今週のバトルスピリッツソードアイズ激闘伝 46話

バトルスピリッツ ソードアイズ激闘伝 46話 『神の罰!? ハガクレVSキザクラ』

ソードアイズep46 0

コオォ~
ソードアイズep46 1

ヤイバはガルドスに敗れ、ブリンガーもボコボコに破壊されてしまった。
しかし神の使いであるはずのボンバーとジャスティス立花の介入により何とか危機を乗り越えたツルギ達。
ツルギ達は赤の軍により救出され、皆が集うサモハン工房へ向かうことに。

サモハン師匠曰く、ブリンガーの具合はかつてないほどに酷く、師匠をして「直せるかどうかわからない」とのこと。
そこへ「自分が直す」とソラが立候補。かつてガルドスに操られていた戒めの為にも、ブリンガーを修理し、尚且つ対ドロイド用に強化するとのこと。下手に手を出したら二度と元に戻らないような状況にも関わらず、ソラは意地でも直すと表明。ツルギも彼の意思を信じることに。

一方世界中の街は武装スティンガー兵により制圧され、力ある者(というか金のある者)はガルドスに媚を売り、
力なき者は世界で起きている混乱にただ身を任せるばかり。
ヤイバの計らいで進められていた箱舟移住もガルドスによって突然中断され、その箱舟の中にいる人達は今なお解放されていないという。
箱舟移住によって身よりを無くした街中の子供達は泣く泣くアトランティアから避難せざるを得なくなってきました。

ソードアイズep46 2

そんな避難民の中には、かつてキザクラと触れ合った兄妹の姿が。
彼らもまた、箱舟によって親と切り離されてしまったそうな。
どうにかしてやれないだろうか? と悩むツルギに、「こういう時はスカっとバトスピしたいでござる」とハガクレ。
するとその兄妹、「バトスピ」という単語に興味津々。聞けば彼らもバトスピを嗜んでいるという。
兄の方はハガクレと同じ緑デッキ。妹の方はキザクラと同じ黄色デッキ。
話が通じたせいか、活気を取り戻すその兄妹達の前で、どういうわけかキザクラはハガクレに勝負を売って出ることに。

ソードアイズep46 3

「あたし達がバトルすることで、ちょっとでもあの子達を元気にできるかもしれない!」
人々の為に立ち上がるのがソードアイズの役目! ハガクレも賛同してバトルスタート。
最初のターン、キザクラは「弓ピット」を召喚。しかし次のターンにハガクレの召喚した「ビャッコウ・ハヤト」によって疲労状態にさせられ、ビャッコウ・ハヤトのアタックによりキザクラのライフは4に。
次のターン、キザクラは「光の天使ダリエル」を召喚。軽量スピリットですが、何気に新弾スピリットです。
ダリエルのアタックによりハガクレのライフは4に。

次にハガクレは「忍鳥ジューイチ」を召喚。コイツも何気に新弾スピリット。
ジューイチの召喚事効果により、デッキの上から【分身】も同時に召喚。そのままジューイチ本体でアタックし、キザクラのライフは3に。

5ターン目、キザクラは弓ピットで不足コストを補い、キースピリット「大天使ララファエル」を召喚。
アタックステップでダリエルのアタック。ララファエルの効果で分身ジューイチのBPを0にして破壊。
更にダリエルの「相手スピリットがターンで初めてBP0になった時、自分のライフをボイドから1加える」という効果でライフを回復。
ダリエルのアタックはハガクレがライフで受けたため、ハガクレのライフは3に。

次のターン、ハガクレは忍鳥ジューイチとソードブレイヴであるカムイ・ハヤテを召喚。
更に次のターンには、キザクラも同じくソードブレイヴ、エンジェリック・フェザーを召喚し、大天使ララファエルにブレイヴ。
両者のソードブレイヴが召喚されたことにより、バトルを見ていた子供達は大興奮。
弓ピットも召喚し、キザクラの総攻撃。ララファエルの効果によりジューイチとビャッコウ・ハヤトはデッキの上へ。更にララファエルは回復。
ハガクレはララファエルの攻撃を受けライフを1にするも、フラッシュタイミング「シャイニング・シャドウ」発動。
ララファエルと弓ピット2体を疲労させ、キザクラは何もできなくなりターンエンド。

次のターンでハガクレは光牙鳳凰レックウマルを召喚し、総攻撃。
ジューイチ本体、分身ジューイチ、カムイ・ハヤテをブレイヴしたレックウマルの攻撃を前に、キザクラのスピリットはダリエルだけ。
当然受けきれることができず、ライフは0。これにてバトルはハガクレの勝利!

ソードアイズep46 4

ソードアイズ同士のバトルを見て、子供達はすっかり笑顔を取り戻せたようでした。
この様子から、ツルギは「スピリットが戦うのは過去の罪の戒めの為ではなく、こうやって子供達に元気を与える為にもあるんじゃないか」と思い始めます。
皆を励ます為にも、ソードアイズ達は子供達とバトルを通じて触れ合うのでした。


・感想
今回勝つのはキザクラでも良かったんじゃないかな~ 最近勝ってなかったんだし。
前回ではヤイバとガルドスの戦いですっかりヤイバは糾弾され、人々はガルドスを評価していきましたが、
今回の描写を見るに、そう上手く支持されていないのかな。箱舟が元に戻らないことに関してもガルドスは「これも白夜王の企み!」とか言ってるんだろうか。神様の癖に必死やなぁ。
ツルギも「一刻も早くガルドスを止めなきゃ!」って言ってたけど、呑気にバトルしてて大丈夫かな?




d5077450.jpg

ま~たどんどんタイトルが厨二臭くなってく…
名前負けしなきゃいいけど…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/214-225b8d13