今週の獣電戦隊キョウリュウジャー 26話

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ26 『ビックリ! ガブティラにんげん』

キョウリュウep26 8

新婚さん、末永くお幸せに。
キョウリュウep26 1

倒していたはずのデーボス軍幹部は全員復活。おまけに更なる強化を思わせるカオスの言葉に、黙っていられません。
しかし何より気がかりなのは、トリンがデーボス軍が生きていることを薄々感じ取っていたということ。
ダイゴの父・ダンテツから何か荷物を手渡されていたこともあり、トリンに対しても疑問が尽きません。
そんなことを話していたダイゴとイアンでしたが、突然トリンがデーボス軍の気配を感じ取ったため、現場へ急行。
そこにいたのはドゴルド。変身して交戦しようとするダイゴとイアンでしたが、ドゴルド曰く新しいメンバーを連れてきたという。
そこに現れたのは新たな幹部、恨みの戦騎エンドルフ
気怠そうな雰囲気とは裏腹に、その実力は本物。レッドとブラックがエンドルフに挑むも、全く歯が立ちません。
途中残るメンバー4人が集まるも、(それにしても集まりの悪さは相変わらずである)エンドルフには全く手が出せず。
しかしエンドルフの戦い方は本来の味方であるドゴルドの配慮がされておらず、そのことに対してドゴルドが反発。
その内喧嘩に発展してしまい、カオスの手によって止められドゴルドとエンドルフは強制的に退散。

キョウリュウep26 2

情けないことに、ドゴルドとエンドルフが退散したことにより難を逃れたキョウリュウジャー。
このままではエンドルフ相手に成すすべもない。そんなところで現れた弥生。聞けば何と、ダイゴの為に新しい獣電池を持ってきたという。
早速練習で試してみると、やはりというか何というか、「オーバーチャージ」という音声と共に力が暴走。ダイゴは倒れてしまう。
起き上がってみれば、ダイゴは突然腰を落とし手を前方に構え始めた。その姿はまるでティラノサウルス…
そう、ダイゴは獣電池の力で中身がガブティラになってしまったのた!

キョウリュウep26 3

そんな騒動の中、よりにもよってエンドルフが新たにアイガロンを率いて登場。
感情を効率よく集める為、アイガロンがイアンの相棒である軍平…ではなく士郎を殺した記憶をぶり返させ、イアンから哀しみと恨みの感情を引き出そうという作戦の様子。
弥生含めた6人はキョウリュウジャーに変身する(正確にはノッさんは変身済み)も、見事に作戦に引っかかってしまったブラックはアイガロンの挑発に乗り、アイガロンと抗戦。
しかし恨みを抱いているのはイアンだけではなく、アイガロンもまたイアンに恨みを抱いていたのだ。
そんなアイガロンの瞳と涙はドス黒く染まり、一層ブラックに対して猛攻。
そんな窮地に立たされるブラックを見たレッドは、その危機を救う為かアイガロンにガブリンチョ! と噛みつき始めた!
これが結構ダメージだったようで、アイガロンは退散。レッドのまた、崖を上って何処かへ消えてしまう。
ブラックはとっさにピンクとバイオレットに、ディノチェイサーでレッドを追うよう指示。
更にゴールドにアロメラスとグルモナイトの獣電池を渡し、ザンダーサンダーにセットすることで、発動した雷電火炎渦巻きを使ってキョウリュウジャーは退散。
残されたエンドルフとアイガロン。アイガロンは自分が黒い瞳と涙の姿になった時の記憶がないようですが…

キョウリュウep26 4

どうにかエンドルフ達の攻撃から逃げてきたキョウリュウジャーですが、ダイゴが行方不明になったことを含めれば、ピンチであることに変化はナシ。アミィと弥生も、とうとうダイゴを見つけることはできなかった様子。
弥生は何としてもダイゴを見つけようと再び捜索を開始。残された5人は、とりあえずダイゴ不在ということで臨時でリーダーを作ることに。
ノッさんが臨時リーダーに指名したのはイアン。とっさにピンクやバイオレットに指示を出し、仲間のピンチ救った判断を見て、リーダーに相応しいという。
周囲もそれに賛成しますが、イアンは「そんな重苦しいものを俺に乗せないでくれ」と反対して去ってしまいました。
というのも、イアンがリーダーになることを拒むのは仲間を失う怖さ故のこと。しかし今頼れるのはイアンしかいない…

キョウリュウep26 5

そんな時に、再びエンドルフとアイガロンが出現。急いで現場に急行する5人。
そこでもアイガロンはイアンを煽る煽る。イアンからは恨みの感情があふれ出していきます。
しかしアイガロンが煽る中で口にした、「仲間に手を出しただけで噛みつきやがって」という言葉から、レッドの行動を再び思い返します。
レッドは確かにガブティラのような動きになってしまったものの、ブラックのピンチの時はああやって駆けつけてくれた。あのレッドには、まだダイゴの優しい感情が残っている!
それならこんな挑発に乗っていては、ダイゴに笑われてしまう。ブラックはアイガロンに対する恨みを掻き消し、エンドルフ達を倒すことだけに心を集中させます。

キョウリュウep26 6

イアンをセンターに、5人でキョウリュウジャーに変身!
ブラックの適格な指示の下、ノッさんはシールドランスラッシャーでエンドルフの攻撃を防御しつつ、上空からザンダーサンダーの飛翔斬りの一太刀をエンドルフに浴びせます。
ブラックはピンクとの合体攻撃でアイガロンを追い詰めていきます。するとまたも瞳と涙が黒く染まっていくアイガロン。
その姿を見ていたエンドルフは何故か姿を消し、戦闘を陰で見ていたラッキューロからスクスクジョーロを奪い、自分を巨大化してしまった。

キョウリュウep26 7

弥生にプレズオンを発進してもらい、キョウリュウジャーはプレズオー・パラサガンで対抗。
巨大化してもエンドルフの戦闘力は健在でしたが、そこはキョウリュウジャー。ブレイブを発揮し両腕の銃撃を浴びせ続けます。
プレズオー・パラサガンは獣電ブレイブフィニッシュを発動し、その攻撃をエンドルフが受け止めている隙に左腕をザクトルに換装。ザクトルの斬撃を追加で食らわして倒そうという作戦に。
作戦は成功… と思いきや、エンドルフは何とザクトルの斬撃すらも受け止めていた!
そしてあろうことか何と、ザクトルを自分の胸に押し当てて自分にダメージを負わせたではないか!
「これでますますお前らを憎める…」
正気の沙汰じゃないエンドルフの行動に唖然としていると、エンドルフはラッキューロにシュクシュクボールを投げる用指示。こうしてエンドルフは元の姿に戻りました。

スピリットベースに戻ったキョウリュウジャー。弥生の必死の捜索の末に、遂にダイゴの居場所を突き止めたようです。
「俺のない知恵振り絞ってやる。皆、しばらく命を預けてくれ!」
一同はイアンをリーダーとして、ダイゴを救いに向かいます…


・感想
イアンがアイガロンに抱く仲間の仇。いくら乗り越えようとしても、トラウマは中々拭えないもんですな。
そしてそれを救うのは常にダイゴなんですよねw
今回ダイゴ不在ということでイアンがリーダーになりましたが、ダイゴがキングとしてのカリスマ力で皆を奮い立たせる反面、イアンは自慢のカンと分析力で味方に適格に指示を出すタイプ。
真っ当なリーダーとしては、イアンの方が向いてるんじゃないかな?w
練りに練った作戦で戦闘を展開するのではなく、その場の判断で味方に指示を出していくのですから、あんまり施行が詰まったりとかしなさそうですし。もちろんそれはそれで問題点はありそうですが。

エンドルフは単なる強敵ではなく、気怠そうな雰囲気に、ラストで見せたキチガイ行動など、とことん掴みどころが無さそうなキャラクターですね。色々作戦とか練ってるみたいですし。
そして中の人は松風雅也さん。メガブルーとしてスーパー戦隊の功績を残した他、今では声優としても名を上げてきた彼を起用するのは中々オイシイ考えだと思います。

新たな敵に、ダイゴはどう立ち向かうのか? 次の話が気になりますが、生憎来週はお休み。
あんな出来損ない映画やるくらいだったら普通に本編放送してくださいよぉ~
関連記事
スポンサーサイト

ゴーカイ・イエローは帰宅部のアザラシ、シルバーはザンネン・ファイブになってたんだってばよ!

どうも、シンコンジャーのお二人には戦隊好きなお子様が産まれると良いなー
と、願っているソバスチンです(顧客ゲットだ!|( ̄3 ̄)|)

新展開を迎えたキョウリュウジャーですが
新幹部エンドルフは中々危なっかしい奴ですね(-"-;)
自ら巨大化してダメージを受けたあと元に戻るとはシュクボーに意外な使い道があったとは…。
これは怨みのエネルギーを回収するためなのでしょうが。
ジョジョ3部の「呪いのデーボ」的なパターンですね“デーボ”繋がりですしw
CVの松風雅也さんは「おはスタ」のおはスタ番長も印象深いですね。
あの番組はゾナーやサイガー等、声優さんの顔出し出演が多いですね(^o^)
先輩幹部は彼に対する印象はマチマチなようでこれが一悶着起こしそうですね。
アイガロンの身に早速異常が…。
今回は1話きりのパワーアップ回かと思いきや
まさかイアンがサブリーダーとして活躍する展開とは意外でした。
作風的にNo.2的なキャラは立てないと思っていたので。
とは言え、彼は獣電池に対する順応性はキング以上である描写もありますし
実務的な判断能力の高さは確かにNo.2に相応しい資質なのかもしれません、要は六花ポジですねf^_^;
非常に気になる引きではあるものの予告がカットされてしまいモヤモヤしてしまいます(-"-;)
予告を見たくばヒーロー大戦を見ろと言うことでしょうか?
一応見ますよ早起きね癖が付いてしまってますからf^_^;
[ 2013/08/18 19:18 ] [ 編集 ]

Re: ゴーカイ・イエローは帰宅部のアザラシ、シルバーはザンネン・ファイブになってたんだってばよ!

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

おはスタ番長、懐かしいですね。豊口めぐみさんも出ていましたよね。
当時はメイン司会者は番長やゾナーやサイガーが本職の声優さん(それも実力者)の方だとは思ってもみなかったですね。
そういえばゲストでこの世アレルギーの人も出ていたような…?w
ダイゴは今までリーダーとして存分に活躍してきましたから、文字通り獣電(充電)期間といったところでしょうか。
これを期にイアンも今までのちょっと残念気味な活躍面を挽回してほしいですね。

>非常に気になる引きではあるものの予告がカットされてしまいモヤモヤしてしまいます(-"-;)
予告を見たくばヒーロー大戦を見ろと言うことでしょうか?
一応見ますよ早起きね癖が付いてしまってますからf^_^;

スーパー戦隊と仮面ライダーがコラボするんだから、面白くないわけがない…
そう思っていた時期が俺にもありました…
[ 2013/08/24 00:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/231-5ae4d82b


獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ26「ビックリ! ガブティラにんげん」

獣電戦隊キョウリュウジャーの第26話を見ました。 ブレイブ26 ビックリ! ガブティラにんげん 「待ちかねたぜ、キョウリュウジャー。うちの新顔を紹介してやるよ」 倒したは
[2013/08/18 14:48] URL MAGI☆の日記

獣電戦隊キョウリュウジャー 第26話「ビックリ!ガブティラにんげん」

獣電戦隊キョウリュウジャー 第26話「ビックリ!ガブティラにんげん」 倒したと思っていたデーボス軍だが、デーボスを含めた全員は生きていた。しかしトリンはまるでそれを予見して...
[2013/08/19 08:17] URL ひびレビ