FC2ブログ





今週の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 36話

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第36話 『爆弾を撃て』

ルパパトep36 0

3~6桁しか設定できない金庫といい、設計図を放置して帰る姿勢といい、
いい加減ギャングラーはセキュリティポリシーをもう少し厳重にすべきだと思う
36話目です。
今回は久々に販促から見放されたパトレンジャー側が主役に立ったお話でした。


ノエルが珍しく前線に立たない代わりにメカニックの解析係としての役割を果たし、
怒りパワーのせいで余計な事態を招きかねない圭一郎&咲也の代わりに単独行動するつかさなど、
役割分担が適当でスムーズにお話を進めていた印象でした。
アクションなんかもパトレン3号が快盗たちを無力化する時の足技さばきが滑らかで感心しました。

一方で話のフォーマットにどうにも既視感を感じていた面もありました。
過去エピを振り返ってみると… ありました。「市民に装飾品を配って悪事を企む」という話は24話で1度やりましたね。(どちらもクールの節目…)
似たり寄ったりな展開になってしまった陳腐なイメージを受けるのもそうですが、
似たような事件を経験してなお怪しげなアクセサリーに頼ってしまう咲也にはほとほと失望しました。
いくら傷心状態だったとはいえ、さすがに警戒してしかるべきだったと思います。
ラストの咲也の狙撃シーンも、遥か彼方の爆弾のアンテナを特段狙撃仕様でもないVSチェンジャーで狙い撃つのはややオーバーだと思いました。


もう話も終盤だし、当たり障りのない日常エピよりは普通にメインストーリーを進めてほしかったかも。
少なくとも現時点においてギャングラー側があまりメインストーリーに関わりきれていない状態は変わってないですし。
出番の少ないザミーゴは言わずもがな。ギャングラー首領のドグラニオも、パトレンジャーの前に一瞬姿を晒したぐらいです。
この調子だと、ドグラニオもジュウオウジャーのジニスよろしく雑に新事実が明かされて、雑に倒されるんじゃないかと心配です。
関連記事
スポンサーサイト

何故塔のテッペンに(中性子)爆弾を仕掛けたがるのか?

スナークハント作戦かな(ARMS脳)

開始早々大目玉から始まり事態を悪化させる等、敵の策略とはいえ咲也のトラブルメーカーっぷりは
これまでの扱いもあり苛立ちを通り越して不憫に感じてしまうレベルですね…
確かに爆弾を解除し汚名をそそいだといえますが、そこに至るまで先輩方の尽力によるお膳立てがあってのものですし。
故に叱責しながらも根本では部下を信頼する圭一郎や、単独でペッカーVSルパンレンジャーに割り込だつかさの方が株が上がってます。

>販促から見放されたパトレンジャー
シナリオ上はパトレン回でも実質はルパンマグナムスペリオルの販促回になっているのがなんとも…
幸か不幸かルパンレンジャーに専用ロボが出たお陰でグッディの取り合いにならずパトカイザーも活躍できましたけど…

>もう話も終盤だし、当たり障りのない日常エピよりは普通にメインストーリーを進めてほしかったかも。
次回もギャグメインの日常回っぽいですね、因みに今年はアニメ「ゆるキャン△」のヒットで空前のソロキャンプブームです。
つい先日2期の製作も決定して盛り上がっている状況でこちらでもキャンプ回とはw
[ 2018/10/14 15:16 ] [ 編集 ]

Re: 何故塔のテッペンに(中性子)爆弾を仕掛けたがるのか?

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>これまでの扱いもあり苛立ちを通り越して不憫に感じてしまうレベルですね…
大体のシナリオで汚れ役というかハズレくじを引いてしまうのが彼ですね。
彼の持つ射撃の特技もあんまりシナリオで役に立っている印象はないですし、
今回は今回でやや過剰演出なのが気になるところです。

>幸か不幸かルパンレンジャーに専用ロボが出たお陰でグッディの取り合いにならずパトカイザーも活躍できましたけど…
最後に彼らがVSビークルを手に入れたのはいつの日のことだったでしょうかね…
[ 2018/10/15 23:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1977-5d9a8704