FC2ブログ





今週のHUGっと!プリキュア 42話

HUGっと! プリキュア 第42話 『エールの交換!これが私の応援だ!!』

ハグプリep42 0

次回作『スター☆トゥインクルプリキュア』の最新情報の載った動画を見つけたのでリンク貼っておきます こちら
そんなにカチカチしたって何処のリンクにも飛べやしませんよ。


さて42話目です。
面白いか、面白くないかと聞かれれば面白くない寄りなんですけど、
目くじら立てるような内容かと聞かれればそうでもなかったと思います。


少なくとも「アンリのストーリー」としては纏まった内容だったと思います。
まだ若いのにスケーター人生がお先長くないことを知り、ようやく気持ちに整理が付いて有終の美を飾ろうと思ってたのに、
不慮の事故でそれすら叶わなくなってしまった… というのは非常にいたたまれないと思います。
そんな絶望に対し、「自分の演技でみんなに笑顔でいてほしい」という夢の起源を思い出して
復活する流れも順当と言えば順当です。若干毛色が異なりますが、GOプリの38~39話の流れを凝縮させたような感じだと思いました。
悲しいなぁ。プリキュア5人でもここまで比較的筋の通ったストーリーを見たことがないのに…

まあ、散々極端なジェンダー論を他人に押し付けておいて「これは自分のなりたい姿じゃない!」だなんてどの面下げて言えるんだ、って話でもありますし、
当然本来プリキュア5人が描くべきストーリーでアンリとかいうサブキャラばかり推し進めるのは由々しき問題だと思います。
ですが見れない出来ではなかったと思います。ストーリー終盤に描かれた、彼の「変身」を除けばですが…


プリキュア側は相変わらず微妙でした。そもそも5人もいりません。野乃さん1人で十分です。
野乃さんに付きまとっていた「自分にしかできない応援」は、チャラリートの「なんでもいいんじゃな~い?」で結論が出てしまいました。
チャラリートの言っていることが間違いだとは思いません。結論の付け方としては十分アリだと思います。
ただし、キャラクター1人のアドバイスで解決してしまうのは考えものです。
他人の意見を鵜呑みにするのではなく、自分の主張を明白にした上で他所の意見を参考にしてほしかったです。
「自分だけの応援」という課題は8話の時点で発生していたのですから、考える時間は十分にあったはず…

それと「アンリくんはどんな自分になりたいの?」という問いかけはいい加減自分にも当てはめてほしいです。
野乃さんは何になりたいんでしょうか? 生涯応援係ですか? 自分が納得してるんであればそれもいいですけど、こちらが納得できるだけの根拠も提示してほしいです。


最後に、アンリが変身したキュアアンフィニについてですが、
私はキュアエールたち同様ミライクリスタルの力で直接変身した姿ではなく、あくまでも「アンリのなりたい姿をミライブレスの力で投影させた」だけに留まっていると考えています。
真の意味での変身ではなく、例えばミライパッドを使って姿を帰るだけの「変装」「なりきり」に近い姿ですね。

要するに、彼は厳密に言ってプリキュアに当てはまらないと考えています。
アレで公式キュア扱いされるのであれば、過去に登場したキュアファイヤーやキュアセバスチャン、はたまた初代で登場したパチモン2人もカテゴライズされなきゃいけないんじゃないかと思います。
アンフィニの衣装って野乃さんのイラストまんまの外見ですし、2人の想いが交錯した結果をミライブレスさんが上手いこと処理してくれた、
という風に考えればあのシーンの受け止め方もきっと変わることでしょう。



そういうことにしてくれぇ…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/12/02 12:42 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(10)

プリキュアってなんだよ(哲学

話の大筋自体は比較的まともだった印象です。アンリの心情自体はそれなりに描写されていましたし、今まで強気に振る舞っていたキャラが絶望するに十分な事態も描けていました。とはいえ自分がアンリに関わる描写に共感も好感も持てていないので、冒頭の持ち上げ描写から結構ゲンナリしていたのも事実でして…。逆にアンリが今回だけのゲストキャラだったら大筋このままでも結構良い話だと思えたかもしれません。最後の変身以外は。

男性初のプリキュアとして早速ヤフーのトップでもニュースになっていますが、問題は彼の性別よりもプリキュアになる意味の薄さだと思います。別にプリキュアに憧れているわけでもなく、闘う力を欲していたわけでもなく、つまるところ普通の被害者Aでしかないアンリに敢えて「キュア○○」の名を与える意味はマジで分かりません。地味にOPがアンリ特別仕様(ビシンがアンリになってる)だったりと、スタッフの愛情は伝わりますが、理解はできません。

何より今回のお話をキュアエールの個人回だと思ってくれる人が何人いるんでしょう…。坪田脚本恒例の強い言葉アタックが無いだけ今回はマシに見えますが、流石に可哀想に思えます。残りの話数で挽回できるのかなぁ…。あ、脚本家…(察し)

余談:スケートの観客にキュアゴリラが混ざってたのは男キュア繋がりだったのだろうか…
[ 2018/12/02 13:47 ] [ 編集 ]

(どうせホモ関連のリンクだからいら)ないです。

ですので私がちゃんとしたリンクを張ります、それではご覧ください↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm34258909

強引にねじ込んだ交通事故による不幸の押し売りや正人の大仰なセリフ回し。
この時点で私は生理的にアウツでした、ひと昔前のメロドラマかよと…
アンリが挫折して再起する筋書自体に不満はありませんが彼がサブキャラとして貢献していなければ感動はないです。
煙に巻くような物言いや、独善的価値観、否定から入る姿勢、好きになれるはずがないです。
少しでも ほまれにアスリートとしてのアドバイスでもしれば癖はあるが有能な人物だとは思えるのですが…
やはりカオルちゃんや ゆいこそが理想的なサブキャラですね。

>「自分だけの応援」という課題は8話の時点で発生していたのですから、考える時間は十分にあったはず…
>それと「アンリくんはどんな自分になりたいの?」という問いかけはいい加減自分にも当てはめてほしいです。
何はともあれ物理的な「実績」が欲しかったです、絵心があることはそれなりに描写されるんですからその方面でも良いですし。
以前私が指摘したように過去のトラウマを払拭すべくチアリーディングを始めたりと。
特に初期3人は設定を食い散らかしてはどれも深堀りできず今日に至ってますね。

>アンフィニの衣装って野々さんのイラストまんまの外見ですし、2人の想いが交錯した結果をミライブレスさんが上手いこと処理してくれた、
>という風に考えればあのシーンの受け止め方もきっと変わることでしょう。
>そういうことにしてくれぇ…
邪推ですが、坪田氏は本格的に「男の娘プリキュア」を出したかったのかもしれませんね。
それが通らず強引にアンリというキャラを生み出したと、前作のジュリオが気に入らないという説もあります。
兎にも角にもシリーズの私物化という点ではガンダムの岡田麿里と並ぶ存在になれましたな…
[ 2018/12/02 13:56 ] [ 編集 ]

カチカチしまくったじゃないか!!!(憤慨)

>プリキュアに当てはまらない
え…ネットニュースに男のプリキュア誕生って思いっきり書かれてましたけど…放送終了後即(頭痛が痛い)

>プリキュア5人でもここまで比較的筋の通ったストーリーを見たことがないのに…
今回の話に限らず今作への私の不満は大方これです。言い方悪いですが、アンリってマルッと削除しても本編の流れ
(クライアス社からハグたんないしみんなの未来を守る)にそれほど影響ないキャラですよね。
むしろ彼の作中での役割(尺やフィギュア関連、進路変更とか)をプリキュアメンバーに振るくらいで
ちょうどよかったんじゃないかな…と思いましたもん。
アンリだけのせいじゃないですが、今回の5人のプリキュア(特に初期3人)の掘り下げが足りず感情移入できないまま
終盤を迎えてしまったので、女たちの悩みのアンサーや決意を出されても、あまりスッキリしません。

今回のお話って、アンリが初登場で野々さんにぶつけた「応援なんて誰でもできる(正論)」へ
はなが答えを出す彼女の回でもあったと思うんです。けど話題になるのはアンリがプリキュアに!初の男プリキュア!的なことばかり。
制作側がこの手の話題性を狙っているのは明白ですが、管理人様が仰るように
>野々さんは何になりたいんでしょうか?
これを立てられなかったのが大きな一因な気がします。応援にしろ将来何になりたいかにしろ、積み重ねや継続がないので、結果に説得力を持たせられないのが致命的。
エールの応援にブレスレットが反応したからアンリがプリキュアになれた!というプリハート分裂のような奇跡頼みではなく
野々はなとしての式と解答を見たかったので残念でした。
[ 2018/12/02 17:14 ] [ 編集 ]

Re: プリキュアってなんだよ(哲学

闇の社畜先輩様、コメントありがとうございます。

>問題は彼の性別よりもプリキュアになる意味の薄さだと思います。別にプリキュアに憧れているわけでもなく、闘う力を欲していたわけでもなく、つまるところ普通の被害者Aでしかないアンリに敢えて「キュア○○」の名を与える意味はマジで分かりません。
そうですね。私は男がプリキュアに変身することを全否定はしません。
「それで面白くなるなら」「そのことに意義があるなら」という前置きが必須になります。
単に男の子がプリキュアになることを目的に添えているのであれば、ちょっと独りよがりなやり方なんじゃないかなと思います。
というかそれだと、チャラリートとかもプリキュアにならないといけないのでは…

>地味にOPがアンリ特別仕様(ビシンがアンリになってる)だったりと、スタッフの愛情は伝わりますが、理解はできません。
普段とちょっと違うな、とは思ってましたけど気のせいじゃなかったんですね…

>余談:スケートの観客にキュアゴリラが混ざってたのは男キュア繋がりだったのだろうか…
多分そうです。きっとみんな盛り上がってくれるだろうから描いたんだと思います。
[ 2018/12/02 18:46 ] [ 編集 ]

Re: (どうせホモ関連のリンクだからいら)ないです。

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>ですので私がちゃんとしたリンクを張ります、それではご覧ください↓
…倒錯しているのか! 危険なリンクだ…生かしておくわけにはいかない…!

>アンリが挫折して再起する筋書自体に不満はありませんが彼がサブキャラとして貢献していなければ感動はないです。
そうですね。私もアンリは嫌いです。正人とのやり取りも最高に気持ち悪いと思ってます。
ですがプロットそのものに大きな矛盾はなかったと思います。なのでこの評価に至りました。私の精一杯の譲歩です。

>何はともあれ物理的な「実績」が欲しかったです、絵心があることはそれなりに描写されるんですからその方面でも良いですし。
要所要所… というほどではないですが、シナリオではそれなりに活かされている設定ではありませんね。
あんまり深掘りしたくないのか、する気がないのか…

>邪推ですが、坪田氏は本格的に「男の娘プリキュア」を出したかったのかもしれませんね。
どこかのインタビューで「男の子がお姫様になってもいい! プリキュアに憧れたっていい!」みたいなことを言っていたので、ほぼ間違いないと思います。

>兎にも角にもシリーズの私物化という点ではガンダムの岡田麿里と並ぶ存在になれましたな…
どっちもホモじゃないか… たまげたなぁ。
[ 2018/12/02 18:59 ] [ 編集 ]

高橋ナツコも加えてあげて

私も生理的にきつかったですが根本はそこまで悪くないと感じたのは、メインライターが誰よりも愛情を注いでいるサブキャラのオーラスを雑に描くわけないことが理由なのかも。ところで、リストル君は前回から今回までに何があったのでしょうか?ハムスター状態でポット(?)に入れられた次の話数で人間体になり記憶がいじられているのはどういうことなんですかね?そして今さらですけどビシンって前作でいうところのわんこポジションなのではないかと思ってしまいます。正直、ほまれと同レベルで扱いに困っている感じがします。
[ 2018/12/02 19:19 ] [ 編集 ]

Re: カチカチしまくったじゃないか!!!(憤慨)

餃子様、コメントありがとうございます。

>え…ネットニュースに男のプリキュア誕生って思いっきり書かれてましたけど…放送終了後即(頭痛が痛い)
無駄に煽ってアクセス稼ぎたいだけのニュースサイトに惑わされてはいけない(至言)

>今回の話に限らず今作への私の不満は大方これです。言い方悪いですが、アンリってマルッと削除しても本編の流れ
(クライアス社からハグたんないしみんなの未来を守る)にそれほど影響ないキャラですよね。

そうですね。脚本家の依怙贔屓で悪目立ちしている印象はありますが、
本筋にはあくまでも「プリキュアVS悪の組織」なので、大局的に見るとそこまで目立った存在ではないんですよね。
かといってプリキュア5人の存在感がストーリーでも目立っているわけではないので、「この作品は一体誰の話なんだろう?」と聞かれるといまいち答えづらいです。

>>野々さんは何になりたいんでしょうか?
これを立てられなかったのが大きな一因な気がします。応援にしろ将来何になりたいかにしろ、積み重ねや継続がないので、結果に説得力を持たせられないのが致命的。

結局他人にお膳立てしてもらっておしまいでしたね。そもそも「自分だけの応援」なんてここ最近話題にも出てなかったですし。
何も考えてなかったというか、考えられる機会を貰えなかったんですかね…
[ 2018/12/02 21:49 ] [ 編集 ]

Re: 高橋ナツコも加えてあげて

さくにゃん様、コメントありがとうございます。

>高橋ナツコも加えてあげて
あの人は厳密に言うとレズなのでホモではないですね。
ん? んんん?

>ところで、リストル君は前回から今回までに何があったのでしょうか?ハムスター状態でポット(?)に入れられた次の話数で人間体になり記憶がいじられているのはどういうことなんですかね?
プレシデント・クライの手によって洗脳されたんでしょうね恐らく。
経緯を省くのはいつものことなのでそこは気にしませんでした。

>そして今さらですけどビシンって前作でいうところのわんこポジションなのではないかと思ってしまいます。
わんこ…ってどなたでしたっけ?
犬というとキュアショコラぐらいしか思い浮かびませんが、ビシンと合致するイメージは特にないですね。
[ 2018/12/02 21:56 ] [ 編集 ]

>わんこ
ディアブル…(小声
[ 2018/12/02 22:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

闇の社畜先輩様、コメントありがとうございます。

>ディアブル…(小声
あー、そんなやついましたね。
[ 2018/12/02 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/2019-e4c163f8