【玩具レビュー】 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー555 GLOWING STAGE SET

7/13~14開催の、魂フィーチャーズVOL.6、行ってきました。
早朝から並びましたが、やっぱり徹夜組はいるもんですね~(;´∀`)
結構早めに列に並べた為、整理バンド入手は余裕でした。

というわけで、


IMG_0701.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー555 GLOWING STAGE SET

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー555 GLOWING STAGE SETをレビューいたします。
名前長いわっ!
IMG_0703.jpg
ブリスター内。
1つ目が
・ファイズ本体
・差し替えベルト3種(通常版、ミッションメモリー外した版、ファイズフォン外した版)
・ファイズフォン3種(展開モード、ガンモード、ガンモード+ポインター)
・ファイズポインター(ベルト装着版、脚部設置版)
・ファイズショット(ベルト装着版・装備版)
・ファイズエッジ
・交換用手首3種(両平手・武器用右手首)
となっております。オリジナルと一緒ですね。

で、2つ目のブリスターが、
・ベース
・LED本体2種
・ベースジョイント
・支柱(可動)
・支柱(小)
・ジョイント
・グリップ基部
・グリップ
となっております。
ぶっちゃけ文章で説明してもわかりづらいですね。
2つ目のブリスターは全部纏めてグローイングステージって解釈して大丈夫です。


IMG_0706.jpg

仮面ライダーファイズ

オルフェノクがファイズドライバーを用いて変身した姿。
身体の表面を流れるフォトンブラッドの色は1番低出力の赤色。
その分スペックは非常に安定しており、また1番後期に開発されたベルト故に完成度も高く、
ファイズアクセルやファイズブラスターといった強化ツールを使うこともできます。

ちなみに本来は姉妹機であるカイザギア・デルタギアと共に、
オルフェノクの王であるアークオルフェノクを守護する為に作られたという経緯を持ちますが、
ぶっちゃけそのアークオルフェノクはファイズ達3人を凌駕する実力を持っていたため、
守護の必要があったかどうかは甚だ疑問。まあそれ以外にも作られた理由とか色々あるんですが。


IMG_0707.jpg
IMG_0708.jpg
外見は過去に発売されたオリジナル版と殆ど変わりません。
…といっても筆者はオリジナル版を所持していないのですが。以前もこんな流れあったような。
相違点を挙げるとすれば、ドライバーに装着しているファイズフォンに赤色が加わっています。


IMG_0710.jpg
IMG_0711.jpg
可動についてもオリジナルと変わらないでしょう。


それでは少し早いですがブンドドタイム。

IMG_0755.jpg


IMG_0712.jpg


IMG_0716.jpg
たっくんってどんな戦闘スタイルだったっけ…?
あんまりやる気のない、うだるようなアクションが多かったような気がしますが。


IMG_0713.jpg
ファイズフォン。
放送当時はこんな感じで傾けることのできる携帯が欲しかった。


IMG_0717.jpg
こちらはポインター装着版。
ファイズフォンの射程が伸びるそうですが、劇中未使用。
腰にポインターがついたままなのは乾巧ってヤツの仕業なんだ。


IMG_0718.jpg
ファイズエッジ。


IMG_0757.jpg


IMG_0719.jpg


IMG_0720.jpg
Exceed charge.
スパークルカットでオルフェノクをぶった斬れ!
所々ドライバーにミッションメモリーが付いたままなのも乾巧ってヤツの仕業なんだ。


IMG_0725.jpg
ファイズショットを装着。Exceed charge.


IMG_0731.jpg


IMG_0730.jpg
グランインパクトでオルフェノクを砕け!
ちなみにファイズショットそのものはデジカメとしても使用できますが、
そんなもので殴ったりしていいんだろうか。


IMG_0732.jpg
ファイズポインターを装着。Exceed charge.
このうだるようなポーズがたっくんの証。


IMG_0734.jpg
助走つけーの


IMG_0736.jpg
飛びーの


IMG_0738.jpg
脚部のポインターから赤い光を発射!


IMG_0739.jpg
必殺、クリムゾンスマッシュ! オルフェノクを貫け!


IMG_0740.jpg
  -=≡ ∩∧_∧∩
 -=≡  ヽ( ・ω・)/  スタッ
-=≡    (    /
 -=≡   ( ⌒) 
  -=≡  c し' 



IMG_0756.jpg
それでは今回のセットの目玉でもあるグローイングステージを紹介しましょう。
ステージ本体にLED・魂STAGE用のジョイントを装着して完成です。
LEDとジョイントはステージ本体の、どの凹みの部分にでも装着できます。

このステージそのものは、過去にプレバンから発売された、
">ROBOT魂 ユニコーンガンダム(覚醒仕様)& GLOWING STAGEセット
ROBOT魂 ダブルオークアンタ(クアンタムバーストVer.) ブラックライト台座セット
と同一のものです。


IMG_0742.jpg
LEDを点灯させるには単4電池が3つ必要。
このせいで筆者は近所のスーパーに行く為猛暑の夜道を歩くハメに(゚Д゚)ノ


IMG_0746.jpg
仮面ライダー555本体をグローイングステージに乗っけてみた。
この状態で周囲の電灯を消して、ステージのスイッチをONにすると…


IMG_0748.jpg
ぬわっ、撮影しにくッ!!
実際は表面のフォトンブラッドと、目のアルティメットファインダーと、頭部中央のオーシグナルがキレイに浮かんで光っている状態なのですが…


IMG_0749.jpg
IMG_0750.jpg
これでちょっとは実感してもらえるかなぁ~?
撮影技術が下手っぴですいません。m(_ _)m


IMG_0751.jpg
OPっぽくファイズエッジを持たせてみた図。
ファイズエッジの刀身もフォトンブラッド同様光ります。


IMG_0754.jpg
最後はLEDに照らされながらクリムゾンスマッシュで〆。
ポインターのレンズ部もちゃんと光ります。


というわけで、仮面ライダー555 GLOWING STAGE SETでした。
S.H.フィギュアーツ5周年記念作品ということでリリースされたセットですが、
正直言って「イベント限定商品」として売るにはかなり厳しいかと。
オリジナルの555は発売済みの上、今回は単に特殊なステージを抱き合わせで買わせようとしているので、
既にオリジナルを所持している方には「割高(6000円)な再販版」と思われても仕方ありません。
先述したROBOT魂2種と違い、555本体には殆どデザインの変化がありませんし。
実際物販の早朝組の列が終わった後の整理バンド配布場所はガラガラでした。
セールス的にはかなり厳しいんじゃないでしょうか、バンダイさん。
ファイズアクセル装着用の手首や、クリムゾンスマッシュ用のエフェクトパーツとか同梱させておけばまだ変わっていたかもしれません…
もっとも、オリジナルを持っていない私にとってはオマケ付きで555が手に入る、ちょうどいい機会だったり。
でも6000円はキツイっす…・゜・(ノД`)・゜・





ここからは魂NATION VOL.6の感想になります。
会場内では最新のフィギュアーツ情報はもちろん、フィギュアーツの製作過程なども展示されていました。
フィギュアーツの他にはエフェクトパーツの展示とかもありましたね。発売もするみたいです。
あと驚いたのが、フィギュアーツの素体一新に伴い、過去に発売したライダー達を作り直して発売するようです。
その第1弾がカブトで、2014年発売予定なんだとか。展示品見た印象では、顔がちょっと似てきたのと、胸が厚くなってる(デブになってる?)感じですね。
つーか作り直すなら、この前再販したのは何だったんだよ!
まあ筆者のフィギュアーツカブトは最初期に買った故に老朽化も進んでるので買い換えるには丁度いい時期ですが… 解せない… なんか解せないよ… ハメられてるよ… バンダイに…

あと一番驚いたのが、物販コーナーにて起こってしまいました。
なんと今回の555限定版の発売をきっかけに、913のGLOWING STAGE SETまで発売するというのです。
それの何が問題なのかというと、その913というのが数量限定販売で、物販コーナーに立ち入った方には全員、先行予約ができるということです。
分かるでしょうか、物販コーナーから滲み出るバンダイさんの「買え買えオーラ」が。

…予約しちまいました。すいませんorz
6300円+手数料払ってきます。
幸い近日サラリーが支給されますし… されますけど… はぁ、ハメられてるよ… バンダイに…

ある意味バンダイの光と闇(笑)を見受けることのできた今回のイベント。
バンダイの販売戦略のセコさは以後厳しさを増すことでしょう。
近い将来、有料DLCなんかじゃ済まされなくなるかもしれません。
もっとも、それに乗るかどうかは本人次第です。

というわけでバンダイ様、これからも末永く仲良くお願いいたしますorz


新情報を得た充実感より、財布の中が寂しくなっていく虚無感の方が強いのは内緒だ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/14 00:49 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(2)

村上社長は「上の上」なココリコ田中。

仮面ライダー555は所謂「メカ系ライダー」の中でも個人的に一番好きなデザインなのですがやはり
シナリオ面で井上敏樹氏の悪癖が濃縮されたような展開で個人的には終盤になるにつれ視聴が辛くなりましたね(o´・ω・`)
草加に関しては基本設定はそのままにもう少し真人間に描いてほしかったですし
(シャア最期の台詞のパクリには引きました((((( ∇|||)…)
ライダー側オルフェノク側どちらにも好きなキャラが居る一方同じぐらい嫌いなキャラもいますw
とにかく「両極端」な作品でした; ̄3 ̄)
 ファイズ最大の特徴である「光の線」を再現可能な本アイテムは企画意図自体はまっとうですけど
確かに流用に次ぐ流用は限定商品として「下の下」ですね、すでに所持している方々には食指が動かないでしょう(。-`ω´-)
 話はそれますが「過去作の抱き合わせ」ということで、先日予約した「MGSレガシーコレクション」を手に入れましたが
現在地球防衛に忙しい上に満足感で積んでしまってますねw一応3のバーチャスミッションを巻きで進めて
バンドデジネを少し視聴しましたが…ディスク2枚組み+資料集1冊で非常にコンパクトなのもポイント高いです。
最も過去のゲームソフトならばディスクに焼くだけですしこれまでの利益を考えれば十分な値段設定なのですがね。
かさばる立体物との大きな差ですね; ̄3 ̄)
[ 2013/07/14 19:40 ] [ 編集 ]

Re: 村上社長は「上の上」なココリコ田中。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

555といえば井上氏の描くアンチ王道に魅せられ、終始「この先どうなるの? どうなるの?」という気持ちで視聴していた為、嫌悪感はそれほどありません。もちろん、草加くんやその他諸々のキャラには思うこともありましたが、視聴当時の年齢がまだ幼かったですからね。
これ以上の555本編の思い出については、銃使いライダーの記事の時までお楽しみに…w

今回の555のフィギュアは過去の例に漏れずバンダイの罠に自ら釣られに行きました。ハイ。
オリジナルの555を持ってない以上、これはこれでヨシとします。課金金額は増える一方ですが…゚(゚´Д`゚)゚

そういえばソバスチン様はMGSPWを未プレイでしたね。
是非とも戦車や装甲車や戦闘ヘリとの強奪隠れんぼをお楽しみに…w 作業ゲーでもめげないで!
私はMGS3は「難易度EXTREMEをやろう!」と意気込んで序盤のトラップにわざと引っかかって重症を負わせ、自然回復させて体力上限を伸ばす…というのを3時間ほど続けて投げた状態になっておりますw
[ 2013/07/19 20:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/201-20cf7900