FC2ブログ





今週のHUGっと!プリキュア 45話

HUGっと! プリキュア 第45話 『みんなでHUGっと!メリークリスマス☆』

ハグプリep45 0

じゃあミライブレスで!
毎度毎度キュアエトワールの名乗り口上は棒演技だなぁと思ってましたが、
今回は輪にかけて酷くなっているように聞こえました。
何故だ。何故このタイミングで悪化するのだ。
そんな45話目です。


毎年やってくるクリスマスの季節でのお話です。
ストーリーなんてどうでもいいのでとにかく楽しげな内容に仕上がればそれでいいとは思いますが、
そこはハグプリ、妙なフックを決めてきました。


今回のハグプリは、野乃さんたちが病気のサンタに代わってプレゼント運びを代行する内容でした。
…が、そのセンスははっきり言って微妙です。
今までお仕事体験だの何だのやってきた野乃さんたちの世界観が、急激にファンタジー寄りになってしまっているんですよね。
曲がりなりにもリアル路線を突っ切ってきた現実世界に、「トナカイ付きのソリに乗ってプレゼントを運ぶサンタ」という非リアルな存在をぶっこまれては違和感バリバリです。
「はぐたんの能力により、サンタは異世界から召喚された」という見方もできるのではないかと思いましたが、
今回登場したサンタさんは野乃さんたちの世界でプレゼントを配る気マンマンでしたので、そういう見方はできなさそうです。

一応断っておくと、「サンタさんは現実に存在しないんだから、仕事をお手伝いするなんてあり得ない! 非現実的だ!」と言いたいのではありません。
「ハグプリワールドでは、サンタさんが実在するかのような背景が描けている」のであれば今回のシチュエーションもOKだと思います。
(5GOGOでも実際のサンタが登場していましたが、あちらは「世界を股にかける運び屋」の存在が序盤から明かされているので違和感はありませんでした)
世界観の摺り合わせもできずに突貫工事の如くクリスマスっぽいイベントを挿まれては困ります。
これがシリーズ構成様のお仕事なんですから驚きです。
クリスマスは恒例行事なんだから展開の予想ぐらい最初からしていてもおかしくないのに。何も考えてなかったんでしょうか。


ジェロスの処遇についてはいつも通り雑でした。
タクミとジンジンと3人で居た頃の生活が回想として流れていましたが、全て初耳の話なので何のことだかサッパリわかりません。
これがシリーズ構成様のお仕事なんですから驚(ry


ちなみに。
過去作のプリキュアではサンタクロース本人の存在に言及する話というのは意外と少なく、
大抵「想い人と甘い一時を過ごす」だとか「最終決戦に向けての決意を固める」だとか、
大筋のストーリーに一区切り付けるかのようなエピソードが殆どでした。

このような話が過去に描かれてきたのは、そういう話の方がシナリオの流れ的に良いというのもそうでしょうが、
何より「【サンタクロース】という非現実的な存在に不用意にスポットを当てると、世界観が壊れてしまう」ということを懸念していたのも大きいと考えています。

今回のハグプリ45話が描かれなければ、そういった過去の情報と比較して結論を出すことはできなかったと思います。
今回のお話が残した唯一の功績に挙げられると思います。今年最後のお勉強でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/12/23 13:17 ] HUGっと!プリキュア | TB(0) | CM(4)

HN「なんでもできる、なんでもなれる!」??「おまえなんならできるんや!」

気が付いたらOPが始まるたびに吠える日曜朝でした、次回作は穏やかな日曜朝になってほしいです。
クリスマス関係もジェロス関係もいつもの坪田イズムだったので思ったことは自分の心に秘めるとして、ここ最近の話で野乃さんが絵を描く描写が増えてきたのは次回作に向けての布石なのか、それとも横手先生に発掘されたのでライブ感()で使っているのか…どちらにしても時すでに遅しな感じはします。
ここまでくると、企画の段階で坪田先生の意見がどこまで反映されていたのかが気になるところです。なんとなくですけど、野乃さんとさあやあたりは何も反映されてないまでありそうなので(滝汗)。
あと、自分はできることは限られてますしなれることも限られてます。なので、ゴーストやまほプリみたいなことをされてもただただ困ります(先読み)。
それでは、よいお年を。
[ 2018/12/23 14:25 ] [ 編集 ]

Re: HN「なんでもできる、なんでもなれる!」??「おまえなんならできるんや!」

さくにゃん様、コメントありがとうございます。

>ここ最近の話で野乃さんが絵を描く描写が増えてきたのは次回作に向けての布石なのか、それとも横手先生に発掘されたのでライブ感()で使っているのか…どちらにしても時すでに遅しな感じはします。
絵描きのセンスについて突っ込んだ話は今のところないですね。そしてその時期は過ぎ去ってしまったと思います。
それでもやりたいものが不明瞭なまま終わるよりはマシだと思うので、上手いこと形にならないかなぁと一抹の期待を寄せています。

>自分はできることは限られてますしなれることも限られてます。なので、ゴーストやまほプリみたいなことをされてもただただ困ります(先読み)。
一応野乃さん意外のプリキュアが将来の目標を見出してる中、一人だけ「未来は無限大!」という着地点になってしまうようではカッコ悪いですね。
[ 2018/12/24 12:50 ] [ 編集 ]

もうプレゼントがバグまみれや

スイッチ版DQB2を姉にプレゼントしたのですがまさか進行不能バグまであるとは…
しかも、今旦那さんと暮らしている家にはネット環境もなく二人とも機械音痴なスタンドアロン専です…
何はともあれ「あとでアプデすればいいや」という姿勢は感心できませんね。
とりあえず下っ端のデバッカーはパップル達よろしくオフィスで寝袋でしょうか…?

「一応クリスマスらしいイベントは消化しました。」という回ですね。
しかし、仰る通りこのシリーズで変にサンタクロースの存在に言及するのは悪手です。
まほプリでは「魔法使いのバイト」というしょーもない事実が明かされただけですし。
今作に於いては「サンタの手伝い」というお仕事体験として描かれましたが淡白な描写でした。
サンタも前回のラストで唐突に現れた癖にBパートでは完全に空気になっていました。
今作のコンセプトを鑑みるなら町内会や幼稚園でのサンタ役の仕事という現実的な描写に留めて。
バトル中やラストで『本物のサンタ?』が登場して存在を匂わせる程度が丁度良いかと。

>ジェロスの処遇についてはいつも通り雑でした。
坪田さんはホモだからね、しょうがないね。
リストル×ビシン×プレジデントとの妄想自家発電で手一杯だから女性幹部のことなんてどうでもよいのでしょう。
髭男爵が小島よしおの持ちギャグ「そんなの関係ねぇ!」をパクってた事しか記憶にないです。
あと一応、ルールーとドクターとの親子関係に焦点が当たってもいましたが。
ドクターのバックボーンをうやむやにした後で、こんなテンプレ気味な描写を入れても感動も何も無いです。

大分遅れてのコメントになってしまいましたがこのタイミングで次回作の情報が公開されましたね。
http://natalie.mu/comic/news/313904
世界観はキュウレンジャー、「イマジネーション」というキーワードはトッキュウジャー…
ホントに既視感が溢れて不安極まりないですね…でもまぁ脚本さえ良ければ…

シ リ ー ズ 構 成 : 村 山 功

あ あ あ あ あ あ あ↓あ あ あ あ あ あ あ↑!あ あ!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16637605
[ 2018/12/27 12:53 ] [ 編集 ]

Re: もうプレゼントがバグまみれや

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>今作に於いては「サンタの手伝い」というお仕事体験として描かれましたが淡白な描写でした。
サンタも前回のラストで唐突に現れた癖にBパートでは完全に空気になっていました。

なんとなく「お仕事要素を工夫しないとこうなるんだな」と感じました。
変に子供向けを意識しすぎて、逆に不自然になってしまったと思います。

>あと一応、ルールーとドクターとの親子関係に焦点が当たってもいましたが。
ドクターのバックボーンをうやむやにした後で、こんなテンプレ気味な描写を入れても感動も何も無いです。

はい、前回の絡みで十分だったと思います。
あとクリスマスプレゼントと称してカレーをそのまま手渡すセンスも微妙だと思いました。

>大分遅れてのコメントになってしまいましたがこのタイミングで次回作の情報が公開されましたね。
コケそう(こなみ)
[ 2018/12/28 23:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/2035-7a4beb09