今週のドキドキ!プリキュア 27話

ドキドキ!プリキュア 27話 『バレちゃった!?キュアエースの弱点!』

ドキプリep27 0

お茶の作法に倣って、畳の上で正座をして記事を書こうとしました。
足が痛い上に、まともにPCを固定できないので10秒くらいでやめました。

ちなみにかなり昔の話ですが、私にも茶道経験があります。
作法とか正直うろ覚えですが、今でも抹茶は大好きです。
ドキプリep27 1

突然現れては厳しい言葉を吐きつつも、プリキュア達の力になってくれていたキュアエース。
でも結局彼女のことについては何もわからずじまい。
そんなこんなでマナ達4人は茶道の先生である円先生の下へ茶菓子を送り届けることに。
ピンポンを鳴らして扉を開けて出てきたのは… 案の定、円亜久里。
驚いた4人は「キュアエース!?」と叫びそうになりますが、亜久里本人により止められます。
そこへ亜久里の後ろからやって来たのが円茉里先生。亜久里は彼女のお孫さんだそうです。
所在の分からなかった謎の新プリキュアは、目と鼻の先に存在していました。
どうやら亜久里はお婆さんには自身がプリキュアであることは知られたくないそうです。
そんなこんなで4人は亜久里から野点に招かれることに。

ドキプリep27 2

で、野点にやって来たマナ達4人。
亜久里は相変わらず厳しい態度で、プリキュア5つの誓い1つ、「プリキュアたるもの、一流のレディたるべし」と説いてきました。
4人「そうなの!?( ゚д゚)」
俺「そうなの!?( ゚д゚)」
とにかく作法通り、亜久里がお茶をたてるまで茶菓子を平らげることに。
しかし肝心の亜久里、皆が食べてる茶菓子に目を輝かせるばかり。どうにも甘いものには目がない様子。私も甘いものは大好きだ。
マナは亜久里に茶菓子をあげようとしますが、亜久里はマナーの為に断固拒否。
その後亜久里はお茶をたてたものの、マナ達のマナーが中途半端なせいでハプニングが続出し、カオスな情景に。
最初は怒り心頭だった亜久里も、マナ達のハプニングの前に吹っ切れてしまったようで、一緒に笑ってしまう始末。

ドキプリep27 3

その後5人は川の清流までお散歩。亜久里はこれまで4人に厳しく接してきたことを詫び、彼女達からの質問に答えることにしました。
ここで判明したこと↓
・亜久里はこっちの世界で生まれたプリキュア
・過去にジコチューと戦ったけどやられちゃった
・敗れた際に、パートナーのアイちゃんは卵に戻ってしまい、離れ離れに。
・んで、マナ達の手によってアイちゃんは卵から孵化。
・んで、いつの間にかアイちゃんは亜久里と接触していた様子。
・キュアエースに変身すると大きくなるのは、プリキュアたる信念が通常の3倍強いから。
・でもその信念が強すぎて大人を通り越してBBAに… うわ何するやめr

下から2番目のヤツは、下手したら真琴辺りから殴られそうなんだが…

キングジコチューと立ち向かう為にも、4人にもっともっと強くなってほしい、というのがキュアエースの目的でした。
意思をくみ取り、今一度強くなることを誓う4人。そう、レジーナの為にも…

レジーナって誰だっけ(´・ω・`)

ドキプリep27 4

しかしジコチューが出現! バーベキュー禁止区域でバーベキューをしようとする男性から生まれたコンロ型のジコチューです。
しかも今回はリーヴァとグーラが2人力を合わせて生み出したもの故に強化版。圧倒的な大きさです。
5人はプリキュアに変身。キュアエースは5分以内にカタを付けようと4人に言います。
一気に勝負を決める為、黄色ルージュのエースショットを発動。身動きを止めて合体技でトドメを刺させる、という魂胆でしたが、ジコチューはコンロの火力を上げて拘束を解いてしまいました。
リーヴァ・グーラも戦闘介入し、プリキュア達は一気に劣勢に。エースが目標としていた5分も、残り2分となってしまいました。

ドキプリep27 5

しかし余裕をかましたリーヴァが「シメのデザートはいかが?」と言った為、デザート欲しさにグーラがジコチューを連れて勝手に行動。彼らが向かった先は、茉里先生のいる場所…!
エースを急いで後を追い、ハートら4人もそれに続きます。
しかし目標の5分まで残り1分を切った途端、エースの胸のカラータイマー(仮称)が突然光り輝きだしました。
茉里先生の野点の場までやってきたジコチューとグーラ。グーラは茶菓子を食べ漁り、あろうことか先生まで食べようとします(意味深)
すかさずエースは上空から赤いルージュのエースショット! しかし目標の5分に到達した瞬間、カラータイマー(仮称)は黒く染まり、エースの身体は亜久里に戻ってしまった!

これこそがキュアエースの弱点。スペックが高い代わりに、5分間しか変身が持たないのです。
うわぁ、信念に力を注ぎみすぎたせいでこんな…

ドキプリep27 6

しかし立ち止まるわけにはいかない。今こそ、4人が強くなった成果を明かす時!
4人の身体は光り輝き、ジコチューやグーラをボコボコにします。
最後はラブリーフォースアローで〆。強化版ジコチューも、強化された4人の力で撃破です。
戦いが終わり、5人は亜久里の本心を聞いたこともあって、同じ仲間として和解。これからも指導は続く様子…^^;


・感想

gundam_uc_01.jpg

・変身すると赤くなって強くなる
・変身は5分しか持たない
・思いの強さとかでスペックも変わる
・1号機である


すごいや! そっくり!

えー感想ですが、とうとうエースの無敗神話も終了です。変身が5分しか持たないのは中々不意打ちでしたね。
つーか多分、弱点が本当に「お菓子に目がない」とかだったらコノヤロー!(# ゚Д゚)って書きまくってたと思います。ギャグじゃなくて良かった。
しかし重大な弱点です。これからハート達が強くなるどうこうよりも、
エースが彼女達についてこれなくなって足を引っ張る…なんてことにならないだろうか。
というか、彼女の言っていることが全て正しいなら、マナ達もプリキュアとして強くなる内にムクムク成長して彼女達も制限時間付きに…とかならないのかな。
なーんか、亜久里もビシバシ上から目線で指導してる場合じゃないと思うんですけど…
そもそも亜久里は地上生まれのプリキュアらしいですが、ジコチューと戦った以上は一度トランプ王国に行ったんでしょうか。だとすればどうやって?
そして王家の宝石という希少アイテムが何故エースの変身アイテムである、ラブアイズパレットに含まれているのか?
普通に考えるならプリキュアとはいえ、トランプ王国出身ではない部外者のキュアエースが持ち出すなど考えにくいことですが。
う~ん、やっぱり王女様が鍵を握ってる…のかなぁ。起きてくれませんかねぇ。はぁ。
正直、物凄く曰く付きの人物だと思って、「普通の家庭生まれ」と知った時はズッコケそうになったよ…w
てかこれでも一応、四葉財閥の監視の目から免れてたんだよね?

後は個人的に気になる点というか、なんつーか。
結局「プリキュア5つの誓い」ってこじつけ臭いだけだったなぁ…としみじみ思ったり。
マナ達4人を強化したのは確かですが、ぶっちゃけ誓いは直接関係してない(全部後付だし)し、そもそも5番目に至っては完全なるこじつけ。
プリキュアがどうこうというか、亜久里がその場で思いついた臭がパンパンです。

文句ばっか言ってますが、亜久里も正式にメンバーとして加入し、キュアエース騒動も一段落かと。
EDも変わりましたし、これからの新生ドキドキ!プリキュアに純粋に期待がかかります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/04 16:08 ] ドキドキ!プリキュア | TB(2) | CM(3)

黄瀬やよい「WOLTさんは円谷系に疎いの?」

財団Yの追跡を逃れた亜久里も財団Bには勝てなかったドキドキ!プリキュアですが(-∀-`; )
http://livedoor.blogimg.jp/katayoru/imgs/f/6/f6de7ae3.jpg
ギャグ回かと思いきやちゃんとキュアエース・亜久里のバックボーンに迫った回で安心しました(*´∀`)
彼女の正体&弱点は奇をてらわない王道なものでしたね、全くの新キャラが追加戦士の正体というのはシリーズ内では珍しいですが。
一見非科学的な「思いの強さで大人化」というのは竹馬なんかより遥かに説得力がありますねw
 亜久里が異世界の者でないのはやはり真琴との絡ませ方がややこしくならないためでしょうが
新たな疑問点が沸きますね、彼女が現在に至るまでの経緯に関しては真琴同様に回想で補って欲しいです。
S構成の山口氏も映画版の仕事を終えればコチラに戻るでしょうからそこら辺がタイミングでしょうか?
 プリキュア達に厳しく当たっていた彼女も実際は年相応の元気な女の子で安心しました(*´∀`)
これまでの態度はプリキュアとしての義務と育ち故の物と言った所でしょうか?
茶道という一見堅苦しいイベントで結果的に皆がフランクに絡む今回の筋書きは流石サブライター最強(当社比)の田中仁氏です( ´ー`)ノ 
 キュアエースの弱点に関しては東映繋がりで考えれば「快傑ズバット」ですが
ここはやはりウルトラ戦士を彷彿する物ではないでしょうか?変身が解除される演出はまんまカラータイマーですし。
そしてエースと言えばやはり「ウルトラマンA」、「プリキュア5つの誓い」も元ネタは「帰ってきたウルトラマン」の
「ウルトラ5つの誓い」ですしこれは続編のAでもキーワードになります。
 エースの弱点がリーヴァに知れてしまった以上、今後はピンチになる機会が増えそうです。
最終決戦のことも考えれば彼女がずっとこのままな筈はないと思います、パワーアップイベントがあると考えられますが…
ここからは私見になりますが先に挙げたウルトラマンA、この作品の前半は主人公である北斗 星司と南 夕子との
「合体変身」をするという当時としては斬新な設定でした。
そのことからキュアエースが発表された当初は「レジーナと王女との合体変身をするのでは?」という声もあったのです。
合体とはニュアンスが異なりますが2人で1人の戦士になるというコンセプトは仮面ライダーWで通った道ですし
最近では「ビビッドレッド・オペレーション」というこれまた「合体」する変身ヒロインアニメも記憶に新しいです。
そしてOPでは意味ありげなレジーナとエースの2ショット…「ふたりはプリキュア」から「ふたりでプリキュア」になるのか?
私の予想が当たるのかも含めて今後が気になる次第です、ハイ(`-д-;)ゞ
[ 2013/08/05 21:28 ] [ 編集 ]

ゾフィーがウルトラマンのことについてアレコレ教えてくれるビデオをよく観てました

ソバスチン様、コメントありがとうございます。
や、やよいちゃん… 私を円谷に疎いと申されるか…
ブログの方針上、あまり口には出していませんが、これでも生まれた頃からウルトラマンを見ていた者です。
上記に挙げたジャック、Aはもちろん、ウルトラマンUSAシリーズやアンドロメロスも見ました。
南夕子が月に帰っちゃって最終的に北斗星司がウルトラリングを両手に付けて変身することも存じています。
(過去の記事中にも、暗にですがウルトラ5つの誓いを示している記述があります。)
ウルトラマンは私にとって、「特撮」というものを説いてくれた大切な番組です。
今このブログがあるのも、幼少期からウルトラマンを見ていたからだと言っても過言ではありません。
「ウルトラマン以外は殆ど知らない」という意味では、円谷系には疎いかもしれません。
ですが、私にとってウルトラマンはかけがえのない大切な思い出であることだけは、どうかご理解のほどよろしくお願いします。
[ 2013/08/10 14:58 ] [ 編集 ]

それでもウルトラマンネクサスは好きだ!

…とまあ、1つのことにグチグチとコメントしてしまい申し訳ございません。
改めてコメント内容の返信をしたいと思います。

というわけでソバスチン様、コメントありがとうございます!
私も亜久里もといキュアエースの設定についてはほっと一安心、といったところですかね。
彼女の出自については謎が深まってしまいましたが、やはり回想シーンがないと寂しいですね。
S構成の山口氏が退席してる以上、あまり核心をついた描写ができないのでしょうか。
山口氏が戻ってくると同時に、如何にして彼女の出自が詳しく明かされるのかを期待したいです。
過去にジコチューと戦ったということは、何処かに過去のエースを知る幹部格がいるということでしょうか…?

「プリキュア5つの誓い」については少し難色を示しています。
元ネタとなった「ウルトラ5つの誓い」は帰ってきたウルトラマン作中で、郷秀樹と次郎少年の約束であると同時に、メイン視聴者である子供達に訴えかけたメッセージでもあるわけです。
ドキプリスタッフがドキプリのメイン視聴者であろう女児達に一流のレディーになってもらいたいと思ってるなら特に言うことはありませんが、
それにしては亜久里が「野点は作法を気にしなくていい」というような、誓いを否定するようなことを言ってしまったのが少しモヤっとします。
「ウルトラ」の方は後世(A・メビウス)に伝わるような重要なメッセージ的役割を持っていましたが、「プリキュア」の方がそのような意味を持つかは疑問です。
まあシチュエーションそのものが違うので、一概に比べてしまうのは野暮とも言えますが…

>ここからは私見になりますが先に挙げたウルトラマンA、この作品の前半は主人公である北斗 星司と南 夕子との
「合体変身」をするという当時としては斬新な設定でした。
そのことからキュアエースが発表された当初は「レジーナと王女との合体変身をするのでは?」という声もあったのです。
合体とはニュアンスが異なりますが2人で1人の戦士になるというコンセプトは仮面ライダーWで通った道ですし
最近では「ビビッドレッド・オペレーション」というこれまた「合体」する変身ヒロインアニメも記憶に新しいです。

非常に面白い考察だと思います。
A放送当時では「2人同時変身」のシチュエーションの難しさ故に、南夕子が降板してしまうという事態が起きていますが、
Wなどの事例を見るに、上手いこと設定を練っているということも感じられますね。
これは意外とイケるかもしれませんw
同時変身するかどうかは分かりませんが、少なくともレジーナがキングジコチューから解き放たれ、プリキュア達の力になってくれるという展開は私も切望しています。
[ 2013/08/10 15:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/217-7aa7f1ee


ドキドキ! プリキュア 第27話「バレちゃった!?キュアエースの弱点!」

今回で3クール目に突入。 新EDになり、OPにもエースとレジーナが追加されました! レジーナまだ出てこないけどねー。  
[2013/08/04 21:39] URL 空 と 夏 の 間 ...

ドキドキ!プリキュア 第27話「バレちゃった!?キュアエースの弱点!」

ハートたちのピンチにエース降臨! 帰ったwww おいおい^^; アバンがしっかり伏線でしたね。 くぎゅエース謎解き回でした。 まだ半分ぐらいという気がするけど。 あぐりんふつ
[2013/08/05 16:54] URL のらりんすけっち