【夏休み企画?】 RX-78-2に触れよう! その1

夏だ!(゚∀゚)
夏休みだ!(゚∀゚)
1か月ちょっとだ!(゚∀゚)
宿題だ…!(゚o゚)
自由研究だ…(゚Д゚;)
ウツダシノウ…orz


そんなアナタにとっておきの方法があります!

ggrks.jpg


「夏休み 自由研究」でググりましょう。





ではなく!

自由研究といえば、「工作」!

というわけで!



…え~、これからガンプラを作ります。(´・ω・`)
単に筆者がガンプラを作りたいだけです。前置きはそんなに関係ありませぬ。
9月にはガンダムビルドファイターズの放送も控えてますしね^^

この企画では、RX-78-2…所謂ファーストガンダムのキットのみを取り上げ、
パチ組みして作ったり、色々手を加えたりと楽しんで作っていく予定です。
もちろん自由研究に困っているお子様にも楽しんでいただける…かなぁ。

企画で取り上げる予定のキットは以下の通りです。

  

それでは記念すべき第1回目、はじまりはじまり~
今回作るキットはこちら。

IMG_0978.jpg
FG 1/144 RX-78-2 ガンダムです。
1999発売の定価315円。
某大手電化製品店なんかではひっそりと積まれて売られていることでしょう。

このキットは1980年に発売された最初のキットである『1/144 ガンダム』のリニューアル版のようなもの。
当時のHGやMGで採用されていたポリキャップは一切使わず、色分けについても白単色。
流石に旧キット同様の接着剤による接合は変更され、スナップフィット式になっています。
ガンプラ入門者向けに低価格で提供されている為、塗装や改造の練習には最適です。

IMG_0983.jpg
説明書オモテ。カラーでキットや塗装の説明がされています。
こういう見本に誰もが1度は騙されるんだよな~^^;


IMG_0984.jpg
1番下にはランナーの説明が。


IMG_0985.jpg
裏面はキットの作り方の説明。ご覧の通り、こんな小さい紙に纏められるほど簡単な作りです。


IMG_0986.jpg
そしてこれがランナー。ちょっと緑がかった白さです。
古いキットはみんな、腕や脚などのパーツを二分割して、それを合わせて組み立てるようになっています。
要するに、合わせ目が凄く目立つ^^:


それではここで、今回使う便利な道具の紹介。

IMG_0979.jpg
タミヤから発売されている、『クラフトツールシリーズ No.93 モデラーズニッパー a 74093 』です。
主にランナーからパーツを切り離すのに使います。
力もいらずにサクサクパーツを切り離せ、長い作業でも疲れにくいのが特徴です。
値段もリーズナブルで、入門の際には是非ともオススメしたい一品。



IMG_0980.jpg

続いて、こちらもタミヤから発売されている『クラフトツールシリーズ No.20 デザインナイフ』
パーツからバリを切り離したり、刃を立てて余計な塗装を落としたりと非常に応用の効く道具です。
適度な重さで切れ味も良く、刃の付け替えも非常に簡単。(替刃も付属しています)
おまけに価格もリーズナブル(笑) 非の打ちどころの無いデザインナイフです。
その切れ味の良さ故に、怪我とかにはくれぐれもご注意を。




IMG_0987.jpg
で、ご紹介に与った2つの道具を使ってパチパチ組んだ結果。所要時間は5分くらいです。
後はこれを組み合わせれば完成です。か~んたん!


IMG_0989(2).jpg
できました~!
作ってビックリ、プロポーションが凄くいいです!
腕や脚の太さとか、絶妙なバランスに感動しました(笑)


IMG_0991.jpg
上半身の可動。腕は60度くらい曲がり、肩は90度まで上がります。
意外とガッチリしてます。


IMG_0992.jpg
下半身の可動。膝は90度ほど。足首も上下に45度くらい曲がります。
脚の胴体への付け根は、下半身装甲が固定されている為、ほぼ動きません。


IMG_0993.jpg
ビームサーベルはボールジョイントでランドセルに固定されています。
手に持たせることも可能ですが、腕がランドセルまで届かない為引き抜く動作はできません。


IMG_0995.jpg
ビームライフル。大きさ的には問題ありませんが、薄っぺらい!


IMG_0996.jpg
ビームサーベル。旧キットでは4本(ランドセルにはめる用も含めて)でしたが、今回は1本のみ。
細見ですが、そこそこ迫力はあります。


IMG_0997.jpg
シールド。専用ジョイントを使って、手に持たせられます。


IMG_0998.jpg
ランドセルの穴にはめれば、こうして取り付けることも可能。


IMG_0988.jpg
一応ラストシューティングっぽいポーズも可能。
しかしこれを実現するには一々胴体を外して左腕と頭のパーツを取らなければいけません(笑)


IMG_0999.jpg
最後はオール武装で〆。


以上、パチ組みレビューでした。
思った以上に出来が良くて本当にビックリです。
今となっちゃあガンプラ初心者にすら見向きもされないキットですが、
先述の通り塗装や改造の入門には、価格も抑えられている為最適だと思います。

さ~てここからどう調理していくかな~?

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/13 15:01 ] ガンプラ(FG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/225-4a5880a8