたが…


…10周年記念BOXって… 数量限定販売って…

メチャクチャ欲しいじゃないかぁ…( ´Д`)

DODを愛してやまない私としては、もう喉から手が出て脱糞するほど欲しいもんです。

これを手に入れるまで絶対に死ねません。

しかし出費が… 万札が…

赤字だぁぁぁぁ…(´;ω;`)
バトルスピリッツ ソードアイズ激闘伝 41話 『さようならスオウ 蘇れライトニング・シオン』

ソードアイズep41 1

真の黒幕はガルドスだと発覚したソードアイズ達。
来たるべき時の為に、ヤイバはツルギに王家に伝わる伝説のカードとやらを差し出しました。
そのカードは…

そしてツルギのソードアイに異常反応。
ヤイバのソードアイと同様に、他のソードアイズの反応を感知したのです。
とにかくその反応からスオウがヤバいと感じたらしいので、急いで光のソードアイズ+ゴーディはストークへ向かうことに。

ソードアイズep41 2

そこにはリローヴと気に横たわるスオウの姿が。この2人はかなり前の話から他のソードアイズ達の話から遮断されていましたね。
とりあえず2人にあったことを簡潔に説明すると、「特殊な太陽浴び過ぎてリローヴの命がヤバいからストークに行ってスオウの命と引き換えにリローヴを助けました」…とこんな感じ。
おかげで元々骨人形だったスオウから命が消えたことにより、文字通り身体だけの人形と化してしまったスオウ。
そこへやってくるツルギ達。ツルギはリローヴがスオウに何か変なことをしたに違いない、と決めつけるも、とうのリローヴは「何故お前のことをあれほど嫌っていた私のことを助けた」と生気のないスオウに問いかけます。
状況を飲み込んだツルギは、「それはスオウがお前のことを(兄弟として)好きだからだろ」と主張。自らの不甲斐なさにリローヴは涙を流すばかり…

ソードアイズep41 3

するとどういうことでしょう、スオウの身体が突然光り輝き、右目に紫のソードアイが宿ったかと思えば右手にはソードブレイヴが!
ツルギが話しかけるとスオウは「触るんじゃねぇっ!」盛大に拒絶。あまりの性格の変わりようにツルギ達は戸惑いますが、リローヴは何故か超感動。曰く、これがスオウの本来の性格だというのです。あの大人しかった阪口ボイスが、新八を二回りぐらい口悪くした感じに…w (口調はユーモアの無い銀さん?w)
キザクラ曰く、生クリームと生チョコぐらい違うそうです。

ソードアイズep41 4

スオウはツルギもリローヴも無視して何処かへ行こうとしますが、そこへ立ちはだかる坊主頭の男。
そう、犬塚先輩ことソラは未だに洗脳されたまま、スオウもとい光のソードアイズ達の行方を追っていたのです。
スオウに盛大に喧嘩を売るソラ。好戦的なスオウは喜んでバトルを引き受けることに。

バトル序盤からソラはいきなりゼルドナーグを召喚。持ち前のデッキ破壊攻撃はもちろん、ネクサス「光灯る三叉灯台」の効果でゼルドナーグを回復させる為、防御についても抜かりありません。
スオウは場に軽量スピリットがいながらもトリプルシンボルの攻撃を喰らい、ライフを一気に2にされてしまいました。

ソードアイズep41 5

しかしそれこそがスオウの狙い。ライフの攻撃を喰らうことでリザーブのコアを増やしたスオウ。
そこでキースピリットである「白蛇帝アルデウス・ヴァイパー」を召喚。
このスピリットの召喚による召喚時効果発揮。相手スピリットのコアを3つリザーブに置く効果に【強化】発揮。自分の場にいる紫スピリット1体につきコアの除去数+1という効果で合計5つのコアヲリザーブ送りに。
これでソラのゼルドナーグのコアは0になり、あえなく破壊。場に残ったのはコア1つのっかったスピリット状態のメイルシュトロムのみ。
更にスオウはソードヴレイヴ『紫電の霊剣ライトニング・シオン』を召喚、アルデウス・ヴァイパーにブレイヴ。
ブレイヴするCGがかなり気持ち悪い。何故剣を口に入れて飲み込むし

ライトニング・シオンの召喚時効果で相手スピリットのコアを1つリザーブへ。これによりメイルシュトロムも破壊され、ソラは丸腰状態に。
全てのスピリットで畳み掛けるスオウ。軽量スピリット2体でライフを2つ削り、最後はソードブレイヴスピリットであるアルデウス・ヴァイパーのトリプルシンボルが炸裂。見事スオウの勝利です。

ソードアイズep41 6

戦いの後、周囲から引き止められるにも関わらず何処かへ消えてしまったスオウ。
一方満足さんことソラはキザクラ作成のスーパーベリー辛いクッキーを食べさせられたことにより洗脳解除。スオウがちゃんとバトルで洗脳が解けたのに対し、この扱いは…
兎にも角にもこれで全てのソードアイズが揃うこととなりました。しかしスオウは…


というわけでとうとうスオウもソードアイズとして覚醒致しました。
ちなみにスオウ初登場は9話。そして初バトルが今回の41話。
その間32話というアマレロも真っ青になるほどのブランクっぷりです。
まあ、アマレロと同じようにお話の中でもちゃんとした位置づけがなされたのが幸いか… それにしちゃあ全然目立ってないような気もしますが。
ちなみに中の人の坂口大助さんはバトスピラジオのパーソナリティを務めるほどのバトスピ好き。
32話というブランクに悩まされていたことでしょう…w ちなみにラジオ内では自分なりに紫色のデッキを扱い、堀江由衣さんに勝っていましたw まあその後の放送で神田朱美さんに負けちゃったんですけどね(^_^;)
(ちなみにバトスピとの関わりは3年前の『少年撃覇ダン』の頃から)

阪口さんに限らず、今回の話からは各キャストの方の熱演っぷりが実に伝わってきました。
ソラ役の小野友樹さんなんか、最初期の頃と掛け声の質が全然違います。超ノリノリでした。
それにしても小野さん、自分のことを「新人声優」と謙遜してますが、もうそれ相応に場を踏んでると思いますから、もっと堂々としてもいいと思うんですけどね。

全然今回の話の感想言ってませんが、これにしてバトスピの項はおしまいです。


ちなみにハクアの声優さんは1時間半後のアニメでも緊急参戦することになりましたが…?




獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ19 『キャワイーン!うばわれたファミリー』

キョウリュウep19 1

武士たるもの、常に鍛錬は欠かさないウッチーこと空蝉丸。朝から関心でござる。
そこへ小学校へ登校する1人の少年の姿が。(神社の境内を通学路にしていいんだろうか)
と、ウッチーの目の前ですっ転ぶ少年。ウッチーは助けようとしますが、男たるもの障害は自力で乗り越えなければならない、と厳しい姿勢を構え、少年を見守ります。
すると少年、「どうして助けてくれないんですか?」とウッチーに抗議。ウッチーは自分の考えを説明するも、少年の防犯ブザーを鳴らされてしまいます。
たちまち少年の元へ駆けつけるご両親。ウッチーはご両親に息子の勇治くんを助けなかったことを猛抗議されてしまいました。
スピリットベースに戻り、それはモンスターペアレントだと説明されるウッチー。戦国時代はこうじゃなかったのに…とジェネレーションギャップに悩まされるウッチー。
(真面目に考えたらギャップってレベルじゃねーぞ)

キョウリュウep19 2

そして再び出くわすことになったウッチーと勇治くん。
勇治くんはウッチーにゴミを捨ててきてほしいと指図。ゴミ箱は割とすぐ傍にありましたが、勇治くんはテコでも動こうとしません。
更に勇治くんはウッチーに地図を渡して家まで送ってほしいとお願いしますが、そんな詳しい地図があるなら1人で帰れるだろう、とウッチー。
しかし防犯ブザーで脅されてしまった為、渋々ウッチーは勇治くんを家まで送ることに。オーマイ。

キョウリュウep19 3

普段なら下校時に待ち合わせ場所に来て一緒に帰ってくれるという勇治くんの両親。
空蝉丸と共に自宅の勇治くんの部屋を覗くと、そこにはデーボモンスター「キャワイーン」と、それを必死に可愛がるご両親の姿が!
他のデーボモンスターとは一線を引く、愛くるしい姿をしたキャワイーンにご両親はもうメロメロ。
勇治くんは必至に自分のことを訴えかけるも、邪険にあしらわれてしまいました。
ウッチーはキャワイーンと交戦を試みるも、キャワイーンは勇治くんの両親を連れてジェット噴射で逃走。

キョウリュウep19 4

キャワイーンが逃げた先はアイガロンとラッキューロの元。
キャワイーンの力により甘えん坊の子供達から両親を奪い、子供達から悲しみの感情を奪いつつ、キャワイーンを愛でる大人達からも喜びの感情を得るという一石二鳥の作戦だったのです。
そこへ駆けつけるウッチー。キョウリュウゴールドに変身してザンダーサンダーで斬りかかるも、キャワイーンの愛くるしい容姿に動きが止まってしまいます。
すかさずキャワイーンは逆立ちして形態変化。黒いドレス姿のバッドキャワイーンに変身し、ゴールドを攻撃してガブリチェンジャーを奪ってしまいます。

キョウリュウep19 5

ウッチーのピンチに駆けつけるキョウリュウジャー5人。バッドキャワイーンはキャワイーンに戻り、キョウリュウジャー5人も誘惑しようとします。「可愛い敵には手が出せない」というのはスーパー戦隊の伝統ですが、レッドは容赦なくガブリボルバーを発射。キャワイーンはラッキューロ達に勇治くんの両親を連れさせて、一時撤退することに。
かつて己のお人好しさ故に主君を犯してしまった過ち。ウッチーは同じ過ちを繰り返してしまったのでした…

キョウリュウep19 6

夜になり、1人じゃ晩御飯も作れない勇治くん。そこへウッチーが現れ、お手製のレシピらしきものを差し出し、自分に作れる料理を作れと勇治くんに言います。勇治くんはそんなことできないとぐずりますが、ウッチーは「今挑まねばいつまでもできませぬぞ!」と言い残して去っていきました。

結局晩御飯を作れないまま夜を明かした勇治くん。でもパンくらいなら作れるかも、とキッチンでパンを探しますが、目先のキャンディに気を取られてラッキューロに連れ去られてしまいました。
成長期の子供に朝食の代わりにお菓子を与えることは、たとえアントワネット様であろうとやってはいけません。

キョウリュウep19 7

勇治くんが連れて行かれたのは沢山の大人に愛でられるキャワイーンの元。
町一番の甘えん坊である勇治くんからは人一倍悲しみの感情が摂れるため、勇治くんの両親が愛でるキャワイーンの元へ連れてこさせられたのでした。
そこへ駆けつけるウッチー。ザンダーサンダーを抜刀してアイガロンに立ち向かうも、キャワイーンの命令により大人達によって取り押さえられてしまいます。

キョウリュウep19 8

再びすっ転ぶ勇治くん。誰かに助けを求めますが、「誰もいない!」とウッチーが一喝。誰もいないなら、自分を助けられるのは自分だけ。勇治くんは「お兄さんは強いからそんなこと言えるんだ」と反発するも、最初から強い人間などいない、自分弱いところだらけだと主張するウッチー。一緒に強くなろう。すぐじゃなくていい、せめて昨日の自分より強くなるために…!

キョウリュウep19 9

意を決して立ち上がり、キャワイーンにタックルをかます勇治くん。
キャワイーンの手からガブリチェンジャーが外れ、勇治くんはガブリチェンジャーをウッチーにパス。
ウッチーはガブリチェンジャーで周囲の大人達を感電させ、形勢逆転。
キョウリュウジャー5人もかけつけ、いざ尋常にキョウリュウチェンジ!

キョウリュウep19 10

キャワイーンもバッドキャワイーンに変身し、ゾーリ魔を呼び寄せ交戦状態に!
途中、ブラックがバッドキャワイーンの接吻による誘惑で洗脳されてしまい、同士討ちするブラックをレッド・ブルー・グリーンが止めるという混乱状態に。
ならば目には目を、ということでピンクはスティメロを発動。バッドキャワイーンの周囲にいたゾーリ魔を誘惑させ、更にゴールドが鏡でゾーリ魔達にバッドキャワイーンの姿を見せることにより、ゾーリ魔達はバッドキャワイーンにメロメロ状態に!

キョウリュウep19 11

ゾーリ魔達の強烈アタックにより動きがとれなくなったバッドキャワイーンに、ゴールドが雷電残光をお見舞い!
ブラックの洗脳は無事解けましたが、バッドキャワイーンは倒せなかったようで、彼女はスクスクジョーロを取りだし巨大化。
どうやらラッキューロを脅して取り上げたそうです。本当に上官としての威厳がない…w
ケジメをつけるべく、ロボ戦はプテライデンオーのみでバトル。キャワイーンの形態変化による攻撃に悩まされるも、ブンパッキーの援護により見事撃破しました。

戦いが終わり、とある日のこと。
いつものように修行しているウッチーの元に登校する勇治くんの姿が。
やっぱりすっ転ぶ勇治くん。しかしちゃんと1人で立ち上がるまでに成長しました。
ウッチーもまた、勇治くんのように強くなることを決意。しかしノッさんのギャグセンスやイアン女好きは向上する気配ナシ。それどころかイアンにはロリコン疑惑が…w


子供に対する過保護をテーマにした今回のお話。架空の話と見過ごせるようなものではありませんね。
「一緒に強くなろう」という言い回しは良かったですね。何かを学び、何かを得ることは大人も子供も関係ありませんからね。何かを得るには自分で行動しろということでしょうか。
とはいえまだ勇治くんの歳では親の助けも必要です。何事も過干渉はよくないですね。
実に本来の年齢層に訴えることのできるようなメッセージのあるお話だったかと。




仮面ライダーウィザード 41話 『魔法使いは運命』

ウィザードep41 1

「さあ、終わりの時よ!」

仮面ライダーメイジに変身し、メデューサに立ち向かう真由。肉弾戦もさることながら、テレポートやバリアなどの魔法を用いてメデューサに一歩も譲らない戦いを繰り広げます。
途中でウィザードも戦線に復帰。2対1で不利になったことにより、メデューサは一時撤退することに。

ウィザードep41 2

一方絶望間近の譲くん。シルフィにいたぶられている攻介は何もできず。
譲くんのアンダーワールドはボロボロになり、ファントムを生み出す寸前に…!
とその瞬間、朱里さんが息を吹き返した! アンダーワールドでも同様に朱里さんが譲くんを止め、ファントムを生み出すことを防ぐことに成功。
しかしシルフィは朱里さんを連れ去って何処かへ消えてしまいます…

ウィザードep41 3

面影堂に集うメンバー。
真由は譲に、魔法使いにならないかと提案。ファントム化を乗り越えた譲にはその資格があり、それは朱里を助けることにも繋がるとのこと。当然ながら譲は複雑な表情。
晴人は真由に、白い魔法使いの目的は一体何なのかと聞きますが、真由ですら分からないと言う。しかし彼は「魔法使いがあと2人揃えば、どんなファントムにでも勝てる」とのこと。
そんな時コヨミが魔力切れを起こしてしまうが、真由によって魔力補充。魔法使いが増えるということはコヨミを助けられる人が増えるということ。いいことづくめですが、やはり晴人は不安な表情。

ウィザードep41 4

譲と攻介は外へ散歩。攻介は譲に、誰かの為に魔法使いになるのはやめろ、と告げます。魔法使いとして戦うのはあくまで自分の為。まあ攻介の場合命がかかってるわけですからね。
元はといえば攻介は無理矢理魔法使いにならされた身。しかし譲には選択の自由と時間があります。
そんな時に、シルフィからの紙飛行機による手紙が。採石場にて待っているというのです。
譲は着いていくと宣言。魔法使いとしての戦いをこの目で見て、魔法使いになるかどうか決めたいとのこと。

ウィザードep41 5

で、早速採石場にやってくる晴人と攻介。
シルフィは卑怯なことに、人質として捕えていた朱里さんの真上から鉄骨を落としますが、隠れていたメイジのグラビティの魔法によって回避。すかさず晴人と攻介がWライダーキックを決め、朱里を助けます。
その様子を隠れて見ていたミサは譲の抹殺を試みるも、どういうわけかソラに止められます。
晴人と攻介は仮面ライダーに変身。グール達を薙ぎ倒し、空中戦を試みるシルフィもハリケーンドラゴンとファルコの力で押し、地上へ叩き落とします。
やがて2人とも最強形態のインフィニティーとハイパーに変身。かなりオーバーキルですが無事シルフィを撃破しました。

ウィザードep41 6

その後、再びMTBの練習をする譲。真由は譲に魔法使いになるかどうかを改めて聞きますが、譲は辞退。
朱里に再び会いに行くその日の為に、MTBを練習しておくとのこと。魔法使いやってる暇なんてありません。
譲の意志を聞き入れた真由はそれ以上無理強いをせずに身を退くことに。
真由は魔法使いとして戦いながら、他の魔法使いを探すことに…
再び練習で2人きりになった攻介と譲。
攻介は念のためにと譲のアンダーワールドにいるファントムを倒すべく、ビーストに変身して譲にエンゲージリングを差し出そうとします。
しかし突如、ビーストの背後から謎の攻撃が! 振り返ってみればそこにいたのは白い魔法使い!

ウィザードep41 7

白い魔法使いは譲を魔法使いにさせようと、モロ脅迫に近い形で勧誘。譲は当然断りますが、「これは運命だ」などと言ってチェインの魔法で譲を縛り、気絶させてしまいます。
譲を助けるべくビーストは白い魔法使いに立ち向かいますが、まるで歯が立ちません。バッファのセイバーストライク(6)も簡単に防がれてしまいます。
アーキタイプの魔法使いに用はないと言う白い魔法使い。ビーストをエクスプロージョンの魔法で吹き飛ばし、白い魔法使いは譲を連れてテレポートで消えてしまいました。

ウィザードep41 8

一方国安0課。
晴人と凜子の作ったモンタージュ写真を見た木崎さんは何かに気づき、改めて国安のデータベースを調べ上げます。以前晴人達に見せた人物データは魔法使いやファントム絡みの人物のデータ。他のデータから該当人物を調べ上げると、そこには笛木の人物データが!
すると突然木崎の元に謎のフルートの音が。晴人達が木崎の部屋に駆けつけた頃には、部屋はメチャメチャに散乱しており、血のついた木崎の眼鏡が…!


さあ、遂に白い魔法使いも本格的に動き始めてきました。
彼は黒幕というよりは、目的達成の為に自分のエゴを他人に押し付けているような感じですね。何れにせよ何処かで身を滅ぼしてしまいそうですが… やっぱりラスボスはワイズマンなのかなぁ。
それより木崎さんが… 私あの人のキャラ結構好きなのに…w




ドキドキ!プリキュア 21話 『ピンチに登場!新たな戦士キュアエース!』

ドキプリep22 1

トランプ王国から無事脱出したプリキュア御一行。
氷漬けになったアン王女を助けるにはどうすればいいかと思案した結果、「王女様の眠りを覚ますのは王子様のキス」というとで岡田さんが皆の前で公開接吻することに。
が、色々問題があったのかキスシーンはカット。とりあえずアン王女は元に戻りませんでした。
もしやこの氷は外から施されたものではなく、王女様が身を守る為に張ったものではないか、という意見も出た為、とりあえず何処かに安置しておくことに。

ドキプリep22 2

地上に戻ってなお、レジーナはパパのことを愛おしい様子。
しかしレジーナのことが好きなのはマナ達も同じ。その気持ちを大事にしていれば、いつかパパと分かり合える日もきっとくるとマナ達は答えます。
とりあえず身寄りのないレジーナは一時的に相田家が引き取ることに。

ドキプリep22 3ドキプリep22 4
ドキプリep22 5ドキプリep22 6

相田家と一緒に食事したり、一緒の布団の中で寝たり、皆でビーチではしゃいだり。
楽しい思い出は瞬く間に埋まっていきます。皆笑顔でウルトラハッピー。
しかし皆と繋がっている温かみを感じると同様に、何処か胸の痛みも感じるようになったレジーナ。






ひょっとした心筋梗塞では…?
皆様は大丈夫ですか?

ドキプリep22 7

そんな彼女達の前にジコチュー幹部3人が登場。
レジーナとアン王女を取り返すべくキングジコチュー様の命でやってきたのです。
当然プリキュア達は拒否。変身して戦うことに。
が、この幹部達やけに強い。少なくとも前回よりはずっと強い。
イーラとマーモの合体攻撃をロゼッタリフレクョンで防ぐも、背後からベールの攻撃を喰らってしまいます。
プリキュア達の元へ駆け寄るレジーナでしたか、またも胸の苦しみが襲い掛かります。
何故このような現象が起こってしまうのか…?


ドキプリep22 8

「それは… お前が愛を知ったからだ。」

聞こえてきたのはキングジコチューの声そして現れたのはキングジコチューの幻!
レジーナキングジコチューによる竜巻に閉じ込められてしまい、プリキュアでも手が出せません。

ドキプリep22 9

キングジコチューは言う。レジーナはプリキュアと関わり、愛を知ってしまったから心が痛むのだと。
自己中のままでいれはいいのに、余計な感情を手にしてしまったってことですね。
キングジコチューはレジーナに帰ってこい、と諭しますが、レジーナは拒絶。
するとキングジコチュー、レジーナに突然謝罪。我々親子なんだから許しておくれ、とのことです。
しかレジーナはマナ達も捨てられない。しかしキングジコチュー甘い言葉でレジーナを誘い、プシュケーを黒く染めてしまう。
消えゆく胸の苦しみ。しかし消えるのはその苦しみだけなのだろうか。
ようやく手に入れた友情も何もかも全て…

「ああ…やっぱりあたしはパパが好き…
その
パパとあたしを引き裂いたのは… プリキュア!」


竜巻が消え、その中から現れるレジーナ。誰もが無事を喜んだその瞬間。

ドキプリep22 10

「消してあげる。」
突然極太デスビームを放つレジーナ。
もう今いるレジーナは皆と触れ合った頃のレジーナではない。
レジーナの追撃は続き、プリキュア達は成す術もない。
4人がかりで説得を試みるも、レジーナは全く聞く耳を持たない。
それはないですよレジーナさん。

レジーナの追撃はまだ続き、やっぱりプリキュア達は成す術もない。
「ラブリーフォースアローなら悪い心を浄化できるかもしれない」というソードの提案で、
4人は一か八かの賭けに出ることに。
レジーナにアローを構える4人でしたが、ハートは「やっぱりできない!」とアローを下してしまう。
ハートを嘲笑うレジーナ。

ドキプリep22 11

レジーナの追撃はまだまだ続き、プリキュア達は成す術も無く変身解除。

「さようなら、偽りの愛の戦士プリキュア!」
レジーナは闇の元気玉みたいなのを頭上に構え、マナ達にむけて発射!

とその時、きゅぴらっぱー! という聞き覚えのある声と共に赤い閃光がレジーナの攻撃を打ち消す!
鳥か? 飛行機か? いやプリキュアだ!
そこには5人目の少しケバそうな少女とも言えなさそうな何だかよく分からないプリキュアの姿が…

「何なの!? あなた!」


ドキプリep22 12

「愛の切り札… キュアエース!」


            ⌒  ヾ              、ミ川川川彡
     r/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、 ヽ             ミ       彡
     /. ノ(  (゚ッ)/  ̄ ̄~ヽ ヾ        三  こ  駄 三
    /  ⌒     ト、.,..    \丶。       三  ら  目 三
   彳、_      |  ∴\    ヽ        三.  え  だ  三
    | ) r‐      /  ノ( \\  |∴     三  る     三
     |           ⌒|⌒ ヽ ヽ  | 。o    三.  ん  ま 三
   ノ(           /    | |  /        三.  だ  だ 三,.
     .⌒      /    ヽ|/゙U       三     ハ 三
           /     u            三.     ク  三
                              三      ア 三
                               彡      ミ
                                彡川川川ミ.


う~ん、で、キュアエースって誰でござるか?

何だかとんでもないことになってるでござるが、一体何者でござるか?

バースに変身してたのは5103じゃなくて伊達さんだったみたいな感じでござるか?

何だかよくわからぬが、とにかく今BBAとか叩いてたら後々痛い目に遭いそうでござる…

怖い…何だか怖いでござる!(´;ω;`)

何故拙者は新しいプリキュアに恐怖せねばならぬでござるか!(´;ω;`)

キュアエースに関するコメントは次回に持ち越すでござる! (`・ω・´)
うんこ。

くぎゅう。


まあ、あんまり派手さを気取らないドキプリですから、
こうなることは分かっていたというか何というか。

とにかくレジーナが再び闇堕ちしてしまいました。
でも気になるんですけど、キングジコチューはレジーナのマナ達に対する感情を
余計なものとして捉えていましたが、レジーナのキングジコチューに対する感情はどうなのでしょう?
どちらも好きという感情に違いはない思うのですが…
まあ、単に「自己中」と言えばそれで片付けられそうですが。
レジーナがキングジコチューとの思い出がないっていうのも何か引っかかるんですよねぇ…


ドキプリep22 13

5つの誓い…
腹ペコのまま学校に行かないとか、天気のいい日は布団を干すとか…?
でもその元ネタ、エースじゃなくてジャックなんですが…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 17:25 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(3)

杉田智和「キュア・マジックリンの次はキュア・ゲ○吐きかよっ!」

どうも、チバテレで銀魂が再放送してるのでよい機会だからと再視聴しているソバスチンです。当時は観たり観なかったりだったので( ^∀^)
アニメ版も遂に完結ということで始まった企画でしょうね。
レディス4ネタとか懐かしい限りです、そして神楽は相変わらずという…(;^ω^)

さて、遂に新戦士が登場したドキドキ!プリキュアですが、これまでの多くの予想を裏切る展開が待っていましたね。
前回の熱い救出劇から今回のマナ×レジーナとの心温まる交流。
しかしキングジコチューによってレジーナが再び悪の心に染まってしまうというのは
大友の私からしても結構ショッキングでしたΣ(゚Д゚)フレッシュとの差別化という点では成功と言えますが。
今作開始当初は六花の「もずく漬け」ネタはありましたけど…(;^ω^)
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=33985650
 このアニメは謎や伏線を提示してから10話前後の間隔で早めに回収されている傾向にあります。
最初はマナ×真琴で物語を回し次にマナ×レジーナで物語を回し
その間ジョナサンと王女との伏線の回収をしたのが2クール間の大まかなイベントといえます。
今後の展開は謎のキュアエースとの邂逅と如何にレジーナを奪還するのか?という展開でしょうか?
せっかく改心したレジーナを最終回直前まで洗脳されたままというのは非常にモヤモヤするので
早めに決着をつけて頂きたいのが本音なのですが果たして…?
 放送直前に判明したためかなりサプライズになったであろうキュアエースの声の出演は
今井さんでも渡辺さんでもなく釘宮理恵さん、西村ちなみさんに続きダークプリキュア5から正規プリキュアへの昇格というパターンです。
今期アニメでも多くのキャラを演じていますが、エースは最近あまり聴かない低めのトーンですね。
しかしここで新キャスト導入とはスタッフも思い切った事をします、彼女の正体は?レジーナと王女はどうなってしまうのか?
 初期メンバーがピンチの中、颯爽と現れる謎の戦士は東映では鉄板ですけどプリキュアにおいては5GOGOのミルキーローズ以来じゃないでしょうか?
(黒○ューズ?…知らんわぁ…)
ローズと違い現段階で彼女の正体はともかく詳細は断定しがたいです次回が非常に待ち遠しい状態ですね( ^∀^)
[ 2013/06/30 19:03 ] [ 編集 ]

モンペ(物理)といえばARMSの高槻夫妻

モンペという社会問題にメスを入れたキョウリュウジャーですが。
今回の主役は現代社会に疎く乱世の中で生きていたウッチーだからこそ活きたエピソートと言えます。
私も安易に「頑張れ」という言葉を用いず「共に強くなろう」と激励したのは実にウッチーらしく
勇治くんのような親に甘えることを普通に感じてしまった子供には利く言葉だと感心しました( ^∀^)
勇治くんの両親が改心した描写はありませんが「子が変われば親も変わる」と思われますので安心でしょう。
 今回のデーボモンスター「キャワイーン」はシリーズお馴染みの可愛い見た目で惑わす系の怪人(しかも声はデスラー総統の前妻)
そして案の定本性を現すと凶悪な姿になる訳ですが、ひょっとしたらアイちゃんも逆立ちすると…
ちなみにアキバレンジャー痛では凶悪形態の存在しない「ユルキャラジゲン」というチート怪人が登場して
信夫おじさんを苦しめるのですが、どのように撃破したかはまた別のお話…(^ω^)
 なにはともあれこうして親子で視聴後に色々と道徳的な話題で話し合えそうなエピソードは
ニチアサになくてはなりませんね。フィクションだからこその特権とも言えます( ^∀^)

終盤に向けこれでもかと内容が詰め込まれたウィザードですが
前回で攻介と譲くんとの心温まるエピソードに終始するかと思いきや
仮面ライダーメイジとなった真由の登場、白い魔法使いが遂に強攻策にでたりと急展開を迎えましたね
今回の攻介は自転車の指南や魔法使いになるべきか迷う譲くんに「自分自身のために力を使え」と諭したり
かなりいい役どころだったのですが最終的に白魔に撃退され譲くんまで連れ去られるとは中々酷い仕打ちでしたね。
しかも“数”に入れられていないとは…(´Д⊂ヽ
 魔法使いとして再登場した真由はメデューサへの復讐の執念こそあれ
性格自体は変わっていないようで一安心でした( ´З`)=3譲くんの意思を尊重するスタンスでしたから。
攻介の言う通りに自分自身の為に魔法使いになった訳ですが今後白魔がどのように打って出るかで彼女の運命も決まってしまいそうです。
 攻介同様に美味しいポジションに付けるかと思いきやエイフマン教授的な口封をされてしまった木崎さん。
割れた眼鏡(本体)を残し「眼鏡置き」の方はどこに行ってしまったのか?(´Д⊂ヽ
それにしても笛木なる人物には家族がいるようですね、グレムリン・ソラは何かを掴んでいるようですが果たして…?
[ 2013/06/30 19:11 ] [ 編集 ]

Re: 杉田智和「キュア・マジックリンの次はキュア・ゲ○吐きかよっ!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
今回のキュアエース騒動は本家銀魂でも盛大にネタとして扱われそう…
…なんですが、生憎アニメ終わっちゃったんですよね。オーマイ。

ことごとく予想を裏切っていくドキプリですが、
レジーナが再び闇堕ちしてしまうのは驚きでしたね。
満薫の例もありますし、再びマナ達の元に戻ってくるのは十分アリな展開だと思うのですが、やはり早急な救済が欲しいですよね。
とはいえあんまりさっさと戻ってきちゃうと今度はシナリオ的な立ち位置に困りそうです。
正直今の私から見れば彼女は「プリキュアに成り損なった憐れな少女」的な存在です。戻ってきたらどうなるんでしょうかね。
何れにせよ、マナとレジーナが結んだ友情が無駄にならないことを祈るばかりです。
それにしても… もずく漬け…(´・ω・`)
>放送直前に判明したためかなりサプライズになったであろうキュアエースの声の出演は
今井さんでも渡辺さんでもなく釘宮理恵さん、西村ちなみさんに続きダークプリキュア5から正規プリキュアへの昇格というパターンです。
今期アニメでも多くのキャラを演じていますが、エースは最近あまり聴かない低めのトーンですね。

かなり落ち着いた声ですよね。ぶっちゃけ昔と比べてアニメを殆ど見なくなった私にとって釘宮ボイスは患者御用達のツンデレボイスの印象しかないです。バトスピのハクアを見て、「あーこんな役もできるんだなぁ」としみじみ思いました。

キョウリュウジャーの今回のエピソードは、やはり戦国時代でお殿様一途に生きてきたウッチーにのみできるエピソードでしたね。
「共に強くなろう」という言葉は、ダイゴの説く「戦隊だからこそ、皆で助け合い、強くなる」という趣旨に則っていて納得できました。
こういう、単に悪人を倒すだけではなく、現代の問題も取り入れて単に勧善懲悪だけで終わらせないのが戦隊のいいところですよね。

ウィザードはクライマックスに向けて様々な展開が動き始めましたね。
木崎さんの調査シーンを見るに、どうやら奥さん?のような人物がいるみたいですね。
譲くんの意思を無視してまで自らの目的を押し進めようというからには、やはり何かしら強い行動倫理があるわけですよね。家族が関わっているのは間違いないでしょう。
木崎さんは本当にエイフマンよろしく口封じされてしまったようですが、その展開なら彼の残した遺産で晴人達が脅威のパワーアップを図ることも…?w
何れにせよここで死ぬのはもったいないです。最後まで晴人にイヤミを言ってやって!w
[ 2013/07/07 01:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/196-388218e8