FC2ブログ





今週のスター☆トゥインクルプリキュア 36話

スター☆トゥインクルプリキュア 第36話 『ブルーキャット再び!虹色のココロ!』

スタプリep36_0

今までのローテからすると、来年度のプリキュアのメイン脚本には田中仁が帰ってくるのではないかと私は思う
◆序論

故郷の再興をするなどとほざいておきながら能動的に行動することもなく基本的にニート生活を満喫している人が、
故郷の再興と直接関係のないお宝強奪(本人曰く取り返してるだけ)には全力を出すお話でした。
ゲスト脚本でも根本的な違和感を払拭できない限り、ユニの背景や設定は始めから無理をしていたんだなと改めて感じました。
というかお宝強奪にそこまで本気を出すのであれば、日常的に情報収集して行動すべきだと思います。


◆本論

◇「ドラムスさんの時もだけど、盗むなんて駄目だよ!」 -星奈ひかる

ひかる(及びプリキュア4人)はドラムス邸へ盗みに入った時の記憶が悪しきものであると見なしているようです。
私の目には文句は言いつつも盗みをすること自体否定はしてませんでしたし、最終的にはブルーキャットの行いを正当化までしていました。
結果論ではありますが、怪盗の所業に加担した連中がどの面下げて「盗みはダメ」だなんて言えるんでしょうか。
一体彼女らは、いつ頃「盗みはダメ」という方向にシフトしたんでしょうか? あっ、フワが攫われた時か…


◇「ここでスパイしてたんでしょ? 正義のためなら変装して騙してもいいの?
  理由があれば何をしてもいいんなら、そんなの誰にでもあるんじゃない?」
 -ブルーキャット


論点ズレてますよ。
犯罪組織の情報収集のために潜入捜査を行うことと、始めから周囲に迷惑かける気マンマンの怪盗行為を同列に語ってはいけないと思います。
典型的な詭弁例を視聴者に教えてくれるブルーキャットは反面教師の鑑と言えるかもしれない。
もっとも、ブルーキャット本人もダブスタであることは自覚していたみたいなのであまり言いすぎるのも酷な話ですが。

しかし警部補クラスの、それも着信したての人にたった1人でスパイさせる星空警察って一体…
この作品において「星空」って名称のつく機関は信用しちゃいけなさそうね。
アン警部補は視聴者に信用問題の重要性を教えてくれる警官の鑑と言えるかもしれない。


◇「コスモはね、誰より他人を思いやる心を持ってる! 素直じゃないけどね」 -キュアソレイユ

他人を思いやる心を持つ人は、ふつう他人に迷惑をかける怪盗にはなりません。
パトレンジャーみたいに「例え世間から後ろ指指されようとも叶えたい願いがある」という覚悟があれば別かもしれませんが、
ユニの場合やってることが自身の最大の目的である故郷再興に結びつかず、どちらかと言えば自己満足の範疇にあるのでやっぱり同情はできません。
あーあ、「富豪から金品巻きあげては貧民に分け与えている」なんて設定、作らなきゃよかったのに。
愛しのオリーフィオが、故郷を救ってくれたユニが実は銀河中に名の知れる怪盗だと知ったらなんて思うでしょうか。

でも惑星レインボーって排他的っぽいので、案外「よくやったユニ! さすがは私の子だ!」とか言うかもしれない。
ついてけねーぜ!


◇「とにかくコスモぅわぁっ! 誰よりも優しくて! とっても、とーってもいい子なんだー!」 -キュアスター

ユニ(コスモ)を擁護する主張の数々の中に具体例がなく、「とにかく」の一言でゴリ押そうとするあたり、
制作側も、ユニの人格面をフォローしきれないことは理解してるみたいです。
俺もユニ子ちゃんのこと「ニート」「無関心」「コミュ障」の塊だと思っているのでいい子には見えないです。


◇「ユニ、怪盗は続けるルン?」 -羽衣ララ
  「そうね、惑星レインボーの宝を取り戻すまでやめるわけにはいかない。
  でも、皆を悲しませるようなことはしないわ」
 -ユニ


みんな(プリキュア4人)を悲しませずに怪盗を続ける方法…
つまり、周囲には内緒で怪盗を働くということですね! なんということでしょう、何も変わっていないではないか!
ただ、警察には顔覚えられちゃったからも普通に考えてお縄につくのは時間の問題かしれません。
たとえお宝強奪がうまくいって惑星レインボーを取り戻したとしても、既に顔が割れてる以上彼女に安息はないと思います。
犯罪に手を染めるってそういうことだと思います。思うんですけど、制作側はガン無視してそうです。


◆まとめ

ここまで書いておいて難なんですが、今回の感想記事は非常に生産性のない内容だと思っています。
話の内容がどうこう、という方向ではなく、「ユニの設定が詰んでる以上、話にも無理がある」という方向で感想を書いたからです。
それは今に始まったことではなく、ユニが本格的にストーリーに加わりだした頃(17話らへん)からずっと苦言を呈しています。
あの時からずっと同じ感想を抱いてばかりなんですよね。
裏を返せば、3クール目も終わりだというのに未だにユニの印象に変化が訪れないストーリーはどうなんだ、という話でもあるのですが。

個人的に惑星レインボーのお宝云々のお話は、メインシナリオに一切貢献しないので広げるだけ無駄だと思っています。
それよりプリキュア仲間や他の地球人と積極的に交流させ、プリキュア加入以前と以後で彼女の内面に変化が訪れていることをアピールすべきでしょう。
惑星レインボーの再興云々は、一度ペンを全て集めた時点でいったん終了させ、
「復活した母星で昔のように暮らすのか? それともプリキュアとしての戦いを続けるのか?」という二者択一を迫るのもアリだったと思います。
(ただし上記のケースだとユニ自身の行動指針がボヤけてしまい、最悪空気化につながる恐れがある)

それらの描写をおろそかにし、定型的にプリキュアとして戦うことと「5人で固まらせれば自ずと絆は芽生えるだろう」という怠惰で進めた結果が、
今の「ニート」「無関心」「コミュ障」のスリーコンボが決まった彼女だと思います。
今まで改善できなかったことが、今後改善できるとも思えません。ユニ子ちゃんは今後もスリーコンボを引きずっていくのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト




ゆっくりしていってね と、書くことを強いられてしまうんだ!

個人的に、田中先生は先行逃げ切り型だと思っているので、
再びメインをやるなら1クール目でがっつり設定と目標を固めてくれれば最後まで安心できると思っています。

劇場版への橋渡し回とはいえ、今回で本作も3クール目が終了しました。
私個人の評価は現状だと【まほプリの完全下位互換もしくはカラーバリエーション】といったところです。
やっていることがまほプリと大差ないのであとは個人の嗜好次第といった感じで、
まほプリよりいいところが見つかってません…見落としている魅力があれば教えてほしいくらいです。

ユニに関しては、上層部からほかの女児向けコンテンツ(主にアイカツとファントミラージュ)へのけん制要員として送り込まれた所に、村山先生がいつも通り意気込んで設定を作ってしまったことで、
扱いづらさが飛躍的に上がってしまったんだろうなと考えてます。
[ 2019/10/13 20:31 ] [ 編集 ]

遅い、、、やるには遅すぎる...

今日は田中さんが脚本ということもあり色々な意味でまともな感覚の回でしたね。
でも、やるのが遅すぎました。今更この作品の評価は覆りません。
そこで疑問に思ったのが途中までは結構まともな感覚でストーリーが進行してたのに最後になぜ盗みを辞めない宣言をしたのかです。

個人的な予想ですが原因はユニの設定を考案したのはPだからだと思います。
インタビューでPがユニには女の子が好きな物を詰め込んだと発言しており考案したのはおそらくこの人でしょう。
同じくインタビューでも80年代とか多様性とか発言してるのは定型文的なセリフを除けばこの人くらいですし。
今日の脚本はゲスト、内心否定はしていてもゲスト脚本家がPの考案した設定を真っ向から否定するような結論は出せません。
だからああいう玉虫色の答えになったのでしょう。
[ 2019/10/13 22:08 ] [ 編集 ]

Re: ゆっくりしていってね と、書くことを強いられてしまうんだ!

さくにゃん様、コメントありがとうございます。

>私個人の評価は現状だと【まほプリの完全下位互換もしくはカラーバリエーション】といったところです。
私はカラバリ派ですね。下位互換という感じはしません。
まほプリほど主要キャラが非常識ではないので疎外感を感じることはありませんが、
逆にキャラクター描写が薄すぎて単純に面白みに欠けている印象です。
分かりやすく言うなら、まほプリは「そりが合わない」、現状のスタプリは「普通につまらない」ですね。

>ユニに関しては、上層部からほかの女児向けコンテンツ(主にアイカツとファントミラージュ)へのけん制要員として送り込まれた所に、村山先生がいつも通り意気込んで設定を作ってしまったことで、
扱いづらさが飛躍的に上がってしまったんだろうなと考えてます。

意気込んで設定作るならきちんとシナリオで活かしてほしいですね。
[ 2019/10/14 21:34 ] [ 編集 ]

Re: 遅い、、、やるには遅すぎる...

反省会のスレの民様、コメントありがとうございます。

>今日は田中さんが脚本ということもあり色々な意味でまともな感覚の回でしたね。
積み重ねがダメなだけで、台詞回しなどはまともな方だったと思います。

>そこで疑問に思ったのが途中までは結構まともな感覚でストーリーが進行してたのに最後になぜ盗みを辞めない宣言をしたのかです。
怪盗がユニの重要なステイタスだと制作側は思っているのでしょう。
やめたら正真正銘のニートになってしまいますし、今後のクロスオーバー作品でも個性をアピールするのにも役に立つでしょうし。

>個人的な予想ですが原因はユニの設定を考案したのはPだからだと思います。
インタビューでPがユニには女の子が好きな物を詰め込んだと発言しており考案したのはおそらくこの人でしょう。

アイドルはまだしも怪盗が女の子に受ける物というのはちょっと度し難いです。
記憶を掘り起こしてもセイントテールとジャンヌぐらいしか受けそうなアニメ思い出せません。そしてどれも古い…
その頃のブームを利用したいのであれば、もっとやり方は工夫すべきだと思います。少なくともガワだけ寄せればいい話ではないかと。
[ 2019/10/14 21:55 ] [ 編集 ]

警察だ!(SHISEIDO知念)

http://www.youtube.com/watch?v=l0OC3POBSVc
私の歳だとこのCMのイメージが強いです。
中学のクラスメイトの女子もティセラの匂いをプンプンさせてましたし(ブ〇ほどに)

>今までのローテからすると、来年度のプリキュアのメイン脚本には田中仁が帰ってくるのではないかと私は思う
いくら名作 成功作のスタッフが関わろうとも企画全体のプロットやPが無能だと総てがオジャン公になるのは前作が示しています。
プリキュアシリーズ自体が個人技でどうにかなるようなコンテンツではなくたったと言えます。
すなわち この10月の段階で次回作の成否は決まっているとも言えます…

さすが田中仁氏、今回の話単体のオチとしてはコメントにあるようにマトモだと思います。
ラストでドンに正直に事情を明かして指輪を返してもらうべく懇願するユニは今までとは多少成長が伺えますし。
指輪の特性でユニの真の気持ちを示すことでドンを納得させる事も一応できました。
しかし、そこに至るまでの紆余曲折がまるっきり共感できないので小手先のフォローではどうにもなりません。
ひかる達周囲の仲間たちも状況次第で「盗みはダメ」だの「でもユニは良い子」だのと玉虫色な態度を示し
典型的な「真面目系クズ」じゃないでしょうか?(直球)最近のニチアサこう言う半端者が多すぎます…
何より話の導入からして無理がありますトゥインクルイマジネーションの解析なのに直接関係ないミッションの受注するAIとは…?

>しかし警部補クラスの、それも着信したての人にたった1人でスパイさせる星空警察って一体…
そもそもノットレイダーという本作(一応)最大の脅威が目の前にあるのに893とのなあなあな内偵と小競り合いだなんて…
そんな部分のリアリティとか描かなくて良いから(良心)

>今の「ニート」「無関心」「コミュ障」のスリーコンボが決まった彼女だと思います。
>今まで改善できなかったことが、今後改善できるとも思えません。ユニ子ちゃんは今後もスリーコンボを引きずっていくのだと思います。
筆者様の仰る通りレインボー復興を最終回まで引っ張らず中盤で解決させるべきでした。
後半はそれこそ「ひかる達との友情に報いるため」「復活したオリーフィオからプリキュアの伝説と使命を託された」とかやり様があった筈です。
前作のルールーからして近年の追加戦士は「設定だけの出オチ」で終わっています。
[ 2019/10/18 16:13 ] [ 編集 ]

Re: 警察だ!(SHISEIDO知念)

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>典型的な「真面目系クズ」じゃないでしょうか?(直球)最近のニチアサこう言う半端者が多すぎます…
>前作のルールーからして近年の追加戦士は「設定だけの出オチ」で終わっています。

設定作ってから何も生み出せないのも、設定を扱い切れてないのも本当に半端ですね。
半端な知識で手を付けたせいですかねぇ?
[ 2019/10/19 21:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/2261-4916d835