FC2ブログ





今週のHUGっと!プリキュア 34話

HUGっと!プリキュア 第34話 『名探偵ことり!お姉ちゃんを調査せよ!』

ハグプリep34 0

このブログを見ている敬虔なホモの皆さんは上記画像を見て私が何を言いたいかすぐに理解できると思います
34話目です。

たぶん製作側としてはサブキャラを有効活用して一エピソードをまとめ上げたのだと思っているのでしょうが、
話の主題が「野々はな/キュアエールの客観的評価」という点にスポットが当たっているため、
過去回の描写と劇中キャラクターの認識がある程度一致していないと違和感が生じるだけです。


野々さんに対してのフォローは正直空虚としか言いようがありません。
家族想いなところや、周囲のために応援できることなど色々ピックアップされてはいましたが、どれも最初期の頃から取り上げられてきたことです。
視聴者からすれば、34話も経つのに一向に進展しないキャラクター性の方に疑問を抱きます。
表面的な部分を褒めちぎったところで「コイツ何も成長しとらんやんけ」という印象しかありません。
どうでもいいですけど、「応援要素」に関しては最近全然やらなくなりましたね。

キュアエールのフォローに関しては、確かにプリキュアたちがオシマイダーたちから市民を守っていることは事実なのですが…
今作は前々からプリキュアの戦闘がお話の外で発生して、市民が積極的に戦闘に関わるシーンが致命的に少ないです。バトルが蛇足臭く感じる話もありました。
そもそも戦闘自体も尺があまりありません。適当に小突いたらすぐにバンク技で〆ておしまいです。
なのでプリキュアの活躍の印象そのものが本作では薄いんですよね。キュアエールのみピックアップしようとすると尚更です。


どちらかと言えば、2クール目の最初らへんでこの話を描いていればまだ印象が違っていたかもしれません。
3人で戦っていた頃であればまだキュアエールの印象は強いでしょうし、野々さんの成長力の無さも「まだ序盤の方だし…」と受け流すことが出来たかもしれません。
ことりちゃんがシナリオに関わっていくには、もうタイミングが遅いような…


次回はさあやが演技の一貫のためにお医者さんの仕事体験をするようです。
最近の彼女はスイプリの奏よろしく、台詞の殆どがバンクシーンという典型的な空気扱いに成り果てていますが、
少しは存在感を取り戻してほしいですね。次回の話が終わったらまた空気に逆戻りしそうな気はしますが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/09/30 11:57 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(2)

自分を池で溺れ死ぬボーちゃんの真似をしているプリキュアだと思い込んでいる一般人

今作が丁重にキャラの成長を描いている作品ならば総集編として意義のある回でしょうが。
あいにく、はなには振り返えられる特筆すべき成長録が無いのでメガネ君からは
「元気で優しくて一生懸命」という当たり障りのない誉め言葉しか出てこないのが空しいですね。
そんなこと歴代プリキュアには皆備わっている素養です、そんな はなに顔を赤らめるメガネ君も都合の良い存在と言えます。
フレッシュの大輔やプリンセスのゆうきに比べあまりにもチョロすぎる…
そして懸念した通りタコ焼き屋の親父さんとはいつの間にか一緒に店を切り盛りする仲になっているわりに、絡みが淡白です。
テーマを鑑みれば自身を只甘やかしてくれる人物との絡みより、一緒に仕事をした人物との関係性を深く描くべきなのに。
「オッサンと関わるよりイケメンクラスメイトとラブコメになった方が華やぐだろ?」という作り手の根性が丸見えです。

>今作は前々からプリキュアの戦闘がお話の外で発生して、市民が積極的に戦闘に関わるシーンが致命的に少ないです。
にも拘らずいつの間にかプリキュアの活躍が世間で話題になってファンまで現れているのは違和感あります。
プリキュアと一般人が直接関わる様になった「フレッシュ」では序盤から丁重に描かれていたのに。
そのフレッシュで活躍した座古SDが関わっていてこのざまなのはシリーズファンからすればショックですね。
兎に角本作からは「サトジュンイズム」も「座古イズム」も感じられない、「坪田イズム」はまっぴらごめんです。

あと味方側に比べれば地味ですが敵側の描写も違和感ありまくりますね、何の脈略も無くジェロスが病んでましたが…
マーサおばさんに再強化でもされたんでしょうか?見た目は猫目のキャラ様みたいですが…?
[ 2018/09/30 16:45 ] [ 編集 ]

Re: 自分を池で溺れ死ぬボーちゃんの真似をしているプリキュアだと思い込んでいる一般人

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>兎に角本作からは「サトジュンイズム」も「座古イズム」も感じられない、「坪田イズム」はまっぴらごめんです。
なんなんでしょうね。古き遺産や経験を引き継ぐことより新しい実績を積み重ねていく方針なのでしょうか。
HUGプリは確かに新しいというか、今までにないものが見られますが。主に悪い意味で。

>あと味方側に比べれば地味ですが敵側の描写も違和感ありまくりますね、何の脈略も無くジェロスが病んでましたが…
自分の周りから人がいなくなることを美貌の劣化のせいにしていましたが、
たぶん過去回で取り巻きの2人を解雇したのが原因だと思います。そもそもあの2人以外に積極的に関わっていた人っていないような…
[ 2018/10/01 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1966-60112ad8